カテゴリー
電機業界

一眼ならぬ複眼化で潤うソニー

レンズがいっぱいついてるがトレンド

スマホのカメラと言えば一昔前までは、デジカメに劣るものと見られていましたが今ではその機能を凌ぐ性能を有しており、すっかりデジカメ君は勢いを失ってしまいました。

最後の砦は一眼レフカメラ。さすがにスマホのカメラでこの性能に並ぶのは難しいと思いましたが、最近では複眼化スマホというものが世に出始め、一眼レフカメラも安穏としてられなくなりました。

被写体の背景をぼかしたり、一眼レフばりの明るい写真が撮れたり、これまで一眼レフカメラでは難しい写真もスマホで実現できるようになった訳です。

スマホ,カメラ

牽引するのは中国勢

複眼化カメラに力を入れているのが中国勢のスマホメーカー。ファーフェイやこの度日本に初上陸したシャオミー。

製品ラインナップの中で、7-8割が複眼カメラを採用しています。

両者とも世界シェアでは言えば2位と4位。影響力は計り知れず、サムスン、アップルも複眼カメラに力を入れ始めています。

スマホ,カメラ

複眼化で潤うソニー

複眼化が普及する中で、部品メーカーも潤い始めています。

画像センサーの半導体で世界シェア首位のソニーがまさしくそれ

2019年の実績も対前年25%増しとまだまだ2桁成長しているというのが複眼化の恩恵を受けていると言ってもいいでしょう。

そのシェアは世界の約半分。2位のサムスンの約2倍。

日本の半導体が世界を席巻した古き良き時代を彷彿させるような状況が起きています。

スマホ,カメラ

巻き返しを図るサムスン

とは言え、2位に甘んじているサムスンがこの状況をよしとするはずもなく、巻き返しに向けて禁じ手となる外販に取り組みはじめました。

これまでは自社オンリーでしたが、背に腹は変えられないのか、シャオミーに画像センサーを供給し始めました。

ある意味、スマホシェアでは競合相手。なのに敵に塩を送る行為は、サムスン内で何かが起きているかもしれませんね。

スマホ事業はシェアから利益重視に切り替え、利益率が高い部品の外販に力を入れていくかもしれません。

スマホ,カメラ

狩場はスマホから自動車へ?

進化の激しいスマホ業界。複眼化もそう遠くない未来にコモディティ化が進むことでしょう。

ので、今から他の業界にもこの画像センサーを売り込んでいく必要があるかなと。

最有力候補としては自動車でしょう。

自動運転には欠くことのできない技術ですし、今後成長が見込まれる分野でもありますので

とにもかくにも日本の半導体業界を盛り上げるためにも、ソニーには頑張って欲しい所。過去の苦い経験が再現されないように頑張って欲しいです。

カテゴリー
電機業界

昔の日本を見ているよう。サムスン

キャッチアップ型で日本のごぼう抜き

今や世界一の電機メーカーと言っても過言ではない韓国のサムスン

その歴史を紐解けば謙虚の一言につきるかと。

技術で先を行く日本から学ぼうとほぼ毎週、日本企業を訪問していたというのは周知の事実

貪欲に学ぶという姿勢が、後に、その先生をも追い越す程の技術力を身に着け、今では日本の電機産業が束になっても太刀打ちできないほどの規模にまで成長しました。

とは言え、世界NO.1の称号を得ても今なお学ぶ姿勢を持ち続けるサムスンは、本当に謙虚だなと思いました。

サムスン

常に時代の変化を先取り

強烈なトップダウンで知られるサムスン。今の成功はこの社内風土にもあると言われています。とにかくトップの号令の元、組織が一斉に、かつ迅速に動くのですから、合議制でなかなか重要事項が決まらない日本企業が勝てるわけがありません。

で、このトップダウンの成功を如実に表しているのが時代を先読みにしたポートフォリオの変化でしょう。

半導体、液晶テレビ、そしてスマホ。世界的需要が高まる前に、巨額の先行投資を行い、先行者優位の果実をガッツリと得る。これがサムスンの勝利の方程式でした。

が、その勝利の方程式がやや低調で、どうしたサムスンという声がチラホラ

ビジネス

業績絶好調だけど

2019年も業績は順調に推移。前年同期比で利益は落としているものの、利益率10%前後をキープしいてます。

株価も高値を維持し、市場からの信頼も厚い。

どこに欠点があるのという感じですが、その売上構成が半導体に偏りすぎているのが問題のようです。

これまではポートフォリオを時代に合わせて柔軟に変化させてきました。当然、半導体需要は旺盛なのでその戦略に間違いはないのですが、そろそろ次の飯の種も育て上げないとまずいんじゃないのという声が一部で出ています。

半導体

当然対策は打っていますよ

そんな外部から指摘が出る前に、当然サムスンでは対策済み

スマホでは完全なる外部委託で格安スマホ分野に参入したり、テレビの世界では有機ELに代替えとなる液晶を開発したりと結果は出ていませんが、対策済み

当然全て成功するわけでもないですが、現状に甘んじることなく次々と手を打つのは謙虚という企業姿勢の現れではないでしょうか。

サムスン

中国の猛追も振り切るでしょ

日本がサムスンにごぼう抜かれしましたが、もしかしたら今度はサムスンがその立場になるのではと危惧されています。

で、その追う側の最有力候補が中国勢

スマホの世界ではファーフェイがサムスンの座を伺い、液晶テレビでの世界でも中国勢が・・・

極めつけは半導体の世界でも中国企業が進出

追われる立場となったサムスンですが、この先の10年でどう勢力図が変化するのか、サムスンの頑張りを期待しています。

カテゴリー
電機業界

どこが元気のない、最近のサムスン

今年はおとなしめの展示会

毎年開催される欧州最大の家電展示会IFA。話題の主役はいっつもサムスン。2018年は8Kテレビを発表し、関係者の度肝を抜く発表がありました。

これまでも、IFAでは話題に事欠かなかったサムスンでしたが、2019年の展示では、これといった話題性のあるネタも少なく、ブース規模も縮小。関係者によるプレゼンも本国ではなく欧州の統括ボスとスケールダウン。

全体的におとなしい印象を与えていました。

サムスン

それどころじゃない理由

一世一代の晴れ舞台となる展示会。否が応でも各社力を入れてくるものなのに・・・

どうしたサムスン?という声が聞かれるのも、業績がダダ滑りというのだから納得です。

2019年4-6月期の営業利益は対前年比で56%減と目も当てられない惨状。主力の半導体事業が芳しくなく、こやつが足を引っ張ったとの主張ですが、他にも懸念材料がいくつも・・・

ビジネス

ファーウェイの猛追

長きにわたり世界トップシェアを堅持してきたスマホ事業ですが、近年では中国勢の猛追に会い、往時の勢いは影を潜めてしちゃいました。

IFAの会場では、サムスンとは対照的にファーフェイブースでは新型スマホを発表し、多くの来場者でごった返したというのですから、世間の目は今、ファーフェイに向けられていると言っても過言ではないでしょう。

米中摩擦の余波で、逆風の吹いている最中でもシェア2位を維持しているファーフェイ。

この先、制裁が解除されたら、もしかしたらトップの座が入れ替わるなんてこともありえます。

サムスン

薄型テレビも厳しい

スマホと並び世界トップシェアの薄型テレビもこれまた安泰とは言えず、こちらも中国勢の猛追にあえいでいるとのこと。

TCL集団、ハイセンスが世界的にも勢いを高めつつあり、その余波はサムスンのみならず日本勢にも。

パナソニックの中の人いわく、中国勢の出荷増を受け価格下落の勢いが止まらないとのこと。

薄型テレビ市場全体では縮小が進むと言われ、この先競争が激化する恐れがあると思われます。

薄型テレビ

復活するでしょ。サムスンなら

主力の半導体、世界トップシェアのスマホと薄型テレビ。どれも厳しい状況に置かれているサムスン

展示会で規模縮小になるのも無理はありません。

この先の成長に向けて今は我慢の時とでも言いましょうか。

モーレツ社員で知られるサムスンですから、この逆境を跳ね返して輝きを取り戻せると信じています。

新たな飯の種を育ていることは十分に考えられます。

いつか、その事業が日の目を見ることを期待したいと思います。

カテゴリー
IT業界

いつか来た道。中国の猛追。サムスンの今

過去最高の利益だけど・・・

18年通期のサムスンの業績は、過去最高の営業利益、約6兆円。

会長逮捕などで将来を危ぶまれる声も聞かれましたが、そんな声にも負けず今なお力強く成長しているように見えます。

が、そんな我が世の春を謳歌しているようにも見えますが、将来に不安を残す芽もちらほら。

18年の10-12月来の四半期ベースでは、約2年ぶりの減益となりました。理由は半導体の需給の谷間だったとのことで、これまでも、この手の谷間は経験済み。が、今まではその落ち込みをテレビスマホで補っていたのですが、どちらも不振で、半導体事業の落ち込みをカバーできなかった。理由は中国の猛追と言われています。

サムスン

中国市場のトップシェアは今や昔

全世界シェアで今なおトップに君臨するサムスンですが、ジリジリとシェアを落としているのは事実。

特に中国市場でのシェアは過去にトップシェアを誇っていたのに、その座をファーウェイオッポビボなどの中国メーカーに奪われ、今では見る影もない有様。

2016年の韓国政府によるミサイル設置で両国間の関係が冷え込み、不買運動が起きたのもシェアを大きく落とした原因でもありますが・・・

サムスン

革新はサムスンの十八番だったのでは?

有機ELをいち早く採用したり、薄型フレームなどなど革新的な製品を送り出してきたサムスンでしたが、その革新性も中国勢に先を越された感じがします。

最近話題の折りたたみ式のスマホも、サムスンが発表する前に、中国勢が発表するなど先を越された感が否めませんん。

というのも、部品を供給する日本メーカー等が、それまでサムスンに積極的に新技術を提案していたのが、今では中国勢重視にシフトしてきたという。てなわけで、川上では中国勢スイッチの動きがかなり前から始まっていたというわけですね。

有機ELは死守できるか

てなわけで、半導体の落ち込みカバーしてきた優等生のスマホ事業も厳しくなると、期待の星となるのが有機EL事業

サムスンとLGで9割のシェアを握るなど圧倒的な力の差を見せつけています。

中国勢がキャッチアップするには相当な時間がかかると思われましたが、これまた新興の中国メーカーに脅かせれているようで、BOEがファーウェイ向け端末でシェアを急速に伸ばしています。

液晶ディスプレイ事業で、BOEにキャッチアップされているだけに油断できない存在に成長する恐れもあります。

革新

いつか来た道になるかな?

半導体、液晶と世界的に圧倒的なシェアを誇っていた日本ですが、あっとゆう間に韓国勢にキャッチアップされ、今では数倍近い差がつけられてしまいました。

それを考えると今の韓国と中国の関係が、昔の日本と韓国を見ているようで・・・

この先、どうなるか注視していきたいと思います。

カテゴリー
自動車業界

モーレツ社員健在。クルマでも存在感増す、サムスン

深夜残業など当たり前

とにかくサムスンの社員は働く、働くという印象。日本ではまずペケでしょうが、朝早くに出社して夜遅く、時計の針が12時を回っても、オフィス内には人だらけ。という印象を持ちます。

しかも社員数はとんでもない数。なので、日本勢が早々にキャッチアップされ、ごぼう抜かれしてしまうのも無理はないかなと。

そんな快進撃を続けるサムスンも、スマホのボヤ騒ぎ、会長の逮捕と災難が立て続けに起き、危機的な状況にありましたが、ここに来て、自動車分野で頭角を表わし、サムスン復活を予感させます。

働く

本格参入したのがつい最近

サムスンと言えば、GALAXYなどに代表されるスマホ、有機ELや液晶というイメージが強く、自動車分野は畑違いかなと。

が、昨今の自動運転、EVのトレンドを見て、これは商売になると踏んだのでしょう、2017年3月に米ハーマンインターナショナルを80億ドルで買収し、自動車分野の進出を果たし、それを足ががりにあれよあれよと、トップランナーまでに登りつめちゃったのです。

たった1年で、キャッチアップするとは、これもモーレツ社員に拠る所が大きいかと思います。

働く

新技術がこれまた斬新

米の家電見本市CESでは、様々な自動車向け技術を発表。自動運転向けの開発プラット「DRIVLINE」。ハードとソフトを自由に組み合わせられるというのが売り。この分野では昨今、世間を騒がすNVIDIAが先行しますが、近い将来肩を並べる存在になるかもです。

他にも運転席での各操作などを電子化する「デジタルコクピット」は、複数のディスプレイを備え、ナビ、メーターなどを一覧表示してくれるというもの。

さらに次世代通信技術「5G」をか通用したテレマティクスサービスなど、これでもかと言わんばかりにの新技術のオンパレード。

自動車メーカーの関係者が多数、サムスンのブースに訪れているとのことで、関心が高まっていることは確実でしょう。

働く

自動車とお家の連携

将来的には自動車分野とお家周りの連携も実現していくことでしょう。クルマに乗りながら、好きな番組の録画をしたり、冷蔵庫の中身を調べられたり。はたまたエアコンをオンにしたり。家に近づいたら車庫のシャッターを開けておくなど。

気づけば、サムスン製品だらけということも現実的に起こり得るかもしれません。

そんな夢のような便利な暮らしを実現するために、今日もまたモーレツ社員が、奮闘されているのでしょう。

日本勢も頑張らないと、自動車分野でも先を越されちゃうかも・・・

働く
カテゴリー
新興国ネタ

いつか来た道。サムスン復活

贈賄容疑でトップ逮捕されたけど

韓国大統領、パク・クネの友人に約43億円の賄賂を送ったことで、逮捕されちゃったサムスン会長。

トップ逮捕で今後の事業の進め方に影響するのでは?と思いましたが、中の人はいたって冷静。

動揺する雰囲気すら感じられず、一安心。

トップに権力が集中する構造から合議制というカタチに移行していたのが良かったのでしょう。

他にも騒がず驚かずの姿勢は、過去にも似たようなことが起きているという社内事情もあるから。

不祥事に関しての免疫力がついているとも言えます。

不祥事

懐刀の参謀本部の栄枯盛衰

不祥事の歴史に触れる前に抑えておきたいのが参謀本部の存在。

参謀本部とは、トップの言わば実働部隊であり、様々な助言をする部署。

この部署、韓国の財閥系企業のほとんどには設置されています。

サムスンも同様で、名前を変えつつですが歴代の社長にはこのような部署がありました。

で、この部署がトップ力を測るバロメーターの役を担っています。

不祥事

サムスン不祥事の歴史

1967年にグループ会社の密輸事件で、責任を取って当時の会長が経営の一線からしりぞき、参謀本部も縮小。

続いで2006年に不正資金疑惑の時も、参謀本部は大幅に縮小。

2008年には脱税疑惑で有罪判決を受けて、これまた縮小。

が、2009年、当時の李明博大統領が冬季五輪招致のために、サムスン会長を特赦し、2010年に復帰すると参謀本部は200人を越える大所帯に様代わりしたのです。

このようにトップの進退に応じて、組織規模の増減が図られています。

不祥事

またかの声もあるのでは?

といった具合に、今回の贈賄容疑も、過去の不祥事を経験しているスタッフにとっては、さほど驚くことではなく、また来たかといった感じではないでしょうか。

で、今までは社内で力を持った部署から、アレヤコレヤの無茶振りを強いられ他部署は疲弊気味。

が、今回の不祥事で、参謀本部は従来の力を失い、これで無茶振りされなくて済みそうだとむしろ現場レベルでは大喜びなのではと勝手に想像していしまいます。

不祥事

政府と財閥の蜜月関係も変容か

今までは、GDPの約1/4をも占める財閥系の経済力に頼るところもあり、持ちつ持たれつの関係ではありましたが、今回のパク・クネ大統領で世論は、財閥だけに富が集中するのはいかがなものかという空気が漂っています。

となると、今までのように数年後には復活というシナリオが失敗に終わる可能性も。

次期大統領がどのような施策を打ち出すのか大変興味深い所だと思います。

カテゴリー
電機業界

正念場。サムスン

創業家トップ逮捕で激震?

先日、サムスン電子のトップ、イ・ジェヨン副会長が贈賄容疑で逮捕され、日本でも大きく報じられました。

トップ逮捕で、どうなるサムスン?と思った人も多いはず。

かくゆう自分もそう。てなわけで、サムスン電子についてとりあえずまとめてみました。

トヨタの越える売上高

日本電気業界が白旗を挙げるほど圧倒的な強さを誇るグローバル企業、サムスン

2016年12月期の売上高は約20兆円。営業利益は約3兆円。

日本が誇るグローバル企業のトヨタをも凌ぐ収益性なのですから、その圧倒的な強さのほどが伺えます。

これも深夜残業もいとわない猛烈社員のおかげなのでしょう。

中の状況は?

そんなサムスン帝国に、突然訪れたトップの逮捕劇ですが、中の人はいたって冷静。

社内向けアナウンスでも、『大したことはないので、皆通常どおり、仕事をこなしてください』の短い案内のみ。

そんなことを気にしているよりも目の前の仕事に追われて、それどころではないのでしょう。

またトップ逮捕で、今後の経営に影響するのでは?という声もありますが、現在、サムスンでは事業部制をしいており、権限は事業部トップに委ねられているとか。

ので、短期的には、さほど影響がないとも言われています。

とは言うものの、今のサムスンは問題山積み。これをどう処理していくかが、問題でしょう。

業績

ギャラクシーS7の発火問題

スマホ世界では圧倒的なシェアを誇っていましたが、中国市場ではそれまでトップだったものの国産メーカーの猛追に会い、トップ5入りをのがしました。

インド市場でも同様で、2016年10月-12月のアジア・太平洋地域のシェアは1位から5位にダウン。

これも発火事件が少なからず影響しているかもしれません。

ブランド調査でも大きく順位を下げるし、スマホ事業の凋落が甚だしい状況です。

スマホ

液晶テレビ分野でも苦難

液晶分野でも圧倒的な強さを誇っていましたが、調達先のホンハイが供給をストップしちゃうし、10年連続で気づいた世界シェア1位にも黄色信号が灯り始めています。

液晶テレビ

国内の意識にも変調が

韓国内では、サムスンをはじめとするヒュンダイ、ロッテなど財閥系が力を持っているのは確か。

なので、財閥系企業に就職するとしなとでは、その後生活が大きく変わるとも。

なので、親御さんは子供の将来を思い、必至になって教育熱心になって、いい大学、いい会社へと二人三脚で頑張るわけです。

トップ逮捕を受けて、財閥系に批判的な声がチラホラ散見されるようになりましたが、とは言っても、やっぱり子供には財閥系に就職してもらいたいとのこと。

国内からも見放されたら、サムスンもほんとに正念場を迎えたとした思いませんね。

がんばれサムスン!

カテゴリー
電機業界

次はジャパンディスプレイが危ないかも。日本の液晶の危機

シャープ失速は日本勢の共食い

経営危機に瀕しているシャープですが、そもそもの原因はスマホ用液晶の売上計画の読みが目算通りに進まなかったことが原因。勢いに乗る中国スマホメーカー勢への液晶提供で黒字を見込んでいたのに、思わぬ所からライバルが出現し、恐ろしい程の買い叩きにあい思っている程利益を上げることができなくなりました。

で、このライバルはと言えば、同じ日本国のジャパンディスプレイだったのです。

日本のものづくりを守ろう的な触れ込みで立ち上がったこの会社。蓋を開けてみたら結果的に同じ仲間の足を引っ張っていたのでは?と思いました。

アップル有機ELの衝撃

ジャパンディスプレイは中国スマホメーカーの他にもアップルにも液晶を供給しています。バカ売れデバイスですから売上額も相当でしょう。が、ここに来て雲行きが怪しくなってきました。

アップルが2018年以降有機ELの採用を表明。

この話を受けて韓国LGが有機ELパネルの工場建設を発表。とにかく動きの早さには関心させられます。

ジャンパンディスプレイもこの流れに乗っかりたいところですが、量産」に向けては技術的ハードルがまだ多いとのことで、ややお手上げ状態。

サムスンも息を吹き返すよ

アップルの液晶から有機ELへの移行で、一番喜んでいるはサムスンでしょ。2015年はサムスンの不振でも触れましたが、新製品の売れ行き芳しなく生産調整を余儀なくされました。

このままではマズイ。てなわけで、有機ELの外板を本格的に始めることにしたのです。

で、恐らくサムスン側からアップルに対し、有機ELの供給を打診したのでしょう。

その道のプロが有機ELは量産化のハードルが高いと言っているように、量産化できるメーカーは世界を見渡してもわずかなんでしょう。が、サムスンが提供してくれるというのならば話は別

サムスンは年間数億台分の有機ELパネルを量産しますんで、安定供給は可能ですし、何よりも低価格での仕入れが見込めるわけです。

どうす日本の液晶勢

サムスンの有機ELの売り先はアップルはもちろんのこと、中国のスマホメーカーにも向けられ、もの凄い営業プッシュが行われているはず。

となると、さらに苦境に立つのがシャープとジャンパンディスプレイの日本の液晶メーカー勢。

この際、両者が合併して、サムスンの対抗馬にならない限り日本のものづくりはまたまた世界から取り残されていくかもと思った次第です・・・

カテゴリー
電機業界

部品メーカーも大変だよ。サムスンの不振

早期退職者募集の衝撃

2014年10月日立マクセルが業績低迷の理由に早期退職者を募集しました。日立マクセルではスマホ向けのリチウムイオン電池をスマホメーカーに供給しているのですが、これが思ったほど数が出ない。スマホの販売量は一時期に比べると鈍化しているけれど、そんなことは織り込み済み。なのにどうして?恐らく予想以上にサムスンの不振が響いているのではないかと

ファナックも生産調整

工場ロボット製造で有名なファナックも、サムスン不振の影響を受けているみたいで、生産調整を余儀なくされているようで、広範囲にわたって、影響が出ているみたいです。

ベトナム向け輸出減が顕著

工作機械の受注統計によれば、ベトナム向けの受注額が物凄い勢いで急降下しています。2014年10月には100億円を超す受注額だったものの、2015年には1.4億円と1/10までに急降下。恐ろしい事態が起きています。

ベトナムと言えば、サムスンの一大拠点のある国。が、販売不振の影響もあっか、生産調整を余儀なくされ、結果的に工作機械を新たに発注するまでには至らないと推測します。

スマホ界隈も悲喜こもごも

サムスンの不振と異なり、絶好調なのがアップル。iPhone6は3日間で1000万台。一方のサムスンのギャラクシーS6は20日かで600万台と大きな差が出ています。

どちらの陣営につけば良いか部品メーカーも悩みどころでしょう。両者に供給できる体制を整えていれば問題ないでしょうけど、それって、アップル、サムスンともに許しているんでしょうかね・・・

とにかく今回の記事で、スマホ業界の裾野の広さを垣間見ることができました。回りまわって、今の自分の仕事にも影響しちゃうのではないかと思うと、暗い気持ちにならざるを得ない今日この頃です・・・

カテゴリー
電機業界

日本市場では残念な地位に甘んじる、サムスン

快心の新作、ギャラクシーS6エッジ

先日発売されたギャラクシーS6。本体の両側まで広げた局面ディスプレイ。これをiPhoneでやれば大きな話題になること間違いないのに、何故かパッとしない。

S6 エッジ サムスン

世界シェアではトップだけど・・・。

2014年の世界販売台数ではサムスン24.5%、アップル14.8%と圧倒しているサムスンですが、日本に限るとそのシェアは1割にも満たないというのだから驚き。

しかも5年続けてというのだから、さぞ苦労していることは確か

何故か韓国製品は日本では弱い

この傾向って、サムスンに限った話でもなく、クルマの世界も一緒。ヒュンダイが北米で売れに売れているのに日本では新車購入の選択肢にさえ上がらない。

ヒュンダイ

民族感情が働いているのでしょうか。個人的にはモノがよければ国籍は関係ないと思うんですけど・・・。

話は戻ってスマホの話

国内のスマホの約5割がiPhone。残りはAndroid陣営。サムスンを筆頭にシャープ、ソニーなどの国内メーカーといった具合。

本来なら自社の陣取りに奔走するけれど、打倒アップルで共同戦線を張っている雰囲気。

アップル

困難な時こそ、互いに手を取り合って頑張りましょうってところでしょう。

寡占化は良くないよ。

このままアップルが国内市場を独占するようであれば、消費者にとっても良くないし、キャリアにとっても損。Android陣営にも頑張って欲しい。

最近のAndroid OSは、かなり操作感もiPhoneレベルという声も聞くし、自分も乗り換えようかと気持ちの揺らぐ今日この頃です。