カテゴリー
電機業界

PC1本足打法からの脱却。今、lenovoが熱い

1年近く使ってみたlenovoだけど

PC選びで迷いに迷って結局は定員の熱意にほだされて購入したlenovo X240S。1年近く使ってみたけれどこの買い物は正解だったなと。

最初はlenovoか・・・って感じでしたが、元はIBM製。育ちの良さは折り紙付。意味なくフリーズしたり、衝撃に弱かったり、電池の消耗がむちゃくちゃ早いといったトラブルもなく、今の所、順調。

知りませんでしたが、PC市場では2013年にhpを抜き去りシェアNO.1になっていたんですね。これって世界的に認められている証でもあり、ハズレが少ないメーカーと言ってもいいでしょう。

社歴は結構長い、lenovo

IBMのパソコン事業買収で一躍有名になったlenovo。新興企業かと思いきやかなり歳の行っているみたいで、設立して32年。意外にも年齢の行っている企業なのです。

パソコン事業買収後は、破竹の勢いでグイグイ売上高伸ばし、NECやらモトローラ、IBMのサーバーを買収。押しも押されぬグローバル企業へと拡大しています。

大きなったのは良いけれど・・・

ここまで見ると、成功しているかと思いきや、それはそれで悩みは尽きないようで、売上高の7割がPC事業という現状に危機感を感じているようです。

第二の柱がスマホ

PCメーカーからの脱却として、次の成長戦略のネタとして期待されているのが、スマホ。

日本ではあまり見かけませんが、世界的に見ればサムスン、アップルに次いで3番目。てな訳で、こちらも十分成功しているように見えますが、物足りなさを感じている様子

スマホのマルチブランド戦略

物足りなさを補うべく、この度発表されたブランドが「ZUK」。若年層向けに立ち上げられたブランドで、今までlenovoが取りこぼしていた層。従来のブランドではなく、新たにブランドを立ち上げるほど気合の入りよう

先進国向けにはモトローラ、新興国向けにはlenovoと地域に応じてブランドを切り分ける戦略を推し進めていくようです。

PCと連携も視野に入れてよ

lenovoユーザーからしてみれば、スマホの望む機能としてはPCとの連携強化。既に提供しているかもしれませんが、PCのデータをさくっとスマホと連携できれば、オフィスの外でも情報の確認ができていいんですけどね・・・

カテゴリー
雑感

X240Sがスリープから立ち上がらない時の対処法

購入間もないのに・・・

約十年振りの新型PCで心が弾んでいたのも束の間、いきなり水をさす事態が発生。昼食をはさんで、さて作業しようと思ったら画面が真っ暗。ので、電源ボタンやキーを押してみる。全くの無反応。最初は気にも留めていませんでしたが、この状況が頻発するので、lenovoのサポートセンターに電話。

原因はlenovo標準ツール?

センターに問い合わせた所、対処法としてX240Sに標準搭載の「lenovo ThinkVantage Tools」のアップデートが原因かもしれないとのこと。

ちなみにお客様センターの対応は感じのいい女性でホッと一安心。

話を戻す。「lenovo ThinkVantage Tools」の初期設定は自動アップデートなし。ので、インストール

L_00_01

自動アップデート機能をインストール

画面は既に「アップデートとドライバー」がインストールされた状態になっていますが、購入時はグレー。インストールされていないのです。ので、早速、このアップデートをインストールして、lenovo ThinkVantage Toolsをアップデート。

L2_01

アップデート後の状態は?

1時間ほど放置しましたが、電源ボタンを押すと見事スリープ状態から復活しました。が、OSをアップデートするとまた元の状態に。電源ボタンを押しても真っ暗なまま。

どーしてくれるだよーー

電源管理設定を変更

ということで、他の方法で解決を試みました。

コントールパネル>電源オプションを開き、バッテリー駆動時の設定を見ると、電源OFFとなっており、これが原因。自分で撒いたタネだったことが判明。ごめんなさい、lenovoさん。

なことで設定を変更しました。設定変更後は、電源OFFもなくなり快調。当たり前のことですが・・・

lenovo X240S lenovo X240S

カテゴリー
雑感

ノートPC X240Sを閉じた状態で外部出力する方法

外部モニター接続方法

Winxp時代に使用していた21インチモニターを再利用したい。ので、VGAの出力端子はマストだった僕のPC選び。で、X240Sに行き着いた訳ですが、外部モニターをつけて本体を閉じると画面が真っ暗。ので、閉じた状態でも画面が表示されるように設定を変更しました。

Lenovoツールを使用

X240Sに標準搭載の「lenovo ThinkVantage Tools」。これを使います。このツールにはアップデートや診断系、バックアップなどのツールもあり何かと便利。で、初期設定では全ての機能はインストールされていないので、左端のスタートをクリック>「lenovo ThinkVantage Tools」

L_00_01

写真は「インターネット接続」なるものがインストールされていないことを示しています

L2_01

まず「電源制御」をクリック。

L_00_02

一番上の項目、「コンピュータを閉じた時の~」をクリック

L_00_03

「何もしない」を選択。これでほぼ完了です。

L_01

スリープ状態の時間を設定

加えて、僕はスリープ状態の時間も設定。というのもこのX240S。スリープ状態が長いと画面真っ暗で立ち上がらないことが往々にありました。ので、電源オプションで、スリープ状態の時間を変更しました。

電源オプションで設定。

コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>電源オプションを選択。

L_05 L_06 L_03 L_04_0
カテゴリー
雑感

レノボノートPC買いの決め手は定員の対応だった件

Winxpサポート終了につき8年ぶりに買い替え

2014年4月、Winxpがサポート終了するということで、増税前からネットや家電量販店を巡回。ネットでは値段、スペックで、これだっというものがなく、仕事帰りにビックカメラへ。で、僕のお目がねに適うノートPCがありましたが、それがレノボ X240S。

01_lenovo

しばらくは放置プレイで様子見

最初にチェックしたのが、有楽町店。確か11万円ちょっとだったかな。ちょっと予算オーバーでしたので秋葉店もチェックしましたが、こちらは12万円とチョイ高。なので、有楽町店で買うことに。けど、世はXPサポート終了バブル。もう少し待って、価格が下がるのを待つことにして再び7月に来店してみると・・・

01_lenovo02

忍び寄るレノボ定員・・・

価格は99,000円と安くなり、しめしめと顔に出ていたのか、スッとレノボ定員が横付けで、いきなり、さらに表示価格から17%OFFですとキラーパス。そこで一発目の気持ちがグラッ。が、即買いは軽く見られるので、意味なく質問攻め

淡々と媚びることなく製品紹介

CPUは、同じ名前でも、デスクトップ型とノートPCでは性能は半分位だの、無線は5GHZに対応していた方がいいだの、レノボ製はビジネスユース向け耐衝撃構造だの・・・。よどみなくスラスラと。で、今なら買いですよお客さん的な必死感ゼロ。

そのやる気なし感が、かえって好感が持て、なら買いますと、話すこと10分位で決断。

購入決定後も表情一つ変えず

特に期待はしていませんでしたが、案の定、購入を決めても無表情。もう少し喜んだら・・・とは思いましたが、ブレないキャラ設定にますます好感度アップ。

765d63e088ec749be57eb293d88b195e_s

納期がもう少し早ければ

今回、僕が購入したX240Sはレノボのカスタマイズモデルのようで、購入時にOSやらHDDやらメモリーを自由に変更できます。まぁ、どのメーカーもそうなんでしょうけど、ただ納期が購入してから3週間というのはちょいと長すぎ。定員にも「2週間に前倒しできません?」と聞いても、「最短で3週間です」と全然、話がかみ合わず、逆にブレてないなぁと関心。

ネットもいいけど店頭も・・・

今回の購入で気づいたのは、ネットよりも店頭の方が価格、スペックにおいて優れているかなと。ネットだとWin8モデルばかりだったのに、店頭に行くと、あれっ、WIN7モデルもあるじゃんっていうのもありました。価格面でも、キャンペーンなどを実施して安くなっていることもありました。パソコンの買い替えを検討されているのであれば、一度、店頭に足を運んでみてはいかがでしょうか。