カテゴリー
ハリウッド

痛快すぎる。アメリカンドリームとはこのこと「エリン・ブロコビッチ」

シングルマザーで職なしの悲劇

面接を受けるも子持ちがネックとなり、不採用の連続。まるで終始職氷河期の学生の様。けど、主人公はそう簡単に諦めるには行かない。

というのも、幼い子ども3人を養っていかなければならないのだから

そんな不幸のどん底の中、交通事故に会うものの、エリンについた弁護士との知り合ったことで人生が大きく切り開かれていきます。

エリン・ブロコビッチ

異質な存在は排除される。アメリカも一緒です。

とは言え、エリートとも言える組織にあって、エリンはかなり浮いた存在。

粗野な言葉遣いやビジネスパーソンではありえないセクシーなお洋服などなど。

日本と同じようにアメリカでも組織からちょっとはみ出すようものなら、無視や仕事のおしつけなどのいじめが勃発するようで、出社数週間で嫌がらせを受けます。

が、そんなことでおとなしくなるようなエリンではありません。

売られた喧嘩は徹底抗戦。この位の気構えではないとやっていけないのでしょう。時には社長にも噛み付くのですから、無知は怖いものです。

エリン・ブロコビッチ

知りたいという気持ちが金脈を掘り当てる

膨大な量の書類整理を頼まれたエリン。ある種のいじめに近い行為ですが、全く気づいていないのがエリンの良い所。

資料をしっかりと熟読しながら作業を進める中で、気になる案件を見つけだします。

住宅の売買価格に関する訴訟なのに、被告側の医療診断の資料まで。

これはおかしいということで訴訟を起こした被告の内に訪問。この行動力もさることながら、その後、関係各所に訪問して調査を進め、この訴訟の裏にはもっと大きなことが隠されていることを発見するのです。

エリン・ブロコビッチ

弁護士も持ち出しありって大変すぎるよ

当初、住宅売買に関する訴訟騒ぎでしたが、実際の所は、とある企業の公害訴訟に発展。

とんでもない訴訟案件に大化けすることとなったのです。

とは言え、小さな小さな弁護士事務所。水質専門家に調査してもらったり、被告者の承諾を得る作業など、何かとお金の出る話ばかり。

裁判で負けるようなことにでもなれば、全てこれ赤字ということで、弁護士さんも実は大変な職業なんだなと感じました。

エリン・ブロコビッチ

困難を克服し、手にした和解金

最初こそ、署名集めで数が集まらないかと懸念していましたが、蓋を開けて見たら訴訟に必要な数の署名を獲得。

さらに原告側の企業で働いていたスタッフから貴重な資料。つまり隠蔽工作ですね。その資料を手に入れたことで勝負あり。

こうしてエリンは一生暮らしていけるほどのお給料を手にすることができたのです。

これが実話に基づくお話というのですからさらに驚きました。

カテゴリー
ハリウッド

窃盗団にもプロ意識があるとは「オーシャンズ12」

鮮やかな盗みはしたものの

シリーズ1で、難攻不落のカジノの金庫からものの見事に大金をせしめたオーシャンズの面々

街一体を一時的に停電させてレーザー光線が飛び交う通路をあっさりとくぐり抜けたり、監視カメラに録画済み映像を流して監視の目をくぐり抜けたり、しまいには自動運転車で追跡してきたカジノスタッフをまんまと穴にはめたりと、やることなすことスマート。さすがプロの窃盗団と興奮しました。

なのに、シリーズ2では、そのカジノ王に計画がバレるというお粗末ぶり。足跡を残さず仕事をこなすのは窃盗団の基本中の基本なのに何故?と思いましたが、原因は何てことはない、窃盗団仲間からのリーク

こうして、カジノ王から盗んだお金と3年分の利子を請求され、オーシャンズは返済のために再び窃盗のおお仕事を計画することとなりました。

オーシャンズ12

勝負を挑んでくる面倒な奴

オーシャンズをリークしたのはヨーローッパでは名の知れたフォックスという窃盗のプロ。

過去に銀行や美術館を相手に数多くの盗みを成功させてきました。

その道の第一人者からも一目置かれる位の凄腕。ところが、その窃盗のレジェンドとも呼べる人がオーシャンズのカジノを相手にした窃盗は凄いと称賛すると、これに嫉妬心を覚えたフォックスは腹いせにカジノ王に彼らのことをリークしのたでした。

これを知ったオーシャンズは、フォックスに直談判。この落とし前きっちりつけてもらいましょうと凄むと、フォックスはうろたえる素振りも見せずある高価な美術品をどちらが先に盗めるかを提示。自分よりも先に盗むことができればフォックスから請求されているお金を支払いますとのこと。

こうして、世界一の窃盗団の名をかけて両者が戦うこととなったのでした。

オーシャンズ12

凄腕女刑事に危機一髪

オーシャンズにとってもう一人面倒なのが切れ者の女刑事

まず足がつくことはないと高をくくっていたある事件を、真っ先にオーシャンズと仕業と見抜き、彼らのアジトまで押し入り、ブラッド・ピットの携帯を押収するという手際の良さ。

しまいにフォックスとの対決に指定された美術品の窃盗計画でも彼女の大活躍により、オーシャンズの半数がその場で逮捕され、万事休す。

フォックスの勝負にも負けて、これでオーシャンズも解散かと思いましたよ、本当に・・・・

オーシャンズ12

ジュリア・ロバーツ役を演じるってどんな気持ち

とは言え、逮捕の難を逃れたメンバーだけで計画を再度練り直します。

そのプランが、ジュリア・ロバーツにジュリア・ロバーツを演じてもらい、美術館に訪れている最中にどさくさに紛れてお宝をゲットしようというもの

ジュリア・ロバーツ本人が、ジュリア・ロバーツを演じるという規格外の展開は大爆笑モノ。

マット・デーモンが、南部なまりだから、語尾をもっと伸ばさないと駄目だよというセリフはどう見ても、ジュリア・ロバーツをいじっているようにしか見えませんでした。

果たしてこの計画が成功し、フォックスとの勝負に勝てるのか、それと逮捕されたオーシャンズ達は釈放されるのか、最後まで見どころ満点の作品dでした。

オーシャンズ12
カテゴリー
ハリウッド

中途半端に古さを感じる「ペリカン文書」

世に言う名作だけれども、どう古臭すぎて・・・

世に言う名作のひとつと数えられるペリカン文書。のくせに、これまで一切観る機会がなかったので期待値が高まりましたが、今から20年近く前の作品。映像からどこか古臭い感じがして、終始そこだけが気になって話が全然入ってきませんでした。

主なあらすじ

ある訴訟の最高裁判事が何者かに暗殺される所から話が始まります。で、この暗殺が単なる逆恨みかと言えば、事情はかなり複雑。で、ジュリア・ロバーツ演じるショウがこの事件の真相をレポートにまとめます。

最初は皆、ありえない話と取り合ってはくれなかったものの、これが見事に真実をついていたということになり大騒ぎ

犯人側は、この事件の真相が明るみに出るのを防ぐためあらゆる手をつくして、ショウを含む関係者の暗殺を企ててます。

ネットや携帯電話のない時代

当時はまだ携帯電話のない時代。電話は主に公衆電話か自宅の電話。なので、カンタンに盗聴が行え、ショウの行動が筒抜け。行く先々で危険な目にあいます。

最愛の恋人さえも失うほど、かなり追い込まれていきます。

さらに古さを感じたのがネットがまだない時代ですから、雑誌、新聞などのメディアの力が強い。犯人をあぶりだすのにショウが使った手は出版社へのリーク。

白日の下に事件の真相を明かすことで、暗殺の危険から自分自身を守ろうとします。

デンゼル・ワシントンが細い

フライトやトレーニングデイで主役を演じた若き日のデンゼルワシントンが出版社の編集者として登場します。暗殺者からショウを守るべく、事件の真相を一緒になって追求。

事件解明の証拠にたどり着き、メディアを使って、こお事件の真相を公開。白日の元にこの事件をさらし、全米で大きな話題を呼ぶことになりました。

まぁ、彼が歴史あるヘラルドの記者ということもあり、真実味がより増したとも言えます。

環境保護か経済発展か

この事件、そもそもは環境保護を訴える側と経済発展を願う両者の裁判沙汰の話。んで、経済発展を狙う企業から多くの献金をもらっている政府側としては、この企業を助ける方向に動きます。

FBIなども使い、そのやり口は卑劣を極め、実際にこんな事が起きていたら政権崩壊です。映画の世界ですから成立する話

てなわけで、国を相手に勝っちまったということになります。

カテゴリー
ハリウッド

親の介護は誰がする?8月の家族たち

メリル・ストリープとジュリア・ロバーツが親子

>この作品を観ようと思ったのは、2大女優の共演。鉄の女、サッチャーを演じたメリル・ストリープとプリティ・ウーマンのジュリア・ロバーツが親子役というですから、さぞ面白い作品だろということで、どんな物語になるのかと期待先行で観賞しました。

8月の家族たち

実際見てみると、これが結構重い親の介護というテーマ。日本でも社会問題として大きく取り上げられているあれです。加えて自分にも当てはまるのではないかと暗い気持ちになりました。

親の面倒は誰が見る?

これは、どの家族にも直面する問題。「そこは長男でしょう」とか「いや、いや実家に近いおまえだろう」と。小学校以来の大喧嘩に発展することも。

それが、この物語のテーマで、兄妹で親の面倒を誰が見るかで大モメ。問題の渦中にあるママだって、子供に煙たがられて気分もよろしくない。

3姉妹の中で、誰が母さんの面倒を見るか。長女で責任感の強いジュリア・ロバーツが面倒を見ると言い切った潔さはかっこ良かった。けど話がすんなりまとまらないのがこの家族の特徴

8月の家族たち

私はボケていない

介護される側の気持ちも参考になる作品です。子供たちに老後は私達が面倒見るから安心してねと言えば喜ぶと思ったら大間違い。

8月の家族たち

私は老いていないし、ボケてないと今の自分を認めたい。挙句には一人で生きて見せると話がどんどんこじれていく。 受け入れることも必要

介護ってのは、ある程度相手の主張を受け入れる度量とがないと難しい。吠えまくる親を黙らせようとせず、淡々と聞き流す位してあげないとうまくは続かない。

介護だけならまだ良かったけど・・・。

本筋は親の介護。メリル・ストリープに家族、親戚が振り回されている中、色んな所で新たな問題が噴出するのも見どころ。 家族って色んな問題を抱えながら暮らしているだなと実感

カテゴリー
ハリウッド

プリティ・ウーマン|ジュリア・ロバーツの出世作

今さらながら・・・

恋愛映画の金字塔とも言われる「プリティ・ウーマン」。

玉の輿に乗るというのはこの事。憧れる人が多いのも頷けます。

ただ、そう簡単にシンデレラになれるわけではなく互いの気持ちがいつもスレ違いっぱなし。

トラブル連続で最後まで飽きさせない工夫が感じら、エンディングまで気持ち緩まずに見れます

プリティ・ウーマン

プリティーウーマンのあらすじ

世の中に不満を持ち、どこかひねくれ、すさんじゃっている売春婦と大金持ちのおっさんが恋に落ちるお話

まったく住む世界の異なる2人が色々な偏見、苦難を乗り越え恋人関係に発展していく様子を描いています。

オーラが違うよジュリア・ロバーツ

今ではハリウッドを代表する女優、ジュリア・ロバーツですが、この作品はまだ売出し中。

この映画をきっかけに大女優の仲間入りをしますが、当時も今も、本質的な所は変わっていません。

セリフにも表情ひとつひとつ取っても凛として知性を感じさせます。

ルックスも抜群。ドレスに、スーツに、ちょとしたカジュアルな服装、どれもドハマリ。服が人を選ばないというのはジュリア・ロバーツのためにあるようなもの。

やっぱり売れる人は、持っているもんだなと納得しました。

ちなみに僕が観た彼女の出演作品はこちら

[blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/americas-sweethearts/”] [blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/perican092815/”] [blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/confession/”] [blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/hachigatsukazoku0419/”]

大金持ちのおっさんは今で言うところのハゲタカ

大金のおっさん、モースの職業って今で言うところの投資ファンド。

1990年当時はネットもない時代ですから、投資情報は限られた人しか見ることができない。ってことはプレーヤーも少ない訳で、そう考えると、モースは投資でとてつもない額を稼いでいたと想像がつきます。

本編とは全く関係ありませんが、このように米国は20数年前から企業買収が盛んだった一方、当時の日本は銀行との株持ち合いで、どこか。

今では日本も外資に買収されまいと頑張っていますが・・・。

とにかくたった二十数年で、経済環境は大きく様変わりしていることに改めて驚かされました。

更正しちゃったビビアン

で、話を戻すと、モースとの時間を過ごしたことでビビアンは売春婦から足を洗うことを決めます。

つまり、彼との恋人関係が成就し、ハッピィエンドを迎えます。

ただ、彼に依存するのではなく彼女自身が自立しつつ、対等な関係で人生を歩んでいくというもの。

ジュリア・ロバーツ自身もここから大女優への道を駆け上がっていくですから、それを考えると、プリティ・ウーマンという作品は、何て深い作品だろうと感じた次第です。

[amazonjs asin=”476481742X” locale=”JP” title=”ジュリア・ロバーツ―プリティ・ウーマン真実の愛”]
カテゴリー
ハリウッド

独特の世界観の「白雪姫と鏡の女王」

中世ヨーロッパなのに、じゃない感じの世界観

雲をもつきやぶる山頂にそびえたつ白雪姫の城。眼下には彼女が統治する街並み。そのあまりものスケールの大きさに、この映画、金かけているなとひしひしと伝わり、冒頭で、引き込まれました。

白雪姫と鏡の女王

衣装も独特の世界観。

舞踏会や結婚式で華やかな衣装を身にまとう貴族たち。舞踏会では、うさぎや白鳥などの動物を模した衣装を身につけ、一つ間違えば、カブリモノ?と作品を台無しにするところだが、そこはハリウッド映画。ちゃんと話として、成立させている。

が、背中から羽根が生えていれば、どうしてもツッコミたくなる。

白雪姫と鏡の女王

7人の小人キャラ立ちすぎ

マジシャンがいたり、剣術に優れるもの、はたまたカリスマ美容師など、それぞれに特技を持ち、存在感は白雪姫以上。彼らの存在が、この作品に、ほどよいユーモアを与えている。

ずっと気になった白雪姫の眉毛

リリー・コリンズ演じる白雪姫。整った顔立ち、意志の強さを感じる凛とした表情、まさに王女役にピッタリといった感じですが、どうも眉毛が主張しすぎる感じがした・・・。逆境に打ち勝ち、幸せを手にする白雪姫の設定上、そうせざるを得なかったのかもしれないが、個人的にはもう少し細くした方が、より美しさも際立った感じがして残念でならない。

カテゴリー
ハリウッド

ジュリア・ロバーツはやっぱりキレイ。「アメリカン・スウィートハート」

ジュリア・ロバーツ目当て

本作品を観た理由はジュリア・ロバーツ主演だから。顔、スタイル非の打ち所がない美しさ。この作品でも、あらためて実感。

大物スター夫婦揃い踏み

大物スター夫婦と言えば、ヒロミ・伊代ちゃんか渡辺徹・郁恵ちゃん夫婦しか思いつきませんが、そんな夫婦が揃って映画に主演するって話。プライベートも一緒だし、色々とやりにくいだろうなと、思った訳です。

宣伝マンって大変

映画を上映するにあたって、専門の宣伝マンという職があるそうで、それはそれは大変。今でこそネットが普及しているので、そんなにお金をかけずして、できそうだけど、映画コメンテーターを集めた試写会やマスコミが騒ぐようなゴシップネタなど、映画をヒットさせるのに、あの手、この手と、まぁ良く思いつくわと感心。

相談相手に恋しちゃう

恋の相談相手を知らず知らずに好きになっていたなんて話は、よくありますが、この映画もそんな感じ。その相手が、ジュリア・ロバーツとなれば、好きになっても致し方ない。

02_american

もの凄い迫力、ジュリア・ロバーツ

怒った時の演技の迫力といったら、ジュリア・ロバーツの右に出るものはいないといっつも思う訳です。普段の表情からのギャップ、顔の筋肉が、よくもまぁ、そんなに動くなと。あんな表情で、まくし立てられたら、「ごめんなさい」としか言えない。

カテゴリー
ハリウッド

テレビ草創期って何でもあり!! 「コンフェッション」

自由すぎる番組作り

今ほどコンプライアンスやらがうるさくなかった1960年代のテレビ業界の話。主人公は制作する番組がほぼ大ヒット。あの番組のルーツはこれでは?といった番組もあったり。今では完全アウト的な企画もありで、勉強になる。

孤高の天才プロデューサー

敏腕プロデューサーで名を馳せる主人公。次々にヒット企画を連発するもんだから、周囲の期待値もガンガン上がり、どんどん息苦しくなっていくのが、観ていて痛々しくて・・・

コンフェッション

そのハケぐちが人殺し。それも残忍な殺し方。TVでは、あんな笑顔のよく似合う司会者なのに、裏では身の毛もよだつ冷酷さ。

他にも見どころ満載

TVショーにしれっと出ているブラビ、見事なまでの肉食女を演じるジュリア・ロバーツ、純粋無垢な恋人を演じるドリュー・バリモアなど細かいところでもクスリと笑えるポイント満載。

コンフェッション