カテゴリー
ハリウッド

一匹狼が組織人へ。トゥルーナイト

今風に言えばフリーランス

組織の歯車として一生を終えるのは真っ平ごめんだ。ってなわけでフリーランスで飯を喰い続け同年代のサラリーマンより収入は上。

収入もそこそこあり、自由気ままで何一つ不自由のない暮らしなのに、彼とは真逆の組織人へと導く事件が起きます。きっかけは倒産寸前のIT企業の女社長・・・。

企業買収の危機に直面する娘

親の時代は、業界ではそこそこ名の通った会社。昔はあの業界最大手のA社やB社と肩を並べていたほど。が、娘の時代は倒産の危機に直面し、B社から執拗なまでの嫌がらせが・・・。

自社を救った合併話

この難局を打開するには、A社との合併しかないと一世一代の決断をする訳です。しかもA社社長との結婚という条件付き。

で、合併はすんなり運んだものの、本意ではない結婚ということもあり深夜までスナックで飲み明かし、グデングデンに酔っ払った彼女を介抱してくれたのが冒頭の一匹狼の彼。ひと目で彼女に惚れちゃった彼は、彼女に猛アタックをしかけます。

話を本編に戻すと・・・

恋の落ちたフリーランスの一匹の狼が作品の主人公、ランスロット。で、IT企業の社長が王女グィネヴィア。めでたくアーサー王の妃となるものの、介抱してくれた彼が頭から離れられない。

トゥルーナイト

ランスロットも婚姻話を知り、落ち込んだものの彼女への思いはそう簡単に断ち切れず悶々とした日々を過ごします。

何も知らないアーサー王

一番惨めなのがアーサー王。お互いが知り合いだったことなどつゆ知らず、ランスロットを自分の部下に。王女としては彼への思いを断ち切りたいので、アーサー王にフリーのままが一番よとアドバイスを与えるも、ランスロットたって希望で部下確定。

トゥルーナイト

組織人へ一新

ここにフリーランスのランスロットから組織人のランスロットへと人生が一変するのです。それまでは木こり同然のシャツとズボンの軽装から、重厚な鎧をまとう騎士へと変貌。

勇ましいという言葉がピッタリだけど、自由人ランスロットのイメージが強く、終始違和感がつきまとう

間の悪いアーサー王

で、ランスロットと王女グィネヴィアの恋の行方はと言えば、しばらくはあからさまに気持ちを伝えることを自重していたものの、ある事がきっかけで決壊。王女の部屋で情熱的なキス攻撃が始まり、さらに発展しそうという所に、何も知らないアーサー王が部屋の中に。

どこかで聞いたような話が映画の作品の中でも起きます。

部下に奥さんを奪われたアーサー王。しばらくは呆然。あまりの衝撃的な光景に思考能力が停止するのでしょう。

話を今風に戻すと・・・。

冒頭の今風にはなしを戻すと、A社の社長が自分の妻をフリーランスで中途入社した男に寝取られ、クビにしてやるとわめきちらかしている矢先に、これまた大事件が起き、何故かA社の社長にフリーランスの彼がつくという何とも恐ろしい話になりました。

最後までリチャード・ギアが・・・

トゥルーナイト

プリティ・ウーマンの印象が強いもんだから、紳士的なイメージしかなく、格闘シーンがどうも似合わない気がしました。加えて、ロン毛もずっーと気になった。短髪の方が断然似合うのに・・・

カテゴリー
ハリウッド

プリティ・ウーマン|ジュリア・ロバーツの出世作

今さらながら・・・

恋愛映画の金字塔とも言われる「プリティ・ウーマン」。

玉の輿に乗るというのはこの事。憧れる人が多いのも頷けます。

ただ、そう簡単にシンデレラになれるわけではなく互いの気持ちがいつもスレ違いっぱなし。

トラブル連続で最後まで飽きさせない工夫が感じら、エンディングまで気持ち緩まずに見れます

プリティ・ウーマン

プリティーウーマンのあらすじ

世の中に不満を持ち、どこかひねくれ、すさんじゃっている売春婦と大金持ちのおっさんが恋に落ちるお話

まったく住む世界の異なる2人が色々な偏見、苦難を乗り越え恋人関係に発展していく様子を描いています。

オーラが違うよジュリア・ロバーツ

今ではハリウッドを代表する女優、ジュリア・ロバーツですが、この作品はまだ売出し中。

この映画をきっかけに大女優の仲間入りをしますが、当時も今も、本質的な所は変わっていません。

セリフにも表情ひとつひとつ取っても凛として知性を感じさせます。

ルックスも抜群。ドレスに、スーツに、ちょとしたカジュアルな服装、どれもドハマリ。服が人を選ばないというのはジュリア・ロバーツのためにあるようなもの。

やっぱり売れる人は、持っているもんだなと納得しました。

ちなみに僕が観た彼女の出演作品はこちら

[blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/americas-sweethearts/”] [blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/perican092815/”] [blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/confession/”] [blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/hachigatsukazoku0419/”]

大金持ちのおっさんは今で言うところのハゲタカ

大金のおっさん、モースの職業って今で言うところの投資ファンド。

1990年当時はネットもない時代ですから、投資情報は限られた人しか見ることができない。ってことはプレーヤーも少ない訳で、そう考えると、モースは投資でとてつもない額を稼いでいたと想像がつきます。

本編とは全く関係ありませんが、このように米国は20数年前から企業買収が盛んだった一方、当時の日本は銀行との株持ち合いで、どこか。

今では日本も外資に買収されまいと頑張っていますが・・・。

とにかくたった二十数年で、経済環境は大きく様変わりしていることに改めて驚かされました。

更正しちゃったビビアン

で、話を戻すと、モースとの時間を過ごしたことでビビアンは売春婦から足を洗うことを決めます。

つまり、彼との恋人関係が成就し、ハッピィエンドを迎えます。

ただ、彼に依存するのではなく彼女自身が自立しつつ、対等な関係で人生を歩んでいくというもの。

ジュリア・ロバーツ自身もここから大女優への道を駆け上がっていくですから、それを考えると、プリティ・ウーマンという作品は、何て深い作品だろうと感じた次第です。

[amazonjs asin=”476481742X” locale=”JP” title=”ジュリア・ロバーツ―プリティ・ウーマン真実の愛”]