カテゴリー
日本映画

色々と考えさせられた「火花」

尊敬できるパイセンを作る

部活でも、会社でも、プライベートでも尊敬できる先輩に出会えることは人生を豊かにする

先輩から色々なことを学び、自分では見たことのない景色に触れ、んで成長していく。

作品の主人公は本当に心から先輩を尊敬している様子が伺え、さぞ幸せなんだなと感じました。

電話がなれば即座にすっ飛んで行くし、尊敬できる先輩でなければまずそんな行動は起こさないでしょ。

けど、そんな先輩もいつしか憧れの対象でなくる日が来る。寂しいというか悲しいかというか、なぜか先輩が哀れに感じてしまう。

鍋を囲んだあのシーンがまさにそれ。

人生最大の決断をしたのも、これが大きく影響していたのでしょう。

火花

売れるということがこんなに辛いものとは

劇場で出たり、コンテストに出場したり、時にはテレビに出演したり。

とにかく売れるために忙しい日々を送る芸人。人を笑わせることに脳みそが汗をかく位に四六時中考えているわけですから、精神的にも肉体的にも相当しんどいはず。

毎日、恐怖と戦っているというのが芸人の心情を表しているようで、大変さが伝わってきました。

そんな生活を10年も続けられたというのは、これまた相当タフな事。好きという気持ちがあれば、他人が思う苦痛も本人達に取ったらそこまでしんどいものではないのでしょう。

火花

同棲相手だと思ったのに

作品中の役者の中で、特に印象に残ったのが菅田将暉の相方、川谷修士

売れないイライラを相方にぶつけたり、解散を切り出した時の後ろめたい気持ち、最後のライブステージなどなど。変に作った感じがせず自然体。素でやっているかなと思う位に違和感ゼロ。俳優の仕事でも食っていけるのでは思う位。

火花

最後の解散ライブで見せた悲しい気持ちをグッと堪えるシーンは涙モノ。ぜひ見て欲しいです。

火花

他にも桐谷健太と同性していたヤンキー風の女性。かわいい子だなと思いましたが、まさか木村文乃だったとは驚き。

茶髪で全く気づきませんでしたが、売れない芸人を支える彼女を見事に演じていました。

やりたいことができない苦痛

気になったのは売れるためには、時には自分のやりたい事を我慢してお客の要望に合わせるというもの。

これビジネスの世界ならよくある話。けど、クリエティブ色の強い芸人の世界にもあるとは素直に驚きました。

難しい笑い、新しい笑いというのはなかなか世間的には受け入れられない。けど、そこで今の世間に合わせた笑いに合わせたものを提供する。

そんな葛藤を抱えながらも、表情、態度に一切に出さずに仕事をしている芸人は素晴らしいなと思った次第です。

火花
カテゴリー
日本映画

堤幸彦監督っぽさ全開「RANMARU神の舌を持つ男」

トリックシリーズにも通じるボケのオンパレード

堤幸彦監督作品はトリック以来。阿部寛がぼけて仲間由紀恵が突っ込むというのが定番でしたが、本作品ではボケる木村文乃、突っ込む佐藤二朗という形。

個人的には、トリックよりかはいい感じかなと。女性側が突っ込むのはどうも、うまさ、下手さがとうしても出てしまう感じがします。

佐藤二朗の突っ込みも、やや呆れた感じがして、無理して笑いを誘う感じでもなく、淡々とした感じ。笑いたければ笑えばいいじゃん。俺関係ないから的な無責任な感じがむしろ良かったです。

神の舌を持つ男

新境地、木村文乃の3枚目役

まぁ、終始ハイテンションな感じが面白かったです。日頃は優等生的な役柄が多く、それはそれで彼女にハマっていて良かったのですが、今回の3枚目役もありかなと。

無理している感もなく、日常のストレスを発散しているといいますか、吹っ切れた感があって良かったのでは。

こうのような今までにはない真逆の演技ができるとは彼女の振り幅の大きさに終始圧倒されっぱなしでした。

神の舌を持つ男

作品は探偵モノ?

この作品、映画を観て初めて知りましたが、TBSでドラマとしてやっっていたんですね。

映画のスートーリー自体は、ある田舎の殺人事件に関する犯人探しがメインです。

カンタンに犯人がわかってしまうような薄っぺらい内容ではなく、何層もの伏線をしかれていて、最終的に一つに収斂されていく感じ。

えっ、この人が犯人だったの?って驚かされること間違いなし。というのも、事件と全く接点ないですし、あれがこれで、これがそれだから、犯人はこの人といった感じです。

地方自治体もありえるのか?

この作品で描かれているのが、とある企業が地域活性化を目的に、乗り込んでくるもの。

村としては雇用も創出されまし、税収も増えるということで良いことづくしですが、良いように企業に利用されている感じ。

それも地下水という法整備がイマイチ整っておらず、自治体任せというもの。

そんな今時ネタも散りばめられていて大変勉強になりました。

神の舌を持つ男

これシリーズ化もありえるかも

ある事件をベースに、それを解決していくというストーリー展開であれば、続編もありえるかもですね。

とにかく舐めては、その成分を言い当てられるということであれば、味についても言い当てられるともっと話に広がりはでてきますよね。利き酒やら利き野菜、利き温泉など、広がりは出てくるのかなと。

同じ能力を持った人間が出現するのもいいし・・・。次回作が楽しみな作品でした。

神の舌を持つ男[amazonjs asin=”B01N6T6D1O” locale=”JP” title=”RANMARU 神の舌を持つ男”]
カテゴリー
日本映画

必死感ゼロのモテ男、「ニシノユキヒコの恋と冒険」

あらすじ

希代のモテ男の女性遍歴を辿ったお話。主役は竹野内豊演じるニシノ君。彼に接すると知らず知らずのうちに彼の魅力の虜になってしまい、次から次へとニシノ君ファンが登場します。その女優陣が豪華すぎてぶったげました。

阿川佐和子も出演にびっくり

この映画で一番びっくりしたのが阿川佐和子の出演。TVタックルのイメージが強く、えっ、女優なの?と最初見た時はびっくりしてましたが、演技、演技している所もなく、えっ、これアドリブなんてシーンも

さすが大御所だけに自然体って感じでした。

他にも麻生久美子を筆頭に、尾野真千子、本田翼、成海璃子、木村文乃と主演級の女優陣が出演しています。それぞれにニシノ君とのエピソードがあり、それはそれで楽しめます。

エンドロールを見ると、成海璃子の次に木村文乃が出てきたのには、木村文乃ファンとしてはえっどうして?感はありましたけど・・・。

ニシノユキヒコ

必死感ゼロのニシノ君

接する女性を全て振り向かせてしまうニシノ君。ガツガツしているというよりも淡々としていて、知らず知らずのうちに女性が告白していたといった具合に、燃え上がらせちゃうのがうまい

この人、俺のこと好きだなって接し方でわかるって言ってたけど、そこがモテ男になるべくしてなったといった感じがします。

動じないメンタルの強さもモテ男たる所以

元彼女が遊びに来ているのに、これからつきあうであろう女性が家に来ちゃった。普通なら適当に取り繕い帰ってもらうところを、驚くそぶりも見せずに普通に家に上がらせ、自ら修羅場に突入

ニシノユキヒコ

けど、ニシノ君は、そんなことを意に介さず淡々とコーヒーをすすっているのだから、相当メンタルも強いんでしょう。

色々な意味で、モテ男の新しいカタチを見た気がしました。

カテゴリー
ドラマ

ハセキョーの役どころがコントっぽい。マザー・ゲーム

きっかけは木村文乃

ファーストクラス以来、久々にはまったドラマ「マザー・ゲーム」。そもそものきっかけは木村文乃が出ているから。彼女の主演映画を観てからというもの、あまりの聡明な感じと均整の取れた美しさに惚れてまい、そんな矢先の主演ドラマだったので、これは観るしかないということで、先ほど全話観賞。

木村文乃

あらすじ

とある幼稚園に通うママさんたちのエピーソードをまとめた話。お受験幼稚園だけに富裕層ばかりの家庭になぜかシングルマザーの木村文乃家族が入園。

最初は木村文乃を蔑むような対応をしていたのに、次第に彼女に感化され、更生していきます。

木村ヨットスクールばりの、体罰はあらいませんけど、彼女の行動、言動で、私って何やっていたんだろうと気付き、ありがとう、木村佳乃となります。

興味深い今どきのママ事情

息子の激しいニートっぷりに精神崩壊しまくりの檀れい、人格否定の言葉の暴力に悩むハセキョウ、借金でデートクラブに出入しちゃった貫地谷しほり、夫の浮気に頭を悩ます安達祐実、そしてシングルマザーの木村文乃。

こう見ると、唯一まともなのが木村文乃の家族。なので、全話見終わって思いました。これって他4名の話をメインにしたらと。

オススメはハセキョウの姑問題

子育て、お受験とただでさえ気苦労が多いママさん。檀れい、貫地谷しほり、安達祐実の抱える家庭問題は、心からしんどそうって感じがしたけど、ハセキョウは別。

どこかユーモアな感じがして、彼女のシーンだけはどうも、「そりゃないわ」とツッコミ入れながら見てしまう。

姑の容赦ない口撃に神妙な顔つきでダダ謝りする。これが事実ならさぞ精神的に病んでもおかしくない。

長谷川京子

なのに回を重ねるごとに美しさを増すハセキョウ。いじめが逆にエネルギーになっているのか、容姿は半端ない輝きを増し、卒園式シーンのあの凛とした佇まいは、木村文乃を凌駕していましたね。

とにもかくにもハセキョウの最後のオチを観るに、制作サイドとしても箸休めエピソードという感じが否めません。

全体に張られた予防線

久しくドラマを観なかった自分にとってHDDレコーダーは本当に助かります。上書きされることもないし、録画時間が足りませんということもないし、録画されていませんなんて残念なことも起きない

極めつけはまとめ観賞ができる点。これで面白いかどうかがすぐわかる。次も見たいと思えば面白いドラマ。そうゆう意味では「マザー・ゲーム」は面白かった。

欲を言えば、ハセキョウのコント枠があるのだから、もっとダーティに振りきってもよかった感じがする。貫地谷しほりのエピソードも、あの一線を超えた先を観たかったし、檀れいのニートのシーンもそう。

そこまでの過激な描写はあの時間帯ではまず難しいのかったのかな・・・

カテゴリー
日本映画

木村文乃が眩しすぎる「すべては君に逢えたから」

オムニバス映画を考える

題材はイヴの夜。季節は春真っ只中だけに感情移入もイマイチ。救いはいくつもの物語が同時進行で進むオムニバス形式だったこと。イヴに向けてひとつの物語を追うだけでは早々に飽きが来ていたいと思う。

すべては君に逢えたから

物語は全部で4つ。遠距離、家族愛そして熟年愛

ウルッと来たのは時任三郎主演の家族愛を描いた作品。余命3ヶ月を宣告され一日でも長く息子と過ごしたいという切ない願いがヒシヒシと伝わってくる。授業参観のシーンは号泣もの。

熟年愛も胸にジーン

旬な女優陣に加え、大ベテランの倍賞千恵子が出演しているのも見どころのひとつ。男はつらいよシリーズのさくら役しか見ていなかっただけに、また違った一面が見れて良かった。

倍賞千恵子

遠い昔に離れ離れになった彼の近況が聖夜の夜に知るとは何ともロマンチックすぎる。

際立つ輝き木村文乃

彼女の主演映画を見るのは初めてだったけど、演技はさておき、こんなにもかわいかったのかと再発見。バラエティでたまに目にする存在だったけど、そこまで気になる存在ではなかった。

木村文乃

高梨臨もかわいいけど、その可愛さがかすむほどの愛おしさ。

あそこまで遠距離恋愛を前向きに捉えてくれれば喧嘩もないだろうなと。彼氏がうらやましすぎるし、出来た彼女にその態度はないだろうと、画面に向かってブツクサブツクサ。

最後に・・・。

見終わった感想は、木村文乃はかわいい、倍賞千恵子の存在感は健在。話よりも出演者に目がいく作品でした。