カテゴリー
Blog 反省 WPプラグイン

過去記事ツィート。「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」

自分のブログを振り返りたい

もう少しで丸3年のブログ。たまに過去のブログを見ると、色々と発見があるもの。

が、なかなか過去記事を見るなんて時間もなく、ならば最近、Facebookみたいに○年前の記事といった具合に、お知らせてくれないかなと思っていました。

過去記事ツィートプラグイン

で、発見しました。Twitter上に過去記事を自動でツィートしてくれるプラグイン、その名もNextScripts: Social Networks Auto-Poster。ちょいとタイトルは長いですが、評価している声も多く、かなりの人が利用されているご様子。

NextScripts: Social Networks Auto-Poster

で、こちらのUROKOサイトを参考に設定してみました。こちらのブログでは5分ほどでサクッとなっていましたが、ITリテラシーの低い僕には結構、難しく30分ほどかかってしまいました。

下準備はTwitter側で

まずTwitterでAPIトークンなどの情報を生成します。

まず、Twitterのデベロッパーサービスページにアクセス

twitter

Create New Appをクリック。

Creata an applicationページで必要事項を入力。Web site欄 部分に自分のブログのURLを入力します。

twitter

携帯番号登録がマストです。

で、ここで予期せぬ問題が勃発。

このサービスを利用するにはTwitter側に電話番号を通知することが義務付けられています。

僕みたいに携帯電話番号を入れずにTwitterを利用されている方は、まず電話番号の登録から始めてください。

で、こちらが携帯電話登録後の画面。つまり成功画面です。

t03

Application Settings

ここからがプラグイン、NextScripts: Social Networks Auto-Posterで入力する各種情報にななります。

twitter
  • TwitterのURL
  • API Key
  • TwitterのAPI Secret
  • Your Access Token
  • your Access Token Secret
  • などです。

    プラグイン側の設定

    続いてはプラグイン側の設定です。

    プラグインNextScripts: Social Networks Auto-Posterをインストールしたら、Add NEW Networkの中から、Twitterを選択。

    twitter

    先ほどのTwitter側で生成した各種データを空欄の中に入力していけばいい。

    僕の場合、%ANNOUNCE%を追加。恐らくタイトルと文章が若干入ったツィートになると思います。

    ツィートされた様子はこんな感じ

    これで昔を簡単に振り返ることができます。

    カテゴリー
    App

    Twitterのフォローを一括削除

    フォローの多さは必死さを現われ

    Twitterのフォロー数がやたらと多い人って必死だなと思うんです。が、まさか自分自身がその状態に陥るなんて・・・・。

    Twitterがオススメするものだから、やたらめったらフォローしまくっていたら、これがフォロアー数の約3倍。

    確かにフォロー数は上げたいけれど、ここまで差が開くと必死さ丸出しで恥ずかしい。ということでシェイアップすることにしました。

    m00

    フォロー削除ツール。しかも無料

    今回紹介するのが、ManageFlitter

    ご親切にも操作方法をナビゲートしてくれるので、英語が苦手な人もOK。

    まずはTwitterアカウントの読み込みをします。

    その数1047件。

    読み込ませると、ものの5秒位でフォロアーになっていない人を抽出してくれます。

    僕の場合は1,000超え。わかっちゃいるけどあらためて1,000という数字を突きつけられるとつらい。

    一括でフォローを削除

    ここから1件、1件削除するのも面倒。で、僕が参考にさせてもらったのが、こちらの記事、【Twitter】一括フォロー外し(アンフォロー)を無料ツールで行う方法

    ManageFlitterを開いた状態でF12を押します。Chromeの場合、コードが表示されます。

    Consoleを選択して、

    manageflitter

    以下のコードをコピペします。

    $(".Unfollow").each(function(index, element) { var ev = jQuery.Event("click"); ev.srcElement = element; $(this).delay(index*100).trigger(ev); }); 
    manageflitter

    コピペをしたら、Enterを押すだけ。コードがズラッと表示されます。

    manageflitter

    100件分を一瞬にして削除

    Enterキーを押しても画面上に大きな変化がないので、効いているのか不安でしたが、Twitterの画面を見ると、オッ、100件分減っているではありませんか。

    magageflitter

    1日100件の呪縛

    こちらのサービス、1日100件までなら無料。お金を払えば100件以上でも削除可能です。12ドルですから、今の1ドル=102円レートで見て、約1200円です。

    1200円も払うのは無理という方は毎日100件ずつこまめに削除するしかありません。

    僕は気長に残り900件を9日間かけて削除していきますよ。

    manageflitter
    カテゴリー
    SNS

    やっぱり窮屈。進むFacebook離れ

    タイムラインが寂しい

    海の向こうではFacebook離れが進んでいる。特に若年層においてその傾向は顕著。自分の狭い交友関係でも似たような現象が起きている。若者に限らず毎日投稿していた友人が、今では全く投稿せず。そんなお友達がかなりを占め、今ではタイムラインはお寒い状態。

    Facebook

    窮屈な感じが否めない

    見る分には楽しいんですけどね、いざ投稿となると、リア充自慢にとられるとか、この前と同じ投稿じゃつまらんとか、プライベートを詮索されるのは面倒とか、色々な事を考えてしまい、「やーめた」というのがここ1-2年の傾向。

    窮屈

    Facebookページバブル

    Facebookが盛り上がっていたのが2年前位。その頃は無料だからって、色々な企業がFacebookページを立ち上げたけど、その後の運用につまずき開店休業状態の悲惨な状況。

    いいねも、そのほとんどが社員または関連会社の人というお寒い状態で、今では、そんなバブル状態も落ち着きました。

    SNSの雄、スターバックスにも変化

    SNSを販促に使って成功している会社と言えばスターバックス。Facebook、Twitterを使い、フォロア数、いいねの数は100万規模。はっきり言ってお化けです。

    スターバックス

    それまでは、Facebookに力を入れていたのがファン数の減少に伴いTwitterに鞍替え。グングンフォロアを伸ばすTwitterで情報発信した方が販促に効果的と踏んだわけです。

    Twitter鞍替え。効果てきめん

    Twitterで、新商品の発表をするや、店頭では当初計画した数量の2-3倍の販売を記録し、ある新商品ではリツィート数が3万件と過去最高を記録。しばらくは品薄となったというのだから、Twitter鞍替えは大成功でしょう。

    スターバックス

    即効性のTwitter、エンゲージメントのFacebook

    販促のTwitter、エンゲージメントのフェイスブックと使い分けが、この先、より鮮明になってくる感じがします。タイムラインでもゴリゴリの販促情報は、お友達の近況ネタに混じって入ると、ものすごい浮いて見える。

    しかも写真が重過ぎて表示に時間がかかるような時は、嫌悪感すら覚えちゃいます。

    匿名性が高く窮屈感がなく雑多な情報が入り時混じるTwitterが企業販促には向いていると思います。