カテゴリー
ハリウッド

こんなにも気持ちいい作品はない「イコライザー」

絶対的強さが潔いすぎる

ヒーローものと言えば、自分の世代で言えばキン肉マンにケンシロウ。毎週ジャンプの発売日が楽しみでした。

北斗の拳の第一話を見た時のケンシロウの圧倒的強さ。それまでのヒーローものはと言えば敵方にフルボッコにされながらも、危なげなく勝っちゃうというのが定番だったけに、小学生にとっても、あの強さは衝撃的でした。

このイコライザーでデンゼル・ワシントン演じるロバートもまさに拳四郎並みのずば抜けた強さ。見てみて清々しいの一言。実に気持ちよかったです。

イコライザー,映画

主なあらすじ

デンゼル・ワシントン演じるロバート君、作品の中盤まではホームセンターで働く普通のおっさん。が、実はその昔はかなり名の通ったCIAのエージェント。

そっちの世界とは決別したのに、正義感に火がついちゃったのに、ある少女を助けたことがきっかけにCIA時代の顔がひょっこりと顔出します。しかも相手はCIAさえも手を出さないようなロシアのギャング集団。

一人対大人数なのに危なげない所も一切なく、バッタバッタと敵をなぎ倒していきます。

わずか30秒弱で4人をノックアウト

単に強いだけならそこまで魅力を感じませんが、頭が切れるんですよね。相手を表情、体格、武器を瞬時に見定めて、どう処理していくかをシミュレーションしながら行動に移ります。

まぁ、見事にシミュレーション通りに敵も動くものだから、当初想定していた時間通りにノックアウト。それも表情一つ変えないところがまたたまりません。

クライマックスはDIY製品を上手に活用

ロシアギャングとの最後の戦場は職場のホームセンター。電動ドリルやら酸素ボンベやら決して凶器としては使われないものを上手に使いこなし、数で勝るギャングをこれまたバッタバッタと倒していきます。

あの優しいロバートおじさんが、こんな強い人だなんて、職場のみんなもビックリ。

ブラック・エンジェルズ的な世直し請負人

この作品、昔ジャンプに連載されていたブラック・エンジェルズに近い所が多分にあります。昼間はナヨナヨした学生さんなのに夜になると冷酷無比な世直し人に変身。

ブラックエンジェル

この作品の展開なら、シリーズ化もありえるかも。ぜひとも次回を見てみたい、そう思わせるほど良い作品でした。

カテゴリー
ハリウッド

受け入れる勇気は時には必要「フライト」

飛行機事故ってマジ怖い。

あんな重い物体が空を飛ぶなんぞ全く信じられない私。なので、飛行機は大の苦手。離陸中は半端ない手汗をかき、早く機体が安定飛行になるのを祈るばかり。

で、この映画を観た後に、飛行機に乗ったもんだから、恐怖心がいつもの1.5倍。そんな状況だったこともあり、無事事故なく離着陸できた時の安堵感はひとしお。

flight01

素行は悪いが、腕は一流

ドラックにアル中の機長のウイトカー。けど操縦テクニックで言えば超一流。ガンダムで言えばアムロばり。

機体故障による不時着を余儀なくされる時なんぞは、アクロバティックな技を駆使し、搭乗者全員死亡といった大惨事を見事回避。しかも、その操作中もお酒が入っていたというのだから、ぶったまげー。

一躍、英雄視されるものの

そんな搭乗者の命を救った偉大な機長ということで、マスコミ各社は彼を英雄呼ばわり。自宅や会社、彼の入院する病院まで押しかけ、一言もらおうと皆必至。

そんな中、事故調査の中で、彼の飲酒運転疑惑が浮上。しかもドラッグもやっていたのでは?ということとなり、英雄から一気に犯罪者の汚名をかぶることに。怖いですね・・・

flight02

受け入れる勇気って

飲酒運転がばれれば、刑務所行き。職も失い、人生のどん底を味わう。会社は有能弁護士を雇い、彼を助けようと躍起。

公聴会で相手を論破できる理論武装はバッチリ。後は弁護士に言われた通りに、質問を答えれば、飲酒運転の疑惑は回避できたものの、そこまでウソを突き通せば、自分自身がもっと駄目になると素直に飲酒運転を認めます。

刑務所暮らしの彼は、何かから解放された優しい顔に変わっていたのが、実に印象的でした。

自分の心に素直に行きた彼の結末はいかに。ぜひご覧ください。

カテゴリー
ハリウッド

各国にあるっぽい秘密の隠れ家「デンジャラス・ラン」

CIAモノで敏感に反応

「CIA最強エージェント」という響きだけに食いつき、ついつい観てしまった「デンジャラス・ラン」。

とは言っても、最強エージェントこと、フロストはCIAから追われる身。

10年以上、CIAの捜査の網をくぐり抜け逃げ回ってきただけあって相当のキレもの。一度は捕まるもののあっさりと脱獄。

ミイラ取りがミイラに

その彼と行動を共にするのが、CIA若手きってのホープ?マット。

脱獄した彼を再び見つけ出し、悪さをしないように46時中、彼を監視するものの、次第に気持ちは、フロストに傾いていきます。

ミイラ取りがミイラになってきたように。

デンジャラスラン

フロストに感化されたマークは最後に、どデカイことをやらかします。フロストの無念を晴らすために・・・。

ウチのそばにも隠れ家が・・・

余談ですが、劇中に頻繁に出てくるCIAの秘密の隠れ家。実際はわかりませんが、

このような隠れ家が世界各国にあるようで、情報の送受信やら、エージェントの溜まり場?留置所?として機能しているみたいです。

[amazonjs asin=”4167651769″ locale=”JP” title=”CIA秘録〈上〉―その誕生から今日まで (文春文庫)”]
カテゴリー
ハリウッド

いいもの、悪者、どっち「トレーニング デイ」

いい者?悪者

映画を観ていると、この人は、いいもの、この人は悪者って人相見えれば、だいたいわかる。

見るからに、この人、ワルキャラだなとか。ちょっと含み笑いをしている画が入れば、何か企んでいるだなと。

でも、この映画は、最後の最後までドッチなの?と悩みまくり。

話は刑事もの

先輩刑事、アロンゾとタッグを組むことになったジュエイク刑事。先輩から薬物を強要されたり、暴行、脅迫、証拠のねつ造などあり得ない捜査法に協力させるなど、一度は拒否するものの、アロンゾの、「俺の後継者にしたいだの、麻薬取り締まりはこの位しないと捜査にならない」などと諭され、渋々承諾。

こんなやりとりが、何遍もくりかえされ、やっぱり、アロンゾはやり口は汚いけど、いい人なんだなぁーと思う訳です。

トレーニング・デイ

まさかの大ドンデン返し

ところがどっこい、筋金入りの悪者で、麻薬取り締まり捜査として、至福を肥やす大悪党。

裏切られたーーっと。

ジェイク以上に、信じてしまった自分も恥じるばかりで、自分の青さを痛感した次第でした。