カテゴリー
GoogleAnalytics

自分のスマホアクセス除外。Google Analytics

スマホからのアクセスを除外したい

「えっ、この前更新したばかりの記事にアクセスが集中している」で喜んだものの、Google Analyticsで見たら、その全てが自分だった経験はありませんか?

スマホやWi-Fiルーターの場合、IPがアクセスするごとに変わるのでPCのように簡単に除外できません。

なので、IPによる除外ではなくCookieによる除外で、自分のアクセスを除外することにしました。

gtag(グローバルタグ)の確認

今回紹介する設定は、トラッキングコードがgtag(グローバルタグ)という最新のものを扱います。

ちなみにgtag(グローバルタグ)とは・・・

グローバル サイトタグ(gtag.js)は、AdWords、アナリティクス、DoubleClick にイベントデータを送信できるタグ設定フレームワークおよび API です。サービスごとに複数のタグを管理するよりも、gtag.js を使用することをおすすめします。そうすることで、最新のトラッキング機能と統合からより簡単にメリットを得ることができます。
p

gtag

gtagと書かれているので、自分がgtagかどうかすぐに確認できます。

カスタムディメンションの設定

「プロパティ」>「Ddカスタム定義」>「カスタムディメンション」の順

カスタムディメンション

「新しいカスタムディメンション」をクリック

カスタムディメンション

名前は適当にお好きな名前を、範囲ユーザーを選択。

最後に作成をクリックして、カスタムディメンションは完了です。

カスタムディメンション

完了後に表示される画面がこちら。

カスタムディメンション

写真ではdimension1と表示されていますが、既に他でカスタムディメンションを設定していると、こちらがdimension2、dimension3となります。

こちらのdimension◯はhtmlファイル作成時にひつようなので、メモでもして残してください。

最後に「完了」ボタンを押すと登録完了です。

カスタムディメンション

フィルターの設定

「ビュー」>「フィルター」>「フィルターの追加」でCookie除外のフィルターを作成します。

ビュー設定

フィルタ名は適当な名前を。フィルタの種類カスタムを選択、フィルタフィールドで、先程作成したカスタムディメンションのルーター除外を選択します。

ビュー設定ビュー設定

htmlファイルの作成

スマホ、Wi-Fiルーターの除外方法は、これから作成するページにアクセスして、そのページを閲覧した人のアクセスは除外するというもの。

その情報がCookieに残り、そのCookieを持っていると向こう2年間アクセスがカウントされません。

下記、HTMLファイルのコードです。

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="robots" content="NOINDEX,NOFOLLOW">
<title>ルーター除外</title>
<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics
1.「UA-*******-*」を自分のGoogleアナリティクスのトラッキングIDに書き換えます。
2.「dimension1」を自分のカスタムディメンション番号に書き換えます。-->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-*******-*"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-*******-*', {
  'custom_map': {'dimension1': 'exclusion'},
  'exclusion': 'Yes'
});
</script>

</head>
<body>
<p>ルーターからのアクセスを除外</p>
<p>スマホでよく使用するブラウザでこちらのページにアクセスすれば除外される。</p>
</body>
</html>

このHTMLをftpを使って、第一階層にいれます。

除外HTML

URLはこのようになります。

除外HTML

リアルタイムでは計測されますが・・・

こちらの設定、1-2時間後には反映されると言われています。僕の場合は、翌日チェックしたら確かに自分のアクセスが除外されていました。

ちなみに、リアルタイムでは計測されるようなのでご注意ください。

カテゴリー
GoogleAnalytics

Google Analytics グラフと日別訪問数の数値が異なるのなぜ?

数値が違うのはなぜ?

カスタムレポートで日別の指標を出しをしている時のこと。日別のページ別訪問数が、レポート上のセッション数を越えていることに気づきました。このページ別訪問数はユニークの訪問ページ数と言われています。詳しくは、このブログのセッション数がユーザー数より少ない時の対処法をご覧ください。

GoogleAnalytics グラフ GoogleAnalytics グラフ

セッション数は、のべ数。ページ別訪問数は、重複なしの数字。なのになぜ?って。

ユニークユーザーの期間の違い

グラフのセッション数は、6月1日-6月30日の1ヶ月間を期間に設定しています。一方のページ別訪問数は、1日を期間と設定しています。

となると、下の図のようにA君のアクセスは、グラフのセッション数では1ヶ月間の期間で捉えるので1回、ページ別訪問数は、日別となるので、3回とカウントされるのです。

GoogleAnalytics グラフ

複雑すぎだよ、Google Analytics

といった具合に、相変わらずわからない事だらけGoogle Analytics。まだまだ修行が足りないことを痛感しました。

カテゴリー
GoogleAnalytics

Google Analytics。セッション数がユーザー数より少ない?ってどうして?

セッション数とユーザー数の違い

Google Analyticsのセッション数は、ユーザーがサイトに訪問すると、そこで1とカウントされ、30分後、セッションが切れた後にまたアクセスすると、これまた1とカウントされ、合計で2セッションとなります。

一方、ユーザー数は、ある期間内において何度訪問しようが、カウントされるのは1回。ということは、ユーザー数がセッション数を上回ることはない。

けれど、カスタムレポートを使って、データを見ると、なぜか、ユーザー数がセッション数を上回っている。どうして?

カスタムレポートでセッション数を設定

ということで原因を探りました。

セッション数 ユーザー数 多い

カスタムレポートの結果を見ると、たしかにユーザー数がセッション数を上回っていることがわかります。

セッション数 ユーザー数 多い

原因はカスタムレポート

この現象について、Google AnalyticsのGoogleサポートで書かれていた内容を自分なりの解釈でまとめした。

つまり、原因はカスタムレポートの計算によるもので、ページレベルのディメンションを使うとこの事象が起きるとのこと。

今回、原審を調べるにあたって設定した「第一階層」がまさしくそれにあたります。図解するとこんな感じです。

閲覧開始ページの最初をカウント

セッション数は最初の訪問ページをカウントし、以後のページはカウントしません。

セッション数 ユーザー数 多い
ページPVセッションユーザー閲覧開始
Aページ2121
Bページ1010
Cページ2020
Dページ1111

A子さんの場合、ページAはセッションとしてカウントされますが、それ以降のページB、ページCはセッションとしてカウントされません。

B子さんの場合も一緒です。ページDのみセッションとしてカウントされて、ページC、ページAはセッションとしてカウントされません。

ページごとの閲覧を見る場合

結局チェックしたかったのは、第一階層別の訪問数がどの位あるか。この場合、セッションではなくユニークペービジュー数を見なさいとGoogleは言っています。

ユニークページビューって何?

とは言っても、そんな用語出てこないし・・・。で、コレを英語にするとUnique PageView。これは再び検索にかけると、ページ別訪問数ということが判明。

ここに行き着くまで、かなりの時間を要しましたが、モヤモヤが取れてスッキリしました。

カテゴリー
GoogleAnalytics

Googleアナリティクスの時間データを○分○秒にする方法

エクスポートメニューを開く

データのエクスポートにはCSVやEXCEL、PDF、Googleスプレッドシートなど色々とあります。とりあえず「Excel」を選択

EXCEL2013 時刻表示

EXCEL形式でダウンロード

しかし、時間表示が0分0秒表示になりません。

なのでまず、8460で割る

EXCEL2013 時刻表示

仕上げはユーザー設定

ユーザー設定で下記を選択するだけでOK。

EXCEL2013 時刻表示

0分0秒表示になりました。

EXCEL2013 時刻表示 [amazonjs asin=”4883379299″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Googleアナリティクス アクセス解析完全ガイド ユニバーサルアナリティクス対応版”]
カテゴリー
GoogleAnalytics

Google Analyticsで開始ページを調べる方法

遷移の流れは「行動」で調べる

あるページの開始ページを調べたい時に、手っ取り早いのがセカンダリーディメンションを活用。

行動>サイトコンテンツ>すべてのページを選択

01_1

リストの上にあるセカンダリーディメンションボタンをクリック。リストがプルダウンで表示されるので、「行動」を選択

00 01_1

リストの中から「開始ページ」を選択

開始ページを選択すればOK。他にも前のページ遷移、次のページ遷移があります。これは遷移元と、そのページからどのページに移動したかがひと目でわかります。

01

リストに表示

選択した項目が、リストに表示されます。2つ以上の表示はダメっぽいです。どなたか詳しい方がいましたら教えてください。

01_2 Google analytics tracking
カテゴリー
GoogleAnalytics

Googleアナリティクスで複数のサイトを管理するはじめのはじめ。正味3分

最初の一歩は設定。右上の「アナリティクス設定」をクリック

プロパティを開き、「新しいプロパティを作成」を選択

02_ga

次いで「新しいプロパティ」の編集

ウェブサイトURL欄に、管理したいURLをコピペ。

02_ga_02

ウェブサイト名や業種、タイムゾーンを選択したら、トラッキングIDを取得をクリック

生成されたトラッキングIDをコピペ

トラッキングコードをクリックして、生成されたトラッキングコードをサイトにコピペ。で終了です。

02_ga_0302_ga_04
カテゴリー
GoogleAnalytics

Google Analyticsで、デバイス指標を月別に表示させる方法

訪問数は月別に出るけれど・・・

訪問数などの指標は、月別には出るけれど、デイバスの例えばmobileの推移を月別に出すには・・・・。ググっても、近しい記事も見当たらずどうしたものかと悩みましたが、かなり単純でした。

Google Analytics

アドバンスで絞込み

まず、デバイスの絞り込みをアドバンス機能を使って絞り込みます。

Google Analytics

セカンダリディメンション

ここで時刻>月を選択

Google Analytics

月別に表示

いとも簡単にできちゃいました。

Google Analytics [amazonjs asin=”4797375787″ locale=”JP” title=”Google Analyticsパーフェクトガイド 増補改訂版 Ver.5/ユニバーサルアナリティクス対応”]
カテゴリー
GoogleAnalytics

Google Analyticsで特定範囲のIPを除外する方法

新しいフィルターを作成を選択

フィルター設定には「カスタムフィルター」と「既定のフィルター」の2種類があります。特定範囲のIPアドレスのフィルター設定は、カスタムフィルターを選択します。

GoogleAnalytics,ip除外

IPアドレスを選択

フィルターフィールドのプルダウンメニューで「IPアドレス」を選択。順番としては、かなり下の方です。

GoogleAnalytics,ip除外

ヘルプの文言をコピペ

フィルタヘルプをクリックすると、ヘルプ画面が表示されます。ここに特定範囲のアドレスの表記方法が記載されているので、ひとまずコピペ

GoogleAnalytics,ip除外

特定範囲のIPアドレスの表記方法

たとえば、192.168.1.2 から 192.168.1.100の場合→「192\.168\.1\.[1-100]」と表記します。

これをフィルターパターン欄に入力すればOKです。3桁目も範囲指定の表記にしてみましたが、結果はダメでした。幅を持たせられるのは、4桁目だけのようです。

GoogleAnalytics,ip除外

確認はリアルタイム機能

では、実際に除外しているか、それを確認するのに便利なのが、Googleアナリティクスのリアルタイム。

現在表示しているURLを表示してくれるので、実際に除外されているかどうか、わかります。ページを何度か切り替えて見るのも良いです。

GoogleAnalytics,ip除外 [amazonjs asin=”484433770X” locale=”JP” title=”できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応”]
カテゴリー
GoogleAnalytics

GoogleAnalyticsのIP除外はグローバルIPで

「自分アクセス」を除外してくれる

Googleアナリティクスには、自分のアクセスを除外してくれるフィルター機能があります。表示チェック、過去記事チェックなど自分のブログを見直すってことは結構あるわけで、それが全てカウントされちゃいます。とてつもなく訪問数が伸びてたりした日は、そのほとんどが自分からのアクセスってことも結構あるわけです。

IP除外はローカルIPではなく、グローバルIPで。

ローカルIPの調べ方はWinXPだと、ネットワーク接続>接続アイコンのプロパティ>全般タブの>インターネットプロトコルを選択>プロパティで確認できますが、フィルター機能で使うのは、ローカルIPではなく、グローバルIPです。

GoogleAnalytics,ip除外

グローバルIPとは

ネット上の住所のようなもので、世界に一つしかないもの。で、その住所ってのは、プロバイダーごとに割り当てられて、そこから個々人に、ローカルIPという形で付与されているらしいです。間違っていたらごめんなさい。

グローバルIPの確認方法

ネット上で、簡単に確認できます。僕の場合は、確認君というのを使いました。いつもローカルIPしか見ていなかったので、見慣れない数字の並びを見て、驚きましたが・・・ GoogleAnalytics,ip除外

IPアドレス除外設定

このIPアドレスを、入力すればOK。これで自分のアクセスはカウントされることなく、純粋に訪問者をカウントすることができると思います。が、このフィルター設定は固定IPなら機能しますが、スマホなどの変動IPはちょっと難しそうです・・・。

GoogleAnalytics,ip除外
カテゴリー
GoogleAnalytics

not provided とを外して検索クエリ一覧を表示させる

Google Analyticsで検索クエリの一覧を表示させる際に、not provideを非表示させる方法を紹介します。

そもそもnot Providedとは

これは、Googleアカウントにログインした状態で検索された数を指します。これは個人を特定できないよう、Google側で設定しているのです。ということで、どんな語句で?というのがわかりません。

一覧表示するとしっかり表示

にも関わらず、しっかりnot providedで一覧に表示され、しかも数が多いものだから、しれっとトップに表示される。検索語句を純粋に知りたいので、not Providedを非表示にします。

not-provided

Google Analyticsのアドバンスト設定を使い非表示化

一番、左側を非表示、右の欄にnot providedと表示させ、適用

not-provided not-provided

最後はショートカットに登録

後で見ることもふまえ、ショートカットに登録しておくことをお勧めします。

not-provided