カテゴリー
働き方

階層化されていた外国人労働者

外国人労働者受け入れ強化と言うけれど

日本中のあちらこちらで起きている人手不足解消しようと、外国人労働者の受け入れを強化した日本

2019年に特定技能制度なるものが法制化されました。

対象業種に入れてくれと各業界団体がロビー活動を展開しているほど外国人労働者に対する需要がかなりあることをあらためて感じました。

外国人労働者

アルバイト君は底辺のクラス

一言で、外国人労働者と片付けてしまうのは大きな間違い。日本ならではと言いましょうか、日本の語学力、業種、職能レベルに応じて細かく階層化され、上に行くに連れて対象人材は少なくなり、ピラミッドを形成しています。

なので、外国人の方と仕事をする際は、この人は中間クラス?、ハイエンドクラス?というある程度の予想がつくわけですね。

日常的に外国人の方と接する機会が多いのがコンビニの定員

ピラミッドで言う所の底辺資格外労働と呼ばれる人で、最も数の多いクラス。

留学生などが多く、週28時間を上限に労働を認められています。

外国人労働者

失踪しちゃうのは縛りルールが原因

資格外労働で実績を積めば、その上のクラス、技能実習にランクアップすることも可能だとか

この技能実習クラスは、農業、製造、建設などが多く、自国に戻ってその産業の育成を担う役割も担っています。

なので、資格外労働を飛び越えて技能実習クラスから日本で働き始める人も多いとか。

とは言え、働き口には当たりハズレが多いようで、安価な賃金でこきつかわれ、失踪してしまう残念な事例が後を立たないことも。

とは言え、ここで働きが認められてしっかりと経験値を積むことができれば、その上のクラス新設された特定技能にランクアップできます。

外国人労働者

話題の特定の技能は中間クラス

新設された特定技能特定活動

主な業種といえば介護になってくるんでしょうか。

このクラスからスタートするというのはその優秀な外国人と言えますね。

なので介護施設で働く外国人は、ある種エリート層とも呼べるかもしれません。

外国人労働者

ハイエンドは日本人より高収入?

で、ピラミッドの頂上にいるのが高度専門職の方々。

特にIT系が多いようで、優秀なプログラマーなどはこのクラスに属します。

収入も日本人レベルと言われていますが、ITエンジニアは特別。日本人でも若くして年収数千万円と実力がモノ言う世界。

ましてやITの分野ともなれば、外国人の方が優れている感じもしますので、日本人よりも収入を得ている可能性おおありですね。

このように外国人労働者が階層化されていることを初めて知り、驚きとともに移民国家として着々とその準備が進められている感じがしました。

カテゴリー
働き方

外国人労働者は貴重な消費者だよ。これからは

訪日外国人に匹敵

何気に移民の数では、世界第4位の日本

その数、約250万人で総人口の2%を占めるほどに。年々移民の数は増え続けており、2030年には300万人に達するとも言われています。

これまでは人手不足を補う貴重な戦力として見る向きがありましたが、消費者としての外国人労働者と見方が変わりつつあります。

というのも、その消費額が爆買で知られる訪日客の消費額と遜色ないレベルに達しているから。

これを勝機と捉え、外国人労働者向けサービスが様々な業界で展開されています。

ショッピング

審査の厳しい不動産ビジネス

例えば不動産ビジネスにおいては、これまで外国人の入居が敬遠されがちで、日本ならではの敷金、礼金という外国人にとっては理解しにくい慣習などもあり、家を借りるのもいと苦労。

このような敷居の高さを払拭して商売に繋げてようと考えたのがエイブル。外国人向けに特化した賃貸住宅の仲介事業を始めています。

マンション

送金需要は結構あるよ

外国人労働者の多くは母国に送金する人が多いものの、銀行の口座開設がこれまた大変。しかも送金手数料がバカ高い。

そこに目をつけたがの今やATMの未来を背負うセブン銀行

現在は、フィリピンのみですが、アプリを使ってサクッと送金できちゃうサービスを展開しています。

さらに日本人でもハードルの高い住宅ローン分野で、東京スター銀行が外国人向け住宅ローンを開始。契約件数は2018年の1.5倍と順調に推移。

潜在需要はかなりのものといった感じがします。

atm

語学も盛況

日本に来日したものの、まだまだ日本語がおぼつかない。もしくはキャリアアップを目指してさらに語学を習得したいといった需要ありと踏み、語学教育に力を入れているのが、あのアジア展開でも成功を収める公文。かくゆう自分も大変お世話になりました。

既に企業で働く外国人従業員に対して、語学研修を行う企業からの申込みが多いとか。

今後もさらなる事業拡大が期待できます。

塾

モニター調査に最適

最後に、これは面白いと思ったのが外国人向けモニター調査

海外進出に先立ち、進出国の消費者調査を行う場合、これが場合によっては数百万円はくだらないということも。

ここに目をつけて、現在日本に住む外国人に対して、モニター調査を行うというサービスが盛況のようです。

その国に文化、慣習、味の嗜好などは住む場所は違えど普遍的なもの。

ならば、日本で実施しても変わりはないという訳です。

スマホ

まとめ

今後さらに増え続けるであろう外国人労働者

日本の慣習に押し付けるのではなく、外国人に歩むよってサービスを展開している所が、どの業界のサービスにも言えること。

これが広く普及することで日本人も多様な民族の文化・慣習を認め、グローバル基準の価値観が養われていくだなと感じた次第です。

カテゴリー
働き方

外国人労働者向けに手厚いサービス。今後伸びるかも

電気の契約の仕方を教えて・・・

働き口が決まり、日本で暮らしていくこととなったものの、異国なだけにわからないことだらけ。

「電気、ガスの契約はどうすればいいの?」、「ゴミ出しでトラブルっているけどどうしたらいい?」、「財布なくしたけどどこに相談すればいい?」などなど。

自分が仮に海外で働くことを考えると、確かに色々とわからないことにぶち当たる可能性あり。

そんなトラブルを抱え、まともに働くなんて無理。

そんな悩みの多い外国人を救済するサービスが活況を呈しているというのが今回のお話です。

ガスメーター

悩み相談1日平均100件

この手のトラブルが発生した時に親身になって対応してくれるのが、グローバルトラストネットワークすという会社。

日本で言えば消費者センターとでも言いましょうか、とにかくそのサービスのきめ細かさには驚きです。

対応言語は計16カ国。英語をしゃべれない外国人にも対応しています。

基本、電話でのやりとりが中心ですが、中にはスタッフが現場まで行ってトラブルの仲裁に入るといった徹底ぶり。これなら口コミで広がるのこと間違いなし。契約数が増えているのも頷けます。

電話相談

賃貸トラブルにも対応

他にも、この会社では、賃貸トラブルに対応したサービスを展開しているのも特筆すべき点。

身寄りのない外国人が家を借りるとなると、大家は不動産は敬遠しがち。

なので、勤務先の上司や語学学校の先生が保証人となって、一定の信頼を担保にめでたく家を借りられるわけです。

ところが、会社をやめたり、学校をやめたりするとなると家賃滞納が起こり、それが大きなトラブルになっているといのこと。

そんな事例が多く起きるものだから、グローバルトラストネットワークス保証サービスを展開することに。

入居時に谷地の半額相当を保証費を払い、その後年1万円の宴会費を支払えばOK。

外国人にとっても負担が減ったこともあり毎年3割のペースで増えており、今では契約数6万件というのですから大成功と言ってもいいでしょう。

入居

セブン銀行の送金サービス

他にもお給料問題では、銀行口座がつくりにくい外国人向けに送金サービスを手がけているのがセブン銀行現金受取サービス

口座開設まで時間がかかり、肝心のお給料がもらえない。なんて残念な事が起きないように、銀行を介さずに直接外国人にお金を引き渡すというもの。

外国人は会社からもらった番号を、セブン銀行の機械に入力するだけでOK。

しかも小銭分はレジでもらえるというのですから、かゆい所に手が届くといいましょうか、素晴らしすぎ

送金

まとめ

このように外国人労働者が気持ちよく日本で働いてもらうよう、環境が徐々に整いつつあるというお話でした。

カテゴリー
働き方

外国人労働者を雇うにも一苦労。ビザ問題

外国人を雇ったら処罰の危険も

コンビニや飲食店などで最近よく目にする外国人の方々。日本人と違って履歴書をもらって即採用と簡単に行かないようでビックリ。

肝となるのはビザの有無。この申請なくして、正式に雇うことができません。しかもこの申請がかなりの手間。

コンビニや飲食店などは、この手の手続を本部で専門部署がやっているから良いでしょうけど、零細企業や自営業者だと大変。

ビザを持っていなければ入国管理法で罰せられてしまうのですから。知らずウチに法に触れていたなんてもことも

バイト

ビザ手続きをオンラインで

手間がある所にビジネスの勝機あり。いつもいつも関心させられますが、この手の嗅覚がするどい人は必ず世の中にいるようで、この煩雑なビザ申請もネットで使って簡便にしたサービスが既に展開されています。

立ち上げたのは東京入国管理局で働いていた経験を持つある外国人の方。オンラインで取得・更新書類を簡単にできてしまうというもの。

従業員の氏名、住所、勤務先といった情報を指示どおりに入力すればOK。

加えて、国籍や家族構成に応じて他に必要あ書類も指示してくれるというかゆい所に手が届く徹底したサービスっぷり。

これなら初めて外国人を雇う側としても、手間をかけずにビザ申請ができます。

ネットで弱いとなるとちょっと厳しい面がありますが。

ビザ

申請すれば終わりじゃない。ビザ申請

こちらのオンラインビザ申請サービスワンビザは、ビザ申請後も、その進捗状況を確認できます。

配送で言う所の追跡サービスみたいなものでしょうか。今どの程度まで申請が進んでいるのかを確認できれば、正式に働いてもらう日取りが立ちますし。

また、ビザは申請したら終わりではなく更新作業なるものが発生するんですね。知りませんでした。

免許の更新みたいに、更新期間が近づいたら通知してくれます。

いたれりつくせりのサービスですね。

ビザ

従来10万円が約半額の衝撃

ちなみにこちらのサービス、月額1980円で利用できます。行政書士と提携した申請代行業務は5万円。通常だと10万円もするというのですから破格の安さと言ってもいいでしょう。

現在、ワンビザを契約している企業は300社。全国には17万箇所以上の事業所があると言われていますから、今後のさらなる成長が期待できます。

ビザ

周辺ビジネス活況か

外国人労働者の受け入れ急務という今現在の空気から察するに、周辺ビジネスも今後の拡大が予想されます。

今回は雇い主にとってのサービスを紹介しましたが、異国の地で働く外国人を手厚くサポートするサービスもあります。

色々なキクリ地区で今後増えていくことが予想されます。

カテゴリー
為替話

日本への出稼ぎは、もう旨みはないかも

インドネシアから日本へ出稼ぎ

自国を飛び出し、日本で一攫千金を夢見れ来日したインドネシア人の話。彼いわく日本での稼いだ1ヶ月分の給与で1年間自国で暮らせると誇らしげに語っていました。

今から、かれこれ20数年前の話。それほどに日本は魅力的な国に映ったのでしょう。

んで、彼みたいな性向体験を聞きつけ、続々と彼を追う若者達が来日しては、すぐ自国に帰る人もいましたが、日本人の嫁さんをもらって定住する人もおり、日本の暮らしに馴染んだ人もいます。

ミネラルウォーターが日本より高いよ

が、今のインドネシアはと言えば、好調な経済な引っ張られる形で、暮らしも豊かになっています。ほたって小屋かよと見まがうような空港が、近代的な空港に様変わりしたり、スマホ片手に待ち行く若者。その光景はほとんど日本と変わりません。

コンビニのミネラルウォーターが日本円で150円もするし、物価も日本とひけをとらない位に上昇。

てなると、わざわざ日本に出稼ぎする意味もないかなと思った次第です。

web制作会社に見られるベトナム進出

今度は所変わってベトナムのお話。自分の周りだけの話かもしれませんが、web屋さんで、ベトナムに制作スタッフを抱える企業が多いこと多いこと。

理由は人件費の安さ。他にも時差も日本とあまりなく国民性も勤勉ということもベトナムを選ぶ理由のひとつだそうです。 都市部では人材枯渇気味

ただ、このWeb屋の例は稀な話で、今ベトナムでは物価上昇ということで、賃金が上昇。タクシー運転手で月収5万円強、看護師で10万円ということで、それなりに金額を積まないと人が集まらないようです。

となると、web屋も安い人件費が魅力なだけに、タクシー運転手ほど賃金を出しているようにも思えず、稀なケースとも言えます。

ベトナム人も日本への出稼ぎはちょっと・・・

このようにインドネシア同様、ベトナムでもミネラルウォーター150円説も浮上してきます。

加えて、今や日本は空前の円安基調。さらに円が下落すれば、ミネラルウォーターが200円になっちゃうし、賃金も日本円換算でいくと上昇するわけです。

冷静に考えて、自国よりも賃金の安い国にわざわざ出稼ぎに行くような思考にはならないだろうと。

労働不足の日本どうする

労働生産人口が減少する日本。阿部さの進める「国家戦略特区」では、日本人でも外国人家政婦を雇えることを柱としております。規制を緩和して、外国人の受け入れ、女性の社会進出を支援しようというもの。

けれど、今の状態で、果たして外国人が日本に仕事を求めて来日するかは疑問。

より稼ぎの良い国へ。

てな訳で、日本を目指していた外国人も今では、より稼ぎのいい中東諸国を目指している人も出てきており、世界規模でのリクルート合戦が勃発している感じがします。

人手不足解消には不可欠

他にも介護の世界でも、外国人を受け入れようという声もあります。なかなか人手が集まらないので、解消すべく外国人に頼るのはわからないでもないですが、それには厳しい資格を見直してもいいのでは?とも思う訳です。

お金は大事だよはわかりますが、もしかしたら、それ以外の魅力で、外国人にアピールするのもいいのでは?

例えば、治安がいい、最新モノにあふれている、文化がある、人がやさしいなど。あらためて日本の良さは?と考えるとすぐには出てきませんが、そういった所も日本で働くの良さでは?と思う訳です。

外国人労働者受け入れも、お金とは違う切り口でアピールする時代になってきたとしみじみ感じました。