カテゴリー
エネルギー業界

電力自由化の火を消さないで。新電力会社に寒波吹き荒れる。今が正念場

いよいよ電力自由化が懐かしい

それまで大手電力会社による独占販売となっていた電気が、自由に選べるようになった2016年。

それまでガス販売専門だった東京ガスが電気を売ったり、あの楽天も電力を販売したり、電力販売市場はかなりホットな状態になりました。

2020年時点の参入企業数は700社を数え、これからさらなるサービスの向上が期待されるというのに、業界の成長を妨げる被害に見舞われています。

電力

市場連動型が超高騰。電気代が2倍の悲劇

新電力会社の目玉のサービスと言えば、市場連動型の料金プラン。需要が少なければ安いし、多ければ高いというもの。

一方、固定型というのは常に一定の価格。安定しているので先々まで見通しがつけます。

で、今、新電力会社契約者の間で起きているのが市場連動型料金から固定価格プランへの蔵替え。

というのも、ある契約者の場合、それまで2万円弱の月々の電気代が、今回の寒波の影響で2倍に。

電力

他社へのお引越しをススめる電力会社

電力会社としても大幅な値上げは苦渋の決断だったことでしょう。出来ればコストアップ分は自社で吸収して、値上げ幅も若干としておきたかったはずですが、吸収できるレベルではありませんでした。

そもそも市場連動型プランは、日本電力取引所から電力を調達していますが、この卸値が1キロワット時、約15万円

我が家の1年間分に匹敵する金額までに膨れ上がっている事実を目の当たりにして、新電力会社がいかにしんどい状況におかれているのがわかります。

市場連動型プランを提供する新電力会社のLooopが、同業他社に対し、事業を買い取って欲しいと申し出た所、ウチもウチもと買い手募集なのに、同じ惨状の同業者が手を挙げる事態になりました。

事業譲渡まではいかないまでも、契約者に対し、固定価格プランを提供する新電力会社を紹介したり、新たに固定価格プランを新設する会社もあり、生き残りをかけて、様々な対応に追われています。

電力

淘汰はじまる、新電力会社の新世界

電力自由化からわずか4年で700社というのは、ちょいと多い気がします。

というのも、発電所を持たずして電力の売買ができるという潜入障壁の低さがあったからでしょう。

電力

今回は、その参入障壁の低さが仇となり、トドメを指す格好となった訳です。

今回は寒波による電力の急激な増加が原因で電力の卸値高騰を招いたわけですが、夏場にも同じような事が起きる可能性は十分ありえます。

となると、大きな需要変動にも耐えられる体力と固定、変動、ミックス版な幅広いプランを用意できる企業が生き残るのではないでしょうか。

大手電力会社の寡占化を打破するという意味も込められている電力自由化。その火を絶やさないためにも、新電力会社にも、もう一踏ん張りして欲しいと思った次第です。

カテゴリー
エネルギー業界

電力自由化の足かせ。重い負担金。

電力自由化でひと儲けのはずが・・・

2016年の電力自由化からはや1年半以上が経ちますが、新電力への移行は低調。複雑な契約プランが消費者に理解しにくく、それが普及を妨げる要因と言われています。

クルマを走らせていると、あちらこちらで太陽光発電を見るにつけ、発電所はかなり勢いで増えている感じがするのですが、消費者にそれが届いていないという残念な状況が続いています。

で、今回のお話は、太陽光発電などの発電所が大変苦労しているという件。2000kWの発電所に限りますが、この入札が不調続きだとか。発電ビジネスはお金になると参入はしたものの、送電網への繋ぎ込みで思わぬ出費を余儀なくされているようです。

太陽光発電

重い負担金にびっくり

自然塩ルギーの買い取る制度、FITが導入され、2012年7月は1kWh40円。それが今では約半値の21円まで下がっています。

基本契約時の金額が将来的にも保証されているため、我先にと募集が殺到して、ある電力会社では一時的に募集をストップしたという話もありました。

それほどに注目を集めていた発電ビジネスでしたが、作った電力を送電する際に、キャパシティオーバーだからダメと断わられるケースがあるとか。

せっかく製品を作ったのに売る場所を与えられない悲惨な状況が起きています。

なので、送電網を増設して、電力を供給することもできますが、高額な負担金を支払わないとならない。

その費用たるや、発電所の建設費よりも高いというケースもあり、これでは何のために発電ビジネスに参入したのか、わからんという状況に陥っています。

てなわけで、新電力営業OKはもらったものの、運転しない発電所がかなりの数であり、ほぼ開店休業状態。この開店休業状態の発電量は、既に営業中の発電所お電力量を上回るという相当な規模に膨れ上がり、お国では運転しない発電所は認可失効を予定しています。

電力自由化

海外に学ぶ送電の仕組み

問題は送電のキャパシティの考え方。既存の発電量を合算してキャパシティを算出しているのですが、実際に使用されている電力は上限いっぱいまでは使われておらず多い所でも70%ほど。

海外では、この実際の電力キャパシティを見ており、新規に送電を申し込む新電力にも門戸を開放。来るもの拒まず状態で受け入れているのです。

送電

んで、送電を使う仲間の中で送電量を調整して、送電量が調整してもらった発電所には、補償金を払うなどの調整をしています。

これを球場に例えるなら、空席の目立つ球場にも関わらず客を入れないのが日本。海外は空席があっても、買い占めた人に話をつけて当日客も入場させるという柔軟な対応をしています。

恐らく日本もこの方向に変更されていくのでしょう。

[amazonjs asin=”4866284390″ locale=”JP” title=”元手なし! 手ぶらで始める 時給100万円の小形風力発電権利ビジネス”]
カテゴリー
エネルギー業界

電気料金比較サイト「エネチェンジ」の精度が凄い

カンタンに電気料金比較

料金プランがあまりにも複雑すぎて、なかなか普及が進まない新電力会社たち。

大手電力会社の独占状態に風穴を空けるのでは?と期待が高まっていたのが嘘のように全くと言っていいほど大手からなかなかシェアを奪えていない。

が、その普及の足かせになっている料金プランの複雑さを解消してくれるサービスが、今にわかに注目を集めています。

電気料金比較

納得のこまやかさ

そのサービスとは、電気料金比較サイトのエネチェンジ

お住いの住所、世帯人数、在宅の状況、電気の使用量などの数字を入力するだけど、乗り換え後の節約金額をポンと表示してくれるというもの。

今の電気料金の新電力会社のカタログを付け合わせて金額を比較する労力から解放され、全てをネットが賄ってくれるのです。

節約金額も、「初年度は2万986円です」と細かく出してくれるので、より一層、信用度も高まります。

電気料金比較

将来を見越した数字というのもすごい

料金比較は今までの使用状況だけでなく、これからの使用状況も含まれているのがミソ。その家庭が将来使う電力量を、地域ごとの気象条件や似た条件の家族のデータを使うので割り出しているとか。

ってことは利用者数が増えれば増えるほど、サンプル数も増えて、比較精度も高まっていくのです。

電気料金比較

法人向けサービスもこれまた凄い

このサービス、一般消費者に加え、法人向けサービスエネチェンジBizも提供しています。

一般家庭に比べて、新電力への利用が積極的な法人系なので、相性てきにはむしろこっちの方が良い気がします。

で、比較するにあたっては、まずは電気の利用状況。夜に多く使うのか、一日中平均して使うのか、それと業種、過去12ヶ月分の電力使用量などのデータを元に算出しているとか。

従来、比較となると過去の電気料金の明細提出がほぼほぼ必須ではありましたが、エネチャージの場合は、提出の必要なし。

業種や建物の広さ、気象条件などから、その企業の電力需要を予測して算出するというもの。

手間をかけずして、お手軽に比較できるという素晴らしいサービスを提供しているわけです。

電気料金比較

世界的にも類を見ない

この膨大なデータから電力料金を割り出してくれるのがAIのおかげ。エネチャージは、英データ解析ベンチャー、SMAPエナジーと手を組み、電力需要予測を行っています。

AIが人間に勝ったということで話題となったあのアルファ碁のディープマインドも、電力需要予測に取り組み始めるとも言われていますし、この先、需要予測がビジネスに発展していく感じがします。

カテゴリー
エネルギー業界

着眼点がすごい。電気代未払いする人達

つまんでいますね。こいつ・・・

ナニワ金融道で、読んでいるとよく出てくる「つまんでいますね」とセリフ。

新規にお金を借りに来た客にお金を貸していいかを判断する材料として、金融機関のデータベースでチェックするわけです。

返済が滞っていれば、ブラックリストにラインナップされ、当然お金を貸すことはできない。

このように金融機関同士で情報の共有化が古くから行われていました。それを知ってか知らずか融資者は返済が滞れば、他の金融機関からお金を借り、そのお金を返済に当て、地獄の自転車操業が始まり自己破産の道を歩むわけです。

これに似たような話が、電気料金の支払いで起きているというので記事にしてみました。

電力自由化で選択肢アップ

2016年4月から電力自由化となり、大きな話題を呼びました。

それまでの地域独占の大手電力会社しか選択肢がなかった消費者が、自ら電力会社を選べる時代が来たのです。

が、1年を経過して電力会社を乗り換えた人は全体のわずか数%。まだまだ様子見といった感じが拭えません。救いは月別に見ると右肩上がりで新電力で乗り換えている人が増えている点。

もう少し時間が立てば、乗り換えも促進されるのだと思います。

電力自由化

選択肢が増えたことで、未払いの抜け道も

それまでは地域独占の大手電力会社としか契約できなかったため、電気代を滞納すると電気が止められちゃいます。

急ぎ電気代を払いにコンビニに向かい、事なきを得た人も多いハズ。

が、2016年以降は、コンビニに急ぐ必要もなくなりました。というのも、電力会社を乗り換えてしまえばいいのです。

次から次へと電力会社を乗り換えることで、タダで電気を使い放題できちゃう。

これに頭を悩ませているのが新電力会社の人たち。

とにかく薄利で商売しているだけに一人でも未払いがいると経営に対するダメージは相当大きい。

電力自由化

電気代未払いブラックリスト

これが一人や二人やまだしも、業界内での大問題に発展していることから、かなりの数で電気代を踏み倒しちゃっている人が多いことに気付かされます。

対策としては冒頭で触れたブラックリストの作成。

電気代を滞納している客を業界内で共有化。

契約時にブラックリストをチェックして問題があれば契約は結ばない。

こうすることで、踏み倒しも減ると思います。

また踏み倒し分をきっちり払ってもらうよう、電気代にその分を乗せるとか。色々と対策は取れるのかと思います。

業界が健全に発展することで競争も活性化し、ひいては使用料金の低減にも結びつくと思うんです。

となると、こういった不正に対する対策を業界内でただしていくルールは必要だと思います。

電力自由化
カテゴリー
地方活性ネタ

おらが村の電力会社で村民潤うドイツのお話

電力自由化にはなったけれど

2016年4月電力自由化となり、消費者が電力会社を選べるようになりました。

それまでは地域ごとの大手電力会社がその利権を独占していたので、価格競争が起きにくく、電気料金も適正なのかわからずじまいでした。

電力自由化

ただ、電力自由化になっても、乗り換えた消費者は数%どまり。というのも、イマイチ価格が見えにくい。乗り換えて本当にお得かが微妙。

まぁ、発電システムと送電網を大手電力会社の管理下にある今の状態では、劇的に料金が安くなるというのはまだまだ先のお話のような気がします。

電力自由化で先を行くドイツ

一方、海外ではちょいと様子が違います。1998年に電力自由化となったドイツでは、乗り換えが進んでいて、再生エネルギー関連では3割という高さ。

日本の数%と比べると、かなり浸透していることが伺えます。

村

買取価格を3倍の大判振る舞い

ドイツでここまで電力会社の乗り換えが進んだ理由の一つにFIT(固定価格買い取り制度)が挙げられます。

一般家庭の電気代が2倍になる弊害があったものの、乗り換えの後押しには効果絶大でした。

風力

シュタットベルケ?って何?

もうひとつの理由は、シュタットベルケという公的な地域電力会社の存在が挙げられます。

日本では、ある程度の居住範囲を大手電力会社の送電網が張り巡らされていますが、ドイツの場合はそこまで送電網は行き渡っていません。

そこで、人口の少ない地域はシュタとベルケ、公的地域電力会社がカバーしているのです。

太陽光

村民も潤う電力売り

ドイツのある村では、村民が使う約7倍以上を電力を発電し、それをシュタットベルケに売ることで収入を得ています。

村に設置されている風力発電、太陽光パネル、水力発電などは村民らでつくるファンドと銀行の融資で建設され、売電によって得た収入をさらに建設費に当て、発電量をさらに増やす計画がなされています。

発電量が増えれば増えるほど、投資した村民の懐を暖めるわけです。

おらが村の名産は電気

このように各地域で独自の電力網を構築して、かつ商売として成立。

地域創生という点で見ても非常に興味深い話です。

「ウチはこれと言った名産品がないので・・・」と頭を悩ます自治体も、電気をウリに財政の健全化を図ることも可能かなと。

近い将来、ブランド電力なるものも出てくるかもです。

日本海の吹き込む強風から生まれた○○村生まれの電力、○kW当たり100円とか

それを実現するためには、2020年の総発電分離を待たないとダメもしれませんね。・・・

カテゴリー
エネルギー業界

我が家に恩恵なし。電力割引

主戦場で戦う東京電力

電力自由化元年となる2016年。今までは大手電力会社の独占でしたが、これからは電力会社を選べる時代がやってきます。

早速、東京ガスがCMを打ってますよね。「東京ガスでも電力販売していますよ」的な内容で。

資源エネルギー庁によれば、電力販売に登録した会社は119社。商社、鉄道、住宅、飲食など多岐にわたります。

その多くが首都圏ということになれば、現王者の東京電力もウカウカとしていられないでしょう。

で、最近、新料金を発表しました。

種類も豊富にだけど・・・

電気使用量とライフスタイルに応じて、4つのプランが設定されています。

で、最大のライバルと目される東京ガスを引き合いに、「ウチは東京ガスさんより1万850円も安いですよ」と紹介されたのが、プレミアムプラン以下3つのプラン。

東電,料金プラン

毎月1,200円も割引かれ、家計にとっては物凄く助かる~。はずですが、コレ、浮世離れしすぎだろうとも囁かれています。というのも、この比較、月700キロワット使用する世帯がベースになっているからです。平均的な使用量が400キロワットを考えるとあまりにも差がありすぎます。

となると、新料金プランの魅力、「どんだけ安くなるんだい」という点が全くない。

我が家に照らして考えると・・・

東京電力が提供しているでんき家計簿で、我が家の電力使用料を見てみました。

同じような環境で住まいと比較したグラフになりますが、使用量は129キロワット。今回の新料金プランで全く恩恵を受けられないのが一目瞭然。

https://www.kakeibo.tepco.co.jp/campaign201505/index.html?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=Brand&re_adpcnt=7xl_w2H&device=c

ただ嬉しかったことも。省エネで頑張る家庭よりも電気使用量が少ないこと。さらに省エネ頑張ってやろうという気持ちになりました。

それはさておき、今回の電気代新料金プランですが、この特典を享受できる家庭は限られるのかなというのが正直な感想です。

ポイント制はありだと思いますが・・・

新料金プランの割引をキャッシュにするかポイントにするかで、ポイントはいかがなものかという論調に目にしますが、個人的には使用用途に幅を持たせられるポイント制は賛成。

Tポイントであれば、コンビニやガソリンスタンド、ツタヤで使い回せますし。使用先がなければ電気使用量に回せばいいことですし・・・

ひとつ贅沢を言わせて貰えればポイント同士の交換ができればもっと良い。TポイントをDポイントに交換できるようになるとなおのこといんだけど・・・

まとめ

そう簡単には電気料金本体を割り引くのは難しい。なので共同戦線を貼って、その中で特典を享受していただく。となると共同戦線の規模を大きくした所が勝者になっていく気がしました。

カテゴリー
エネルギー業界

停電の起きる心配は無用。電力自由化

来る、選べる電力の時代

2016年4月より電力が自由化されます。今までは地域ごとに大手電力会社が独占していましたが、それらが撤廃されます。

既に企業向けでは新電力会社による供給は始まっていますが一般家庭でも、その恩恵を受けられる。

で、気になるのは電気料金が安くなるのか、それと新規参入組みの電気でも大丈夫?という不安

心配ご無用の電力会社の切り替え

例えば関東であれば東京電力のほぼ独占状態ではありますが、これを新規電力会社に切り替えたとします。

「電気の質が落ちるのはで?」、「停電が起きやすくなるのでは?」と不安が先行しますが、実際には起きにくいということでひと安心

というのも、新規電力会社で作られた電気が、送電網に入ると東京電力であったり、他の新規電力会社と混ざり合う。どこ育ちの電気?という見分けがつくなるわけです。

それと仮に新規に契約した電力会社が倒産したとしても、バックアップ体制が敷かれています。供給が途絶えても代わりの電力会社の電気を送る仕組みが整っているので安心です。

気になる価格はどーよ

電力会社を切り替える大きな理由としては値段しょう。毎月出費する生活費ですから、1円でも安くしたい。

新規参入企業の傾向としては「本業のサービス+電気」という形が多く、例えば東京ガスで言えば、ガスとセットに、ガソリンスタンドでは、ガソリンとセットに、変り種として東京急行電鉄では、定期券とセットを検討しています。

他にも携帯電話会社の電話料金とのセット割やら、Tポイントなどのポイントが付与されるというものもあります。

今までは、何もサービスの付かなかった電気料金のことを考えると、消費者としてはうれしい限りです。

海外では割高になるケースも

とは言っても、セット割の怖い所は実際、安くなるの?という疑問。海外では規制料金が撤廃された結果、弱小電力会社は淘汰され、結局のところ大手電力会社が生き残り、その後電気料金は上昇しました。

原油高騰などの事情もありますが、海外と同じ轍を踏まないよう、日本はしばらくの間、規制料金を残す制度設計をしていますので、少しホッとしました。

しばらくは様子見

セット割でどこが魅力か?と考えると、自分の場合は、一番支出の高いガソリン。例えば電力とセットに申し込めば、リッター当り○円引きともなれば、すぐに飛びつきます。

2016年の春頃は、この話題でもちきりでしょうね。で、2-3年すれば、参入企業も淘汰されサービス、価格両面で優れた会社が生き残ることでしょう。

なので、今から2-3年後を目処に、電力会社の切り替えを検討していこうと思います。

カテゴリー
エネルギー業界

電力事業で新たな波。ソフトバンクと東電の提携

ADSL普及の立役者

2016年の電力自由化をにらみ、ソフトバンクが東電との提携を発表しました。この提携に、ソフトバンクによる新たな波が起きるののでは?と期待が膨らみます。

日本のネット普及立役者

ネットが今のように幅広く普及したのは、ソフトバンクのおかげ。ソフトバンク参入前と言えば、ネットは従量制が大半。通信量を気にしながら、接続を切ったりつけたり。この作業がとてつもなく面倒。しかも通信がとてつもなく遅い。

そんな、扱いにくいネットを使い放題で、しかもスピードも早いということで世に送り出されたのがYahoo BB。あれはかなり衝撃的でした。

駅前、コンビニなど人が集まるところにYahoo BB勧誘のスタッフありという位、契約者獲得に並々ならぬ力を入れていました。かくゆう自分もYahooBB契約者となり、ネットの素晴らしさを再認識したものです。

このYahoo BBの波が、その後の日本のネットに大きく影響したことは事実でしょう。

携帯電話でも大きなウネリ

次いで、大きな波を引き起こしたのが携帯電話。当時はドコモ、au、vodaphoneの3強。とは言っても、Vodaphoneは他の2社に比べると、ちょっと差が開いている感じ。

そのVodaphoneを買収したことで、大きな話題を読みましたが、ドコモ、auにかなり差がつけられているのに大丈夫?と個人的には思っていました。

iPhoneで大ブレイク

当時は画面が回転するアクオス携帯が人気でしたが、ドコモ、auとの差を縮めるほどのインパクトがなく厳しいという感じでしたが、iPhoneの独占販売で形勢逆転。シェアを一気に伸ばし、auを追い抜くかってところまでシェアを拡大。

さらに、ソフトバンクの打ち出すサービスに他の2社が追随するなど、ソフトバンクが、利用者には助かる携帯業界に導いてくれたのは確かでしょう。

そして第3の波

ネット、携帯、そして今回が電力。東電と提携したことで、エネルギー業界においても、新たな波を引き起こしてくれるのではないかと期待が膨らみます。

狙うは全国制覇?

提携した東電の主戦場は主に首都圏。それまでは地域独占となっていましたが、2016年の電力自由化により域外でも電力の販売が可能となります。

そこに目をつけたのがソフトバンク。東電が劣勢となる域外の戦いにもソフトバンクがサポートしますよと。東電にとっては頼もしい援軍なわけです。

ソフトバンクも全国津々浦々でサービスを展開できるメリットが得られるわけです。

さらに援軍のヤマダ電機

東電、ソフトバンクチームにとってさらに頼もしい味方がヤマダ電機。既に東電はヤマダ電機の関西と中部地方の店舗に電気を供給するなど一部で連携済み

ソフトバンクもヤマダ電機の発行済み株式の5%を取得し、資本提携済み。ある意味、必然の連合化だった気がします。

狙うは住宅産業の雄

この提携により、全国約1000店のヤマダ電機の直営店舗が、顧客獲得の最前基地となる訳です。加えて、電力関係に付随して太陽光発電システム、蓄電池、HEMSなどの商材も一緒に売ることができる。

ヤマダ電機にとっては、住宅関連商材をまとめた強力な商材を持つことができ、他の量販店にはない強み、あるいは他の住宅関連会社にとっても脅威になるのでは?

まとめ

ソフトバンクが電力自由化の台風の目になる空気がプンプンします。Yahoo BBの時のようなゲリラ戦を展開するようなことが起きれば、他の会社も座して待つことなく、ソフトバンク&東電の展開するサービスに追随することでしょう。

とにもかくにも、よーくサービスの内容を吟味して、電力の契約会社を決めたいと思います。

カテゴリー
エネルギー業界

思惑違いで先行き不透明?通信、電気セット売り

電力自由化で各社活発な動き

2016年の電力自由化を控え、大手電力会社は通信のセット売りを模索。東電はドコモにするか、ソフトバンクにするか社内でもめている様子。auが入っていないのが腑に落ちないけど・・・。

スマホ

地域独占で営業エリアは全国区

これまで大手電力会社は、地域独占ということもあり、競合のいない温室で育っていたけれど、2016年はエリアを越えて営業活動が可能になる。東電も中部や関西に打って出ることもできちゃう。

電線

けれど、関東近郊外では、ほぼ新規参入組み。ゼロからのスタートはしんどすぎる・・・。

通信との提携で営業力カバー

そこで、営業力カバーとして白羽の矢が立ったのが通信会社。ドコモにしろ、ソフトバンクにしろ全国津々浦々営業網が整備され、のっからない手はないと。通信、電力のセット売りを仕掛ければ双方にもメリットはあるし・・・と思ったけれど

通信会社の思惑はちょいと異なる

例えば関東近郊であれば東電と組むメリットはあるけれど、関東以外で東電と組むのはむしろデメリットという見方も。既存の電力会社と料金、サービス面で劣ることだってあり得る。

ということで、エリアごとに提携する電力会社を変えた方が、通信会社にとってはメリットがある。

新興プレーヤーが表われるかも・・・。

通信会社との提携も、大手電力会社に限らず、新参の電力会社も模索している様子ということで、この通信、電気セット売りの県は、各社から様々なプランが出てきて、いずれ淘汰されていくのでしょう。

果たして、大手電力会社は生き残れるのかな。

日経ビジネス NO.1784
カテゴリー
エネルギー業界

電力自由化の未来を想像してみる

自由化先進国ドイツでは・・・

電力自由化で先を行くドイツでは、コーヒーショップチェーンが電力を売っているとのこと。日本に当てはめれば、スタバ、タリーズ、ドトールといった所。自由化となると、電力がものすごく身近に感じる。

電力販売の新興勢力

コンビニやスーパーなど小売業の参入が考えられる。他には生活インフラ屋。んで、自社のサービスとセットで販売。セブンイレブンであればnanacoポイントが溜まるとか・・・。auであれば、電話、ネットとセット割安販売などなど。と考えると今の電力会社と比べると圧倒的な魅力を感じてします。

セブンイレブン

電力源は何?

ドイツでは自由化と買取制度が同タイミングで始まったこともあり、太陽光発電が急増。許可が降りるまで時間も早く、参入障壁も低いことが急増の要因かと。が、ここ最近では風力発電も伸びてきているとかいないとか

太陽光発電

風力発電の効率はいい

太陽光の場合、どうしても日照時間に左右されるけど、風力なら夜間でも発電できる。ということで、発電効率は高い。後は申請時の費用が1-2億円かかってしまう点を、どうクリアしていくか。

風力発電

風車が街を覆う日が来るか・・・。

太陽光発電が普及するにつれ、あちらこちらの空き地で太陽光パネルも見かける。商売として成り立つ可能性があるからだろうけど・・・。けど、太陽光に偏る現状を改善しようという動きもこの先に出てくるのでは?

となると、風力発電が最有力候補。コンビニの看板と並んで、激しく回る風車の風景が起きるのか・・・。

日経ビジネス NO.1765