カテゴリー
ハリウッド

ほぼ出演者は2人だけ。「おとなの恋は、まわり道」

割り込みしていないのに・・・

場所は空港の搭乗ゲート。既に女性が一人並んでおり、男性が搭乗場所の確認で声をかけたのがきっかけ。

優しく受け答えする女性に最初は、なんて親切な人と好印象を抱いたのも束の間、ちょっと男性が彼女より前に出ただけ、割り込みしたの態度が一変。

さっきまでの優しい女神が、突然ヒステリックな女性に早変わり。そこから機関銃のごとく、男性の罵る言葉を連発。

普通なら、その勢いに怯んで意気消沈する所を負けじと男性も応戦。これまた理路整然と女性の言い分を看破し、しばらくはマウントの取り合い状態。

そんな最悪の出会で始まった二人。この先どうなることやらと期待は膨らむ一方でした。

おとなの恋は、まわり道

何故かホテルまで一緒。しかも隣部屋

二人の旅の目的は偶然にも一緒。とあるリゾート地で行われる友人の結婚式。

小さな島ということもあり、飛行機は小ぶりで乗車客も少ない。ということもあってか、この二人、飛行機の中でも残念なことに隣同士。

ほぼほぼ搭乗口で喧嘩別れしたのに、また一緒とは何ともバツが悪いこと・・・。

ただ、この最悪の偶然も飛行機だけではなく、現地についてからも送迎車も一緒、極めつけは宿泊ホテルも一緒で、しかも部屋は隣同士。

男性は明らかに新郎が仕組んだものと思い込む一方、女性はきっぱりと否定。

再び激しいバトルが起きるわけですが、まぁ、とにかく二人とも言い出したら引くに引けない性格のようで、ほぼほぼ険悪な状態でお互いが黙り込んで終わるというのを繰り返すのでした。

ほぼ二人のセリフ回しに終始

リゾート地についたら、新郎の彼も加わり、話が広がるのかと思いきや、本作品、出演者はほぼこの二人。

作品に広がりをもたせる脇役など一切なし。とは言え、二人の台詞回しには惹きつけられる所があり、飽きがこない。

新たな映画作りの一端を垣間見た感じがしました。

恋愛感情?あまりにも突発的

顔を合わせれば、お互いの主張で激しくバトルし合う二人。友人知人が少ないリゾート地に連れてこられたこともあって、なぜか行動は一緒。

足マッサージに繰り出したり、ワイン工場を訪れたり、散策にでかけたり。

激しく相手を罵るも、お互いどこか惹かれ合うものがあったのでしょう。

ある日、山で、ヤマライオンという見てくれはほぼライオンに遭遇。男性が勇気を振りしぼって威嚇すると、驚いたヤマライオンは退散。

こうして危機を乗り越えた二人は、一気に距離が縮まり、男性が興奮のあまり何の脈略もなくキスをしたことがトリガーとなり、女性も発火。

最初こそ理性が働き、こんな山中で事をなすのはよろしくないと男性は冷静になるものの、発火した女性の勢いに負けて、真っ昼間の山中で事に及びます。

こうして、いがみあっていた二人でしたが、ヤマライオンのおかげでめでたく恋人関係となった訳です・・・。

あれはなかったことには言うけれど

と思いましたが、相変わらず弁の立つ二人だけあって、事あるごとに主張をぶつけ合う始末。

島を離れる日が近づくと、男性から、一夜限りのものと切り出す始末。

女性も落ち込む素振りを見せるどころか、どうせ私の元に戻ってくるという達観した態度を取ります。

果たして二人の恋の行方はどうなるのか。必見です。

女性役がウィノナ・ライダーだったことに見終わってから気づきました。あまりにもショートカットのイメージが強かったので。

美貌は色褪せることなくいい年のとり方をしているなと感じました。

カテゴリー
ハリウッド

怒らせたら怖いよ。ジョン・ウィック

最愛の妻に先立たれ

病で最愛の奥さんを失ったキアヌ・リーブス。忘れ形見で子犬をもらい、何かあったらこ私を思い出してと授かったなのに、あろうことか予期せぬ強盗の襲撃に遭い、クルマは盗まれるわ、ひどいケガを負わされるや・・・。もっと悲しむべきは、妻が生前こよなく愛していた子犬を殺されたこと。

これにより、足を洗っていた稼業に再びカンバックするのを決意したのでありました。

ジョン・ウィック

親の七光りが仇となる

偶然立ち寄ったガソリンスタンドで、目にしたサンダーバードに一目惚れした若者。父ちゃんはギャングのボスということで、何不自由ない人生を過ごしてきました。

当然このサンダーバードも自分の手にしたいと思い持ち主で売ってくれと執拗に迫りました。

ところがあっさりと断られ本来ならここで諦めるところを、諦めきれずに何と、その持ち主の家に強盗に入り、クルマを奪ってしまうという行動に出ます。

が、この襲撃により彼は命を取られるとは、この時は想像さえもしていなかったことでしょう。

強盗に入ったお家が、伝説の殺し屋こと、キアヌ・リーブスのお家だったのですから。

ジョン・ウィック

父ちゃんがビックリするのも無理はない

意気揚々とオヤジに会いにいったこの兄ちゃん。ギャングの仕事もサクッとこなし親父に褒められるかと思いきや、いきなり腹パンを食らわされ、悶絶。

父ちゃんが怒るのも無理はありません。息子が強盗で押し入った男が伝説の殺し屋だったのですから。

昔一緒に仕事しただけあって、彼のことを一番によく知る親父。狙った獲物は殺すまで執拗に追いかけ回すことで有名。

バカ息子だけど可愛いことは確か。

息子を守るべく早速行動にうつします。

ジョン・ウィック

忍び寄るプロの殺し屋

ただ待っているだけでは命を取られるだけ。ならば先手必勝とばかりに、その日のウチに数十人の子分でキアヌ・リーブスの家を襲撃します。

キアヌ・リーブスは、襲撃してくるのは織り込み済み。ライフル銃や拳銃、ナイフ、防弾チョッキを来て今か今かと待っている状態。

伝説の殺し屋にここまで準備されてしまったら、たとえ大人数で挑んで結果は見えたようなもの。

結局この襲撃は失敗に終わり、親父さんは多くの犠牲を払うこととなったのでした。

意外に強かったよ父ちゃん

何十人もの犠牲者を出し、残り一人となった親父さん。最愛の息子もあっさりと葬られ、ヘリで街を脱出することを決意。

ところがヘリが飛び立つ寸前にキアヌ・リーブスに捕まり、まさかの肉弾戦。これがなかなかの腕前で、伝説の殺し屋と五分の勝負。勝敗の行方はいかに。

カテゴリー
ハリウッド

脱サラしたいの背中を押す「スイートノーベンバー」

バリバリの広告マン

分刻みのスケジュール、深夜にも及ぶプレゼン前の準備。コピライター、デザイナーからの案をバッサリとぶった切り、プレゼンギリギリなのにやり直しを命じる。

あーこんな人の部下についたら、心休まる時なんかないよなと作品を見ながら胸が苦しくなりました。

連戦連勝のプレゼンで次なる戦いはアメリカを代表する食品メーカー。けど、クライアントの下品すぎると一刀両断。その場で今回の案件は他社に任せると言われる始末。その場にいたら、意気消沈。深々と頭を垂れるだろうかと思いきや、負けた悔しさからか、クライアントに、その考えが古いと逆ギレしているのだから、相当な自信家だったはず。

なのに、彼女と巡り合ってから、そんな粗暴な面は影を潜め、人を思いやる気持ちが芽生えるとは誰が想像できたでしょう。

スイートノーベンバー

天真爛漫なシャーリーズ・セロン

絶対の自信家、キアヌ・リーブスを変えたのが、独特な世界観を持つシャーリーズ・セロン

彼女が言うには、君は仕事のしすぎて破滅に向かっている。このまま続くと破綻するから、私の一緒に過ごして、人間らしくなろうというもの。

期限は1ヶ月。仕事もやめて、携帯など外との接触を断ち、私と2人っきりの生活を送ろうと。

さすがに新手の宗教かと思ったのか、キアヌ・リーブスは全く相手にせず無視し続けていましたが、次第に彼女の虜となっていき、人間らしさを取り戻していきます。

大手広告代理店への再就職がほぼ決定になりつつあったものの、社長の人を人とも思わない態度が受け入れられず辞退。昔の自分はまさにこんな感じだったのに。これもシャーリーズ・セロンのおかげだったのでしょう。

スイートノーベンバー

彼女の秘密が発覚

彼女の飛び抜けた明るさも、つくりものだったことに気付かされます。この作品で一番の衝撃的な内容でした。

若くして不治の病に侵され、余命いくばくもない。ならば、自分らしく生きていこうということで、1ヶ月単位で男性をとっかえひっかえして同棲するのも、それが自分の生きている証だからと、そう自分にいい聞かせて余命を全うしようしていたのです。

スイートノーベンバー

契約は契約

その事実を知ったキアヌ・リーブスは、契約を破棄し、結婚を申し出るも、余命わずかなのに無理ときっぱり断れ、契約通り1ヶ月間で彼女と別れることに。

キアヌは看病すると言ったものの、一番輝いている時に別れた方が、いい思い出として長く心の中に残るということで、彼女の主張を受け入れることにしたのです。

最後は意味深な終わり方でしたが、あれってそうゆうことだったのか・・・。

カテゴリー
ハリウッド

どこかロード・オブ・ザ・リングライクな47RONIN

日本人のくせにみんな英語

日本ヅラなのに皆して英語。父上が、ファーザーなんて、深刻すぎるシーンなのに、どうしても感情移入できない。むしろ笑えてしまう。素直に日本語にて、字幕英語で上映すれば良かったのに・・・。

47ronin

やっぱり菊池凛子が秀逸

妖術役の菊池凛子の存在感は他の俳優人の中でひときわ際立っていた。妖艶でずるがしこくて、ミステリアス。英語での感情の入れ方もうまかった。

菊池凜子 47ronin

これじゃ、ロード・オブ・ザ・リングだよ。

妖術使いの菊池凜子がきつねになったり、竜になったりと大暴れ。時代劇とはアンマッチな感じはするけど、そこはハリウッド。違和感なく互いにガッちゃんこしているのだからさすが。ロード・オブ・ザ・リングと思えば違和感なく楽しめます。

47ronin

天狗のくだりもこれまたファンタジー

天狗と言えば、鼻が長くて太っい眉毛。目も大きくて半端ない目力。なのに、作品中の天狗はと言えば、これまたロード・オブ・ザ・リングに出てくるような容姿。日本版とは違うけど、それはそれでアリ。

まとめ

ファンタジーアドベンチャー映画として観るなら十分楽しめる映画。忠臣蔵を知っている人にとっては、イマイチかも。

カテゴリー
ハリウッド

スラム街ってマジやばい、「陽だまりのグランド」

特殊能力はないのが好感

マトリックスで一躍時の人となったキアヌ・リーブスの主演作。特殊能力を持って敵をバッタバッタとなぎ倒す的な優等生ではなく、ちょっとお金にだらしなさを感じるイケてない若者役。なので、親近感を持って、観ることができました。

なぜか野球コーチ?

ひょうんなことから、小学生位の野球チームのコーチを引き受けることとなりますが、まぁ、元々ヤル気がないので、適当に指導する訳です。日本で言う少年野球の鬼コーチというよりか、誰々君のパパコーチ的なノリで、特に技術的な指導をする訳でもなく、ゆるーく。

それぞれに悩みを持つ少年達

スラム街暮らしなのか、おっかない黒人達がわんさか。銃声が響いたり、あっちこっちでカツアゲらしきものが横行していたり。そしてお家が貧乏。荒んだ暮らしの中で、唯一の希望が野球ができることなのかなと。なんて、日本って恵まれているんだろうと思った訳です。

キアヌが徐々にいい人に

遊びの延長線上で、野球をしていた彼らも試合で大敗したことをきっかけに真面目に野球に取り組みはじめます。いつしか、そんな彼らの心の変化に気づきキアヌの気持ちも徐々にいい人モードに切り替わっていく訳です。

借金で首が回らないのに、彼らにピザをごちそうするシーンは、ちょっとウルッと来ます。

陽だまりのグランド

最後はウルッと。

キアヌが「必要とされる人間にしてくれた」的なことを、最後に口にします。更正できたのは君たちのおかげだよ的なことを。ある少年に向けてのメッセージですが、その事件をきっかけに、キアヌと少年達のお互いの心が本当に通い合えた瞬間だと思うと、不覚にも涙した訳です・・。

これ、マトリックスのキアヌが言っていたら泣かないだろうな。普通のキアヌだからこそ感情もスッと入っていけた訳なんです。