カテゴリー
スポーツ

サッカーユニホームのとんでもない儲けにビックり

FIFA汚職事件で発覚

FIFAの汚職問題で揺れるサッカー業界。自国開催を狙う各国のお偉い人がFIFAの人に賄賂を渡していたと思いきや、他にも関与を疑われているの方々も。例えばスポーツブランドの方々など・・・。

サッカー人気は世界レベル

例えば2015年の上位20チームの収入は約8430億円。前期に比べ14%と今なお増加傾向にあるとか。恐らく今なお増え続ける新興国のサッカーファンなどに支えられているかと思いますが、今なお人気を保っていることがすごいです。

ナイキの参戦

サッカーブランドとして参入したのが1994年。ちょうどアメリカでワールドカップが開催された年でブラジルが優勝した年です。そこからわずか20年余りで、老舗ブランド、アディダス、アシックスを抜きトップの座へ君臨。

ユニフォーム獲得が肝

まずはナショナルチームのユニフォーム獲得が大きな果実を得る第一歩。ナイキは2014年度の連結売上高の11%を広告・販促、選手やチームへの商品提供に投入。 ブラジルワールドカップでは、10カ国でナイキ製ユニフォームを採用。アディダス、プーマのそれをもしのぐ数を獲得したわけです。

放映権収入をしのぐ商業権収入

例えばレアルマドリードでは、ユニフォーム販売などの商業権収入が全体の42%で、放映権収入の37%を大きく上回るというのですから、いかにユニフォーム獲得がその後の商売を左右するかがわかります。

これからも続くサッカー熱

アジアの新興国では、西欧文化への憧れが強く、手の届くラグジュアリーとしてスポーツブランドが見られているようで、この先も経済の発展と歩調を合わせるかのように、サッカービジネスも拡大の一途を辿るのではないでしょうか

カテゴリー
雑感

悔しさ通り越して、無感情の境地。ブラジル敗戦

いきなりやっちまったけど・・・。

ブラジルのサッカー歴史に深い傷跡を残したドイツ戦の大敗。あの時は間がさしただけ。正気に戻ればブラジルの守備網は、そう簡単に崩されるわけがない。

と思っていたら、いきなりロッペンに破られちゃうし、開始早々の失点。まだ準決勝の負けを引きずっているのがアリアリ。

絶対王者のサッカースタイルが崩壊。

僕が本格的にワールドカップにのめりこんだのは94年のアメリカ大会。悪童ローマリオが飄々とゴールを決めちゃう。で、98年のフランス大会も、ロナウドを怪物ぶりが際立った大会だった。で、両者に共通しているのが他国に比べ頭一歩抜け出している絶対的な強さがあった。最新の戦術を持ってしても、破られちゃうというブラジルならではの強さが・・・。

roma ronaudo

ブラジルが普通の人になっちゃった感が。

で、今回のブラジル大会を振り返ると、超越感が全く感じられなかった。チリ戦、コロンビア戦、メキシコ戦も、横綱相撲というよりか、辛くも勝ちましたがプンプン。今考えると、起きるべくして起きた感じが否めない。

ネイマールはむしろ良かったかも

ネイマールが出場していたら・・・と考えてみても、結果は同じように思える。となると敗戦の責任をネイマールが負うことになる。まだ未来のある22歳に、マスコミは辛らつな言葉を浴びせ、ネイマールを潰しかねない。そのような事態を引き起こさないため、神のいたずらか、あの事故が引き起こされたかも・・・。

nymar

過度には期待しないけど、4年後は・・・

ブラジルは前評判が低いと優勝する。2002年の大会がまさしくそう。絶頂期を越えたロナウドという見方をされていたけど、終わってみれば得点王だったし。なので、次回もあまり期待されないで欲しい。てか、この惨敗具合だから、前評判も高くないだろうけど・・・。とにかくドイツ、オランダを圧倒的に凌駕する強さでぶちのめして欲しい。

そして、また超越したブラジルサッカーを見てみたい。

[amazonjs asin=”B00005V2NQ” locale=”JP” title=”ワールドカップ 5秒間のドラマ FIFAワールドカップ1974,1982,1986 DVD”]
カテゴリー
雑感

サッカー日本代表の惨敗から見る、これからの日本サッカー

少しは期待していたけど・・・

結果的にはコロンビアには惨敗したけど、僕的には行ける思いの方が強かった。というのもコロンビアは既に決勝トーナメント進出が決まり主力は温存。で、暑い会場と来れば体力に勝る日本が優位ではと・・・。

ただ、そんな淡い期待を吹っ飛ばすほど世界の壁は厚かった・・・。

2006年の時と似ている気がしてならない

2006年のワールドカップでは、中田、俊輔、稲本などなどタレント揃いで決勝トーナメント進出は確実、いやその上のベスト4も行けるぞなんて、前のめりだったのにあえなく予選リーグ敗退。

といことで、僕の期待が大きければ大きいほど、結果は悪い方向になる。だからこれから先は、過度な期待はかけないように心がける。

でも、気になる次の監督

スペインと言えばパスサッカー、イタリアはカテナチオ、ギリシャは堅守速攻など国ごとにサッカーの色がある。で、日本と言えば、パスサッカーでしょう。で、この先も、このコンセプトを通して欲しいというのが正直な所。

コロコロと方針の変わるようでは、いつまで立っても日本のサッカーは発展しない。なので、ザック続投で、よりパスサッカーを極めていって欲しかったのに・・・。

4年後のワールドカップ

今回が予選リーグ敗退ということで、初出場の1998年からほぼ順繰りに敗退、進出を繰り返している。ってことは4年後は決勝トーナメント進出となる。その時は、日本のパスサッカーが全世界で賞賛されることを期待したい。いや、期待しちゃうと残念な結果に終わるので、距離を置いて、この先の4年間を見守っていきたい。

日本選手の皆さん、本当におつかれさまでした。

カテゴリー
雑感

残業続きのリーマンでも、結果を知ることなく、W杯をがっつり観る、3つの方法

情報を一切、遮断

今回のワールドカップのLIVE中継のそのほとんどが深夜帯。ってなるとまず朝刊には掲載されないので安心だが、業務中に結果を知っちゃうことが多々ある。

w_4f4e00e77b4386dcc5ed0d83c11e2573_s

ネットであったり、夕刊、電車内のニュースなどなど。ネットについては、ホーム画面はGoogle。Yahooなら、Yahooニュースでアウト。夕刊はキヨスクが大敵。なので、視線を逸らす。で、電車内では電子広告が目に行かないよう、目線が上に行かないよう気をつけています。

録画の基本はLIVE中継

僕の場合、録画は基本的にLIVE中継にしています。LIVE中継じゃないと、あろうことか、アナウンサーが他の試合結果をポロリしちゃうことがあるんです。結果を事前に知りたくない僕にとっては、あまりにも残酷な仕打ち。なので、LIVE中継にこだわっているのです。

w_gi01a201406172000

試合観戦は倍速。

基本的にHDDに溜め込んでいるのですが、通常スピードで観ると2時間越えは当たり前。なので、視聴は倍速。1.3倍速であれば、1時間で見れちゃうので、試合観戦が捗る、捗る。

けど、通常のスピードで観ると、あまりにもプレーが緩慢すぎて、気持ち悪くなる位。慣れるのにちょいと時間が必要です。

まとめ

前回大会はダイジェストでしたが、なんか物足りない感じがして。ダイジェストには上がらない、興奮するようなプレーもありますし、次代を担う選手発掘も面白いんですようね。

という訳で、まだまだW杯期間は続きますが、寝不足にならずに、この期間を乗り切ってやろうと思う訳です。