カテゴリー
新商品・サービス

お金貸しも少額の流れ。LINE

QR決済で少額決済もそこそこ普及か

現金決済至上主義の日本。他国に比べると非現金決済が少ないことは日本にとっての大きな課題でもありました。

政府が音頭を取ってカード決済を促したことで、そこそこ利用率も上がりました。クレジットカード、非接触、QR決済と非現金決済は色々とありますが、中でも利用件数としてはQR決済が多いのではないでしょうか。

参入企業も多く、デファクトスタンダード取りのために赤字覚悟のキャペーンを連発。ほぼほぼ体力勝負の状況ですが、この競争激化により少額でも現金を使わなくなった層は一定数増えたと思われます。

LINEスコアがアコム超えとは

QR のおかで少額化が進んだ中、融資の世界でも少額が進んでいます。

今でこそ法改正でブラックなイメージはなくなりつつある貸付業の中で、新興のLINEがあの最大手のアコムを超えたというのは驚きです。

LINEが2019年からスタートさせているLINEポケットが4月からの2ヶ月間で貸付残高が24%伸ばし、月間新規申込者数で青コムを上回わりました。

独自の与信で間口広がる

そもそも既存の貸付業会社が営業時間の短縮などで、そのお客がLINEに流れたのでは?と中の人は湖面の知ていますが、独自の与信審査にも少なからず影響していると思われます。

従来の与信に加え、LINEの利用パターンなどを加え算出することで、これまで審査に通らなかった層も取り込めているとのこと。

借りる金額は少額。若者に多し。

収入がまだ厳しい20-30代に利用者が多いというのも、それを裏付けている格好と言えます。

しかも借りる金額は3万円未満という少額で利用者の6割を占めているとか。

それとLINEという企業ブランドのイメージから貸付業より借りるよりも安心という心理的なものが影響しているかと思います。

新たな需要の掘り起こしに成功?

金融改正法により、利子の最大枠も決まり、厳しい状況にあった貸付業界において少額融資というのは新たな需要掘り起こしに成功したと思われます。

今はLINEが新興においてはほぼ独走状態。ヤフーが撤退したことは大きいですサービスをこれから始めるという矢先に、個人情報問題でサービス停止に追い込まれたのは残念でなりません。

LINEもこの先ヤフーと提携するわけで、個人情報の件で厳しく責め立てられないか心配でないりません。

新たなビジネスの芽を摘むことがないよう、切に願うばかりです。

カテゴリー
IT業界

お国のためLINEが一役。一斉調査

何か怪しい調査かと思ったけど

LINEの投稿ページに、LINE発のメッセージがあったのは記憶しているけど、あれがコロナ感染の一斉調査だったとは今になって気づきました。

LINE Pay、LINEデリマ、LINEスコアと色々と登録している僕にとって何かの勧誘かと思い、スルーしてしまいました。ごめんなさい・・・。

この調査が厚労省とLINEがタッグを組んだ大規模な国民調査ということを先に知っていれば、協力していたのに・・・。

調査対象は国内8300万人って。凄っつ!

政府も一斉調査する際に、民間とタッグを組むというのは正しい選択だし、LINEを選んだのも正解だと思います。

世に多くのプラットフォームがありますが、登録者数8300万人って、ほぼ全国民を網羅していると言ってもいいでしょう。

他にも民間と組むことで、国に個人情報を出すのはどうも・・・と不安がる人の気持ちを和らげる効果もあると思います。

いつも使い慣れたアプリですし、ハードル的なものも感じず、すんなりと受け入れられる。そこも政府としては狙っていたと思いますね。

6日後にローンチって。鬼速なですけど

で、この大規模調査ですが、発案したのはLINE側。厚労省とのミーティングの席でのこと。そこから厚労省からのGOをもらい、6日後にはローンチという爆速ぶり。IT業界はスピード感が全然違うなと思いましたよ。

個人情報対策もバッチリ

こうして、3月31日に調査が一斉に行われ、2日間の調査で2453万人の人がこの調査に協力。1/4の人が参加したということは、一定の成果を挙げたと思います。

ここまで多くの方に協力してもらったのも、個人情報対策をしっかりとしていた点も見逃せません

本来のLINE IDは使わず、別の識別番号を割り当てることで、個人を特定しない仕様しています。この仕組、他のプラットフォーマーにとっても参考になるのではないでしょうか。

グーグルとアップルがタッグ

今回のコロナ騒動を気に、いつもはヤンヤとマスコミ叩かれるプラットフォーマーの見方も変わりました。

ドコモの提供する位置情報をもとにした人の外出分布のデータは非常に参考になります。外出自粛にどんだけ国民が協力的なのか。ひと目でその様子が把握できますし。

海外では、あのグーグルとアップルがタッグを組んで、コロナ感染経路把握アプリの開発に乗り出すし、これまにはない動きを見せています。

協力の輪は今後も続いてほしいよ。

今回おコロナ騒ぎで、これまでは想像できなかったプラットフォーマーの動きが色々と見れました。

世のため、人のため、今回のコロナ騒ぎをきっかけに使い手の暮らしを豊かにする仕組みを協業という形で、どんどんと出して欲しい。

手っ取り早いのはAndroid、iOS共用の汎用OSが出せば話は一気に進むとは思うのですが・・・

カテゴリー
IT業界

精度の高めたいけどプライバシーが・・・のジレンマ

信用スコアって何?

信用スコア事業で先を行く中国。アリババグループの芝麻信用では、アリババの利用履歴を元に、ユーザーの年齢、学歴、職業、交友関係に至るまで幅広い情報を元に、その人の信用度をスコア化しています。

ので、お給料日前でちょっとお財布事情が厳しい時に、お金を借りることができす。

利子は信用スコアに応じて変動すると思われ、スコアが低ければ利子高め、スコアが高ければ利子安めとなるのでしょう。

従来であれば、消費者金融のお世話になっていましたが、スマホで完結するのですから、こんな便利なサービスはないと思います。

が、そこは中国と日本のお国柄の違い。日本の場合、プライバシー保護に対しては、かなり敏感。ので、あまり踏み込んだ情報までとなると、逆に信用を落とすという恐れもあるのです。

パソコン

Yahooが先駆けて導入したけど・・・

日本でも、2019年6月にYahooがYahoo SCOREなるサービスを開始しました。

Yahooショッピングにおける購買履歴や飲食店のキャンセル率などを元に、信用度をSCORE化。

が、これがユーザーが認めていないのに勝手に情報収集するとは何事かとなり、大炎上。

日本と中国の違いを強く印象づける結果となりました。

個人情報

控えめなLINE SCORE

というわけで、後発組はYahooの失敗を教訓に、本サービースに参入するもその収集する情報は控えめ。

LINEが始めるLINE SCOREでは、LINE Payの利用状況をはじめ、生年月日、住所、性別、年収などなど当たり障りのない情報ばかり。

サービスを提供会社が知りえない情報はほとんど入っていないというもの。

プライバシー情報に対しては厳しく管理している姿勢を改めて説明。

「メッセージの内容や通話の中身は暗号化されているので私たちでは解読することはできない」と。

そこまで説明しない限り、日本人は信用できないでしょう。

とは言え、肝心のスコアの精度はどうなの?という感じはしますけど・・・

個人情報

個人データ銀行にも通じるものが

運営側による信用スコアではなく、第三者の団体でかつ利用者による自己申告で情報を収集する個人データ銀行というサービスもこれから本格的に始まります。

ユーザーはネットの購買履歴や基本的なプロファイルなどの情報を提供する。で、その情報をマーケティングなどに使用したい企業が買う。ユーザーに対しては報酬として割引クーポンなどの対価が支払えるといもの。

仕組みとしては従来のネット調査会社の会員向けサービスに近いものがありますが、アンケートなどに答えることなくデータ銀行に預けておけば、対価を得られるのですからこんな便利な話はないですよね。

後は情報の精度ですね。男性なのに女性を偽るようなことが起きれば、データ銀行としての信用に関わりますからね。

個人情報

個人情報は売る時代?

というわけで、個人情報が使い方次第では、お金に変わる時代が本格化されてきました。

銀行みたいに利子がつくと良いんですけどね。データの利用された頻度、提供情報の多さに応じてインセンティブとかつけば・・・。

とにかくのっかってみたいと思います。

カテゴリー
App

LINE引っ越し失敗。なんちゃって復元でひとまず安心

iPhoneからAndroid端末が失敗の始まり

訳あってAndroid端末にLINEを引っ越しましたが、動作があまりにももさっこいので再びiPhoneに戻しました。

無事、戻せたもののトーク履歴が全て消去されていることに気づき愕然。

引っ越しする際は、LINE内のアカウントを引き継ぐをONしておかないと引き継がれないみたいです。

なんちゃって復元で過去トーク一部救済

トークの引き継ぎの場合、iCloudにトーク履歴をバックアップしておくことをおすすめします。

バックアップしておくと、引っ越しの際にトークも新端末に引き継がれるみちあです。

で、なんちゃって復元ですが、正確には復元というよりもLINE PC版を使って過去のトークが見れるというもの。

つまり、PC版のLINEをインストールしておく必要がありますのでご注意ください。

pC版を見ると引き継がれなかった過去のトークデータも見ることができます。

PC版とスマホ版が同期されない?

本来であれば、PC版、スマホ版と同期されるのですが、僕のLINE環境は、PC版がLINEが過去トーク&最新トークの状態スマホ版が最新トークのみと一致していません。

PC版の情報に上書きしてくれると嬉しいのですが・・・

逆のパターンにはまると怖いですが・・・

同期を促すメッセージはあるにはあるけど

復号できませんというエラーメッセージが出て、受信はできるものの送信用にテキストを打つことはできません。

これをクリアするには復号するが必要となります。

カテゴリー
働き方

給与の仕組みで先を行く。3つの企業事例

お給料は社員の納得が肝

お給料とは自分の働きを評価したもので、社員の納得を得られないと何かと仕事に支障をきたすもの。

とは、言え、双方が納得するというのはかなり難易度の高い話。プロ野球の契約更新を見れば一目瞭然。評価する側と評価を受ける側でアンマッチが起き揉めることもしばしば。

ここで紹介する企業は、難易度の高い社員の納得を得られる給与の仕組みを導入し、成功しているように見えますので、簡単に紹介したいと思います。

転職市場の相場を給与に反映 LINE

人材獲得の競争が激しいIT業界に身を置くLINE。人材の流動性も高く優秀な人材を獲得し、そして引き留めるために給与制度に転職市場の相場を給与に反映しています。

しかも、自社の評価と転職市場の相場を比較して高い方を採用するという太っ腹。

俺はこんだけ仕事ができるのにといきり立っても、転職相場で評価が低ければ何処か納得してしまいます。

大いに反省して勘違いした自分が恥ずかしくなり、さらに自己成長に勤しめるでしょう。

LINE

成果を見える化で納得。クリエス精機

金型設計会社のクエリ精機では、成果の見える化を図り、その成果に対して給料を支払うというもの。

しかも互いの仕事量をオープンにして透明性を持たせました。

これまでは仕事が遅い人のに残業代をたくさんもらって給料を多く貰っている不公平感がありましたが、この仕組を導入していこう、仕事ができる人が正しく評価される仕組みに変わり、社員の納得を得られるようになったとか。

この仕組は仕事のできる人にとては、正しく評価されている満足感から仕事へのモチベーションも高まりますし、仕事の遅い人は、自己成長を促す効果があり、これまた仕事へのモチベーションが高まると思います。

金型

これわかる。案件に応じた評価。すかいらーく

Aさんは大口のお客を貰っているので月の売上が飛び抜けて高く評価も高い。けど、これってある意味、誰でも大口顧客を担当すれば売上が立つわけで、A君の努力によるものではない。なのに評価されるのはおかしいよと。

これにメスを入れたのがすかいらーく店を難易度に応じて、格付け。。その格付に応じて評価ポイントを変え、ランクアップしていくというもの。

当然特AとBクラスのお店では求められる評価も異なり、格付けが上がればそれだけ難易度も高まります。

さらにランクアップの道筋をつけてモチベーションを引き出させる。これもよくできた仕組みだと思います。

ファミレス

まとめ

ここで紹介した事例は、他の会社でも十分導入できる内容かなと。

導入前の様子を見るに、うちにもあるな、そんな不満的のものが見受けられます。

人材獲得、離職防止にはこれからますます納得いく給与制度が必要になってくることでしょう。

カテゴリー
金融保険業界

この手があったか。LINEほけん

絶好調。LINEほけん

開始早々、登録者数3万人。業界でも大きな話題を呼んでいるLINEほけん。友達登録した数が3周間で460万人。加入予備軍ではありますが、その数、スピードは過去のものとは比べものにならないほど。

なぜ、このように関心が高いのか。というのも、ネーミングであったり、サービスの仕組みが大きく影響しているからなのです。

わかりやすいネーミング

その保険サービスのネーミングが、非常にわかりやすい。「秋のお出かけを安心サポート」わたしのミカタ1dayゴルフ保険つりを楽しむわたしのおまもり安心サポートなどなど。

シチュエーションを前提に、付帯する保険サービスをばっさりと削ぎ落とし1点集中。これがユーザーにとっては非常にわかりやすく、自分ごと化しやすい。

ゴルフの保険なんかも、「もしホールインワンなんてしちゃったらどうしよう」という不安を想起させ、スマホでサクッと加入できるなら、ポチッとしたくなります。

この受け手に対して、保険の必要性を考えさせるという点で、このネーミングは成功だと思いますね。

LINEほけん

手続きも簡単

従来の保険加入となると、住所、名前、電話番号、病気の履歴などなど。全てを埋めるのに一苦労。

これも保険加入がなかなか進まない原因。LINEほけんであれば、最短で60秒。ユーザー登録すればOKというもの。

加入手続きを思いっきり簡素化したところのウケている要因だと思いますね。

LINEほけん

若年層の取り込み強化

そもそも、LINEほけんは、長年、損保各社の課題でもあった若年層の取り込みを強化していくという狙いの元、開発されたサーボス

そのためには従来の保険サービスをスライドさせるのではなく、より若者に寄せた仕組みが必要でした。

加えてLINEというのプラットフォームを使用するという点で一層、簡便さが求められた訳です。

LINEほけんの場合、保障内容も最低限に絞り込み敷居を低くすることに力を入れたようです。

結果的にこれがヒットに繋がったというわけです。

LINEほけん

これって、他の商売にも使えるかも

このわかりやすさ簡素化は、他のサービスにも十分応用できますよね。

スマホというデバイスを使うとなると、この要素は外せないのではないでしょうか。

LINEほけんが好調な滑り出しを見え、今後、この予備軍がどれだけ契約に至るのかがこのビジネスの明暗を分けると言ってもいいでしょう。

これが他の保険会社がビックリするほどの成功を収めるとなると、この手法で様々なサービスが展開されるのでしょう。

カテゴリー
投資ネタ

議決権は死守。LINE上場の条件

種類株とは

今、日本郵政と並んで投資家の注目の的となっているのが、LINE。上場時の時価総額は1兆円を超えると期待が膨らむばかり。

けれど、LINE側の主張は種類株の発行を認めてよというもの。

LINE

種類株とは

企業の発行する株式について、「普通株式」だけではなく、他の種類の株式も発行すること。 利益・利息の配当、残余財産の分配、株式の買受け、利益による株式の消却、議決権の行使できる事項など、他の株式とは異なる権利内容を持つ株式のこと。 株主は、保有する株数に応じて、原則的には、同一の権利を所有するが、2002年4月に施行された商法改正によって、例外として、企業は、一定の条件により、権利内容の異なる株式を発行することが認められた。

コトバンクより

平たく言えば議決権は保有株比率で決まるけれど、種類株は比率に関係なく議決権を高く保てる魔法のような株なんです。 上場すると事業戦略にも影響

上場すれば、株主の意向に沿う形で事業を展開していかなければならず、業績だって四半期ごとにチェックされ、ちょっとでも業績がふるわなければ批判の的となる。

これをLINEは嫌っているわけです。時には成果がなかなか出なくても長期的な展望に立って事業を展開することだってある訳ですから。

東証も一歩も引かず

この種類株を発行している企業は東証ではゼロ。

というのも東証は基本的には認めないというスタンス。けれど時価総額1兆円は魅力的。双方で落とし所を交渉しているのが実情。

東証

アリババの例もあるし・・・。

LINEとしては東証に上場できなくても、海外市場で上場というカードを持っていることから交渉は優位に進められるのではと踏んでいます。

アリババが香港取引所からノーを突きつけられ米国で上場という例もありますし。

アリババ

LINEが東証上場となれば、株式市場はさらに盛り上がるでしょうね。景気に反映されれば言うことなしなんですけど・・・・

カテゴリー
App

結構ライバル多いのね、チャット系アプリ

世界を見渡せば、強敵揃い

日本では他の追随を許さないLINE。中東、東南アジアでも人気が高く、日本が世界に誇るチャット系アプリですが、世界を見渡せば、チャット系アプリがゴロゴロ。

アプリ 登録者数 月間利用者数
WeChat 6億人 2.7億人
WhatsApp 非公開 4.5億人
LINE 3.6億人 非公開
Viber 3億人 1億人
Kakao Talk 非公開 1億人

LINE vs Viber

スマホ黎明期とでも言うのでしょうか、僕の周りでは、この2つを利用している人が多かったですね。当時はほぼ互角で、音質にすぐれるViberは、海外先でも音声がクリアで、結構使ってましたね。
一方のLINEは、音声通話は厳しいものの、インターフェイスが日本語でわかりやすい。それと愛らしいスタンプの数々。その後、TVCMなどの影響もあってか、周りのほとんどはLINEメインで、Viberとの差をグイグイ開いていったのです。

LINE

WeChatって何モノ?

中国で圧倒的なシェアを持つアプリ。機能は音声チャットやskypeのようなお互いの顔を見ながら会話ができる機能がLINEとの大きな違いでしたが、LINEもビデオ通話機能を追加するなど、機能的な違いはなくなっている印象。

WeChat

今話題のWhatsAPP

Facebookに買収されたことで話題となりましたね。しかも、このアプリ、2年目から有料というのに、グイグイ登録者を増やしているのだから、すごい。広告を一切、排除してかシンプルに、そして軽くがモットーな感じ。スマホ利用では軽さは重要ですよね。
FaceBOOKのあのモッサリ感も、ホント、もう少し何とかならんかいなと思うわけです。

なかなかスイッチしにくいチャットアプリ

相手あってのアプリなもんで、自分だけアプリを変えても使えない。となると、日本人とのやりとりはLINE、米国人とはWhatsApp、中国人とはWeChatと使い分けるしかないかも。
3アプリを併用する中で、自分の中で淘汰が始まり、一番使いやすいアプリが絞られ、それを友人、知人に紹介し、そして普及していく。そんな流れ。ViberじゃなくLINEを広めたのも、そんな感じだった。

日経ビジネスNO.1731より