カテゴリー
ハリウッド

全くの別物。X-MEN ダークフェニックス

これまでのシリーズ作とは異なる

X-MENシリーズはこよなく愛する僕にとっては本作品は楽しみで仕方ありませんでした。

ウルヴァリンサムライでは、大きく裏切られたので、その反省を活かして再びあのような失態はしないだろうと。

んで、今回の作品では、まだ仲の良かった若かりし頃のプロフェッサーとマグニートが登場。

が、登場人物は同じでも、これまでの作品とつながらないので、最初は混乱しました。

まず、あのカメレオンにように姿、形を変える青い肌の女性ミュータントが作中で亡くなります。将来的にはマグニチュードの下で、プロフェッサーと激しいバトル繰り広げる彼女がです。

それとシリーズ2で雪崩が仲間を救ったジーンも、本作品で亡くなってしまいます。

見終わってから、登場人物はいっしょでも、設定は違うのねということに気づきました。

ジーンは宇宙人なの?

んで、個々の能力値にも変化が。とにかくジーンが強いのなんのって。

あのプロフェッサーやマグニートでさえ、全く歯が立たないほどの絶対的強さを誇ります。恐らく地球上のミュータントの中では、NO1の強さだと思います。

というのも、ミュータントという特殊能力の他に、宇宙人ばりの能力も備わっているからなのです。

ところが残念なことに、この力を制御できない。まるで悟空が巨大猿に変身した時のように、そのスーパーサイヤ人状態の時には全く記憶がない。

違う人格が顔を出して、これが凄まじく強いのなんのって。

謎の地球外生物登場

加えて、謎の宇宙人共が登場して、さらに騒動を起こします。

自分たちの同種のジーンを仲間に引き入れて、さらに力を増そうと企むわけです。

とは言え、ミュータントが束になっても敵わないほどの、この宇宙人。さらに強くなったら地球は彼女達に侵略されてしまう。

てなわけで、将来は仲違いするプロフェッサーとマグニードが手を組んで、この地球外生物に立ち向かうことになります。

圧巻はミュータントvs宇宙人

クライマックスのミュータントvs宇宙人の戦いは必見です。まさに夢のオールスターとでも言いましょうか、宇宙人を相手に互角かそれ以上の力を発揮して、ミュータント連合優勢で戦いは進みます。

ところが、宇宙人側の女ボスが、これまた強い。

あのマグニートがまるで子供扱いされるほどの強さ。絶対絶命かと思った時のジーンの別人格が覚醒。

すんでのところで、マグニートは命を落とさずに済みました。

てなわけで、ジーンvs宇宙人女ボスの頂上対決となったわけですが、ジーンの強さは、彼女の数百倍はあるのか、全く相手にならないほどの強さ。

あらためて、ジーンはどんだけ強いだんよと驚かされましたひょ。

これ続きはあるの?

というわけで、終始混乱した状態の観賞でしたが、話としては面白かったです。

謎の地球外生物登場と新たな敵も出現し、今後のシリーズ化が楽しみでなりません。

興行的には大失敗だったようですが、個人的には次回作も見てみたいと思いました。

カテゴリー
ハリウッド

今回も過去のお話。「Xメン アポカリプス」

最近やたらと多い過去の振り返り

フューチャー&パストで過去の話に戻り、再び息を吹き替えした感じのXメンシリーズ。今回はその続きです。

今回、xmenと対峙する敵役はシリーズ史上最強と言ってもいいミュータントの始祖

ミュータントが束になってかかってもとてもかなわない圧倒的な強さ。NARUTOで言えば六道仙人と言ったところでしょう。

ミュータントの始祖とは

時は紀元前3600年のエジプト。ミュータントがとてつもなく古い時代からいたということです。これはこれでまた映画1本作れちゃうほどの設定ですが、それはさておき、王族がこのミュータントの能力を他者に移すことこで、どんどんミュータントの様々な能力を手にするというもの。

んで、能力の移し替え作業をしている時に、邪魔が入りあえなく失敗。

移し替え作業をしていたピラミッドは崩壊し、多くの犠牲を出し歴史の闇に葬られちゃいました。

が、考古学者なのかカルト集団なのかわかりませんが、この存在にいち早く気づき彼の復活を画策していた矢先に、色々と偶然が重なり彼らの手を介さずに、1980年代のこの世に復活してしまったのです。

Xメン アポカリプス

対するXメンの面々はと言えば

そんなモンスターミュータントが復活したのなんぞはつゆ知らず、Xメンの初代メンバーの若かりし頃の様子が描かれています。

目からビームを出す彼や確かXメン2で死んでしまったジーンなどなど。他にも姿を一瞬に消してしまうミュータント。

そして現役バリバリのプロフェッサーとマグニートの面々。

Xメン アポカリプス

仲間集めに奔走。ミュータントの始祖

復活した始祖は、世界の再構築を掲げ、仲間集めに奔走します。

そのウチの1人にマグニートも選ばれ、始祖より特殊能力を授かるのです。

あのハチャメチャな能力は始祖から授かったものなんですね。それはそれでXメンファンとして、テンションがグッと上がる出来事でした。

Xメン アポカリプス

で、始祖はさらに能力アップを狙い、プロフェッサーに魔の手を伸ばし、彼の能力を自分の中に取り入れようとします。

あの絶対的強さを誇るプロフェッサーをまるで子供扱いするかのごとく、始祖の力は絶対。どんどんと始祖に侵食されるプロフェッサー。これでプロフェッサーも終わりかと誰もが思った所にとんだ伏兵が現われ、プロフェッサーを窮地から救い出します。

Xメン アポカリプス

そんな潜在能力があったのかとxmenシリーズファンの人達もさぞかし驚いたことでしょう。

これは実際に観ていただいくことをおすすめします。

ちなみにXメンシリーズの主役、ウルヴァリンもちょこっと登場しますが、あくまでもエピソード的な扱いで、本編とは全くカラミません。

それにしてももう15年近くも続いている本作品。俳優さんの世代交代が進んでおり、シリーズものの大変さを伺えました。

カテゴリー
ハリウッド

久々に笑えたヒーローもの「デッドプール」

アメリカン・ヒーローは数あれど・・・

一応、Xメンへのオマージュといいましょうか、「悪いことばかりしているとXメンになれんぞ」というのが出てきます。

とにもかくにも設定からイケているのがデッドプールなのです。

デッドプール

不死身が過ぎるぜ、デッドプール

ミュータント化する過程で、とんでもない姿に変えられた主人公。命からがら研究所を脱出し、彼らへの復讐を誓います。

p不死身の身体を手にいれたデッドプールは、社会悪の根絶に勤しみつつ、組織に与する輩を次から次へと葬り去ります。

たっぷりと笑いを交えながら。そうすることで、悪の組織の大ボスに自分の存在を知らしめようとした訳です。

デッドプール

派手な頂上決戦の行方

主人公をミュータント化した悪の組織の大ボスもこれまたデッドプールに勝るとも劣らない強さ。ある意味、不死身な身体と言っていいでしょう。不死身同士が戦うものだから、これまた見ていて痛ましいというか、こいつら不死身だよということを、これでもかとばかりに見せつける訳ですから、心臓の弱い人にはオススメできません。かなりグロテスクなので。

戦いの最後は見ていただくとして、コメディタッチのヒーローものですが、戦闘シーンの演出方法もかなり先言っている感じがしますし、登場人物のセリフのセンスもいいし、いろいろな面でオススメです。

デッドプール
カテゴリー
ハリウッド

今までの話はなかったことに。「X-MEN フューチャー&パスト」

ファイナルエディションはなかったことに・・・。

ファイナルエディションで、そのほとんどが死んでしまったので、もうこれで大好きなX-MENが見納めと思ったのに、今回の作品では皆が普通に登場してくるもんだからビックリ。

ファイナルエディションとは別の話という割り切り方なんでしょうね。

この手法がOKならば、いくらでも話がつくれちゃうという期待も膨らみましたが・・・。

大まかな話はこんな感じ。

遠い遠い未来のお話から始まります。その世界とはミュータント狩りが横行するお話。そのハンターたるやどんな攻撃をも通じない完全無欠のロボット。火炎攻撃、氷結攻撃、打撃、ビーム、雷攻撃全てがじぇんじぇん効きません。

X-MEN ロボット

ならばということで、ミュータントは考えました。過去にさかのぼって、この怖い怖いロボットが存在しない世界に歴史を書き換えちゃおうと。

ただ体力的には、とってもキッツイ任務。そこで選ばれたのがウルヴァリンだった訳です。

向かった時代は1970年代。ヒッピー全盛のあの時代に降り立つのです。

1970年代の演出がサイコー

ファッション、髪型、電機製品に、クルマまで1970年代を忠実に再現されています。ニクソン役の人もチョ~似ているし、その映像を見ているだけでも十分楽しめます。

キーはカメレオンの女

X-MENと言えば、主役のウルヴァリンと引けをとらない存在感のカメレオン女。彼女が今回の映画でキーとなります。確かファイナルエディションでは、普通の人間に戻っていましたが・・・。

まぁ、それはさておき、彼女の遺伝子がロボット開発にどうしても不可欠。彼女はと言えば、その開発者の暗殺を目論み、それが結果的に殺戮マシーン誕生の遠因となる訳です。

待ったをかけに未来からやってきたよ。

この開発者の暗殺を阻止するために未来からやってきたのがウルヴァリン。ただ右も左もわからない過去に飛ばされたもんだから、まずは仲間探しを実行。プロフェッサーに会いにちびっこハウスに出向きます。

意外にイケメン、プロフェッサー

シリーズでは隙のない印象のプロフェッサー。ミュータントと人間共存の模範生といった感じでしたが、1970年代のプロフェッサーは人格者感ゼロ。お酒と薬に溺れる残念な人でした。

マグニートは相変わらず

プロフェッサーの永遠のライバルマグニートとは言えば相変わらず。仲間かなと思いきや、話をドンドンこじらせていくし、相変わらずのトラブルメーカーっぷり。

ただ彼のやらかしが作品を面白くしてくれるのは確か。

エックス マグニート

ミュータント随一の能力者だけあって、やることのスケールが半端ない。ウルヴァリン SAMURAIでスケールダウンしましたが、また昔のX-MENの勢いが戻ってきてくれた感じで見応えありました。

クライマックスが斬新

最後は過去と未来の2元中継。殺戮マシーン誕生が阻止できれば未来の世界も変わる。過去と未来が繋がっているんです。だから、過去と未来が見事にシンクロ。こういったエンディングは初めての経験だったので、結構楽しめました。

気になる新世界

てなわけで、過去を書き換えると未来の出来事も変わるわけで、今までのX-MENシリーズも、ある意味なかった話として言い切っちゃうこともできる。

X-MEN

これは、過去を書き換えた後の話ですと言えば済む話ですから。とは言っても出演者もそれなりにお年になっているので、これ以降のシリーズ化は非常に厳しいとは思いますけど・・・・。

カテゴリー
ハリウッド

最後は偉いことになっていた「X-MEN ファイナル ディシジョン」

遠い記憶で良かったー

この作品を最初に見たのは恐らく4-5年位前。すっかり記憶が抜け落ち、まっさらの状態で観れた。全シリーズを観終わってから、ファイナルディシジョンを観ると、偉いことになっていたんだというのが正直な感想。

ラストにふさわしいとんでもない展開でした。

X-MEN_ファイナル ディシジョン

ざっくりとあらすじ

シリーズ2で、敵同士だったマグニートとプロフェッサーが手を組み雪解けかと思いきや、またまた双方が激しいパドルを繰り広げる展開に。新キャラも登場し、まさに団体戦といった感じ。

えっ、あのキャラが復活?

シリーズ2で、皆の犠牲になって命を落としたジーンがまさかの復活。けど、ちょいと今までとは雰囲気が違う。ダークサイドのジーンが顔を出し、これまたミュータント最強とも呼べる特殊能力を持っているもんだから、敵味方が手を焼くという、また違った事件が勃発。

X-MENファイナル ディシジョン

早く人間になりたい・・・。

ミュータントだって、普通の人間に戻りたいという切なる願いを持っています。周りから疎外され、偏見の目で見られ、それはそれは行きにくいことでしょう。そんな願いを叶えてくれる魔法の薬が出現で、喜ぶものあり、潰しにかかるものありで、さぁ大変。

絶大なる力を持っていたのに、普通の人間になったミュータントを思うと同情せざるをえない、ちょいと胸をしめつけられる感じがしたのは私だけではないはず・・・。ラストのシーンがものすごく印象的でした。

[amazonjs asin=”B000ZJMC3O” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”X-MEN:ファイナル ディシジョン (新生アルティメット・エディション) DVD”]
カテゴリー
ハリウッド

すべてはここから始まった、シリーズ1発目、「X-MEN」

待ってましたシリーズまとめ見せ

WOWOWさんがやっとやってくれましたX-MENのまとめ放映。シリーズ2はやたらと放映していたんですけど、シリーズ1とシリーズ3がなかなか放映されないので、今回のまとめ放映はものすごく嬉しい

X-MEN 1

X-MENのあらすじ

特殊能力を持つミュータント同士が激しく戦うって話です。話が単純なので、非常にわかりやすい。悪者と言っても、根からの悪じゃなく、どこか憎めないツッコミ所満載のキュラが揃っています。

h1>特にマグニートは、ガンダムで言う所のシャアですかね、主役のウルヴァリンより、際立っている感じがします。僕の中では・・・。

弱すぎる、ウルヴァリン

シリーズ中で圧倒的に強さを誇ったウルヴァリン。X-MEN ZEROの兄貴と激しい死闘を繰り広げた面影は全くなく、オオカミ男風のミュータントに吹っ飛ばされて気絶。しまいには仲間に助けられるわで、いいとこなし。

XMEN1

アウトローなウルヴァリン

他にあれっと思ったのが、ウルヴァリンの協調性のなさ。学校で言えば、集団行動が苦手なグレた人。新参者ということもあり、構えていたんでしょうね。スコットの女、ジーンにもちょっかいだすし・・・。

それが回を追うごとに、キャプテンみたいな役回りをこなすのですから、人間ってのはわからないもんです。

X-MENお初ならいいかも

この作品、時系列にならべて観るよりも、公開年度で観る方をお勧めします。というのも、演出が回を重ねるごとに迫力が増すから。ハッキリ言ってシリーズ1は他の回と比べると見劣りします。悲しいですけど・・・。

カテゴリー
ハリウッド

シリーズ中最高かも。「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

X-MENを追い求めて

X-MENシリーズにはまったのは、X-MEN2。基本的に観たらすぐにHDDレコーダーから消去するんだけど、いつかWOWOWで放映されるだろと思い、しばらくの間、保存。で、ようやく2014年8月にシリーズまとめて放映ということで、やっと通して観れるました。

xmenzero01

ウルヴァリンの過去が明らかに

思い返せば、X-MEN ZEROにつながる伏線は、X-MEN2の時のラストにあった。悪者のボス、ストライカーが、お前の過去を知っているだなんだってわめいていて、その彼が、今回も敵方の大ボスとして登場。相変わらずの悪物ぶりで。

最初は普通のミュータント

特殊能力を持つ、ウルヴァリンみたいな人達を作品中ではミュータントと呼んでいます。ワンピースで言う「ゴムゴムの実」みたいなもんです。で、ウルヴァリンはウォーズマンみたいなベアクローがニョきっと出ちゃう特殊能力。これがストライカーの手により、全身を超合金化したもんだから、さらに強さが倍増。向かうところ敵なしの圧倒的な強さを発揮。観いていて爽快。

クライマックスで判明。ウルヴァリンの秘密。

クライマックスは兄弟力を合わせてとてつもない強敵を相手に戦うわけですが、この戦闘シーンがやばすぎ。ますはセットのスケール感が半端ない。んで、クライマックスにはX-MEN1につながるシーンが2つほど。ひとつはウルヴァリンがどうして記憶を失ったかが判明されます。

xmenzero02

X-MENシリーズを楽しむなら、ジェネレーション、ゼロ、1、2、3の順をお勧めします。

出演 : ヒュー・ジャックマン,リーヴ・シュレイバー,リン・コリンズ

カテゴリー
ハリウッド

がっかりだよ。「ウルヴァリン: SAMURAI」

ウルヴァリンも老いには勝てない

X-MEN ZEROからの、ウルヴァリン:SAMURAIの観賞だったので、その弱さが際立ちすぎて、なんか幻滅。X-MEN ZEROの兄貴との人間離れした戦いを観た後だけに、生身の人間相手に苦戦しているウルヴァリンの老いが観ていて、痛々しい。

xmen01

なんか生活感丸出しの空気感

過去のシリーズと観らくべて、何と言うか、安っぽい感じがどうも払拭できない。軍用機相手に墜落させちゃう映画ならではの迫力のシーンが過去にはあったのに、今回はヒロインをヤクザにさらわれ、しかも取り逃がしちゃう。それも人気のない田舎の港。クルマは普通の日本車。ザ、ハリウッドって感じがないんですよ。予算を絞られた邦画を見ている感覚。

xmen02

ヒロイン役もどーよ。

SAMURAIだけに、日本が中心。役者も日本人多数。中でもヒロイン役のTAOが、どうもしっくり来ない。気持ちが入りすぎているのか、ちょっと大げさすぎでは・・・。といった感じ。どこか興ざめしてしまう。極めつけは元婚約者の彼。日本語雑すぎる。英語の方が良かったよ。

tao

ストーリーの厚みはさすがっす

今まではミュータントや凄腕の人間などシリーズごとに敵方も個性が強く、クライマックスが楽しみって感じだった。で、今回は二転三転と敵方が変わります。3回位切り替わるかな。ヤクザに、身内に、最後はえっ、この人がって。話の展開は面白かっただけに、演出がしょすぎるのが残念でならない・・・。

出演 : ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ

カテゴリー
ハリウッド

呉越同舟、X-MEN2

スケール感が半端ない。

スパイダーマンやスーパーマン、バットマンなどのコミックヒローを扱った映画は数あれど、物語の奥深さという点では、一押しの同作品。これが結構深いんですよね。

最初は、いいものと悪者の単純な物語と思いましたが、さにあらず。

もっと深いテーマがあって、特殊能力を持つミュータントと人間が共存できるかという、ガンダムで言えば、ニュータイプと人間とでも言ったところでしょ。

だから、悪者側のボス、マグニート君。僕のなかではシャアと呼んでいますが、彼にも彼なりになぜ、ダークサイドに傾いたのかが別のシリーズで描かれています。

第二作品目と言えば。

敵、味方に分かれていたプロフェッサーX率いるいい者と、マグニート率いる悪者が共に手を組み、ミュータント狩りを目論むストライカーと死闘を繰り広げます。

それは特殊能力をもった人間を相手にするのですから、結果を見えたも同然ですが、結構どっこいどっこいの戦いを繰り広げ、ラストまで楽しめます。

X-MEN2

とりあえず時系列で一度通しで見たい。

X-MENシリーズは、よくあるシリーズ物のご多分にもれず、過去のエピソードを描いたものがたくさんあります。

ので、一度、時系列並べて見直せば、さらにのめりこむこと間違いありません。

[amazonjs asin=”B008UP1PGK” locale=”JP” title=”Marvel Select(マーベルセレクト) Magneto (マグニート) フィギュア”]