考古学者ではありません。旅人です「アラビアの女王 愛と宿命の日々」

初めて知ったよイラクの建国の母?

自称旅人と語るガートルード・ベルの生涯を描いた作品です。彼女がなぜ、アラビアの女王と呼ばれているかって言うと、イラクとヨルダンの国境線を引いて、イラク建国の立役者だから。

あのフセイン亡き後、混乱極めるあのイラクの建国に、イギリス人女性が関わっていたというのは驚きです。

アラビアの女王

オスマ帝国という響きにピクリ

この作品で描かれているのが20世紀初頭。第一次世界大戦前夜から終結まで。日本で言えば日露戦争に勝利した頃です。

中東情勢はと言えば、長きに渡りこの地を治めていたオスマン帝国の統治能力はほとんどなく、領土も隆盛を極めた時代から比べると恐ろしく縮小。代わってイギリスやフランスが植民地統治を目指している頃。

つまり、力を持った統治者が不在。というわけで、部族間の抗争が激しさを増すカオス状態でした。

アラビアの女王

時には危険な旅もあったけど

そんな危険極まりないカオス状況の中、砂漠に魅せられた女性ガートルード・ベルが現れます。

現地スタッフを雇い数匹のラクダと共に砂漠の旅に出ます。

砂漠に点在する部族長に会い、その部族の文化などに触れ、中東情勢の情報をより深めていきました。

時には、命の保証はないと言われる危険極まらいない部族との接触も恐れることなく、毅然とした態度で接触し、むしろ部族長からはリスペクトされるほどの成功をおさめます。

このように危険を顧みず、旅を進めていく中で、いつしか彼女の評判は中東内に広まり、逆にアラブの賓客から「あなたに会えることは光栄です。」と言われるほど、彼女の評判は広まっていったのです。

当初、そんな彼女の行動を煙たがっていたイギリス軍も、彼女の評判が高まっていくと軍の諜報部隊に勧誘。

が、自称旅人と語るガートルード・ベルは、きっぱりとお断り。あくまでも個人の趣味で活動しているものであって、軍のためにしているものではないと。

アラビアの女王

それにしても昔からカオス?

フセイン死後、混乱が続くイラク。様々な部族の利害関係が錯綜して、なかなか統一国家としての形が進まないといった印象を受けます。

で、この部族間抗争、昨日今日の話ではなく、20世紀初頭から変わらず、100年以上経つ今もなお続いていることに驚かされましたね。

本作品の冒頭でも、この抗争は1000年以上も続くとも言われ、誰も統治したがらないというのは、わからないでもない話かな。

今後の中東情勢をより良き方向に進めていくにには第二のガートルード・ベルの出現が待たれます・・・