LINE

新商品・サービス

お金貸しも少額の流れ。LINE

QR決済で少額決済もそこそこ普及か 現金決済至上主義の日本。他国に比べると非現金決済が少ないことは日本にとっての大きな課題でもありました。 政府が音頭を取ってカード決済を促したことで、そこそこ利用率も上がりました。クレジットカ...
IT業界

お国のためLINEが一役。一斉調査

何か怪しい調査かと思ったけど LINEの投稿ページに、LINE発のメッセージがあったのは記憶しているけど、あれがコロナ感染の一斉調査だったとは今になって気づきました。 LINE Pay、LINEデリマ、LINEスコアと色々と登...
IT業界

精度の高めたいけどプライバシーが・・・のジレンマ

信用スコアって何? 信用スコア事業で先を行く中国。アリババグループの芝麻信用では、アリババの利用履歴を元に、ユーザーの年齢、学歴、職業、交友関係に至るまで幅広い情報を元に、その人の信用度をスコア化しています。ので、お給料日前でちょっとお財...
App

LINE引っ越し失敗。なんちゃって復元でひとまず安心

iPhoneからAndroid端末が失敗の始まり 訳あってAndroid端末にLINEを引っ越しましたが、動作があまりにももさっこいので再びiPhoneに戻しました。無事、戻せたもののトーク履歴が全て消去されていることに気づき愕然。引っ越...
働き方

給与の仕組みで先を行く。3つの企業事例

お給料は社員の納得が肝 お給料とは自分の働きを評価したもので、社員の納得を得られないと何かと仕事に支障をきたすもの。とは、言え、双方が納得するというのはかなり難易度の高い話。プロ野球の契約更新を見れば一目瞭然。評価する側と評価を受ける側で...
金融保険業界

この手があったか。LINEほけん

絶好調。LINEほけん 開始早々、登録者数3万人。業界でも大きな話題を呼んでいるLINEほけん。友達登録した数が3周間で460万人。加入予備軍ではありますが、その数、スピードは過去のものとは比べものにならないほど。なぜ、このように関心が高...
投資ネタ

議決権は死守。LINE上場の条件

種類株とは 今、日本郵政と並んで投資家の注目の的となっているのが、LINE。上場時の時価総額は1兆円を超えると期待が膨らむばかり。けれど、LINE側の主張は種類株の発行を認めてよというもの。 種類株とは 企業の発行する株式について...
App

結構ライバル多いのね、チャット系アプリ

世界を見渡せば、強敵揃い 日本では他の追随を許さないLINE。中東、東南アジアでも人気が高く、日本が世界に誇るチャット系アプリですが、世界を見渡せば、チャット系アプリがゴロゴロ。 アプリ 登録者数 月間利用者数 W...
タイトルとURLをコピーしました