カテゴリー
飲料食品メーカー

高いアルコール度数が売れ筋とは・・・

最近やたらと耳にします

一昔前にアルコール度数の高い第3のビールが各社から一斉に発売され、ダイエットの次はコレかと。

ビールメーカー各社の消費者を飽きさせない努力はすごいなと感心しました。で、ストロングの波は下火となったと思ったら、ここ最近電車の中吊り広告でやたらと目にする機会が増え、あれっ、再ヒットしているのかと。

それもそのはず、この現象、酒税法改正も少なからず影響しているようで、今の世相を反映しての結果のようです。

ビール

酒税法改正とは

こちらの法律、行き過ぎた値引きをあらためて適正なお値段でビールは売りましょうというもの。

今までは店側に値引きの原資となるインセンティブをやや大盤振る舞い気味に渡していたのをセーブせざるを得なくなりました。

これによりビールの値段が1割以上も増えたお店も。大安売りで、客引きのトップランナー、ビールが使えなくなったのです。

ビール

第2の客寄せパンダ、焼酎系

客引きの力強い助っ人、ビールを失ったお店が打った手は、焼酎を第2の客引き助っ人に育てましょうとういうもの。

ビールと異なり、インセンティブの規制が緩い。てなわけで、安売りの目玉にしやすいとう利点があります。

で、焼酎がグイグイと売れ始めているわけですが、牽引しているのは度数高めの焼酎。

安くて、簡単に酔えるお酒が人気だそうです。

焼酎

そして度数高めの第3のビール復活

てなわけで、酒税改正法以降、第3のビールでさえ苦戦を強いられ、それまで第3のビールをこよなく愛していた方々は焼酎に流れていきました。

しかもアルコール度数高め。第3のビールよりも圧倒的に安く、しかもすぐ酔えるという訳です。

という訳で、焼酎に流れた消費者を取り戻そうと、度数高め、ストロング系のビールが各社から再び一斉に発売されることとなったのです。

アルコール度数8%って、それってビールなの?と疑問に感じる商品もありますが・・・

周りのお友達もその傾向が強いですね。お家での晩酌は一杯目はビールで、2杯目は氷結。とにかくお酒代を節約しようと涙ぐましい努力をしている人が多いですから。

ビール

すぐ酔えるというニーズ

焼酎に流れるのも、100円を切る価格が魅力というのはあったと思います。

ただ次第に、価格以外の何かを魅力となったら、すぐに酔えるに行き着いたんでしょうね。

次のトレンドは美味しく酔えるというトレンドが来るのでは?翌日残らないのは、ちょい高めのの焼酎ですからね。今後そこが争点になってくるかもしれません。

カテゴリー
飲料食品メーカー

ビール販売から見るやっぱりデフレ感

円高基調で景気後退か

2016年を振り返るのはまだ早いですが、一貫して景気は下降気味といった感じ。

円高が進み株価も下落。一部上場企業の中にも下方修正を余儀なくれる所も多く、嫌な空気が流れいます。ここ2-3年の景気の良さにデフレ感は払拭されたかと思いきや、消費に関しては未だ財布のひもは硬いまま。

特に日常的にお世話になっているビールに関しては、その傾向が顕著。

てなわけで、ビールにまつわる今時の事情から日本の景気を見てみました。

ビール

第三のビール堅調

デフレじゃんと思うのは、第三のビールが未だに堅調に売上を伸ばしている点。

話題になってからと数年近く経っているのにもかかわらず今年も順調に売上を伸ばしています。

アサヒビールのクリアアサヒが対前年9%増加。サントリーの金麦が3%増、サッポロの麦とホップが7%増と各社対前年超え。

この結果を見るに、消費者の財布のヒモは未だに固いとも言えます。

かく言う自分も、毎日第三のビールを飲んでいますから、わからないでもありません。

ビール

対するビールはと言えば

お家では、久しく口にしていないビール。

こちらは逆に売上減少が目立ちます。

そもそも売上構成の半数が飲食店だとか。

その頼みの綱の飲食店も対前年比の売上高が4%減少。客単価も3%も3%減。

これではビールが落ち込むのも無理はありません。

最近では、ビールではなく発泡酒をビールと言ってお客に出している店もありますしね。

飲食店もデフレには勝てない様子です。

が、お客の立場で物申せば、家飲みじゃないんだから、ビールを出してくれよ。

少しは非日常感を味あわせてくれよと思うのが本音です。

ビール

舌が退化?

発泡酒が出た頃は、こんなのビールじゃないって否定していた僕ですが、次第に舌も慣れていき箱買いで発泡酒を購入。

それからと言うもの、味のこだわりがなくなったのか、第三のビールにてを伸ばし、今では韓国製のやっすい第三のビールに大満足。

キリンラガーのあの苦味が大好きだった自分が、今ではウソのように感じます。

ビール

置かれた場所で咲きなさい

第三者的目線で見ると、落ちぶれ感が半端なく映ります。

昔はビールに5000~6000円使っていたのに今では、その半分ですからね。

が、そこには惨め感などは一切なく、第三のビールでも大満足。我慢を強いられている感じもしません。

収入が頭打ちなのに、出費は昔よりもかさむライフステージだけど、何とかやりくりできちゃう自分。

頭で考えるよりも飛び込んでみればなるようになるという事を遠からず感じた次第です。

何か新しいことを始めるのに、何かヒントを与えてくれるようなネタでした。

カテゴリー
飲料食品メーカー

この先どこに向かう、第三のビール

第三のビールでもアリ

まだ第三のビールが世にない頃、キリンラガービールの愛飲者でした。350mm缶6本入りで確か600円前後だったような気が・・・。

今にしてみれば、収入もさほどないのになんて贅沢なこと・・・。しかも、発泡酒はお口に合わないと生意気なことをのたまう始末。

が、収入がさらに落ち込み、やっと気づきました。アパート暮らしのくせにベンツに乗っちゃっている的な背伸びしている自分を。

で、第三のビールを始めて口にしたら、コレが結構、アリな味に自分でもビックリ。それからというもの国産の第三のビールを色々試し、辿りついたのが、韓国産の第三のビールでした。

家計に優しいお値打ち感

この韓国産の第三のビール。なんと350mm缶6本入りで500円前後とかなり格安。しかも味も自分好み。ここ3年ほどはブランドスイッチもなくこの韓国産ビールにお世話になりっぱなし

たまーに飲み会の席で、ビールを飲んでも、特別おいしいという気も起きない。

自分の舌が相当バカになったのか、はたまた第三のビールのクオリティが高いのか判断はつきかねますけど・・・。

のっぴきならない価格改定

そもそも第三のビールが安いのは税率が低いから。ビールの税率が最も高いのは知っているけど、発泡酒に対しては1.6倍、第三のビールに対しては約3倍だそうです。

仮にビールの税率を30円とすると、第三のビールは約10円。ビールの値段にとって、20円の差は物凄い大きい。24本換算では480円。第三のビールの約4本分に値します。

が、2016年以降、お国の方では、この酒税を1本化しようという話がなされています。ビールの税率を下げて、発泡酒、第三のビールの税率を引き上げようというもの。

となると、第三のビールの魅力でもある「安さ」というものが殺がれてしまい、家計に重く負担がかかることは必至。

メーカーも着々と準備を進めてます

安さの代わりとなる価値をつけないと第三のビールの存続が危うい。ということでビール各社は考えました。新しい価値って何と。

健康に優しいビールという価値。

この健康志向系のビール。痛風の原因となるプリン体やカロリーを減らし、健康嗜好のニーズに応える形で数年前から発売されています。

最初に口にした時は、よくもまぁーこんな商品を発売することができたなと顔をしかめる味ですが、近年では相当味もまともになってきている様子で、年5%で市場が拡大しています。

極ゼロで注目度高まる

サッポロが2013年に発売した第三のビール。極ゼロ。世界初のプリン体、糖質ゼロで大きな話題を呼びましたが、お国から横ヤリが入り、これは発泡酒だと言われ、世間を騒がせました。

結局、サッポロはお国の指摘にしたがい、発泡酒として再出発したわけですが、ニュースで話題になったこともあり、バカ売れと何とも素直に喜べない結果となったわけです。

戦う、サッポロ

が、しかし社内調査をしてみると、やっぱりこいつは第三のビールだよということが判明。お国相手だけに泣き寝入りかと思いきや、酒税返還を要求。敢然と立ち向かう姿勢はあっぱれとした言いようがありません。

ここまでサッポロが必至になるのも、その後の商品開発に影響するからとも言われています。健康嗜好ビールはこの先に期待のかかる市場。将来のことを考えると、ここで白黒つけておかないと、この先発売される新商品にも影響するからでしょう。

どうなる第三のビール

価格という武器を失う可能性が高い第三のビール。健康嗜好やらフルーティやらアルコール度数高めやら、変化球中心の商品ラインナップとなっていくのでしょうか。

個人的にはノーマルな味が好きなだけに、税率アップを吸収するほどのコスト削減し、お値段そのままというの切に願います。