カテゴリー
流通業界

三越さえも時代の波に逆らえぬか?

歴史ある百貨店三越

三越百貨店のルーツは呉服店。当時は時価商売でしたが、それぞれに値札つけて販売するという当時としては活気的。今となっては当たり前の仕組みを初めて導入しました。

ので、百貨店業界の生ける伝説といも言いましょうか、歴史も長く業界では一目置かれる存在なわけです。

そんな由緒正しき百貨店が家電専門店ビックカメラをテナントに入れるということで大きな話題となっているというのが今回のお話です。

百貨店

背に腹は代えられない

家電量販店となると派手なポップで、賑々しい店舗がまず頭に浮かびます。

一方の百貨店の売り場はそれはとは真逆の落ち着いた雰囲気で、売らんかなという前がかりな見え方はなし。慎ましささえ感じます。

そんな真逆のイメージなのに共存はありえるのかという疑問が残りますが、とにもかくにも低迷する百貨店業界にとっては背に腹は代えられないという事情もあるのでしょう。

集客力のあるテナントを入れるのは百貨店に限らずデパートも一緒。

そこまで追い詰められているという表れとも言えます。

百貨店

渡りに船のビックカメラ

一方、ビックカメラにとっては願ってもないオファー。これまで駅チカを中心に、池袋、新宿などに出店してきましたが、日本橋は空白地帯でした。

物件探しに奔走していましたが、なかなか良い物件が見当たらない。

そんな中での三越からのテナントのオファーがもらえ、ビックカメラにとっても願ってもないチャンスを得ることができたのです。

百貨店

優良顧客のつなぎとめにも

ビックカメラの誘致は集客の活性と見る向きもありますが、最も期待しているのは優良顧客のシェア拡大

外商部といわれる専任スタッフが、顧客に合わせて商品を調達するわけですが、これまで三越で扱っていた商材を超えて家電購入にもその広がりを見せているとか

これまでも家電の引き合いはあり、需要ありというのはすでに折込済み。

ので、自社にビックカメラを入れることでより商売がしやすくなることは間違いないでしょう。

百貨店

他の百貨店にも広がるを見せるのでは?

で、気になる店作りですが、これまでのビックカメラの店内装飾をあらため、三越イメージに合わせた落ち着いた雰囲気の店舗づくりになるとか。

商品も高級品を多く取り揃えるなど、店作りから品揃えまで三越仕様になるとのこと。

このようにビックカメラが三越に寄せた店舗づくりをすることで、他の百貨店でもウチにもぜひという声がかかるかもしれません。

これまた三越が業界初の試みとして語り継がれていくのでしょう。

カテゴリー
Blog 反省

百貨店がショッピングセンターに衣替え。高島屋

そもそも百貨店とは

ショッピングセンターと百貨店の違いはと言えば、庶民とお金持ちという認識。

ショッピングセンターの代表格と言えばイトーヨーカドーやイオン。百貨店では三越や高島屋と言ったところでしょうか。

厳しい百貨店業界

あまたの小売業がある中で、どこも厳しいでしょうが、とりわけ話題の中心になるのは百貨店。

地方を中心に続々と閉鎖に追い込まれています。市場規模もこの10年で2割に縮小したとのこと。

郊外店は訪日外国人で多少は潤っていますが全体で見るとイマイチ元気がありません。

百貨店

高島屋もご多分に漏れず

百貨店と代表格とも言える高島屋。その総本山とも言うべき日本橋店が日本橋高島屋ショッピングせーたんーと生まれ変わります。

というのも、08年2月期から18年2月期までに売上高は16%減少。

日本橋店は国の重要文化財に指定されるほど歴史あるお店。なのに・・・。

背に腹は代えられないのでしょう。

遠い昔、懐が潤っていた時は必ずと言っていいほど、スーツは高島屋の日本橋店で買っていただけに、ちょっと寂しい感じもしますが・・・

百貨店

新生高島屋は

コンセプトは、地域の共生。つまり、近隣の住民を相手に商売をしていくというもの。このコンセプト、日本橋店に限った話ではなく高島屋が進めているまちづくり戦略の一環。玉川高島屋、流山おおかたかの森ショッピングセンターもこのコンセプトに沿った店作りがなされています。

百貨店本来の遠方からの客を相手に集客するスタイルから大きく変換したと言ってもいいでしょう。

気になるのは、日本橋周辺に人が住んでいるかという素朴な疑問。商圏がある意味、狭くなるので厳しいのではと思いましたが、ビジネスパーソンも相手に商売ということであれば話は別。

百貨店

テナント型の商売

商売の仕方もショッピングセンター化することで、テナントを数多く入れて商売するというどちらかと言うと不動産業にシフトした形。イオンも確かこの手の商売だったような気がします。

ビジネスパーソン狙いで、テナント115店のうち約4割を飲食店に。

都内で人気のベーカリーやハンバーガー店などをの誘致に成功したとか。

百貨店

近隣には競合だらけ

周辺には長年のライバル、三越がおり、また新参者のコレド日本橋もいて、激しい競争が予想される日本橋界隈。

仮に高島屋が成功するようなことになれば、都内の百貨店も雪崩のごとく追従して、百貨店みな、ショッピングセンター化が起きるかもしれませんね。

カテゴリー
流通業界

元々は大衆向け?百貨店の歴史

さかのぼること江戸時代

日本の百貨店の歴史を辿ると三越の前身である越後屋に行き着く。

これが日本における最初の百貨店と言ってもいいでしょう。

当時はお金持ちにしか手にすることのできない呉服を一般市民にも手にすることができる仕組みをつくりました。

一物一価の正札販売という仕組みを確立し、それまでの顧客によって値段を変えるという仕組みに変えたということで、世界的にも画期的な仕組みと呼ばれていました。

百貨店

そもそもは大衆向け商売

このように百貨店は、所得にかかわらず広く顧客を相手にしていました。

1980年代には格差の小さい大衆社会が生まれました。一億総中流と言われた時代でこの時代こそ百貨店の絶頂期で西武百貨店の「おいしい生活などの広告コピーが話題となり、と同時に広告業界も輝いてた時代でもありました。

この富裕層と中間層の差があまりなかった時代までは本来の成り立ちでもある大衆向け商売が成立していましたが、中間層の購買力が落ち込みにつれ、それに引きずられるかのように百貨店も衰退の一途を辿ることとなったのです。

百貨店

富裕層向けへの変心

そこで打った手というのは、客単価の上昇。客数が減る中でいかに売上を維持していくためには致し方ありません。

それが今の富裕層向けビジネスに変わっていたのだと思います。

で、切り捨てられた中間層は、専門店やデパートなどに流れるようになり、今のように棲み分けがなされるようになりました。

最初は大衆向け商売でしたが、頼みの中間層が減ったといこともあり、商売を変えていかなければならない。これも時代の流れとでも言いましょうか。とは言っても今更大衆向け商売にしても他のお店と対峙するほどの競争力もないですし・・・

百貨店

富裕層向け商売に特化

時代の変化に合わせて、自身も変わっていかなければならないというのはよく耳にする話。

ダーウィンの種の起源にもそのような内容だった気がします。

てなわけで、ある百貨店の社長さんいわく「中間価格帯は捨て去る」とばっさり。

例えば今、百貨店の商売を支えているとも言われる訪日外国人。彼らの要求を満たすためには、まだまだ高級商品とは呼べないとのこと。

ので、今以上に高価格帯の商品の品揃えを充実させて訪日外国人が満足する店作りをしていこうというもの。

実際に閉店が相次ぐ百貨店業界において都市部は業績順調。それも訪日外国人のおかげとも言われています。

彼らの欲求を満たすためにも高価格帯のさらなるシフトは必然とも言えますね。

大衆向け商売として生まれた商売が、今では海外の人向け商売に変容にしていく様を目にして、あまりの大きな変化にただただ驚くばかりです。

百貨店
カテゴリー
流通業界

80年代の輝きから一転。90年代は大変だったよ。セゾングループ

企業の栄枯盛衰とは

東芝の危機という本を読んでからというもの、企業の栄枯盛衰の流れに深く興味を持つようになりました。今回注目したのが西武百貨店が中核のセゾングループ。グループ内には吉野家、西友、ファミリーマート、無印良品など今なお活躍著しい企業が並びます。それがひとつのグループに存在していたというのですから、今なお存続しているようであれば、イトーヨーカ堂、イオンに続く第三勢力も夢ではなかったのではと思っちゃたりします。

栄枯盛衰

暗転したのはバブル崩壊後

暗転した大きな原因は行き過ぎた多角化。本業の小売だけでなく、不動産、ホテル運営、レジャー施設の運営など幅広く展開。

グループオーナーの掲げる生活総合産業という理想実現に向け、グループ一丸となって取り組んでいました。

オーナーは多角化のリスクは百も承知。ただその変化を指を加えてじっと見ている方がむしろ危険。打って出てこそ危機を打開できると。

個人的には石橋を叩くよりも、このようなイケイケドンドンの方がむしろ好きな方。後先の事は、その時になって考えればいい。

けど、イチ営業マンの仕事ならまだ修正、リカバリーはできますが、会社経営ともなると話は別。

事業拡大に向け買収はするも、その資金はほぼ借り入れで、金利を返すのが精一杯というギリギリの状態でした。

そこにバブル崩壊が襲い、91年オーナー引退という事態にまで発展していきました。

バブル崩壊

本業の足をひっぱるグループ企業

グループの中核を担う百貨店では、借り入れで既に3000億円あるにもかかわらず、新規出店をさらに進めその費用が3000億円とのこと。急ぎ計画中止をグループオーナーに進言。が、時に既に遅しで出店計画は進められ、その店舗は2年で閉店に追い込まれるという惨憺たる結果でした。

さらに不動産、レジャー施設運営などを担うグループ企業の借り入れが膨らみに膨らみました。オーナー肝いりの会社だけであって潰したくない。が、銀行もバブルが崩壊した矢先で、早めに債権を回収したい。てなわけで、融資も渋られる始末で、グループ企業の出資などで延命させていこうとします。

が、当のグループ企業の役員は頑なに拒否。延命するよりも潰した方が良いと判断したのでしょう。てなわけで、グループ企業の役員とオーナーの間で対立が起き泥沼化。

タコ

そうしてグループ解体

結局の所、このグループ会社は倒産することとなったものの、銀行側からは売れるグループ会社は売って借金返済してくださいということとなり、西友がセゾングループから離れ、後にファミリーマートもグループを去っていくこととなるのです。

てなわけで、セゾン帝国は内から崩壊していってしまったのです。

カテゴリー
流通業界

い昔はイノベーターだった。百貨店業界

歯ブラシを百貨店で

昭和生まれにとって百貨店という言葉の響きには、何か富裕層的なイメージがあり、選ばれた人しか利用できない敷居の高さを感じます。

イトーヨーカ堂なら身なりを気にせず入店できるけど、百貨店となると、よそ行きの格好をしないと失礼な感がじして・・・

映画、「男はつらいよ」で、さくらが三越で買い物した品を自慢気におばちゃんに説明しているシーンがやけに印象的で、当時の百貨店に対する一般市民のイメージを如実に語っている感じがします。

百貨店

アパレル傾注が仇となる?

百貨とは「いろいろな商品」をさし、今では専門店が幅を利かす家電や家具もは百貨店で扱っていました。

が、1990年前半のバブル崩壊以降、それらの品は専門店に任せて、ウチらはアパレルをメインにしていこうご舵を切りました。

理由としては利益率がとにかく高い。それと百貨店側の在庫リスクがない。

百貨店の場合、委託販売となるので売れ残ったり返品されたり、万引きされても、これ全てアパレル側が負担し、百貨店側は無傷。

てなわけで、売り場をアパレルメーカーに丸投げしていましたが、ここに来てファーストファッションの台頭、そしてネット通販が普及したことで、アパレル不況を招き、今やジリ貧状態。2016年以降、11店舗の百貨店が閉店していることを考えると、事態は相当深刻な感じがします。

百貨店

百貨店を憧れの対象と見れない

残念なのは、百貨店事態のブランド力低下。百貨店ごとに紙バッグやら包装紙が用意されていますが、あれを使うことで、しれっとハイソ感をアピールできたのですが、今では、そんなものに価値を見出す人は少ないようで、三越と伊勢丹で包装紙を分けて使っていますが、一緒にしたらどうだという声も出ているようです。

伊勢丹で買ったのに、三越の包装紙かよとなるので、全く新しいデザインにした方が良いと思いますが、これもまた浸透するまでに相当な時間がかかりそうで、やる意味があるのか疑問であることは確かです。

百貨店

昔はイノベーター

百貨店の成り立ちは、元は呉服屋さんからと言われています。客からオーダーを聞きバークヤードに言って、要望のしなを出すという座売りが中心でした。

それを商品を店先に並べる「陳列販売」という今に続く活気的な販売スタイルを確立していったのです。

また日本初のディズニーランドが三菱の屋上だったということも驚き。お客に楽しんでいるもらうという視点で、行き着いた先がディーズニーランド誘致だと思うのですが、その発想力は凄いなと感じました。

ジリ貧の百貨店業界には、今こういった発想の飛躍が必要かもしれませんね。

[amazonjs asin=”4336061076″ locale=”JP” title=”百貨店とは”]
カテゴリー
流通業界

志半ばで退任。三越伊勢丹社長

新宿伊勢丹のメンズ館で一世を風靡

2000年台初頭、暗黒時代真っ只中の百貨店業界において大きな話題となった伊勢丹新宿店のメンズ館。それまではテナントごとに店内装飾はバラバラでしたが、売り場コンセプトを決めて、統一された売り場と品揃えで大きく売上を伸ばしました。

その仕掛け人こそが現三越伊勢丹社長の大西氏。

一度講演を聞かせていただきましたけど、現状をよしとしない強いエネルギーを感じました。

その成功をきっかけとして社長に就任したのだと思いますが、退任とは・・・

経営

業界の雄として、新しい試みを矢継ぎ早に

新宿店の成功で、百貨店業界に新しい風を吹き込んだ大西氏ですが、改革はそれだけに留まりません。

セールの開始日を遅らせたりもそう。

それまではセールありきの百貨店でしたが、それってある意味、消費者を裏切る行為でもあるという真っ当な考え。

これには僕も激しく同意しました。

他にも従業員の労働環境改善では正月1日、2日はお休みというもの。

ウル側も心身が正常ではない限り、お客様に対してのサービスの質も落ちるだろうという考え。

これにも激しく同意しました。

このように様々な改革を推し進めてきたわけです。外から見ていると凄い経営者だなと。絶え間なく現状を否定し、新しいことに取り組んでいくその姿勢に、色々と考えさせられるところがありました。

経営

けど、中の人の評価はちょっと・・・

外から見ると評価の高さが目立ちますが、社内からの評価はひどい。

周りイエスマンしか置かないとか、客の前で叱責したりとか、致命的なのは不採算店舗の閉鎖の話。

マスコミに報道されて初めて知った社員も多く、なぜ、最初に社員に話をしないのかという不満の声も上がっています。

といった具合に上層部と大西氏との衝突は激しく行われていたようで、そこに2016年度の減収減益という結果となり、責任を取る形で辞任されたのだと思います。

経営

仲間の同意がないと改革も・・・

個人的には大西氏の様々な改革は素晴らしいと思います。

もう少し賛同者が言えれば、減収減益だとしても、来期は頑張ろうと継続して改革は進められていたのではと思っちゃいます。

新しいことをするには確かに失敗はつきもの。

それを許容できないほどに社内はすごいことになっていたのでしょう。

次期社長が大西氏の意志を継いで改革を推し進めていくのか、それとも元の黙阿弥に戻るのか、今後の三越伊勢丹の動向に目が離せません。

頑張れ、伊勢丹。

カテゴリー
流通業界

ニトリ絶好調。すがる百貨店

新宿南口のシンボルだった百貨店に

今から20年位前でしょうか、その当時の新宿南口は伊勢丹くらいで、東口や西口に比べるとちょいと寂しい感じがしました。

が、そこに突如表れた高島屋タイムズスクエアビルで、一気に人の流れも様変わりするほどショッピングエリアに様代わり。

誕生が新しいということもあり、東口、西口に比べるとどこか洗練されていた感じがしました。

壁面には専門店のベスト電器HMVの看板。当時は勢いがありましたが、今では両者とも当時の勢いは見る影もなく・・・

んで、この度、高島屋タイムズスクエアに、今勢いに乗っているニトリが2016年12月1日から出店しています。

伊勢丹

全フロアで大盛況

その売場というのが1Fから5Fとかなりの大規模。オープンから4日間で10万人弱が訪れたというのですから、高島屋としてもホクホク顔でしょう。

ニトリとしても地方部から都市部へと出店を切り替えている所に、この大盛況っぷりですから、お互いにとってこの出店は成功だったでしょう。

ショッピング

プランタン銀座の成功で確信?

ニトリの都市部攻略の先鋒は、プランタン銀座への出店でした。

品揃えも地方部よりもちょい高め設定ながら、大盛況。この成功が都市部にさらに力を入れるきっかけとなりました。

プランタン銀座も来場客が2-3割増えたというのですから、恐ろしい集客マシーンと言えます。

立場が逆転

従来はテナント側が百貨店側に対し、出店させてくださいとお願いしていましたが、今では力関係が逆転。百貨店側からテント側に依頼するという流れが徐々に増えてきたとか。

この手法、駅ビルショッピングセンターでは当たり前でしたが、百貨店もその商売にのっからないと厳しくなってきています。

ショッピング

松坂屋にパルコ?

上野松坂屋も、この流れに乗るかのごとく、2017年にはパルコが入居します。

パルコと言えば渋谷、池袋を象徴するファッションショップですが、それが丸ごと百貨店の中に入るという、ひと昔前まででは考えられないような事態が起きています。

ショッピング

まとめ

このようなテナント様頼りの運営が百貨店にも押し寄せてきていると言われますが、新宿の高島屋に限れば、誕生当初からテナントに頼った商売という感じがします。

で、そのテナントは時代の流れを移している感じさえします。高島屋に出店すること、イコール今、勢いに乗るテナントといった具合に。

そう考えると、遠い将来、ニトリに代わるお店が入居することも考えられます。

まずはありえないでしょうけど、高島屋の中にイオンが入ったり、はたまたイトーヨーカ堂が入ったり・・・

とにかく長く続く不振から脱却をしてもらいたいと切に願う次第です。

カテゴリー
流通業界

「消化仕入れ」って何?百貨店の商慣習

昔は買い取りだったみたい

日本の百貨店は60年代位は買い取りがメインでしたが、百貨店だけにそれなりに商品を揃えないとお客様が納得しない。けど、全て買い取って売れ残ったらとんでもない在庫を抱えて経営が成り立たない。さて、どうしたものかと行き詰まり・・・。

百貨店

委託販売を発案したオンワード樫山の創業者

そんな悩みを解決してくれたのが、「消化仕入れ」。原型はオンワード樫山の創業者が発案した「委託販売」。

要するに百貨店側でリスクを追わず、メーカーが売れ残った分を引き取るというもの。しかも人的リソースも提供してくれて百貨店にとっては願ったり叶ったりなシステム。

で、百貨店のすべき事は?

消化仕入れを基本とした場合、J.フロントリテイリングの奥田努さんが色々と語っていました画、特に響いたのが編集能力。人気のブランドや将来有望なブランドを取りそろえること、ポケモンセンターや東急ハンズ、ユニクロなどの投入がまさしくそれです。

ビジネス

編集力って必須スキル

まとめサイトが流行るように、あるくくり、ある切り口、あるコンセプトで散逸した状態をまとめるって作業って、これから大事になってくるのと。編集作業の過程で思いもよらぬキーワードが、ポッと出たり・・・。色々な意味で勉強になりました。

日経ビジネス1724より