カテゴリー
ハリウッド

誰でも勇者になれる「レディ・プレーヤー1」

現実とは別の人格が当たり前の時代

現実の世界では毎日職場とお家の往復運動だけれども、仮想世界ではカーレースで一番になったり、有名人扱いされて周りからチヤホヤされたりと刺激に満ちた生活が送れる。

そんな夢のような世界を描いたのが本作品です。

遠い昔にリンデンラボのSecond Lifeという仮想空間社会が話題になりましたが、あの仕組みに半リアル的な要素を付け加えられています。

バーチャルの世界で殴られれば、振動によって疑似体験ででき現実の世界と錯覚するほど。

よくできた仕組みもあってか、全世界の人達を巻き込んだ巨大な仮想空間が出来上がり、そこでお金を稼ぐものや1日の大半の時間を仮想空間に費やすという人もいます。

レディ・プレーヤー1

開発者からの贈り物

仮想空間オアシスの開発者ハリデーは、あるお宝物をゲームに仕込み、探し出したものには報奨を与えることを発表します。

その報酬とは開発会社の株相続で約5000億ドル。さらに仮想空間オアシスの運営も譲渡するというもの。とんでもなく大きな人参をぶら下げられたものだから、一般プレヤーはもちろん、企業も巻き込んだ争奪戦が繰り広げられます。

レディ・プレーヤー1

開発者を知り尽くしたもの勝ち

一生遊んで暮らせるような報酬を設定したこともあり、そのお宝探しの難易度もチョー高め。ハリデーがお宝を発表してから5年の歳月が経ったものの未だ手がかりはゼロという状況。

手がかりとなるのが開発者のアーカイブ映像。彼の生涯を振り返り発掘に繋がるヒントを探り仮説を立ててトライ&エラーを繰り返します。

その数が多ければ多いほど、自然と開発者の人となりを深く知ることができ、自然の彼色に染まっていく。それを開発者ハリデーは狙っていったのではと勘ぐってしまいます。

エゲツない法人パワー

お宝採掘者の企業ともなると、マンパワーで一般人を圧倒。数にモノ言わせてお宝発掘を目指します。

時には一般人の邪魔することも。次第に一般人採掘者VS法人採掘者という構図となり、激しい戦いが繰り広げられ、その争いは現実世界にも広がっていきます。

レディ・プレーヤー1

英雄になりたいよー

一般人代表として、法人組織に立ち向かう主人公。その姿はまさしく勇者そのもの。多くの市民の心を鷲掴みにしたメッセージは鳥肌モノ。仮想空間だとこうなこともできるんだよなとうらやましく感じましたよ。

お宝は見つかるのか否か、そして一般採掘者と法人採掘者の勝負の行方は。最後まで目が離せません。ぜひご覧ください。

レディ・プレーヤー1
カテゴリー
ハリウッド

次回作も見てみたい「ジュマンジ ウエルカム・トゥ・ジャングル」

ゲームの世界に入り込む斬新な設定

ドラクエ好きにとってはたまらない作品に映ったことでしょう。だって、あのゲームの世界に入り込んでしまうんですから。ちょっと癖のある街の人と会話を楽しんだり、鬱蒼とした洞窟に入って宝箱をゲットしたり、見た目の怖いモンスターを倒したり・・・

現実世界では味わえない体験ができるのですから。まるで未来のゲームの世界を見ているようでした。

とは言え、映画で描かれているのは、そんな生ぬるい話ではなく自分の命がかかっている真剣勝負。3回目死んだら本当に死んでしまうというもの。だから皆必死でゲームクリアを目指します。

その緊張感がまた最後まで入り込んでしまう面白さでもありました。

ジュマンジ

人格入れ替えがまた楽しい

他にも人格入れ替えが本作品の面白い点。現実世界ではオタクの彼ではマッチョなスキンヘッドに変身。けど中身はオタクの彼のママ。

ジュマンジ ジュマンジ

極めつけは性別が入れ替わってしまった女の子。ギャル系なのにゲームの世界では中年の恰幅のいいおっさんに変身。けど、中身はギャル。

この姿と中身のギャップが様々なハプニングを引き起こして、それがまた作品を面白くさせてくれています。

ジュマンジ ジュマンジ

人を殴ったことがないオタクが、ゲームの世界では怖いお兄さんをバッタバッタとなぎ倒し、仲間を窮地から助け出したり、現実世界では真面目女子がゲームの世界ではセクシーな女性に変身。男を誘惑して囮になるよう仲間に依頼された時は、中年のおっさんにしぐさや歩き方、男の誘惑する技を教えるシーンは、人格入れ替えならではのシーンです。

ジュマンジ

ゲームの世界はと言えば

彼らが降り立ったゲームの世界は鬱蒼としたジャングルの世界。ステージごとにお題が設定されクリアすると次のステージに進めるといもの。彼らの進行を妨げる生き物や同じ宝物を狙う悪役との死闘を繰り広げながらゴールへと向かいます。

ジュマンジ

途中、このゲームの世界に迷い込んだ彼らと同じ境遇のプレーヤーと出会うなど、まさにドラゴンクエスト見ているよう。

しかも、その彼、迷い込んだのは20年前。現実の世界では失踪したということで都市伝説化した人。それを聞いた彼らは、この世界に入り込んだことの怖さを知り、あらためてゲームクリアへの思いを深めていったのです。

ジュマンジ

で、最後は

ゲームの世界で、現実世界よりもイケてる人もいれば、そうでない人もいる。現実の世界ではアメフト選手ばりの体格のいい彼なんかはイケてない中年男子になったりとか。

最後に無事ゲームをクリアして現実の世界に戻ることとなった彼ら。けど、ゲームの世界に留まりたいという声もあったりとか。最終的にはどうなるのか、ぜひ作品をご覧ください。

ジュマンジ
カテゴリー
ハリウッド

宇宙よりも地底が熱い!!。映画「コア」

みんな興味は宇宙に行っているけど

この作品を見て、地底に関しての興味が一気に膨らみました。

地底と対極にあるのは宇宙でしょう。宇宙が外向きに対し、地底は内向き。けど、この作品で語られる地底の世界がなかなかおもしろい。ダイヤモンドが飛び交っていたり、晶洞になっていたり。

隙間なく地表が積層されているかと思いきや、中はしっかりと空洞になっているんです。

もしかしたら、地底人は本当に存在するのでは?と違った意味で、この作品を楽しめました。

映画,コア

そもそも地底はどうなっているの

リンゴに例えると表面の皮が地殻で、地底全体から見るとペラペラなんです。

で、果実のの部分がマントルと呼ばれるところでここがとにかくミステリー。晶洞になっていたり、ダイヤモンドが飛び交っていたり。実際見てみたいものです。

で、その次が外核と呼ばれる層。ほぼマグマです。マグマの海といった感じでとてつもなく熱い。

確か作品の中では4000度なんて言ってましたね。

で、リンゴの種部分、中心にあたるのが内核というものです。

で、外核がエンジン役となって、この内核をグルグル回して電磁場を発生させている(だったと思います。)

が、外核が止まった、つまりエンジンが停止してしまったので、電磁場が弱まってきちゃってさぁ大変となった訳です。

映画,コア

電磁場ってのがないと生命の危機に

北極と南極があるように、これも電磁場のおかげだし、座標なんかも全て電磁場あっての話なわけです。だから座標軸を使って目的地に着陸設定したのに、蓋を開けたら飛行場でなく街ナカになっていてさぁ大変となりました。

それよりも怖いのが太陽風を防御してくれているんです。この電磁場というものは。

電磁場がなくなると太陽風が直接地球を襲い、建物は焼けただれるわ、人間もまともに生きていけない世界になります。

水と空気さえあれば、人が住めると思い込んでいましたが、この電磁場というのも人間が住む環境としては必要不可欠なのです。

映画,コア

人類を救う英雄

で、話を本題に戻すと、この作品のあらすじは停止してしまったエンジン、外核を再び作動させるため、6人の英雄が4600kmに及ぶ長旅を死を覚悟で挑戦するという泣けるお話なのです。

生命維持防具がないとまともに生活できない環境ですから、まるで宇宙に行ったような危険がつきまとう世界なのです。

案の定、6人いた英雄は1人、また1人と己を犠牲にして人類、仲間を助けることだけを願い旅立ってしまうのですが・・・。

作品というよりも、地底に行ってみたいという思いだけが膨らんだ映画でした。

カテゴリー
映画批評

80’S感が懐かしい「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」

スピルバーグだから・・・

映像の雰囲気、セットの作り込みなどから小さい頃に見たグーニーズの記憶を呼び覚ます同作品。
製作総指揮がスティーヴン・スピルバーグとあって、なるほどと納得。

作者をリスペクトした作品

シャーロックホームズの作者へのリスペクトを込めて作られた作品。なので原作にはない全くのオリジナル。本作品では若かりし頃のシャーロックホームズが描かれ、謎の事件を解明していきます。

怖さ感がないカルト教団

作品中に、カルト教団が出てきます。変なかぶり物をして、お祈りを捧げているシーンは、恐怖感というよりも、ちょっとしたコントを見ているようで、エンターテイメント感たっぷり。突っ込みどころ満載です。
あえて、そこを狙っている感じさえします。

80年代なのにCGが凄い

とは言うものの、今ほど技術が進歩していない中で、CGが実に素晴らしい。透明のガイコツ騎士や置物のガーゴイルらしき化け物が空を飛んだりと目を見張るものがいくつか。

最後に・・・。

話はそこそこ面白いですが、主役がどうもオーラーがないというか・・・。ワトソン役の彼が最初主人公と見紛うほど。逆に彼をシャーロック役にした方がアクが強い分、面白かったかも・・・。

sherlock02