カテゴリー
投資ネタ

従業員満足度が投資するかの決め手

ハゲタカの視点が変わったよ

2000年代の物言う株主と言われ恐れられていた投資ファンド

安く仕入れて、株価が上昇した所で売り抜けて莫大な利益を手にする

投資ファンドからの買収防衛で各企業が翻弄されていました。

投資先としては、株価が市場価値より安いとか、ROE(自己資本利益率)が高いとか、稼ぐ力に重きを置いていましたが、時代の流れと言いましょうか、ES(従業員満足度)も含めて企業価値を評価するという方向に移行してきています。

投資

従業員満足度を重視する理由とは

投資ファンドにも長期的に株を保有して、企業育成に力を入れているところも増えています。

散々マスコミからも、そのやり口を叩かれたので反省でもしたのでしょう。

んで、その育成という視点で見ると、企業の継続した生産活動が肝になってきます。

現場が慢性的な疲労を抱えていたり、残業がとてつもなく長いなどとなると、とてもじゃありませんが継続的な生産性は望むべくもない。

マスコミの餌食になるようであれば、もっと最悪。回り回って株価ダウンは避けられない。

労務環境

環境面、労務関係も一緒

工場を持っているようなメーカーでは、過酷な労働を強いていないかというのも問題になってきます。

途上国の経済発展とうたっていながら、低賃金で雇い、朝から晩まで働かせる。あるいは未成年労働もしていたなんてことになると大きく企業イメージを毀損してしまいます。

ユニクロもそれまでは世界に点在する生産工場は非公開にしていましたが、このような時代の要請を受け、全て工場の住所を公開するなど変化出てきています。

加えて、環境問題も同様。継続性を重視するとなると公害やら、CO2の排出という面でも配慮していかなければならない。

環境汚染

これらをまとめてESG

ESGとはエコ、ソーシャル、ガバナンスの頭文字を取った略称。

投資ファンドは、このESGを今後投資するか否かの判断材料にも加えています。

僕も既にお世話になっている投資ファンドブラック・ロック

この投資ファンドの運用資産は軽くに日本のGDPを越えるほどの規模で、世界トップクラスの投資ファンドと言えます。

日銀、年金積立機構(GPIF)と並ぶ日本の大株主でもあり、この会社がESGを重視を表明したことで、他の投資ファンドもこの流れに追随することが容易に予想されます。

投資

まとめ

このようなトレンドの変化に、今ボクの保有している投資商品は大丈夫なの?と不安に思っちゃいますね。

企業名こそをわからないものの、ESG重視ともなれば、物言う株主として色々と助言されていることでしょう。

いい方向に向かってくれれば素人投資家としては嬉しい限りです。

カテゴリー
金融保険業界

貯蓄から投資への動きが加速?資産運用会社の再編活発

投資はしてみたけれど・・・

リーマンショック前、我が世の春を謳歌していた日本。好景気が長く続き、気分的にも浮かれていたのでしょう。この自分でさえ投資信託商品をいくつか購入しました。

あれから8年過ぎた2015年の運用実績はと言えば大赤字。売れに売れず只今塩漬け中。円安で景気を上向いてきたので、直近では多少の利益は出ているものの、リーマンショーク以降の痛手は未だに癒えずといった感じです。

制度が整い、投資から貯蓄への機運高まる

ある資産会社の社長さんのインタビューでは、NISA(少額投資非課税制度)などが導入されたことで、投資を促進する下地が整い、日本でも貯蓄から投資への機運が高まっているとのこと。

てな訳で、自分と世間の感覚はズレていますが、世間一般的には投資への動きが高まっています。

そんな空気を察知したのか、資産運用会社の合従連衡が活発化。その動きからも投資への機運が高まっていると言えます。

続々登場、新会社

まずはみずほと第一生命による新会社が発足します。運用総額は国内最大級の50兆円になる模様。

続いて三菱UFJフィナンシャルグループ内で、こちらは2015年7月に発足済み。

んで、最後が日本郵政、野村、三井住友による新会社。こちらは2016年2月を予定しています。郵政グループを取り込んでいるのが味噌です。

どこか大所帯にして大丈夫?という心配な感じはします。合併により商品開発力や運用力強化を掲げていますが、果たして想定どおりにいくかどうか・・・

貯蓄から投資へ。

現在、日本の家計資産は約1700兆円と言われ、その半分近く約800兆円が預貯金と言われています。で、年金、株、投資信託がその半分。いわゆる投資部分ということです。

年金はと言えば、機関投資家中心なので、個人向けの株、投資信託をいかに伸ばしていくかが鍵になるでしょう。

まず初心者用に少額の投資商品でもあれば、利用する人も増えるのでは?と思います。自分の経験からして。

まだまだとっつきにくい感じの投資商品。わかりやすさが加われば、貯金用のお金を投資に回してもいいかもとなると思います。

カテゴリー
投資ネタ

ベンチャーはつらいよ。新規公開しても茨の道?

ライブドアショックは過去の話

2006年に起きたライブドアショック以降、新規株式公開件数は年々減っていたと思いきや、2010年以降は右肩上がりで件数は増加。2015年は、ライブドアショック前の件数に並びでそうで、新規公開株界隈は盛り上がっているようにも見える。

ビジネス

gumiショック。

2014年12月に上場したオンラインゲーム会社、gumiが、業績の下方修正をしたことで大きな話題を呼んでいる。営業利益13億円が一転して、4億円の赤字予想。

これに市場が激怒。まさにフルボッコ状態で、連日のストップ安となり、2581年の株価が半値に急落。

ビジネス

お小遣いを何に使うかを報告

上場するにあたり、企業は投資家に対し、調達資金の使途を明示しなくてはならない。お小遣いを何に使うかを親に報告する子供のように。

で、この読みが甘すぎたことが今回の騒動の発端らしい。先の見えない市場なんだから、少しは大目に見てよ、何て甘言が聞かないのが投資の世界。

上場リスクを考える。

上場すると、株主を顔を見ながら経営を余儀なくされる。さらに今回のようなベンチャー企業ともなれば、株主が企業に求めるハードルも高め。

ビジネス

期待に応えることができなければ、甚大なダメージを被るのは避けられない。

資金調達先を変えてみる

銀行、株の他に資金調達先として注目なのが、第三者割当増資。ある企業では、40億円の調達に成功。新規株公開で調達した12億円を上回るとういうのだから、必ずしも上場だけが資金調達とは限らない。

上場企業って聞くと響きはいいけど、重ーい責任を背負ってビジネスをしているんだなとあらためてリスペクト。

日経ビジネス NO.1784
カテゴリー
投資ネタ

株主構成で得することも「マクドナルド」の好例?

不祥事続きで残念なマクドナルド

期限切れの鶏肉問題に始まり、最近では異物混入で不祥事続きのマクドナルド。一般的には企業不祥事は株価に反映され、大幅に下落してもおかしくない。なのに株価の大幅下落は起きていない。

マクドナルド

不祥事企業の株価は一般的に・・・。

2002年8月、鶏肉偽装事件を起こした日本ハムは売りが注文が殺到、2007年の消費期限切れ牛乳が発覚した不二家は、株価が2割下落。といった感じで大方、大幅下落は避けられないのにマクドナルドのそれは4%と微減。

マクドナルドの株主構成は

本家の米マクドナルドが49.9%保有し、40%が個人株主という構成。株価が大幅に下落しないのは、この個人株主のおかげ。それもそのはず。株主優待がとてつもなく魅力的。無料引換券1冊が配布されるという。実質配当率も4%と、10年物国債が0.2%台ということを考えると、実に素晴らしい金融商品とも言える。

株主優待

個人株主の恩恵

テレビでは、株主優待だけで生活しているなんて人もいたりして、企業ごとの特典を紹介しているけど、実は企業側にとっても、個人株主にかなり助けられているだなと。

株主優待

景気に左右されず、不祥事にも負けず株価がそこそこ安定していれば企業も大いに助かる。なんか食品メーカーの株って、すんごい魅力的なんだと発見に満ちた記事でした。

日経ビジネス NO.1776