カテゴリー
ハリウッド

より親近感が沸く「スパイダーマン ホームカミング」

アベンジャーズ登場

初期のスパイダーマンシリーズ、シーズン2?のアメイジングシリーズを経て、今回がシーズン3。

今度の主役は普通の高校生がスパイダーマンになるというもの。それが、あのアベンジャーズのアイアンマンから指名されるという設定。

マーベリックファミリー色が強くなったとでも言いましょうか、スパイダーマンも、ヒーローもののONE of Themになった訳です。

冒頭はアベンジャーズVS地球外生物による激しいバトルが行われた後から始まります。

激しいバトルで、街は壊滅状態。その復興作業という何とも現実的な問題を描いている所に現実感があって楽しめます。

確かにそうですよね。ビルがなぎ倒されて、あちこちで火災が起きて、経済活動は完全マ匕。ヒーローが勝利した瞬間は私達の命を救ってくれたと大喜びですが、その後の復興に向けた作業は、それはそれは想像を絶するほどの苦難の連続ですから。

スパイダーマン

敵はありえるかものメカニカル系

スパイダーマンの敵役は、ゴリゴリのメカニカル系。アメイジングシリーズでは、トカゲ男、電気男など人体実験で変異してしまった怪物系。それを考えると、これまた現実的にはありえる話かと

ロボットスーツを着込んで、翼まで生えていて見てくれは、ほぼほぼアベンジャーズ

解体屋のボスが、アベンジャーズと地球外生物との戦いでスクラップ同然の兵器から部品をくすねって、強力な武器を開発。

地球上に武器とは比較にならないほどの破壊力で、密売することで大きな利益を得ていました。

アベンジャーズにの目に触れることなくひっそりと商売していましたが、子分どもがATMを襲って、スパイダーマンの目に留まり、彼らとの間でバトルが始まるというのが今回の大筋です。

スパイダーマン

スパイダースーツ着用

アベンジャーズからスパイダースーツを貸与された主人公。

クモに噛まれてスパイダーマンになるのではなく、人間が開発したロボットスーツを着用することでスパイダーマンに変身します。

ってことは、このスーツさえあれば誰でもスパイダーマンになれちゃうというわけです。

グーンと敷居が低くなった危害します。

このスーツ、初期設定では機能制御されていて、それを開放することでさらに未知なるパワーを発揮したり隠れコマンドもあり。ロボットに変身してしまう事も十分に考えられますね。

スパイダーマン

個人的にはアメイジング

設定をまるっきり変えてシリーズを存続させていく。まるでジョジョの奇妙な冒険的な感じがしますね。

ジョジョもシリーズによっては当たり外れがあるように、スパイダーマンも個人的には前シリーズのアメイジング スパイダーマンの方が個人的には好き。

アベンジャーズ一派で括られると、ちょっと違和感を感じます。

カテゴリー
ハリウッド

回を追うごとに敵役も進化。スパイダーマン

トカゲ星人からスケールアップ

アメイジングスパイダーマンの続編。今回はスパイダーマンの秘密について触れている点が随所に。

その過程で、前作スパイダーマンと激しいバトルを繰り広げたトカゲ星人が何と父の同僚だたということを知り愕然とするスパイダーマン。開始早々から見応ありです。

退屈な日常にスパイダーマン

ニューヨーカーの間では正義の味方として愛される存在となったスパイダーマン。ビルの合間をスパイダーマンがヒョイヒョイ飛んでるのも見慣れた光景。

現実にスパイダーマンがいたら、格好のSNSネタになるだろうし、広告宣伝ツールとして、これに勝るものはない。ファンもめちゃくちゃ多いし。

スパイダーマン2

ファンがいつしか敵に

前回のトカゲ星人から大幅スケールアップした感じの敵役。今回はエレキマン。ニューヨークの街を停電させちゃう位の発電力を持つもんだから、スパイダーマンもひと苦労。

しかも、エレキマンの前世は何とスパイダーマンの大ファン。ファンの豹変に戸惑うスパイダーマンでしが、そこは容赦ない戦闘モードで勝利。

スパイダーマン2

一難去ってまた一難

スパイダーマンの適役ってだいたい限られてくる。スパイダーマンのような人体実験をして生まれてきたようなもの。悪の結社なんて登場させたら、あまりにも話が飛躍しすぎて興ざめ。現実世界にありそうだな的な所の敵キャラだからこそ楽しんで見れる。

スパイダーマン2

今回のラスボスもまさしくそう。スパイダーマンが誕生した道筋に完全に乗っかている状態。ある意味、兄弟。

突然変異する前の両者は大親友同士ということでドラマ性も十分。

昔の親友が敵の大ボスになって、次々と敵を送り込んでくるというのだから、ある意味、長期シリーズのめどが立ったのでは?

カテゴリー
ハリウッド

適度な緊張感がたまらない「アメイジングスパイダーマン」

過去のスパイダーマンシリーズとは別もの

明らかに前シリーズより面白い「アメイジングスパイダーマン」。

あまりにも浮世離れしすぎず現実にありえるかも的なちょうどいい設定がいい。スパイダーマン化されたストーリーも超現実っぽいし

普通っぽさがいい

あっさり警察には捕まるし、ホソマッチョ系でその辺にいそうな青年ってところが普通すぎて共感が持てる。

アメイジング・スパイダーマン

トカゲ男恐るべし

対する敵役のトカゲ男。これまたスパイダーマンと一緒で配合で突然変異で生まれた生物

学校で暴れまくり、街中でもやりたい放題。銃器は全く役立たず。邪魔するものをバッタ、バッタとなぎ倒し、やりたい放題。

けど、スパイダーマンの手にかかればおとなしいもの。「スパイダーマンは見飽きたな」という方には、ぜひおススメの作品です。