カテゴリー
日本映画

父ちゃんはつらいよ。「幼子われらに生まれ」

多感な時期な娘との接し方に苦慮

小さい頃はかわいくてあんなに素直な娘が、今では「うざい」を連発し、全く口さえも聞いてくれない。そんな豹変っぷりに戸惑うパパも多いのでは?

実の娘ならまだしも、血の繋がっていない娘だとしたら、輪をかけてパパは苦慮するでしょう。

この作品で描かれているのがまさしくそれ。「本当のパパじゃないのに、パパずらしないでよ」と急所をえぐられるような言葉を浴びせられても、頭ごなしに怒るわけでもなく、シランっぷりを決め込み現実から逃げるでもなく、しっかりと向き合って諭すように心の扉を開けようとするする浅野忠信演じるパパに深く関心させられました。

幼子われらに

仕事でも左遷の憂き目に

再婚した時は長女はまだ小学校低学年で、すぐ打ち解けてくれてパパ、パパと慕ってくれたのに、これが小学校高学年と多感な時期になると、全くの他人として受け止めてしまう。この豹変ぶりに、頭を抱え始めます。

幼子われらに

リビングで過ごす幸せな一時をぶち壊すような暴言を吐いたり、妹には本当のパパじゃないと言ってみたり、しまいには実のパパに合わせてという再婚パパには耳にしたくなような言葉を浴びせる始末。

こんなつらい事が家庭内で起きている一方、仕事でも本社から工場勤務に左遷させられる始末。パパにとっては人生のどん底を味わいます。

幼子われらに

実のパパでないから・・・

実はパパ側にも前の奥さんとの間に、反抗期の長女と同じ年頃の娘がいます。

数ヶ月に1回会うことできるという関係。長女とはうってかわって、素直でパパとのことを大好きでいてくれる。再婚相手のパパに対しても心を開き、非の打ち所のない。

そんな彼女から、末期がんで余命わずかのパパに対し、家族に対する悲しい気持ちが沸かない。お友達や先生に対するそれに似ている。と。この相談にパパは気付かされました。

長女も実は同じ気持ちを抱えているのではないかと。

幼子われらに

元パパとの再会を決断

そこで、奥さんの反対を押し切って、長女の希望する元パパに合わせることを決断します。

新しい家族として幸わせに暮らしているのに、元パパとの再会で、家族が崩壊する恐れがあることを厭わずに・・・

そして当日。いつもと変わらぬ感じで長女を送り出す家族。

パパもママも心中穏やかではないはず。お互い平静を装い、次女との楽しそうに遊ぶ二人。

そして、元パパと再会して、そのまま一緒に暮らしてしまうのか、それとも実際に会ったものの幻滅して家族の元に帰ってくるのか

父ちゃんはつらいよとつくづく思う作品でした。

幼子われらに
カテゴリー
日本映画

ずーっとズレまくっていたから入ってこない「黄金を抱いて翔べ」

井筒監督作品だけに期待大

岸和田少年愚連隊、ゲロッパ、パッチギの井筒監督作品とあって、ユーモアの中に、ホロりとくる人情ドラマを予想していましたが、いい意味で期待を裏切られました。

浅野忠信が本気で怖い

あらすじは、平たく言うと金塊を盗むという話。その組織の長が、浅野忠信。これが怖いのなんのって。沈黙して遠く見ている姿、仲間をやられた時の表情など、加えて角刈り。その道の人しかどうしても見えない。

妻夫木だって負けてない

孤高の武闘派でも言うのでしょうか。セリフは少ないものの、何か影があるな感、過去につらい経験をしてきたんだな感がプンプン。映画、悪人に続き、ブラック妻夫木もいいなと再認識。

黄金を抱いて翔べ

らしさが出た後半。

井筒監督のユーモアさは一切なし。怖さの中にも、クスッと笑えるセリフ、しぐさ、シーンが随所にちりばめられていますが、後半になってやっと。金塊を強奪されるビルの警備員とそのビルの会社スタッフ。とぼけまくったセリフに、やっと来たーという感じ。笑えます。

最後は泣けます。

とは言っても、ホロリと泣ける映画こそ、井筒監督作品かと。振り返ってみると最後の最後に。最初は意味がわからず、再度巻き戻し。そうゆう秘密が隠されていたんだなと。ウルっと来てしまいまいました。