カテゴリー
IT業界

独禁法として立証できるか。Google

検索経路の8割がGoogleで何が悪い

2020年10月20日、米司法省がGoogleを独禁法に抵触していると提訴しました。過去にはMicrosoftも提訴されましたが、あまりにも巨大になりすぎると国から目をつけられてしまうようです。

米司法省が提訴した点は、巨大な独占力を使い、Android搭載のスマホに自社の検索アプリを標準搭載させ、他社検索サービスの搭載を禁止したこと。

他にはAppleとはiPhoneに使用する検索サービスにGoogleを使用してもらうよう、大金を払っているということ。

これも検索経路の8割を占めるGoogleだからしかできない。言い換えれば強い権力を利用して競争を阻害している米司法省はご立腹のようです。

Google独占の何が悪い

競争が著しく低下することで、検索サービスの質低下、消費者の選択肢の減少、広告料金の高止まりを挙げています。

まず検索サービスの質低下という件では、利用者としてはむしろ向上する一方で、他の検索サービスと比較しても抜きん出ている。独占にあぐらをかいて質向上を怠るという姿勢は微塵も感じられない。

選択肢の減少についても、他の検索サービスを初期搭載しないというのは問題だけど、Googleが物足りなければユーザー自身が他の検索サービスをインストールでしょう。

最後の広告料金の高止まりについても、むしろ現状では安い。クリック単価をフェイスブックやらツィッター、LINEと比べても一目瞭然。

AdWordsの数円レベルのクリック単価を高止まりと言ってしまうと、他のプラットフォーマーが提供する広告サービスはどうなんだと。

広告単価と成果があまりにも開いているじゃないのと思っちゃいますね。

そもそも独禁法は有償サービス向け

従来の独禁法は、独占や寡占の有無を価格で判断してきました。

が、Googleが提供するサービスは無償であり、利用者が被害を被ることはまずない。

他にも、競争促進がイノベーションの源泉という独禁法の理念についても、自助努力でGoogleは一人でどんどん成長を遂げており、他社と差は全く開く一方。

Google有利では

てなわけで、独禁法に抵触していると立証するのは非常に厳しいのではないでしょうか。

仮に米司法省が勝利したとしても検索サービス、Android端末のブラウザはGoogleから他社に置き換わらないでしょうね。

その場合、米司法省は次にどんな手を打つのか。注視していきたいと思います。

カテゴリー
自動車業界

クルマビジネスを根底から覆すGoogleカーの破壊力

あの未来的デザインの理由

Googleカーの開発が今どの位進んでいるのか。非常に興味があったのでまとめてみました。

あの未来を予感させるデザインのGoogleカー。開発者いわく普通のクルマと、こいつは自動運転カーだよというちょうど真ん中を狙ったとのこと。

なので、東京モーターショーに出てくるようなコンセプトカー的なデザインに落ち着いたのでしょう。

確かにひと目で、こいつ新参者というのがひと目でわかります。ルーフの赤外線センサーが、どうもパトカーのサイレンにも見えてしまいますが・・・

実用化に向けて着々と進む公道実験

2015年には、カリフォルニアで公道実験が予定されています。んでもって、2017年には実用化。ある自動車メーカーが早くても2020年と言っているのと比較すると、そのスピード感にさすがGoogleといった感じ。

さらに進む技術開発

試作車開発に加え、並行して進められているのが自動運転カーに欠かせない技術開発。こちらは時間を買うということで積極的な買収が進められています。

例えば衛星から地上を撮影した動画を解析する技術を持つ会社を買収し、リアルタイムで車両の数や動きを認識できる精度を磨いています。

これにより、渋滞や人通りの多い場所を避けてGoogleカーを誘導できる。すなわち巨大なナビシステムを手にいれたようなもの。ということで、渋滞にはまるGoogleカーという残念な光景は、まずは見かけないでしょう。

ストリートビューも自動運転カー参入の布石

上空からのナビシステムに加え、ストリートビューもGoogleカーにとっては貴重な情報源になります。

走行に不可欠な高精度な地図データが蓄積されていれば、走行ルートを選ぶ選択肢も格段に増える。そこにリアルタイムの渋滞情報がのっかり、精度の高いルートが選択されるわけです。

高いハードルをも超える執念

夢のような話から一気に現実に引き戻されるほど衝撃度の高コスト具合。なんとあの赤外線センサーだけで900万円。

あのパトカーのサイレンとベンツSクラスが同じ値段と考えると、実現はまだまだ先かなと思えてしまう。

が、そんなことでへこたれないのがGoogle。だったら、自前でつくってコストを下げればいいじゃんということで、自社開発に切り替える動きも。量産効果が出れば、もっとコストは下がると思いますけど。

自動運カーのある未来

必要な時にスマホで呼び出し、降りる時に料金を支払う。まるでハイヤー的な使い方が増えるのではと予想されています。必要な時だけ使い所有しなくてもいい。今のカーシェア的な使い方が普及していくと言われています。

となると、今の所有を前提にした自動車のビジネスモデルを根底から覆す可能性もありえます。

Google創業者のセルゲイ・ブリン氏は、「一人ひとりがクルマを所有するビジネスモデルは非効率だ」とのたまわっていますし、確かに、そうゆう見方もあるでしょう。

折衷案で半手動カーでどうよ

Googleカー実用化に向けてもうひとつ障壁となるのがさ、法律の問題。基本ドライバー乗車を前提にした法律だけに、自動カーが万が一事故を起こした場合、責任の所在は誰?という問題がつきまとう。

この問題をクリアするには、半手動カーをおすすめしたい。あるいはある区間では無人カーOKという区間を設けるとか。

GWの時の大渋滞の苦行を思うと、自動運手カーがあればと思う。あのムダな時間を寝て過ごして、起きてみたら渋滞を抜けていたなんて、夢ような話が現実になればなと・・・。

カテゴリー
App

Googleプラスでフォローを削除する方法

Facebook、Twitterに慣れていると戸惑うことも

Facebookの友達、TwitterのフォローをGoogleプラスではサークルと呼んでいます。で、登録時に勧められるがままにサークル化していったら、タイムラインがつまらなすぎ。ので、サークルを掃除することに。

その他をクリック

ここに初期設定のサークル名と自分で作ったサークルの一覧があります。クリックすると一覧がでます。「写真」、「アートとデザイン」、「自動車」は初期設定時に勝手につくられたものだと思います。登録した記憶がないので・・・。

g01

ニュースサークルでこんなに登録

サークル名をクリックするとメンバーが表示されます。写真は「ニュース」のメンバー。登録した覚えのないものばかりで、自分にとって無意味なものも多いので、大掃除しました。

g02

フォロー削除はメンバーをクリックして、チェックを外すだけ

メンバーのアイコンをクリック、もしくはマウスオーバーで拡大表示されます。で、ニュースボタンをクリック。チェックを外すだけでOK。

g03 000googlepurasu

フォロー削除後はこんな感じ

フォロー件数を5個まで削減。かなりすっきり。これで少しはニュースフィードもすっきりします。

g04