カテゴリー
玩具・キャラクター

第三の勢力となるか、レゴランド

日本を代表するアミューズメントパークと言えば

東の東京ディズニーランド、西のUSJと言った感じで、東西を代表するアミューズメントが日本にはあります。

ディズニーランドが2年連続で減収に追い込まれる中、右肩上がりを続けるUSJ。王者、ディズニーランドははるか先にはいるものの、存在感で言えば、肩を並べる位になった印象を持ちます。

で、今回紹介するレゴランドは、日本のど真ん中、名古屋にオープンしました。

運営会社としては競合となる地域を避け、名古屋の地を選んだと言われています。

まずは成り立ちを振り返ってみたいと思います。

元々はレゴが運営

玩具として全世界で知られる存在のレゴですが、関連ビジネスの一環として、レジャー施設の運営にも事業を拡大しました。

それがレゴランドでした。が、経営が思いの他うまくいかず赤字続き。本業回帰という方針の元、関連事業は売却されました。

レゴランドもこの時売却され、投資会社を経由して今の運営会社、マーリンが買収したのです。

そもそもレジャー施設の運営には定評があったマーリンは、瞬く間にレゴランドを全世界に展開していき、営業利益率は32.9%。ディズニーのそえrが19.4%ということを考えると運営は成功しているとも言えるでしょう。

レゴランド

肝は小回りの良さ

事業展開の肝はとにかく小規模の施設をいくつも作っていきましょうというもの。

これなら初期投資を抑えられ、ダメージも少ない。運営しながら、経営状況を見ながら拡張していけばいいのですから。

レゴランド

違いはどうよ

小規模となると、施設面積が狭いというのあり、他のアミューズメントパークに比べると魅力は劣ります。

個人的にはUSJが狭いはちょっとと言った感じ。ディズニーランドのあの広さがあってこそアミューズメントパークでしょと思います。

USJよりも輪をかけて狭いと思われるレゴランド。そのような不利な中で、どう戦っていくのかと素人ながら疑問にも思いました。

が、そこは承知ずみで、レゴランドならではの特長を伸ばそうというもの。

ディズニーやUSJになく、レゴランドにあるのが教育にいいという点。

ここを強く押すことで、魅力は増すのでは見ています。

子供の教育には昔以上に熱心ですから、フィットすれば大化けするかもしれません。

レゴランド

第三の勢力となるか

USJも今のように人気が出るまでに5年近くかかりましたし、レゴランドも同じ道を歩む気がします。

苦難を強いられることは予想できますが、負けずに頑張ってもらいたいです。

日本の3大アミューズメントパークと呼ばれるまで・・・

カテゴリー
玩具・キャラクター

ファンを活用したイノベーションの仕組み、「レゴ」

組織によるイノベーション

レゴのイノベーションは、個人の才能に頼るのではなく、組織でイノベーションを生み出すのが特長。フォーマット化されたイノベーションシートなるものに沿って、アイデアを出していけば、自ずと製品開発ができてしまう。

で、この仕組みの他に、レゴファンを活用したイノベーションも盛んに行われている。

レゴ認定プロ

認定プロと聞くと、その昔、爆発的人気を誇った高橋名人を思い出す。ハドソン社員で、人間離れの16連射は多くのファミコンユーザーを魅了した。彼の人気の高まりによりハドソン商品が売れたという。

そんな商品の普及を促進するレゴ認定プロだけど、時には製品開発にも活用されている。

アーキテクチャーシリーズ

認定プロによる製品が「アーキテクチャーシリーズ」。世界の有名な建築物をレゴ化したものが、口コミで広がりニッチ製品からレゴの主力製品へと昇格。今では、人気シリーズとして継続的に発売されている。

レゴ アーキテクチャー

投票で製品化。

認定プロの他に純粋なロゴファンの作品・アイデアを製品開発に生かす取り組みも行われている。ネットで自分の欲しいレゴを募り、投票によって製品化の道筋をつけるというもの。「レゴアイデアズ」というサイトには様々な作品が掲載され、このサイトから主力製品となった製品もあるという。

イノベーションも色々

社内の知を結集したイノベーションの仕組み、そしてファンの知恵を結集したイノベーションと両輪が有機的に回すことで、絶え間なくヒット商品を生み出している。煮詰まった時には1人で打開するのではなく、他社の意見も聞く。なんか勉強になった気分

日経ビジネス NO.1779より
カテゴリー
玩具・キャラクター

組織によるイノベーション「レゴ」

イノベーションは個から

イノベーションと聞くと、真っ先に思い浮かぶのがアップル。と一緒に語られるのが、ジョブズということで、彼なくしてアップルのイノベーションは起きなかったという風潮も。となると、革新とは個人の才能に大きく依存するわけだけど・・・。

スティーブ・ジョブス

組織によるイノベーション

そんな風潮の中、レゴの場合は、個ではなく組織。組織でイノベーションを生み出している。つまり、ジョブズみたいな人がゴロゴロといるわけで、その人達の知が集約されるわけだから、毎年ヒット商品を連発するのも納得がいく。

ビジネス

イノベーションのフォーマット化

では、どのようにしてイノベーションを生み出すのか。ロゴにはイノベーションシート的な社内ツールがある。まるでSWOT分析みたいなもの。そのフォーマットに書き込んでいけば、自ずと、どこがイノベーションが見えてくるというもの。

フォーマット化したことで、誰でもイノーベーターになれるという、この仕組みを考えたのがすんばらしい。

売れ筋賞品

ひと昔前までは、数百個のピースがパッケージされた入門キットが売れ筋だったが、近年では企画モノが売れ筋だとのこと。スターウォーズであったり、スパイダーマン、フレンズなどのコンテンツをレゴ化したもの。

レゴ スターウォーズ

この企画モノが毎年発売されるいなや、爆発的な売上を達成している模様。

企画モノの影にイノベーション

この企画モノも、先に挙げたイノベーションフォーマットによって企画される。企画、開発、マーケティング、収益を綿密に計画して世に送り出される。なので、偶発的なヒットではなく、必然のヒットとも言えなくはない。

ただ、この企画ものも、飽きられる時が来るに違いなく、また将来を見据えたイノベーションが、組織によって生み出されるのでしょう。すごい、すごい。

日経ビジネス NO.1779より
カテゴリー
玩具・キャラクター

玩具最大手に登りつめた「レゴ」

レゴにも特許があるみたい。

色々なブロックを組み合わせて、様々な造形物をつくれちゃうブロック玩具のレゴ。似たような商品は数あれど、レゴブロックにはちゃんとした特別特許がある。ってことは特許切れとなったので、各社が追随して似たような商品を開発していたことになる。

レゴ

競合が増えてもビクともしないブランド力

競合他社が増えれば、当然価格も下げなきゃいけないだろうし、供給過剰ともなればコモディティ化も避けられない。が、レゴブロックは、ブランド力が落ちるどころか、未だに成長を遂げている。競合他社が増えたことで、逆にレゴの良さが際立ったのではないか。

レゴ

他社もうらやむイノベーション力

イノベーションと聞くと、マックを想起しがちだけど、レゴも勝るとも劣らない自己革新を遂げている。で、しっかりとヒット商品を生んでいるのだから驚き。かのGoogleさえも、うらやむというのだから、そのイノベーション力というのは相当なもの。

驚異のROE58.4%

国内のROEが10%未満ということ考えると、レゴのROEの高さがは宇宙レベル。高水準の効率経営を実現している。2014年上期には、「バービー」人形の米マテリアルを抜き、玩具世界最大手となり、その勢いは留まることを知らないといった感じ。

Googleのロゴカラーはロゴから。

といった具合に、あまりマスコミなどでは取り上げられないが、その成長力と効率経営は世界レベル。Googleの赤、青、黄色はロゴから着想を得ているという事からも、レゴは一目置かれている存在だということが伺える。

レゴ

創業から80年以上も経つのに、いまだ輝きを放つレゴから目が離せない。

日経ビジネス NO.1779より