カテゴリー
流通業界

ニトリ絶好調。すがる百貨店

新宿南口のシンボルだった百貨店に

今から20年位前でしょうか、その当時の新宿南口は伊勢丹くらいで、東口や西口に比べるとちょいと寂しい感じがしました。

が、そこに突如表れた高島屋タイムズスクエアビルで、一気に人の流れも様変わりするほどショッピングエリアに様代わり。

誕生が新しいということもあり、東口、西口に比べるとどこか洗練されていた感じがしました。

壁面には専門店のベスト電器HMVの看板。当時は勢いがありましたが、今では両者とも当時の勢いは見る影もなく・・・

んで、この度、高島屋タイムズスクエアに、今勢いに乗っているニトリが2016年12月1日から出店しています。

伊勢丹

全フロアで大盛況

その売場というのが1Fから5Fとかなりの大規模。オープンから4日間で10万人弱が訪れたというのですから、高島屋としてもホクホク顔でしょう。

ニトリとしても地方部から都市部へと出店を切り替えている所に、この大盛況っぷりですから、お互いにとってこの出店は成功だったでしょう。

ショッピング

プランタン銀座の成功で確信?

ニトリの都市部攻略の先鋒は、プランタン銀座への出店でした。

品揃えも地方部よりもちょい高め設定ながら、大盛況。この成功が都市部にさらに力を入れるきっかけとなりました。

プランタン銀座も来場客が2-3割増えたというのですから、恐ろしい集客マシーンと言えます。

立場が逆転

従来はテナント側が百貨店側に対し、出店させてくださいとお願いしていましたが、今では力関係が逆転。百貨店側からテント側に依頼するという流れが徐々に増えてきたとか。

この手法、駅ビルショッピングセンターでは当たり前でしたが、百貨店もその商売にのっからないと厳しくなってきています。

ショッピング

松坂屋にパルコ?

上野松坂屋も、この流れに乗るかのごとく、2017年にはパルコが入居します。

パルコと言えば渋谷、池袋を象徴するファッションショップですが、それが丸ごと百貨店の中に入るという、ひと昔前まででは考えられないような事態が起きています。

ショッピング

まとめ

このようなテナント様頼りの運営が百貨店にも押し寄せてきていると言われますが、新宿の高島屋に限れば、誕生当初からテナントに頼った商売という感じがします。

で、そのテナントは時代の流れを移している感じさえします。高島屋に出店すること、イコール今、勢いに乗るテナントといった具合に。

そう考えると、遠い将来、ニトリに代わるお店が入居することも考えられます。

まずはありえないでしょうけど、高島屋の中にイオンが入ったり、はたまたイトーヨーカ堂が入ったり・・・

とにかく長く続く不振から脱却をしてもらいたいと切に願う次第です。

カテゴリー
流通業界

あの強さは逆張りの発想から。ニトリ

お値段以上、ニトリ

デフレの勝ち組みとして、盛んにメディアに取り上げられていたニトリ

アベノミクスが炸裂し、ややデフレ脱局してからは、トントとメディアの露出は少なくなった印象ですが、ここに来てCMをよく目にする機会も増え、デフレをいち早くに察している感じさえ持ちます。

そんなニトリの強さの源泉を紹介したいと思います。

好景気では出店を抑制

景気がよくなれば誰しも浮かれて出店を急ぐ。商品がバカ売れすれば増産体制に入る。

が、時として、その強気の攻めが仇となることもあります。

ニトリの場合は、他社が出店を急いでいる時は、あえて出店ペースを1/3から1/2に抑制。

理由は、好景気は建設資材やら人件費が高いから。逆に不況期は、優良物件が安く市場に出回るケースが多い。そのタイミングを見計らって出店をしています。

クルマで例えれば新車当時は、購入が集中してなかなか値引きもしてくれない。

出店

が、1年も立てば販売台数は発売当初に比べるとガタ落ち。次年度のモデル発売前なら、在庫をさばく必要から、値引きもかなり頑張ってもらえる。

こうして、人気車種を割安で手に入れることができる。

人材も不況期こそ良質

人事採用も一緒。好景気の場合、採用を増やすのはどの企業も一緒。

そこをあえてニトリの場合はスルー。

不景気で、優秀な人材が転職市場にあぶれでしたのを機に、一気に採用を厚くする。

こうすることで、優秀な人材確保に繋がるとか。

将来の幹部候補生もこの手法で採用されていたということで、強さの源泉を垣間見ました。

就職

出店も他社とは異なる手法

人口が多く市場規模の大きい都市部でまずシェアを獲得しよう。これが一般的な出店戦略ですが、ニトリの場合は、これまた他社とは異なります。

郊外の方がマイホームを持つ世帯が多い。なので、都市部よりも郊外出店を加速させていきました。

住宅商材という側面もありますが、これが成功に繋がり、基礎を固めた上で、銀座への出店へと拡大していった訳です。

ポッと出の家具・インテリアチェーンでしたら、まず厳しい都市部出店ですが、郊外の成功でニトリの知名度も幅広く知られている所

なので、銀座店もさぞ繁盛していることでしょう。

デフレ予見か?

で、2016年、新ブランドデイバリューを立ち上げ。

こちら今の世の中の流れで言えば、高価格帯のブランドかとおもいきや、低価格品を取り揃えたブランドとのこと。

これまた世の流れとは逆行した流れとも言えます。

逆張り

まぁ、これも勝算あっての立ち上げだと思います。

となると、デフレがもうそこまで来ていると踏んでいるのか・・・・。ちょっと怖い気がしました。

カテゴリー
景気ネタ

中価格帯も充実。ニトリの戦略

デフレの雄、ニトリ

デフレ下の勝ち組として称されるニトリ。アベノミクス前の円高ドル安の中でも、8回も値下げをしてきっちりと増益更新を果たしていました。

ニトリ

が、円安ドル高の今、輸出産業は潤いを見せているものの、国内向け産業とは言えば仕入れ値の高騰などにで苦戦を強いられています。

ニトリも苦戦かと思いきや、きっちり増益を果たし、この消費者の意識変化に敏感に反応。対策に乗り出しているのだから、さすがです。

中価格帯の商品を充実。

それまでの中心年収が200万円~500万円。それを500万円~800万円に引き上げようという狙いの下、景気が上向いているの見るや、試験的に従来よりもちょい高めの価格帯商品を増やしてきました。

んで、機が熟したと見るや2015年の「ニトリ・クオリティー・ライン」としてブランド化。本格的にちょい富裕層を狙い始めたワケです。

おねだん以上はキープ

例えばクッション。従来品に比べサイズを大きくして、羽毛量を増量。カバーには本革を使うなど質感も向上。従来品より2倍以上の価格設定ながら、他社に比べれば半額以下。

ニトリ

おねだん以上は、ハイクオリティ商品にもきっちろ受け継がれているのです。

出店戦略も変化

従来は、郊外への出店が多かったニトリ。休日ともなれば、道路まで長く伸びたニトリ渋滞が起きていましたが、ここに来て出店へを都市部に変更。

都市部への人口流入・集中が、企業の出店にも大きく影響していることが伺えます。

郊外出店しても、人が集まらなければ意味ないですし・・・。そうなると成長の余地のある都市部を狙うのは必然と言えば必然なんでしょう。

今回、ニトリが出店したのが銀座。都市部と言っても、ど真ん中。ニューブランドを取り扱い、2015年はさらに都市部に100店舗ほど出店するなど、今年はニトリの都進出が加速する都市となるでしょう。

大塚家具とバッティング

同じ業界を見渡せば、最近お家騒動で話題となった大塚家具がいます。高級から中級まで取り揃え、けっしてニトリやイケヤと競合しないと言っていたけど、今回のニトリの戦略変更を受けて、大塚家具も心中おだやかではないでしょう。

大塚家具

ニトリvs大塚家具の仁義なき戦いが勃発することは間違いないでしょう。

価格重視から質重視

全く実感のない景気上向きですが、デフレ下に比べると価格よりも質を重視する傾向が強まっている印象を受けます。

セブンイレブンの質重視のPB商品がヒットしたり、ファミレスも価格帯アップが功を奏しているみたいだし・・・。

んで、今回のデフレの雄、ニトリの変心。市場動向に敏感な企業が、質重視に移行しているのは、意識変化が起きていることを決定ずけている感じがします。

この先、他の業界においても、価格よりも質を重視した動きが活発になりそうな予感。

価格と質は密接に関係していることを、少しでも理解している人が増えれば、仕事もさぞやりやすいだろうにと、自分ごととして考えてみた次第です。