カテゴリー
ハリウッド

モータースポーツが輝いていた時代「フォードvsフェラーリ」不可能を可能にした物語

高校チームがプロチームに挑戦状をたたきつけるってマジか

実話に基づく本作品。時は1960年代頃。ル・マン24時間耐久レースを舞台に絶対王者フェラーリにレース経験もないフォードが参戦し、見事勝利を手にするというもの。

ある意味、プロ野球チームに高校野球チームが挑むほど、両者の実力には大きな大きな差がありました。

売られた喧嘩はこうてやる。フォード

T型フォードでモータリゼージョンに革命を起こしたフォード。その孫に当たるフォード二世は、倒産寸前のフェラーリに買収を提案するも、きっぱりと断られ、しかもフェラーリ社長からは辛辣なコメントを受けます。

この挑発とも取れる言動に、ある意味乗っかる形でフォードはル・マン24時間耐久レースへの参戦を決めます。

まさにアメリカン・ドリーム。町工場のおっさんが・・・

資金力豊富なフォードは、ほぼ社長直轄のル・マンチームを結成。車両開発にはル・マン優勝ドライバーのキャロル・シェルビーを招きます。

彼をボスにしたル・マンチームがここに結成されることになり、マシン開発からドライバーなどの人選も彼に委ねられることになったのです。

で、彼が選んだのが旧知の間柄でもあるケン・マイルズ。モンスターマシンを操るといなると、かなりのドライビングスキルが必要。加えてメカニズムにも精通している。

フォードvsフェラーリ

というのも、このお方、町工場のオーナーでお仕事はクルマの整備。日頃から数多くのクルマを見ているその確かな目は車両開発に必ずや生きるだろうと踏んだわけです。

組織人としての苦悩。

こうして彼の誘いを受けたケン・マイルズは、フォードのモンスターマシンフォードGT40の開発兼ドライバーを承諾。

一度はフォード上層部よりケン・マイルズのドライバーはペケされるも社長に直訴して、全権を掌握することに成功。

一度はチームを去ったケン・マイルズを説得して、何とかチームに復帰させることに成功しました。

フォードvsフェラーリ

この後も彼は上層部の横ヤリに悩まされ続けます。それもレース当日にあーしろ、こーしろと現場を全くわかっていない人間に口出しされるのは苦痛そのもの。

華やかなレーシングチームのトップと言っても、やはり組織人として苦悩が絶えないんだなとしみじみと思いました。

迫力のレースシーンに没入

車両開発中にクルマが大事故を起こしたり、上層部から横ヤリなど色々と問題はったものの無事、ル・マン24時間レース当日を迎えることになりました。

レースは終始、絶対王者フェラーリがリードし、フォードはと言えば周回遅れ。

が、そこはル・マン優勝ドライバーのお眼鏡に適うケン・マイルズ。レース中盤で周回遅れを取り戻し、フェラーリを抜きトップに躍り出ます。

路面からの迫力のシーン。ドライバー目線のスピード感ある画。同じコースをただただグルグル周わるだけなのに、飽きせない工夫を随所に感じましたし、モータースポーツってこんなエキサイティングなものなのかと気付かされました。

クルマが輝いてた時代

こうしてフォードは、フェラーリの途中リタイアなどもあり当初の目的であったフェラーリに勝つを成し遂げ、その後4連覇という偉業を達成します。

レース会場には大勢のお客さんが集まり、ラジオではその様子が流れ、衛星放送ではレースが流れる。

モータースポーツが人々を熱狂に渦に巻き込んでいた古き良き時代を感じまました。

今ではコモディティと揶揄され、自動運転が目に行きがちになりつつある昨今ですが、この作品を見て、あらためてクルマを操る愉しさを思い出しました。

カテゴリー
ハリウッド

シューエルガスの現場を垣間見れた「プロミスト・ランド」

真山仁の「マグマの奇跡」を思い出す

ハゲタカの著者で知られる真山仁先生の作品に「マグマの奇跡」というエネルギー問題を扱った小説があります。こちらは温泉観光街の地域住民と地熱採掘者との間で激しい争いが引き起こされます。

その小説の言わば米国版と言ってもいいでしょう・・・

シェールガスで騒がれてはいるけれど・・・

シェールガス革命で沸き立つ米国を舞台にした作品。この革命も現在の米国の好景気を支えているとも言えるでしょう。

が、現場レベルでは地元と採掘会社間での摩擦が絶えないのも事実。採掘される地域としては街の経済復興で賛成組みの人と昔ながらの先祖から代々引き継ぐ土地を手放すことのできない反対組と意見のズレが生じ、そうカンタンに採掘できない事情があるそうです。

言葉巧みに説得する採掘者

では、土地を買収の手法ですが、これが恐ろしく地味で大変な作業です。一軒一軒、地主さんを回りこう言う訳です。「足下の大金を掘り起こそう」と。そうすれば子供達を大学に進学させることができるし、今よりも暮らしがグンとラクになる。何もせずに毎月大金が転がり込むと。

プロミストランド

で、大概は採掘者のこのインパクトある言葉に共感し、わかりました。土地をお宅に売りますとなる訳です。

採掘者側も地主の急所をよーく調査しています。農業だけでは生活が苦しいことは把握済み。弱みをついて賛成へと導きます。

ただし、土地を掘った所で実際に天然ガスが出てくる保証などなし。事前調査はあくまでもあるだろレベル。これで採掘できなければ住民は土地を手放すことになり、無一文になるというリスクがあるわけです。

異を唱える住民も織り込み済み

地主との個々の交渉の他に、住民の集まりなどに顔を出して賛成者を募る手法も並行して行われます。が、ネットでここまで普及していると、シェールガスで土地が疲弊したなどという採掘者にとっては耳の痛い話も出てきます。

プロミストランド

それを住民から追及されるとなると、グーの根も出ない。ただ、そこは海千山千の採掘会社。危機管理もバッチリ。そんなネガティブキャンペーンをする輩が出てきたら、毒を持ってその活動を止めるという行動に出ます。

架空の環境保護団体をつくり、その人に取って代わり、ネガティブキャンペーンを展開します。しかも、それが採掘会社側の人間。素性を隠して、言わば同僚の仕事を邪魔する行動に出るわけです。

いまいちよくわからんエンディング

ここでよくわからんのが、採掘会社がネガティブキャンペーンを展開する点。せっかく採掘賛成に傾いている住民の中で、一人だけ異を唱えるものが出ただけで、一緒にのかってネガティブキャンペーンを展開する点

ネガティブキャンペーンを張った当事者のミッションは投票阻止。住民投票で明確に反対派が大勢を占めるのを阻止したかったのか。明確にならなければ、6割以上の賛成派を抱えているので、そのまま採掘に持っていけると思ったのか・・・

イマイチ会社の意図が見えにくかったです。もう少しあのシーンに時間を割いてくれれば理解できたのに・・・

二度見しても、全くわからずじまいの作品でした。

カテゴリー
ハリウッド

気持ちはわかるけど、そこまで偏屈にならなくても「 マーガレット」

マーガレット様の言葉の暴力がイタイ!

語彙力、論理力、痛い所をつく狡猾さ。あーまで言われたら、ママも先生も、警察もグーの音も出ないでしょ。

マーガレット

ディベートって大事

これって、小さい頃からディーベート授業で鍛えられているからこそなんだと。作品の中でも、ディーベートするシーンが何度も出てきます。先生も下を巻くほど論理構築。さもありなんと納得してしまう。ん~ありかもって。

マーガレット

自分ごととして考えてみる

小さい頃からディベードで訓練バッチりの外国人。幸いにも外国人と仕事する機会ので、良かったけど、彼らを相手にビジネスとなるとしんどそう・・・。色々な意味で考えさせられる映画でした。

[amazonjs asin=”4894512254″ locale=”JP” title=”ディベートの達人が教える説得する技術 ~なぜか主張が通る人の技術と習慣~”]
カテゴリー
ハリウッド

久々に挫折、「シリアナ」

難しすぎてさじ投げる

昔、昔、転職して間もない頃に、「経済心理学」なるものを勢いで買ってみましたが、ページをめくるにつれ、話の内容についていけず、早々に断念。

そんな苦い思い出を呼び覚ましたのが、この映画。

シリアナ

話が全く追えない

とにかく登場人物が多すぎで、前のシーンでこの人出てたっけ?という人がゴロゴロ。加えて場面はコロコロ変るし、今どこの話?と見失うこともしょっちゅう。全くついて行けず状態。

出演陣は凄いんだけど

この中東の労働者の解雇は、何と接点があるの?

このコンサルタントとマット・ディモンは、どうゆう関係?

はては、ジョージ・クルーニーが主役?それともサブキャラ?

siriana2

ということで、レビューになっていませんが、

この映画を最後まで見て、内容をきっちりと追える人はマジリスペクト