カテゴリー
電機業界

深謀遠慮。鴻海の狙い

契約直前はちょっとこじれましたが

直前でちょっとしたゴタゴタ感がありましたが、何はともあれシャープと鴻海の契約が成立。ここに日本初の外資傘下の電機メーカーがが誕生しました。

こじれる

出資額は当初の5000億から4000億円と減額されちゃいましたが、シャープの2016年度の赤字1700億円を帳消しにしてくれるのですから、鴻海さまさまといったところでしょうか。

IGZO技術にご執心

鴻海会長が赤字まみれの電機会社の救済に走ったのか?普通なら誰も手を出さないのに・・・。

それはシャープの先進技術、IGZOに惚れ込んだからと言われています。

数年前に話題を呼んだこの技術。充電からの開放してくれるなんて触れ込みで、スマホの消費電力を劇的に減らしてくれる省エネ技術として、僕の友人もこのスマホに乗り換えていました。

が、最近ではとんとメディアの露出も減り消えゆく技術なのかと思っていました。

ライバル現わる。LTPS

スマホの消費電力を減らす技術として、IGZOと並んで期待されているのが、LTPS(低温ポリシリコン)。スマホに特化した省エネ技術と目されています。

電子回路

IGZOはどちらかと言うと、タブレットやPCなどスマホに比べややあ大きめのディスプレイに優位性があり、実際アップルのタブレットやPCには既に導入されているとか。

結局の所はアップル次第

鴻海会長がご執心なのも、アップルという大型顧客の獲得にIGZO欠くことのできない技術と踏んだからです。

2017年以降、有機ELディスプレイ化を発表したアップル。その土俵に乗れるのがIGZOといいうわけです。

IGZOは有機ELにも転用できる技術とも言われ、大いに期待が膨らみます。

ネックは莫大な研究開発費

IGZOが、「あの人は今?」的な技術になったのも開発が止まっていたからなのでは?と思います。

というも、この技術の研究開発費が、莫大でシャープが傾きかけた原因とも言われているようです。

スマホ

莫大な投資をしたのに、上がりが投資に見合うほど回収できていない。

鴻海との契約前には、この事業を本体から切り離そうとまで言われていた技術なのですから・・・

救世主となるか鴻海

この話を振り返ると、遠い昔、ゴーンさんが就任した時のマーチのことを思い出します。

社内の評価はボロクソだったマーチが、ゴーンさんの一声で発売にすることとなり、爆発的にヒットしたという逸話。

社内の評価は最悪でも、外部の人から見れば珠玉の商品にも見える。

IGZOもその道を歩んでもらいたいっす。

カテゴリー
電機業界

青天の霹靂!鴻海と提携?シャープ

まさかの鴻海選択

このブログでも何度か取り上げていたシャープの支援策。新聞、ニュースの取り上げ方を見るに、ほぼ産業革新機構で行くだろうと。

理由は「日本の技術流出防止」。真っ当な理由だけに話しはその方向でまとまったと思い、シャープ社員の人にとっては、それまでライバルだった産業革新機構と一緒になるなんて心中穏やかじゃないだろうなと要らぬ心配までしていました。

が、蓋を開けてみたら、なんと鴻海の支援策に乗っかるとのこと。ぶったげましたよ。

そもそも条件のいい鴻海

そもそも支援条件としては鴻海のが圧倒的に好条件。支援金7000億円に対し、産業革新機構は約3000億円。額面だけ見れば、そりゃ鴻海を選ぶのは至極当然。

けど、他にも鴻海は好条件を連発。会社のバラ売りはしない、雇用は守る、技術流出はしないなどなど。

ここまで好条件を揃えれば、気持ちも揺らぐのはうなずけます。

サラリーマン

トドメは会長出陣

どの業界もそうなんでしょうか、実務担当レベルではなかなか交渉事がまとまらない。が、トップが交渉の場に立った瞬間、事がすんなりとまとまる。

鴻海も会長直々にシャープを訪問し、会長の口から支援策を語ったと言うじゃありませんか

その日を境に潮目が変わったとも

野球に例えるなら、無死満塁で豪腕ピッチャーがリリーフして、三者連続三振に斬っちゃうような逆転劇が見ているよう。

挽回なるか産業革新機構

一転して窮地に追い込まれた産業革新機構。そもそもは成長産業への投資が目的だけに傾いた会社の支援に税金を投入するのは国民の理解がエられない。

なので液晶事業だけを切り出す苦肉の策に至ったわけですが、それでも支援金の積み増しは難しい。

それに鴻海のように「まるごと支援」ができない訳ですし・・・

駅

まだまだ余談は許さない

最終結論はまだまだ出ていないようなので、鴻海、産業革新機構両者との交渉は継続して進めていくとのこと。

なので、またまた土壇場でひっくり返ることもありえます。

まとめ

社員を雇用を守るという意味合いもある今回の鴻海選択。ただ取締役の中には、株主が納得いく支援という声もあり、あらためて会社は株主のものでもあるんだなと実感。

仮に鴻海傘下でシャープが復活するようなことがあれば、社員も株主もホクホクなんでしょうけど・・・

青空

消費者にとっても、今よりも魅力ある家電メーカーになることを切に願います。

カテゴリー
電機業界

電機業界の救世主?産業革新機構

我々は民間ファンド

シャープや東芝の業績下降の記事を読むたびに登場する産業革新機構。民間ファンドとして資金を投入し、危機に瀕した企業を再生させてくれるわけです。

再生方法としては合併や買収、その過程で企業側にはリストラも当然要求してくるでしょう。

で、産業革新機構の過去の歴史を辿ると結構、お世話になっている企業があるんです。

産業革新機構が手がけたお仕事の数々

2003年に日立、三菱の半導体事業を一本化したルネサステクノロジ。液晶関連のソニー、東芝、日立を束ねたジャパンディスプレイ、そのJANパンディスプレイにソニー、パナソニックを加えた有機ELパネル会社のJOLEDなどなど。

こうして見ると日本の電機産業の再生に、産業革新機構が大きく関与していることがわかります。

海外では当たり前?

その昔で言えば、日本の半導体、液晶は世界ではトップクラス。我が世の春を謳歌していたのに2000年代に入ると韓国や台湾などの猛迫に会い、いつのまにか彼らの後塵を拝すことになりました。

というのも韓国や台湾はお国を挙げて、この産業の成長を支援していたわけで、そう考えると産業革新機構が介入して再生していくのも時代の流れから言って必然だったのでは?と思ってしまいます。

民間で勝負も限界なのか

シャープ再編に向けて液晶事業をジャパンディスプレイに統合という話が取りざたされています。

このジャパンディスプレイ立ち上げが今から5年前の2011年。立ち上げの際にシャープにも提携を持ち込んだようですが、当時の会長がきっぱりと拒否。当時はシャープの液晶は絶好調だったようで、提携しなくても十分やっていけると踏んだのでしょう。

その後は、韓国の勢いに防戦一方状態。ホンハイとの提携話など、液晶事業の取り巻く環境はどんどん悪くなっていきました。

加えて、中国のスマホメーカーとの商談では、シャープとジャパンディスプレイが競合する場面もあり、日本の産業を守るという大義名分はどこに行ったのやらという感じすらしましたが・・・

電気業界の救世主?

となると、官民一体にならないと世界の競合と伍して戦っていくのは非常に難しい時代に突入したのかなと。そう考えると国と民間をつなぐ産業革新機構が、日本の電機業界の未来を握っているのかと感じた次第です。・・・

カテゴリー
電機業界

2016年は電機業界にとって大変かも

東芝とシャープの再編

経営危機に陥っている両者。生き残りかけて事業の売却を進めていますね。

東芝は、社長曰く「売れる事業は売る」という方針を掲げ、グループ全体で約1万人の削減を計画しています。

東芝の売却事業とは

まず画像診断装置などを手がける「東芝メディカルシステムズ」。売却額は数千億円規模と言われています。

他にはパソコン事業。富士通との統合が有力とされています。これにより国内トップシェアに躍り出ることになりますが、世界シェアでは6%。弱者連合と揶揄される程で、新会社もまあまり期待されていないことがわかります。

とは言うものの、東芝、富士通にしてもパソコン事業は連結から切り離したいという思惑は一致しており、話はまとまりそうな雰囲気。

シャープの売却事業とは

同社の看板商品とも言える液晶事業が上げられていますね。産業革新均衡やホンハイなどがが獲得に取り出しているようです。液晶のシャープで世界を席巻した昔が嘘のようなこの現実。

他に売却事業と言えば白物家電。こちらは東芝と統合する案が浮上しているそうです。

事業売却で経営の建て直し

経営危機に陥るとは、まずはリストラを想起しますが、今回は事業売却による経営の立て直しが目立ちます。売却された事業の社員は新しい会社に移り、新しい社員とともに仕事をする訳です。

恐らく年齢もそこそこで、ある意味、二度目の新入社員を経験するだけに環境の変化についていけないのでは・・・といらぬ心配をしてしまいます。

買収後も前途多難

一方、買収会社にしてみても、しっかりと現在の収益を押し上げてくれるは未知数。例えばシャープの液晶で獲得に名乗りを上げているジャパンディスプレイですが、アップルが有機ELの採用を発表しており、液晶のメインにしたジャパンディスプレイにとっては厳しいところ。

さらに販売の現場では、奨励金を減らす方向で従来の「実質0円」が難しくなってくる。となると、ユーザーもおいそれと機種変更なんぞできず、保有期間の延長がおき、買い替えサイクルも長く。

当然、アップルを持ってしても、昔のような販売台数を確保するのは難しくなってくるのではないでしょうか。

とにもかくにも電機業界にとっては前途多難な年になりそうな気がします。

カテゴリー
電機業界

次はジャパンディスプレイが危ないかも。日本の液晶の危機

シャープ失速は日本勢の共食い

経営危機に瀕しているシャープですが、そもそもの原因はスマホ用液晶の売上計画の読みが目算通りに進まなかったことが原因。勢いに乗る中国スマホメーカー勢への液晶提供で黒字を見込んでいたのに、思わぬ所からライバルが出現し、恐ろしい程の買い叩きにあい思っている程利益を上げることができなくなりました。

で、このライバルはと言えば、同じ日本国のジャパンディスプレイだったのです。

日本のものづくりを守ろう的な触れ込みで立ち上がったこの会社。蓋を開けてみたら結果的に同じ仲間の足を引っ張っていたのでは?と思いました。

アップル有機ELの衝撃

ジャパンディスプレイは中国スマホメーカーの他にもアップルにも液晶を供給しています。バカ売れデバイスですから売上額も相当でしょう。が、ここに来て雲行きが怪しくなってきました。

アップルが2018年以降有機ELの採用を表明。

この話を受けて韓国LGが有機ELパネルの工場建設を発表。とにかく動きの早さには関心させられます。

ジャンパンディスプレイもこの流れに乗っかりたいところですが、量産」に向けては技術的ハードルがまだ多いとのことで、ややお手上げ状態。

サムスンも息を吹き返すよ

アップルの液晶から有機ELへの移行で、一番喜んでいるはサムスンでしょ。2015年はサムスンの不振でも触れましたが、新製品の売れ行き芳しなく生産調整を余儀なくされました。

このままではマズイ。てなわけで、有機ELの外板を本格的に始めることにしたのです。

で、恐らくサムスン側からアップルに対し、有機ELの供給を打診したのでしょう。

その道のプロが有機ELは量産化のハードルが高いと言っているように、量産化できるメーカーは世界を見渡してもわずかなんでしょう。が、サムスンが提供してくれるというのならば話は別

サムスンは年間数億台分の有機ELパネルを量産しますんで、安定供給は可能ですし、何よりも低価格での仕入れが見込めるわけです。

どうす日本の液晶勢

サムスンの有機ELの売り先はアップルはもちろんのこと、中国のスマホメーカーにも向けられ、もの凄い営業プッシュが行われているはず。

となると、さらに苦境に立つのがシャープとジャンパンディスプレイの日本の液晶メーカー勢。

この際、両者が合併して、サムスンの対抗馬にならない限り日本のものづくりはまたまた世界から取り残されていくかもと思った次第です・・・

カテゴリー
電機業界

きゃりー起用のCMはありでしょ。シャープ4K。

アクオスと言えば吉永小百合

アクオスと言えば吉永小百合出演の落ち着いた雰囲気のCM。育ちの良さを感じさせるCMで好感が持てた。このCM、15年間も吉永小百合が出演したというのだから、市場からも評判が良かったのではと思う。

テレビのめぐる環境は厳しさを増すばかり

けれど、CMの評判に反して、売上は低迷の一途を辿り、ライバルが続々とテレビ事業を撤退。パネルからテレビまで一貫体制を敷いているのはシャープのみというかわいそうな状況

世界首位のおもかげはなく、サムスン帝国に完敗状態。

起死回生の4K

ならばと言わんばかりにシャープが活路を見出したのが4K。8K。まだ市場はさほど大きくない。であるならば先行者利益を取って、市場をおさえてまおうと思ったはず。

80型で168万円。解像度は8Kレベルの超ドキュウのハイクオリティ。この技術的優位は揺るがないでしょうといわんばかりに空気が漂っています。

CMも一新、きゃりー起用

CMも15年間続いた吉永小百合をやめて、世界レベルで成功を収めている「きゃりー」を起用。市場からは購買層が合わない、迷走sいているなんて、揶揄されているけど、個人的にはあり

暗い話題ばかりのシャープだから

業績低迷で世間を騒がせたシャープだから、あそこまでガラッと変えた方がいい。吉永小百合も良いけれど、どこか私達反省して、いちから出直します的な悲壮感があって、見るに耐えない

きゃりー人気にあやかれるか

極彩色豊かな世界観で、元気の良さがビンビン伝わるCM。CMを見て頑張れ、シャープと思うのは自分だけかもしれない・・・

カテゴリー
電機業界

国有もまったなし。シャープの正念場

革新機構の出資受け入れ

経営不振のシャープに愛の手を。と言葉の響きは良いけれど実情はドロドロ。なんせシャープの象徴とも言える液晶事業を分社化するって言うだから。

分社化すれば、革新機構の出資は受けられるけど、それってある意味国有化

街並

男気あふれていたよ、あの頃は

そもそも液晶不振はシャープに限った話ではない。ソニー、東芝、日立、みんなサムスンに辛酸をなめ子状態だった。で、革新機構から出資を仰ぎ、ジャパンディスプレイが設立された

当時、シャープにも声がかかったが、ウチは支援を受けなくても食っていけると言い切ったのか、ジャパンディスプレイには参画せず、独立を貫いてきた。

それって共食いでしょ。

が、今となっては立場が逆転。中国のアップルと呼ばれるシャオミへの液晶パネル供給では、このジャパンディスプレイとシャープが競合するとう、日本企業同士のガチンコ対決が勃発。

液晶

日本の技術を守るというものの、これじゃせっかくの技術力もたんなる価格の叩き合いの泥仕合。

2年ぶりのプロポーズ

この戦いに負けたシャープはご覧の通りの赤字転落。んで、冒頭の分社化という話になった訳です。

回り道はしたけれど、結局の所はジャパンディスプレイに吸収されて、日の丸液晶会社として第二の人生を歩むことになるかも。

ここまでは、経産省の思い描いたシナリオ通りに事が運んでいるようで、何とも深謀遠慮なこと。

日経ビジネス NO.1787
カテゴリー
電機業界

教訓?1社依存も時にはありかも。シャープの件

アップル復活で部品メーカー活況

一時は、その勢いに陰りが見えたかと思われましたが、2014年9月に発売されたiPhone6で見事復活。同年10-12月気は過去最高となる販売台数を記録。当然ながら国内の部品メーカー、村田製作所、TDKなども軒並み増益。なのにシャープは大幅赤字と明暗がクッキリと分かれた恰好に・・・。

iPhone6

アップルに翻弄され続けるシャープ

なぜ、シャープだけが赤字なのか?昔から液晶関連をアップルにも納めている。けれどiPhone6では部品が採用されていない。というのも、シャープがアップルの逆鱗に触れたプチ事件を起こしたからとのこと。

多様化戦略が裏目

事業を展開していく中で、ある事業に集中するのはリスク。投資もそう。多様な商品を組んで、リスクを極力最小限に抑える。シャープもアップルに依存しすぎたあまり需要変動に翻弄され、これではまずいということで、多様化戦略に舵を切った。が、これがまさかの裏目に・・・。

勢いに乗る中国勢に供給

アップルに加え、中国勢にも供給を開始。特に今、勢いに乗るシャオミーは設立当初からの仲。シャオミの成長に合わせるかのように、供給量もじゃんじゃん増えて、多様化戦略しといて良かったとホッと肩をなでおろしたのもつかの間、まさかのアップルからの使用不採用の通知。

シャオミ

まさかの情報漏えい・・・

アップルの出資でiPhone専用工場を立ち上げたけれども、他メーカー用の部品製造も認めて欲しい。でないと、工場が立ち行かないと交渉している最中、裏ではちゃっかり中国顧客向けの試作を作っていたことがアップルの耳に入り、iPhone6の部品供給から締め出される結果に。とにかく誰かがリークしたんでしょうね。かわいそうに・・・。

教訓!!。1本足打法改善も筋を通さないと大ヤケド。

1本足打法から多様化戦略に舵を切ったのは、間違いのない戦略。けれど、話の持って行きかったがまずかった。交渉が成立してから、他メーカーの試作を製作であれば、iPhone6への供給も叶っていたかも。

そう考えると、悔やまれてならない。だって、シャープのイグゾーを採用していれば、もっと電池の持ちが良かっただろうに・・

日経ビジネス NO.1782