カテゴリー
ハリウッド

恋愛コンサルタントにあやかりたい「最後の恋のはじめ方」

恋のお悩み解決。恋愛コンサルという職業

世の中には様々なコンサルがあるけれど、恋愛コンサルタントというのは流石に耳にしたことがない。

意中の女性を射止めたいという男性をお客に、そのほとんどが成功させてしまう主人公のウイルススミス演じるアレックス。

最後の恋のはじめ方

デートに誘うタイミングから、シチュエーションに応じた振る舞いなどなど細部にあたり指南。これ本当に大丈夫?と最初は疑いの目で見てしまいますが、これが見事に女性のハートを鷲掴み。

高嶺の花すぎるだろう。超ド級のセレブ狙い

高い成功率を誇る恋愛コンサルの噂を聞き、彼の元に駆け込んだのがケヴィン・ジェームズ演じる税理士のアルバート。

最後の恋のはじめ方

ポッチャリ体型でどう見てもモテ要素のかけらもない冴えない中年男性。なのに身の程知らずというのか、お相手は超ド級の美人セレブ。

最後の恋のはじめ方

誰もが羨むほど美しさで、言い寄る男はすさまじく多いなだろうなという感じ。

どう見ても釣り合わないのは傍から見てもわかるのに、彼女を落としたいという気持ちは揺るがず、恋愛コンサル、アレックスに相談を持ちかけます。

自分の恋愛も大忙しで、見事に陥落。

客の恋愛指南をしている傍ら、自身も久々の恋のトキメキ中。お相手はゴシップ記者で会社からも一目置かれるキャリアウーマン。恋愛よりも仕事優先といった感じでアレックスのことなど歯牙にもかけない。

恋愛マスターをしても、難しいかなこの恋はと思いましたが、2-3度デートを繰り返しては見事に彼女を振り向かせることに成功します。

仕事命の女性さえも彼の手にかかれば、いとも簡単に落ちてしまう。さすが恋愛マスターです。

世間の目は厳しいよ。恋愛コンサル

純粋に恋愛に誠実に向き合う男性を助けたいという想いで始めた恋愛コンサルですが、世間の目にはいかがわしい商売に映っていたのでしょう。

彼の商売が恋愛コンサルト知ったエヴァ・メンデス演じるサラ・スミスは激怒。彼の家に訪問するや、悪態はつくは物を投げるわで怒りは収まらないといった様子。

最後の恋のはじめ方

こうして二人の関係はご破産に。

一方、セレブお嬢様との恋を成就させたアルヴァートも、これまでの彼の振る舞いが全て恋愛コンサルによる演出であったと勘違いし、こちらも激怒され、ご破産となってしまいます。

真実の恋はいかに

大きな誤解により破談となってしまった二人の恋の行方はいかに。

エンディングを見るに、恋愛コンサルトは恋に臆病に人たちの背中をちょっとだけ押すことで、後は本人任せということに気付かされます。

勇気を持って告白したら、もしかしたら成功することもあるんだなと感じました。

カテゴリー
ハリウッド

情報監視社会って怖っ「エネミーオブアメリカ」

今から20年前の作品とは思えません

まだGoogleなど存在せず、アマゾンがちょうど成長軌道にのりかけた頃。ましてやYou TubeやSNSが存在していない頃のお話です。

描かれている内容はと言えば、個人の行動全てが政府に全て筒抜けだよというもの。

衛生カメラを使い、国民の動きを監視し、家に設置した監視カメラでその様子全てが遠く離れた場所でも見れてしまう。

技術が発達した今なら、さもありなんと言った感じですが、当時はまだ通信環境はプアな状況。

のに、そんな未来の世界を描いてしまうハリウッドの人たちの想像力とは凄いなとあらためて関心した次第です。

政府を怒らせたらとんでもないことに

作品のあらすじは、とある議員の暗殺の一部始終が録画されたデータをめぐり、国が血眼になって、奪いに行くという話。

殺しもいとわない、なりふり構わないやり口に、国を怒らせたら怖いなとゾッとしました。

ハッキングで何でもありの恐ろしさ

そもそもは、この映像データは野鳥の様子を記録するために撮影されたもので、偶然にも暗殺の様子が撮影されていたのです。

撮影者は、この様子を見てビックリ。さらに驚くことに政府側でもこの撮影者を既に特定しており、特殊部隊を彼の家に送り込みます。

この特定の方法が、これまた凄い。現場に居合わせた彼のクルマのナンバーから本人を特定。すぐさま携帯電話をハッキングして、通話内容を確認

ちょうど友人にスクープネタが取れたという話が傍受されてしまったのです。

撮影した本人も、特殊部隊が自宅まで押し入っていることにすぐに家を後にします。

が、この逃走も衛生カメラでばっちり撮影され、振り切りることは叶わず、途中で偶然出会ったウィル・スミスに映像データを渡し、結局命を落とすことに。

飛んだとばっちりのウィル・スミス

飛んだ爆弾を渡されたウィル・スミス。今度は彼が政府から狙われる対象となったのです。

家には盗撮用のカメラが仕込まれ、靴や時計、ペンなどあらゆるものに小型GPSが埋め込まれ、彼の行動は丸裸。

政府の手から逃げ切ることができるのかが、本作品の楽しみといったところでしょう。

アンジャッシュのコントじゃん

最後の顛末はネタバレになるので、詳細は触れませんが、冒頭の伏線を見事に回収して、その話とこの話がくっつくのねというのがわかります。

その様子に、アンジャッシュのすれ違いコントを想起することでしょう。

とにもかくにもあっとゆう間の2時間です。ぜひご覧ください。

カテゴリー
日本映画

話が深すぎてついていけない「素晴らしきかな人生」

優秀なクリエイティブマン

会社の業績を左右するほどの優秀なクリエティブディレクター。大手クライアントの大半の仕事をこなし、彼に仕事を任せたいというクライアントばかり。1人のずば抜けた天才に会社の命運が託されていると言ってもいいほど。

けど、あまりにも1人の人材に偏るすぎるのも会社としてはリスクが大きいもの。

最高益を獲得し、全社スタッフが喜びに溢れかえっていたのが嘘だったかのように、その3年後には会社が身売りされるとは、誰も予想できなかったでしょう。

素晴らしきかな人生

子供の死が彼を豹変させることに

会社の身売りが囁かれることになったのは、優秀なクリエイティブマンが全く仕事をできなくなってしまったから。毎日会社に出社するものの、他のスタッフとのコミュニケーションを取るわけでもなく、自分の殻に飛び込み、ひたすらドミノを並べている始末。

エネルギッシュな彼はどこに言ってしまったのかというほど様変わりよう。

というのも、愛娘も病気で失ったことが大きく影響していたのです。

周りも彼の気持ちを推し量って、しばらくは彼のドミノの見過ごしていたものの、それが3年近くも経ち、かつ身売りの危機とあってはもう放置できない。

彼を立ち直らせて、身売りを回避すべく3人のスタッフが立ち上がったのでした。

素晴らしきかな人生

どっきりかよ。

彼らが考えたのは、彼が精神障害であることを気づかせるというもので、かなり手の込んだもの。

彼がよく口にしていたフレーズ時間、愛、死という抽象的な概念。それらに彼は手紙を送っていたという意味不明な行為を行っていました。

この時点で精神的にかなり来ていたのですが、本人に全く気づいた素振りはなし。

なわけで、手紙を送った先の時間、愛、死が実際に彼の目の前にあらわれて、アドバイス。その姿は彼にしか見ることができず、その様子を撮影して、彼に見せることで、精神的に来ていることを、動画を見せて気づいてもらうというもの。

時間、愛、死を擬人化して見せるというのも斬新ながら、それで彼が、それを見て信じるだろうと思う所もこれまた凄い。

素晴らしきかな人生

愛と死と時間という重いテーマ

この作品を最後まで見ると家族愛という深いテーマが、根底にあることを気付かされます。

どっきりを仕掛けた彼らも、この作戦を通して、自身の家族について深く愛や死、時間について見つめ直している感じがしますし、避けては通れないながらも、着地点を探す大変さが随所に感じられます。

最後に主役が立ち直った姿を見てぐっと来てしまいました。

素晴らしきかな人生
カテゴリー
ハリウッド

普通に弱すぎる宇宙人が切なすぎる「メン・イン・ブラック3」

人間味溢れる宇宙人

宇宙人と言えば、消えたり、飛んだり、人の心を呼んだりと到底、人間様では立ち向かえないような存在。

なのにこの映画に出てくる宇宙人と言ったら、泣くは、せがむは、命乞いはするはで、そのあまりにも弱さに

同情もしたくなる

メン・イン・ブラック3

泣くな宇宙人のくせに

今回も、親に釈放費をせがんだり、コックの宇宙人はエプロンを外されただけで泣くような始末だし、今回も親しみ感ある宇宙人がたくさん出演。

メン・イン・ブラック3

あっとゆう間の2時間

それと若かりし頃のK役をトミー・リー・ジョーンズが演じているのか、それともそっくりさんが演じているのか定かではありませんが、目元、耳の形が宇宙人っぽくて笑えます。

上映時間も約2時間とあっという間。前2作をもう一度観てみたいと思わせるほど面白く仕上がっています。