カテゴリー
ハリウッド

まだまだ続くよ、ハンガーゲーム FINAL レジスタンス

シリーズものはこれだからつらいよ

米国版バトルロワイヤルということで、話題となったハンガー・ゲームもシリーズ3作目。息の長い作品となりましたね。

が、ここにひとつ問題が・・・。前作までの話を覚えていなと全くもって話が頭に入ってこない。

過去のブログを読んでもあまりにも中途半端が過ぎてこれまた役立たず。

ハンガー・ゲーム

ハンガー・ゲーム2

シリーズ3はこんな感じだと思う

シリーズ3だけを見て、僕なりに理解した内容はこんな感じ。今後のことも見越して、この内容を見ればシリーズ4、シリーズ5が上映されようとこの記事に立ち戻ればザックリとした話の流れは思い出せます。

ハンガー・ゲームとは悪趣味の大統領が考案した殺し合いのゲーム。選抜チームが選ばれて、地区同士でガチの殺し合いが行われ、その様子がテレビで流される。殺し合いも娯楽コンテンツの一つとして扱われているのが驚くところ。

ただ国民もコレはおかしいと気づき始め、国民が一致団結して打倒政府を掲げます。この反政府組織に属するのが主人公のカットニス。ジェニファー・ローレンスが演じています。

この反政府組織。政府と見紛うほどの設備を有し、軍事兵器も潤沢。見方によっては、こっちが政府と言ってもおかしくない位。

まぁ、それはさておき、反政府の目的は国民が一致団結して革命を起こそうというもの。で、主人公のカットニスを使ったプロモーション映像を作ったり決起集会にスピーチさせたりと、国民の士気発揚を図ります。

ハンガー・ゲーム

巧みなプロパガンダに、現実の世界でもこのような形で国民を戦争への道へ駆り立てているんだなと思ったりして。あらためて洗脳の怖さを感じました。

恋人ピーターは囚われの身

カットニスの恋人、ピーター君。政府側に捕虜され、何とテレビに出ては戦争のバカバカしさを訴え、反政府の戦争停止を呼びかけます。

完全に政府側に脅迫されているのは見え見え。

そんな彼の今の境遇に胸を痛めるカットニス。国民からも裏切り者と罵られ、ピーター君完全悪者扱い。

ハンガー・ゲーム

が、ピーター君はそんなやわな奴ではありませんでした。何と生放送の演説中。決まり文句の戦争の無意味さを説いている最中に、反政府軍に向けて「爆撃部隊があと数分で押し寄せるから避難して」と政府側としてはして見たら、コレ以上ない放送事故を起こされれるわけです。

画面はしばらくお待ちください的な画面に切り替えられ、政府の怖いお兄さんに連れて行かれるピーター

オイオイまだ続くんかい

政府軍の強烈な爆撃をしのいだ反政府軍は、早速反撃に出ます。政府軍に進入し、捕虜となった仲間を救出します。

このミッションは成功に終わり、あのピーターの救出にも成功。

数ヶ月ぶりに再会を果たすピーターとカットニスでしたが、ムクッと起き上がるや否や、カットニスの首を締めるピーター。捕虜にされていた時の洗脳が残っているようで、殺人マシーンと化していたのです。

医者に見せても手の施しようのないほど症状はひどく、失意のどん底のカットニス

どうなるんだ、この先・・・と思ったら「つづく」だと。

またまた次が気になる終わり方でした・・・。

カテゴリー
ハリウッド

グランドチャンピオン決定戦。「ハンガー・ゲーム2」

1作目を覚えていないとつらい

シリーズもの作品の場合、全く新しい話の展開ということであればついていけるけど、ハンガー・ゲームの場合は、そうはいかない。ガッツリ前作の続きなので、前回のストーリーを覚えてないと前半は全く無意味。

洋風バトルロワイヤル、「ハンガー・ゲーム

今回はグランドチャンピオン決定戦

ハンガー・ゲームの優勝者は一生自由を与えられるって約束だったナなのに政府はあっさりと撤回。何と過去の優勝者を集めて、真のハンガー・ゲーム勝者を決めることに。

ハンガー・ゲーム2

ただこの優勝者がバラエティに飛んでいて、腕っ節の強さだけではなく頭脳で勝ち上がった人など様々。誰が最後まで生き残るか興味がそそられる

生き残るには同盟という手段

この大会の見どころはお互い敵同士だけど、生存者が絞られるまでは同盟を組もうというところ。一人だけで生き残るのは厳しい。どんな生物が待ち構えているアマゾンに放り出されて自決もありえる。

ハンガー・ゲーム2

けど、昨日まで一緒に釜の飯を食っていた仲間に矛を向けるのは心情的にはつらい。愛情いっぱいに育て和牛を精肉として殺すようなもの。

やってくれたぜ、またも。

最終的にどう着地させるのかで最後まで目が離せない。と思ったら思わぬ展開が待っている。一瞬何事?と思える位の急展開。相変わらず次が楽しみな展開。これならさすがに次回も見てしまう。してやられた感が半端ない。

カテゴリー
ハリウッド

洋風バトルロワイヤル、「ハンガー・ゲーム」

洋風バトルロワイヤル

地域別対抗のサバイバルゲームが題材のこの映画。

架空の国で起きた政府主催のこのゲームは、全国ネットで放送され国民も熱狂して、地元の戦いっぷりに一喜一憂。

階級、性別、年齢別の制限は全くなく、男性女性入り交じり。中には明らかに小学生もいるもんだから、結果は見えたも同じ。

かと思いましたが、思いも寄らぬハプニングやスポンサーからの援護射撃など、最後は予想もつかない展開。

ハンガー・ゲーム

次回あるだろう。コレ

エンディングの終わり方が後味のわっるい感じだったので、恐らく次回作もあるかも。

となると、このおかしな国が崩壊するような話になるんだろうな。