カテゴリー
新興国ネタ

バブルの温床。シャドーバンキングがいよいよ

中国の景気失速は他人事ではないよ

これまで驚異的な経済成長を遂げていたお隣中国ですが、ここに来てその勢いも失速し、28年振りの低成長と新聞等で報じられていました。

真っ先に思い浮かぶのは米国との貿易摩擦が原因かと思いましたが、実際の所はシャドーバンキングの締め付けが主要因とも言われています。

中国

その存在は数年前から

シャドーバンキングの存在は、数年前から知られており、ここが破綻したら中国経済も大打撃を受けるとも言われていました。

とは言え、その後の中国は順調に成長を遂げており影響は少ないと思っていましたが、締め付けによって色々な面で経済に悪影響を及ぼしています。

地方政府にとっては必要不可欠な存在

中国の経済発展は不動産バブルによるものと僕の中では認識しています。

中国の土地は、これ全て国のもの。これを地方政府が管理して、住民から管理権を二束三文購入し、その土地に商業施設やらマンションを建てて収入を増やしていきました。

で、その時のお金の貸出先がシャドーバンキングだったわけです。

というのも、地方政府は銀行からお金を借りることができない。ので、投資会社経由でシャドーバンキングから資金を調達していたのです。

とは言え、マンションを建てても買い手がつかず、街はゴーストタウンなどど揶揄される始末。

借金だけが重くのしかかっている状況なのです。

中国

民間企業も頼るはシャドーバンキング

このような状況を受けてなのか、先に触れたようにシャドーバンキングへの締め付けを強化し始めました。

これ以上、バブルが膨張したら中国経済は傾いてしまうからでしょう。

正規ルートの国営銀行はと言えば、焦げ付きだけは回避したいということで、信用度の高い国営企業への融資が中心。返済リスクの高い民間銀行への融資はかなり絞っていた模様。

シャドーバンキングからも国営銀行からもお金を借りられない。加えて借金も払っていかなければならない。

ということで、民営企業の勢いも落ち、低成長率という結果になってしまいました。

中国

動きが早っ!景気刺激策

シャドーバンキングへの締め付けは実体経済にとってよろしくないということで、即、景気刺激策を打ち出した中国。

国営銀行に対し、民営企業に積極的に融資するよう指導したり、市中に大量のお金を供給したり、減税を行ったりとこれでもかばりの景気刺激策を実行に移しました。

とは言え、バブルの温床とも言えるシャドーバンキングの問題は残るわけで、この先、どう折り合いをつけていくのか、気になる所ではありますが・・・

カテゴリー
新興国ネタ

もしかしてだけど、シャドーバンキングはかなり根深い

改革路線を小休止

リコノミクスのもと、金融の改革路線が走りだしたのに、ちょっと待った感が出ている。というのも、あまりの締め付けに景気の勢いが減速しているようで、年率7.5%成長に黄色信号が灯りだしているから(だと思う)

04_28f5f137ac2e052004dd56828e717073_s

緩めます、緩めます、ジャブジャブ使ってね。

中国経済を揺るがすシャードーバンキング問題。銀行から融資も見込めず、ならということで、この闇金に手を出してしまう中小企業の救済策として、預金準備率の引き下げを発表。これが意味するところは、銀行さん、中小企業に積極的にお金を貸しなさいよということになる(と思う)

04_0a236f1c4bc762cac9e10c0065b1ec1a_s

日本のモラトリアム法に似ている

体力のない、もう淘汰されても仕方ない中小企業が、これにより延命される。けど支払い能力はない。これって不良債権となって、大きなツケを支払わされることになるかも。確か中国の大手企業の破産の際は、救済に乗り出さなかったのに、ここに来て、ちょいと方針が変わった様子(だと思う)

どうなる中国経済

リコノミクスにとっても正念場。あちらを立てれば、こちらが立たないなので、景気対策を優先させて改革をちょっと緩めようと。両者をほどよく立てる方針に変更はしたのはいいけれど、市場の目は冷ややか。改革路線を重視を市場は望んでいるだと思う。

日経ビジネスNO.1747より
カテゴリー
新興国ネタ

建機需要に見る中国の景気

建機メーカーコマツの苦戦

遠隔管理システム「コムトラックス」で絶好調とは思いましたが、そうではないようで前期は営業利益が期初を下回るとのこと。原因は、新興国における建機需要の伸び悩みみたいです。

ko_70dc06dd2c11797c5f1662decc71b0fc_s

中国の動向に注目

旧正月までは稼働状況が良かったものの、その後は伸び悩み。工事の許可件数は増えているのに、ファイナンスがおいつかず、工事が進んでいないようです。ってことは、やっぱりシャドーバンクが影響?

da_02

勝手に解釈すると・・・。

地方政府が用地を不動産会社に売り、さぁ開発するぞということで、銀行さんにお金の融資を依頼。が、与信審査で、オタクの条件では、お金を貸すことができませんとなる。

んで、利息はちょいと高いけどシャドーバンクからの資金調達を計画。が、他案件の返済も迫っていて、そっちを返済しなと、新しい融資はできないよと断われる。って状況ではないかと思うわけです。

まとめ

マンションが売れない、建機が稼動しないも、元をたどればシャドーバンクに行き着くかなと思うわけで、ソフトランディングすることを願うばかりです。

カテゴリー
新興国ネタ

マンション売れずゴーストタウン化、中国

「鬼城」があちらこちらで

新築マンションが立ち並んでいるものの、住人はほとんどおらず、そんな状況を中国では「鬼城」というようですが、そんな、鬼の住む城が、中国のそこかしこで建設されているようで、景気への影響が心配されています。

ma_48393704c0f7ace9948b9750174c480e_s

前年同期比の半分って、ヤバくない?

2014年5月1-3日の3日間の実績ですが、北京、広州、深圳(しんせん)、上海の4大都市では、同52%減。北京にいたっては、8割減という惨憺たる事態。特に内陸部の都市は、かなり深刻なようです。

落ち込みの原因は

一つには習近平による腐敗撲滅による取り締まり強化。高級役人によるマンション購入需要が減少。二つめは人民元安を受けて、海外の投資家が引き上げたとのことです。

kurenai

この2番目の投資引き上げは、投資家が資産運用のため、マンションを購入。そいつを転売して利益を稼ごうとしたが、思うほど儲からない、焦げ付くことを懸念しての引き上げでは?と思うわけです。

シャドーバンキングへの返済が・・・

以前の記事にも触れましたが、シャドーバンキングへの返済期限は2014年。で、お得意様は不動産会社。当事者の不動産会社と言えば、マンションが売れず危機的状況。返済できるかどうかも定かではない様子。そんな所からマンションを買っても、大きなリスクを背負い込むことは必死。なので、逃げてしまったのではと勝手に思った次第です。

a1470_000009

中国経済正常化の布石?

マンションが全く売れず、かつ借金の返済期日も近づいている。さぁ、どうしようと。以前にも政府は不動産会社の自己破産を容認しているし、今回もどこかの不動産会社が吹っ飛んでも、政府は手をさしのべず市場原理に委ねるんでしょうね。そうすることで、経済の正常化を狙っているんじゃないでしょうか。かなり痛みを伴う改革でしょうけど。

日経ビジネスNO.1741より