カテゴリー
ハリウッド

まさかの犯人にウルッ「オリエント急行殺人事件」

犯人探しのわかりやすさ

列車で起きた殺人事件。この犯人を予想するという、とってもわかりやすい推理サスペンス映画です。

この手の作品、予想もしなかったような人が犯人ってことで、かなり注意して登場人物を見ていましたが、まさかの結末にビックリ。

さらにビックリしたのは探偵ポアロが見事犯人を的中させた点。当代きっての切れ者探偵はさすがです。

オリエント急行殺人事件

話はイスタンブール駅から

この作品、時代的には第二次世界大戦前の世界を描いています。当時は、トルコのインスタブールからパリまで直通の列車が走っていたのです。

今ではインスタンブールへの直行便はないようですが、一度だけでいいいから、トルコから寝台列車に乗ってヨーロッパを旅したいと思いました。

アジアからヨーロッパですから様々な風景や文化を楽しめると思います。

お客さんそれぞれに個室が用意され、バーもあり料理もシェフが何人いるような厨房を備え、移動式ホテルと言ってもいいでしょう。

乗員もお金持ちばかり。国も性別も身分もバラバラ。けど、これがある人物で一本の線として繋がっていたのですから、驚きました。

オリエント急行殺人事件

筋金入りのワル

殺されちゃったのは、いかにもワルな詐欺商人の男。

ジョニー・デップが演じると凄みがあって、これがまた怖いの何乗って。

骨董品売買で成功し、プチ金持ちとなったジョニー・デップでしたが、仲間から妬みの対象ともなり、敵を増やす一方。

pしまいに命取るぞみたいな脅迫めいた手紙をもらっちゃったり。

で、本人も相当軽快していたのですが、まさか列車内で刺客に襲われるとは本人も想像していなかったのでしょう。

しかも殺傷傷が11箇所。相当恨まれていたんですね。

オリエント急行殺人事件

立ち上がったポアロ

この殺人事件解決に向けて、列車オーナーから懇願されて渋々了承したポアロ。

まずは事件当時のアリバイ調査を進めていくという非常にベーシックな所から始まります。

が、これは表向きで、彼らのバックグラウンドの確認やら筆跡やら、色々な事を調べ上げていきます。

オリエント急行殺人事件

ジョニー・デップはまさかのあの犯人

殺されたジョニー・デップの身元を調べたら驚愕の事実が。彼、謎の骨董屋というのは仮の姿で、その昔幼女誘拐殺人事件で全米を震撼させた犯人その人だったのです。

何と警察の手を逃れ、のほほんと逃亡生活を送っていのです。

そして、この事件の犯人ということで、ポアロの推理もかなり切れを増していき、犯人をジワジワと追い込んでいくのです。

二転三転するにせ犯人に振り回せっぱなしでしたが、最後の結末にはただ驚くばかりでした。

オリエント急行殺人事件
カテゴリー
ハリウッド

ジャック・スパローとかぶる「ローン・レンジャー」

度肝を抜くメイク

ジョニー・デップ演じるインディアン役のメイクがあまりにも浮世離れしすぎ。白塗りに黒のラインって、コントにしか見えない。けど、みんな普通に受け入れているのだから、これって実際のインディアンもそうしてたのか?

ローン・レンジャー

先住民vs入植者

アメリカの先住民と言えばインディアン。で、海を渡ってやってきて住み着いちゃったイギリス人。作品の中でも、インディアンとアメリカ人の争いが描かれているけど彼らを入植者と呼ぶのに、自分達はよそものですという謙遜さが伺えたけど、やっていることは傲慢そのもの。

キワモノ役ならジョニー・デップ

インディアン、トント役を演じたジョニー・デップ。強面のくせに、やることなすことお茶目。どこかジャック・スパローとかぶる所も。違いは口数の少なさ。語る言葉は少ないけれど、信をついたセリフに、知的さを感じる。

ローン・レンジャー

パイレーツ・オブ・カリビアとの違い

相棒のローン・レンジャーとのからみでしょうね。反目しながらも、お互いのことが気になる存在で、過剰に接することで摩擦が起きて話が展開する。パイレーツ・オブ・カリビアとはまた違った楽しみ方があった。

ラストシーンの引き込まれっぷりは半端ない。

後半戦は、フラストレーションが一気に開放される感じ。何で、こんな悪事を働いているのに、懲らしめられないの?こいつらは?という声に応えてくれる気持ち良さが待っています。

相手のなかなかのしぶとさに、イライラマックスだけど、最後はスカッと。2時間30分を感じさせないあっと言う間の展開でした。

[amazonjs asin=”B00ADCVJVE” locale=”JP” title=”ローン・レンジャー MovieNEX ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド Blu-ray”]
カテゴリー
ハリウッド

マスカラスもびっくり。1000の顔を持つ男、ジョニー・デップ

ジョニー・デップは何て引き出しが多いんだ

この人が、キャプテン・ジャックスパローと同じ人?と思う位、役にはまりきっていたジョニーデップ。

ダーク・シャドー

何てたって、200年前から時が止まっているものだから、見るもの、触るもの全てが新鮮。しかも200年前当時の暮らしをベースにしているものだから、その言動すべてがズレまくり。

コミカルなくせにちょっとホラーチック

コミカルな演出あり、はたまた、ホラーチックな内容も盛り込まれており、飽きの来ない仕上がり。

dark_shadow2

予想を超えるエンディング

最後は、エッー、おまえも・・・だったの?というオチもついて、続編の期待が膨らむ映画です。