カテゴリー
ハリウッド

残念すぎる兄弟「ハッピーニート おちこぼれ兄弟の小さな奇跡」

悲壮感ゼロ

兄弟揃って、こうもついていないのかと、つくづく同情してしまう本作品。

30歳ニートのジェフ君。映画「サイン」に傾倒するあまり、サインというワードを目にする度に自分にとっての何かを啓示だと思いこむ

黒人にかつあげされたり、ボランティアで働いたり、純粋すぎる彼の行動に、ついつい和みます。

兄も相当なキャラ

一方の兄はと言えば、妻が浮気していると勘違いし、これまた飛んだ災難を繰り返し、しまいには弟に笑われる始末。

ハッピーニート

と、ついていない似たもの同士ですが、ある事件をきっかけに、街中のヒーローに。

最後の最後に、どエライことを成し遂げる2人の勇気ある行動は見物です!!

カテゴリー
ハリウッド

憎めない主人公「バッドトリップ 」

久々にハズレをひいた気分

久々にう~んという映画を見ちゃった感じ。

開始30分位で、外したー!!と後悔したものの1:30分ものなので、我慢して最後まで観賞。

バッドトリップ

ざっくりあらすじは

ストーリーが進むにつれて、不道徳な連中とのからみで、彼のズレまくった真面目さが際だっていきます。

乾杯の席でお酒を拒否したり、浮気をこと細かく彼女に報告したり・・・・。

けど、何故かほっとけない主人公ティム。演じているエド・ヘルムズじゃなければ、このとぼけ感は出ないでしょう。

バットトリップ

それにしても、アン・ヘッシュのオーラーは半端ない。