カテゴリー
日本映画

大人のガンダム。「ガンダムサンダーボルト シーズン1」

時は1年戦争後すぐ

ア・バオア・クーの戦いを経て幕を閉じた1年戦争。その数年後の世界を描いた同作品。ファーストガンダムのザク、ドムなどが登場してファンにとってはたまらりません。

戦場はジオン公国のサイド4周辺の宙域で、地球連邦とジオンが激しい戦いを描いています。

ガンダム サンダーボルト

スナイパーというキャラが新鮮

今までのガンダムですと、互いに隊列を組み、敵兵を相まみえるというものでした。ファーストガンダムでアムロが次々と襲いかかるリックドムを撃破していきたように、互いの距離は近くライフル、接近戦ではビムサーベルと縦横無尽に動き回る戦闘シーンはモビルスーツによる一般的な戦いでした。

サンダーボルトでは、スナイパーというキャラが新たに登場。レーダーに映らないのにスナイパーからは丸見え。

予想もしなかった方向からバズーカー砲が飛んできて、気づいた時には撃ち落とされていたということも。

戦争映画にも、腕利きのスナイパーは重宝され、相手側から恐れられる存在。それまでの動の戦いから静の戦いとなり、激しい動きはないものの、それはそれで戦争のリアルさを感じさせ、かえって見応えがありました。

そのスナイパーが、ジオンの義足の男でかつイケメン。地球連邦から恐れられる存在だったのです。

ガンダム サンダーボルト

ヒール役の地球連邦のパイロット

アムロとシャアという敵味方ライバルという関係が、サンダーボルトにも登場します。

ジオン軍ではスナイパー役のイケメン。対して地球連邦はガンダムを操る、オラオラ系の冷徹な男。

今までは地球連邦側が優等生で、ちょっと癖の強いキャラがジオン軍でしたが、この作品では全くの逆。

この地球連邦のパイロットが、とにかくヒール。勝敗が決したのに、相手方のパイロットを銃殺したり、やりたい放題。相手を挑発するような暴言を吐いたりと、とにかく今までの地球連邦の軍人とは異なるキャラで、かなりの際立ちよう。

ガンダム サンダーボルト

表情が豊か過ぎるのがかえって怖い

キャラクターデザインも、それまでのアニメ、アニメしたタッチから劇画風となり、全体的に話の重さを増長している感じがします。

戦争の怖さ、残忍さがヒシヒシと伝わってくる感じがして、まだ未成年の若者がモビルスーツに乗り込んで、ジオンにまだまだと倒されていくシーンは、アニメなのに気持ちが暗くなる感じがしました。

ガンダム サンダーボルト

大人すぎるぜ、サンダーボルト

てなわけで、ちょっと現実っぽい作風に、やっぱりアニメ、アニメしたガンダムの方が僕には合っているなと。てなわけで、ファーストガンダムを見て、心の浄化をしてみた次第です。

カテゴリー
日本映画

もう一つの1年戦争。ガンダム08小隊

アムロとシャアの戦いはメインの戦場

ファーストガンダムで描かれた地球連邦とジオンの戦いは、あまたある戦場の中の一つというのが、この作品で知りました。

宇宙から地球に行きジャブローでの戦いを経て再び宇宙へ。ジオンの主力と地球連邦の主力が戦いが描かれ、ア・バオア・クーの戦いで、1年戦争は終結を迎えました。

一方で、この部隊とは別に地球でも、地球連邦とジオンによる攻防が繰り広げられていました。

地球連邦のとある小隊とジオン軍で名家と呼ばれる家系が率いる部隊です。

ガンダム08小隊

個ではなく組織での戦い

ファーストガンダムでは、アムロの超越した働きだけが目立ち、ガンタンク、ガンキャノンの働きはイマイチ。ガンダムをサポートするというのが名目ですが、どちらかと言うと足をひぱっていたという印象。

飛び抜けたパイロットがいると、組織として戦うのは難しいものです。

08小隊では、互いに無線で連絡を取り合いながら、ジャングルでの攻防が中心。木々が隠れ蓑となり、戦いは困難を極める状況。ので、組織で当たらないと戦いを勝利に導くことは難しい。加えてアムロばりのスーパーヒーローがいないとなると、手に手を取り合って戦うしかないのです。

レーダーを見ながら、あるいは音を頼りに敵兵をキャッチしていく様子は本物戦争さながら、見ていて緊張感があります。

ガンダム08小隊

よりリアリティな戦争作品

ファーストガンダムは、どこかアニメの世界という感じがして、現実とかけ離れていて、それはそれで楽しく視聴できました。

08小隊では、より現実に近い設定で、リアリティを感じさせてくれます。

地球連邦ってこんなに人がいたんだという位に、たくさんの人がこの戦争に参加。

それと戦争で、いつ死ぬかわからないという恐怖感もひしひしと伝わってきます。

何よりも、モビルスーツが本当の意味で、人の代替えとして登場している所。組織だったモビルスーツの部隊は、まさに人によって構成された部隊そのもの。

どこか戦争の怖さを知った感じがします。

ガンダム08小隊

往年のキャラが躍動。

ファーストガンダムで、人気のモビルスーツ、ザクやドム、そしてグフが装いも新たに登場するのはファンとしてはたまりません。

より重厚感があって、精密感ある絵がたまりません。機関銃の音も、重みがあって、本物さながら。

ファーストガンダムのときよりも勇ましいザクに出会えるのは必見です。

この作品のオリジナルモビルアーマーの巨大な兵器も、これまたとてつもない存在感を放ち、これ1機で地球連邦を凌駕しちゃんじゃない?的な迫力もありました。

ガンダム08小隊
カテゴリー
日本映画

機動戦士Zガンダム前にこんなドラマが・・・「ガンダム0083」

アムロが脱出した陰でもう一つの物語

ガンダムの最終決戦の地、ア・バオアクーから物語はスタートとファーストガンダムにはたまらない設定。アムロが命からがらコアファイターで脱出した陰で、ジオンの残党もこの難を流れ、地球へ脱出。そしてファーストガンダムの0079年から3年後の0083年に、デラーズ・フリートという名前を変えて再び連邦の前に立ちはだかるのです。

ガンダム0083

その思想は、ギレン・ザビの銅像を飾られていることでもわかるように、ジオンの再興が狙い。

とにかく地球連邦の悪行を正すという、これまた彼らなりの正義で地球連邦に戦いを挑みます。

ガンダム0083

ガンダム同士の戦い

組織がまだ新しいだけに資金力だけに乏しい。なので、地球連邦からモビルスーツを盗んでやろうということで、ガンタンクでもなくガンキャノンでもなく、ジムなどの雑魚キャラではなく、何とガンダムを奪い取るという大胆な行動に出ます。

しかも、そのガンダムはファーストガンダムよりも性能は上。さらにパワーアップしたもので、ものの見事に地球連邦からガンダムを奪い取ることに成功。

こうして、自分達にとって最高傑作であったモビルスーツを奪われた地球連邦とデラーズ・フリートとの戦いの火蓋が切って降ろされたのでありました。

地球連邦側にも、性能の劣る2号機ガンダムが残っていたので、ガンダム同士が敵味方に分かれて戦う姿は斬新です。

ガンダム0083

ジオンの再来、コロニー落とし

彼らが奪っったガンダム、これが核兵器を積んでおり、とんでもない破壊力を有する事が判明。地球連邦の観艦式では、数百台に及ぶ艦隊をガンダム1台の核弾道バズーカーで瞬殺。

戦況が一気にデラーズ・フリートに有利に。

が、この派手な戦いを仕掛けた陰で、デラーズ・フリートの真の作戦が動き出していたのです。

それが、あのジオンもやらかしたコロニー落とし。地球にコロニー落とすことで地球連邦の息の根を止めてやろうと画策していたのです。とんでもない輩達です。

ガンダム0083

zガンダムのキャラがチラホラ。

デラーズ・フリートのこの八面六臂の活躍の中で、中立を保ちつつ、頼もしい援軍が現れます。

zガンダムで、敵役となる、あのハマーン・カーン率いるアクシズが。

まだ戦力的には小さいもののの、とてつもないモビルアーマーをデラーズフリートにプレゼントするなど開発力の高さが伺えます。

地球連邦には、あのティターンズのジャミトフ閣下も登場。まだ地球連邦に属していますが、この戦争終了後、あの憎きティターンズを誕生させるのです。

ガンダム0083

まとめ

ファーストガンダムとzガンダムの間を埋めるストーリーとなっており見応え充分。往年の人気キャラ、ザク、ドムなども登場し、気持ちが上がること間違いなしの作品です。

ガンダム0083 ガンダム0083
カテゴリー
日本映画

いよいよ開戦。「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」

人気があるんだなと実感

Amazonプライムで、シリーズⅣまで無料視聴。回を重ねるごとに面白さを増し、自分の中では久々の没入できる作品に巡り会えることができました。

続けざま、シリーズⅤを視聴しようとした所、有料。しかも1000円だと。1000円はあまりにも高いと思い、ゲオやツタヤのネットレンタルを調べた所、まだ貸し出しもされておらず、これから貸出をしますよとのこと。

てなわけでレンタル開始まで指折り数える日々を過ごし、解禁と同時にレンタル予約をしたものの、待てど暮らせど貸出中。一向に借りられる気配なし。

ツタヤでレンタル予約をして、2週間位過ぎてからでしょうか、ようやくレンタルできることに。ツタヤの人気ランキングでも上位になるなど、本作品の人気の高さが伺えました。

ガンダムオリジンⅤ

いよいよ開戦

シリーズⅤは、地球連邦軍とジオン公国の開戦が描かれています。互いにくすぶっていたものが一気に爆発。てか、ジオンがかなり挑発的な態度に出ていたというのもありますので、なるべくしてなったといった方が良いでしょう。

開戦に踏み切ったのも、これからの戦争の形となるモビルスーツの量産に目処がついたから。

ジオンの電撃的攻撃は凄まじく、地球連邦と艦隊に砲撃を開始するや、グラナダを占拠。

戦争は初動が大事とばかりに戦線を一気に拡大するジオンに対し、不意を突かれた格好の連邦軍。

初戦はジオンの圧勝と言ってもいいでしょう。

ガンダムオリジンⅤ

とにかくリアリティ感が半端ない

ファーストガンダムでは、どこか浮世離れした話でアニメと割り切って観ていました。

オリジンでは、戦争につきものの市民によるデモとそれを阻止しようとる国家など現実の社会で起きている出来事も盛り込まれ、どこか現実的。

ガンダムオリジンⅤ

それがガンダム オリジンの魅力と言ってもいいでしょう。

そして、極めつけはモビルスーツを新たな戦争兵器として登場させる点。

戦車、飛行機、戦艦、その延長線上にモビルスーツを置くことで、これは戦争なんだということに気付かされます。けっして、ロボット同士との戦いという甘いものではないのだと・・・

シャアがかっこよすぎる

この開戦をきっかけに、シャアの代名詞と言える赤い彗星が生まれるのでしょう。

100隻近い地球連邦の戦艦から放たれる砲弾をスイスイとすり抜けて地球連邦軍を壊滅させてしまうのですから、あらためてシャアという人間を超越っぷりの凄さを実感しました。。

おそらく、この戦いの様子がシリーズⅥで描かれていくのでしょう。

レンタル開始前に、今度は劇場に足を運んで観ちゃうかも。そう思わせるほど、この作品はガンダムファンにとっては最高の作品だと思います。

ガンダムオリジンⅤ
カテゴリー
日本映画

こうゆう作品もっと欲しい「ガンダムF91」

ファーストガンダムから数十年後の未来を描く

ファーストガンダムが大ヒット後、その後の世界を描いた作品と言えば、時系列に並べるとZガンダム、ZZガンダム、逆襲のシャア、ガンダムucかと。逆襲のシャアは怪しいですけど、ミネバ様の成長に合わせると、こんな感じだと思います。

といった感じでファーストガンダムの世界を引き継ぐ作品というだけで、観たいという興味を高まります。

今回のF91 も、その流れに沿った作品の一つ。とは言っても、かなり未来の世界のようで、ザクやらゲルググが博物館で展示されているという設定は、ファーストガンダムファンとしては、ちょっとした興奮を覚えました。

ガンダムF91

メカニックデザインも斬新

ジオン軍のモビルスーツデザインは、ザクに代表されるように目ン玉が一つですね。あれがある意味、アイデンティティとなっていたわけですが、今回の作品では目ン玉は2つ。ダースベーダーチックにはメットをかぶったモビルスーツで、これはこれで凄みがあって、デザイン的にも優れている感じがしました。

ガンダムF91

キャラクターデザインはちょっと・・・

キャラクターデザインは安彦良和さんになっていましたが、主人公と恋人役がどうも個人的にはちょっと・・・って感じでした。

安彦良和さんの柔らかいデザインタッチが感じられずで、特に主張しすぎる目元がどうも・・・・。そこでま大きくしなくても十分だよと。もう少し小ぶりにすれば柔らかせも出て良かったのにと。

ガンダムF91

ファーストガンダムをなぞっている所がいい

ファーストガンダムファンに向けてなのか、このシーンはファーストガンダムのあれかと思わせるシーンは懐かしさもあって見応え充分。

主人公がガンダム初乗りなのに、敵方のモビルスーツをバッタバッタと倒していくシーンは、アムロが初めてガンダムを操縦してザクを倒してしまうあのシーンを思い出させてくれます。

ガンダムF91

そして、本作品の肝とも言えるジオンに代わる敵方のボスの暴走。ファーストガンダムではギレンが暴走して、実の父を死に至らしめるという信じがたい行動に出ます。が、天罰だとばかりに妹にあっさりと殺されてしまうのですが・・・

で、F91でもアホ息子が、父に黙ってとんでもない事をしでかします。

権力を手中に収めると人はとんでもない暴挙に引き起こすのだなとシミジミと感じましたね。

ガンダムF91

続きが見てみたい。F91

本作品、敵方のボス撃破して終わるのですが、十分続きがあっても良い作品かと。

敵方の切れ者パイロットが残っていますし、ボスの息子も健在ですからね。息子をボスにして、再興を狙うというのもありえますし。十分、次作を見てみたいと思わせるほど見応えありの作品でした。

カテゴリー
日本映画

何となくわかった気がする「ガンダム 逆襲のシャア」

シャア・アズナブルに魅せられて

主人公アムロよりも今も高い人気を誇るシャア・アズナブル。ファーストガンダムでは、アムロの良きライバルとして、熱いバトルを繰り広げていました。

巨人の星で言えば花形満、キカイダーで言えばハカイダー、NARUTOで言えばサスケ。ライバルはとかく主人公を凌ぐ人気を誇ることがありますが、シャアの場合は、その飛び抜けた方は別格。

その魅力と言えば、漂う哀愁、悲劇のヒロインといった感じでしょうか。親をザビ家に殺され、その復讐を達成するために緻密に計算された策謀の数々。

切れすぎのオツムとうろたえることなど知らない冷静沈着な態度にどこか惹かれてしまいます。

で、本作品は、ザビ家打倒を達成し、ネオ・ジオン総帥として、ある偉業を完遂させようという話。

あまりの大きな話なだけに以前観た時は全くのチンプンカンプン状態でしたが、今回は少しは、その内容を理解したつもりでいます。

逆襲のシャア

ニュータイプが未だにうまく消化できない

と、その前に世間を大いに騒がせた、あのワード、ニュータイプという言葉が頻繁に登場します。

ニュータイプとは第六感を持ち、モビールスーツの操縦に長けている人を指します。その能力が先鋭化した人は、手足ではなく脳波でモビルスーツを操縦してしまう。念じれば、機銃が勝手に敵に向かってビームを発射するというもの。

生まれながらにこの能力を持ち、後付でこの能力をつけたのが強化人間。が、ニュータイプの能力には遠く及ばないという悲しい現実があります。

で、ニュータイプとはなぜ生まれたのか、それを人間の進化だと、シャアは言います。

スペースコロニーで生まれた人間は生まれながらにして宇宙で、地球を全く経験していない。で、この生まれながらにして宇宙で人間的成長を送ることで、思わぬ力を備えることができるのだと。

ならば、この先、宇宙に行くことが当たり前となり、スペースコロニー的な建物の中で暮らすようになると、人間はニュータイプになれる可能性もあるわけです。

念じただけでお湯が湧かしたり、テレビをつけたり、エアコンをつけたり。はたまたペットと意思疎通を図ることができたり。

とは言うものの、全ての人がニュータイプに慣れるわけではなく、一部の人だけが覚醒できるというのです。

逆襲のシャア

シャアの野望とは何だったの?

現実的で、客観性がありバランス間隔に優れた人、それがシャアだと。そう僕の中のシャア・アズナブル像でしたが、本作品では、どこか主観的で、理想主義者に見えて、「どうしたったんだ、シャア」というのが正直な感想です。

隕石を落として地球を浄化させて、粛清するって。そんな事したら、宇宙に住む人も困るであろうにと・・・

で、この遠大な計画は失敗は終わるのですが・・・。この続きがあればぜひ観たいです。

逆襲のシャア
カテゴリー
日本映画

何度見ても難しすぎる「ユニコーンガンダム」

話はZZガンダム後のお話?

ファーストガンダムからZガンダム、ZZガンダムの順を追って話はそれなりに頭に叩き込み、ユニコーンガンダムを鑑賞。

というのも、このユニコーンガンダムは一連の話の最終章という位置付けだったから。

けど、これが何度見返しても話が入ってこないばかりか、話が複雑すぎて僕レベルでは理解に一苦労でした。

ユニコーンガンダム

僕的理解はこんな感じ

地球の人口が増えすぎたので、宇宙にコロニーを作って、そこに人を住まわさせる。てなわけで、コロニーがいくつも出来ました。

そうこうしているウチに、宇宙に追い出されてしまった人は地球からの独立を宣言するようになり、それを声高らかに主張したのがジオンでした。

で、コロニー落としなる暴挙を起こし、地球連邦とのガチンコ対決がきっておとされ1年戦争が起きました。

ジオンのコロニー独立の夢は潰えたに見えましたが、その後はネオ・ジオンという形で、その想いをつぐモノたちと地球連邦は再び戦うことになるのです。

で、今回そのネオジオンと地球連邦の戦いを描いたのがユニコーンガンダムなのです。

ラプラスの箱を求めて・・・。その在処を両者が血まなこになって探すわけです。

それを持つことが、今後の戦況を有利に進められるという訳で・・・。

ユニコーンガンダム

ニュータイプもさらに進化

ファーストガンダムのアムロが超人ばりの能力を発揮して、バタバタとジオンのモビルスーツを倒しました。

彼は確かに別ものですが、そもそも人間とは種類の異なるニュータイプというある意味の人間の進化系だったんですね。

その後のガンダムシリーズの主役もニュータイプと呼ばれていましたが、ユニーコーンガンダムの主人公は、さらに斜め上を行く能力の持ち主。

身体全体から緑のオーラーを発散して、モビルスーツと同期して、違う形に変形させてしまうというもの。

ニュータイプの進化系とも呼べる存在に発展したのです。

ユニコーンガンダム

ミネバ様がいいもの

ファーストガンダムから出演中のミネバ様の立ち位置も興味深いものがあります。

ファーストガンダムからZZガンダムはザビ家の末裔ということで、悪者のように描かれていました。というか、何も知らないミネバ様は何てかわいそうな時代に生まれちゃったのと同乗してしまう向きもありますが・・・

それがユニコーンガンダムはどちらかと言うと良いもの。

ネオ・ジオンの考えをばっさりと否定し、平和を願う人として描かれているのです。

ってことは、ジオン公国で掲げた独立が正しいことだったということにも繋がる感じがして・・・。

けど、ネオ・ジオンのやり方はよろしくないと言っているし・・・。最後まで自分の中でうまく咀嚼できずじまいでした。

[amazonjs asin=”B071JNCT1N” locale=”JP” title=”RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル”]
カテゴリー
玩具・キャラクター

ガンプラでお世話になった「おもちゃ屋の今」

ガンプラ全盛期はたいそー羽振りが良かったでしょー

ガンプラ全盛の時にお世話になったおもちゃ屋。「来週あのお店にドムが入荷するらしい」、「あのお店で1/144の旧ザクが見た」とか。急いで友達とかけつけたら、既に売り切れということで、泣く泣くおもちゃ屋をあとにしたあの日。が、今では、そんな光景も見られないと思うと残念に思えてなりません・・・。

ガンプラ

玩具屋の市場規模 7000億円と言われてもピンと来ない

そもそもおもちゃ屋さんがピーク時からかなり減っているようで、1996年に6171店あったのが、2005年には3148店と半減。確かにその前兆はありましたよね。街のおもちゃ屋ではなく、大資本の入った系列のおもちゃ屋。例えばハローマックとか・・・。当時、週末はイベントづくして、高橋名人が来るって、クラス中の話題になったこともあったかな。

ハローマック

勢いが落ちても、簡単には転ばないたくましさ。

市場規模が7000億円前後はここ最近の傾向。よく持ちこたえているというのが市場の見方だそうです。それもたゆまぬ企業努力のたまもの。トレーディングカードなんかは市場規模の1/7を占めるというのだから大健闘しているみたい。僕の時代にはなかったので、何がそこまで、子供達を虜にさせるのか、全くわかりませんが・・・。

TREDING

ネットの影響モロかぶり

店舗数の減少の大きな要因と言えばネットだそうです。本屋、レコード屋をすぐ連想しますが、おもちゃ屋にとってもかなり深刻みたいですね。友人がamazonで子供のクリスマスプレゼントを買ったという話を聞き、便利になったとは思いましたが、その反面、悲しい現実もあるんだと痛感した次第どす。

日経ビジネス no.1724より