カテゴリー
GoogleAnalytics

not provided とを外して検索クエリ一覧を表示させる

Google Analyticsで検索クエリの一覧を表示させる際に、not provideを非表示させる方法を紹介します。

そもそもnot Providedとは

これは、Googleアカウントにログインした状態で検索された数を指します。これは個人を特定できないよう、Google側で設定しているのです。ということで、どんな語句で?というのがわかりません。

一覧表示するとしっかり表示

にも関わらず、しっかりnot providedで一覧に表示され、しかも数が多いものだから、しれっとトップに表示される。検索語句を純粋に知りたいので、not Providedを非表示にします。

not-provided

Google Analyticsのアドバンスト設定を使い非表示化

一番、左側を非表示、右の欄にnot providedと表示させ、適用

not-provided not-provided

最後はショートカットに登録

後で見ることもふまえ、ショートカットに登録しておくことをお勧めします。

not-provided
カテゴリー
GoogleAnalytics

Google Analyticsのアドバンスセグメントって何?

進化のスピード早すぎ。Google Analytics

Googleアナリティクス使用歴は長いものの、その機能全てを使いこなすのは、自分にとってはかなりのハードル。

しかも、どんどん進化しているので、しばらくすると、「えっ、画面デザインが変わっている」ということも。

アドバンストセグメントやらカスタムレポートなど新機能もテンコ盛り。

とりあえず、アドバンスセグメントから学習してみました。

どこにいるの?アドバンストセグメント

昔は、「アドバンストセグメント」の文字が画面上部にあったのに、新デザインになってからなく、いきなり壁にぶつかりましたが、画像のここを押したら出てきました。

Googleアナリティクス

初心者にはうれしい初期設定

この初期設定をいくつか試して、アドバンスセグメント感を学習。慣れたところで、自分流の設定を試してみました。

Googleアナリティクス

設定項目がいくつかあるのでわかりやすい

新セグメントを開くと、いくつかの設定項目が表示され、クリックすると、詳細の設定画面が表示され、ここでシコシコ設定していきます。

アドバンスト設定 アドバンスト設定 アドバンスト設定

設定した内容は数字で表示

設定したかどうかの確認は、数字で表示されるので、「今のは設定されたの?」という不安もありません。

アドバンスト設定

ありがたいプレビュー機能

設定中にプレビュー画面をクリックすると、このように表示されます。設定した内容によっては、一本線。該当データなしという悲しいことも起きます。なので、起伏のあるデータが表示さるよう、設定を変えてみたのが、下の画像。多少、凸凹のグラフとなりました。

アドバンスト設定