カテゴリー
ハリウッド

今度は黄金の秘宝探し。「ナショナル・トレジャー」

トレジャーハンターとして名を上げたけど

テンプル騎士団の財宝を発見し、一躍時の人となったニコラス・ケイジ演じるベン。父と共に講演会などにひっぱりだこ。多忙な日々を送っていました。

が、そんな有頂天の彼を襲ったのがリンカーン暗殺に関わった末裔という汚名。南北戦争当時のメモ書きだと主張するある男性の話によれば、メモに書かれているのはベンの祖先の名前。

という訳で、メディアは一斉にそちらの方向に傾き、ベンは汚名を晴らすべく立ち上がるのでした。

新世界に舞い降りたイギリス人が見た黄金の国

まずは南北戦争当時の文献をあさり汚名を晴らす手がかり探しからスタート。その過程で、アメリカ大陸が発見されず新世界と呼ばれていた頃、ある探検者が原住民に助けられ、そこには金だらけの建物などが数多くあったとか。

その後、一旦本国に戻り、再び新世界に足を運んだもののその村は発見されず歴史の闇に埋もれてしまったのです。

が、この黄金の国がベンのリンカーン暗殺の汚名を晴らすことに関係していたのです。

南北戦争の勝敗を左右する黄金の国

南北戦争の時、南部側はこの財宝探しに躍起になっていました。黄金を手に入れれば資金で勝る北軍に勝てるかもしれない。

ある暗号を辿れば黄金にありつけるということで、ベンの祖先にあたる人に南部の人間は話を持ちかけるのです。

おじいちゃんは最初こそ拒んでいたものの孫に拳銃を突きつけられてしまってはどうしようもない。てなわけで、暗号解読を引き受けたのです。

この時に自分の名前を記入したのがなぜかリンカーン暗殺に関わったと誤解されることに。

おじいちゃんは黄金の財宝の在り処を南軍に伝えただけ。それを証明すべく宝探しが始まりました。

大統領誘拐までして得た貴重な情報源

財宝を管理する原住民が残した木板に黄金の在り処を指し示すヒントが記載されている所でまで突き止めたベン。

で、その木板がバッキンガム宮殿とホワイトハウスの大統領執務室にある所まで突き止め、バッキンガム宮殿の木板は見事にゲット。

が、ホワイトハウス側はすでに誰かの手に渡っていたものの、その内容は歴代の大統領に引き継がれる大統領しか見ることができない書物に記載されているとのこと。

てなわけで、危険を承知で大統領の近づき書物の在り処を聞き出します。誘拐という荒手を使いましたが、こうしてヒントを手に入れたベンは木板に書かれた内容を元にある湖畔に向かいます。

洞穴出現。まるでドラクエ

湖畔についた彼らは岩場の中に手をツッコミレバーらしきものを引っ張るとあらう不思議。岩肌が崩れ落ちそこには洞窟の入口が出現します。

ドラクエⅡの邪神の像を使い、洞窟が出現するかのごとくちょっとした興奮を覚えました。

で、洞窟内の奥深くに進むと、そこには伝説の黄金の秘宝が目の前に。まばゆい光を放ち、しばし呆然。

お宝が存在したことで汚名を晴らすことができましたが、この後命を脅かす苦難が彼らを襲います。

果たして生きて帰ってこられるのか。ぜひご覧ください。

カテゴリー
Blog 反省

フリーメーソンのお宝発掘「ナショナル・トレジャー」

日本でも話題のフリーメーソンを扱う

小説でその存在を知ることとなった秘密結社フリーメーソン。会員を見ると歴史的人物のナポレオン、ルーズベルト、ワシトンなどなどがおり、謎に包まれた組織ということもあって、様々な都市伝説がテレビなどでも語られています。

そんな彼らが残したお宝が、時価にすると数千億ドルになるということでトレジャーハンターがお宝探しに挑むわけですが、まぁ、これがヒント、ヒントの連続。なかなかお目当てのお宝にありつけません。

次から次へとヒントだらけ。

まず最初に氷の中に埋もれた難破船を探し出す所から。その存在からしてお宝ゲットと心が弾んでしまいますが、中には次なるヒントを指し示すパイプのみ。

パイプのヒントを元に行き着いたアメリカ独立宣言の公文書。この裏面にある液体と熱を加えると文字が浮かび上がるというもの。まるで理科の実験を見ているようで、文字が浮かび上がった時は興奮もの。

で、浮き上がった文字は数字の羅列。ある暗号の公式にのとったもので、ある歴史的に貴重な品を、この暗号通りに文字を拾うとこれまたヒントが出現します。

で、ヒント通りに現場に向かうとレンガの中に埋もれた特殊なメガネを発見。

この眼鏡を使ってアメリカ独立宣言の裏を見るとお宝の場所を示す文字が出現。いよいよお宝ゲット間近まで近づいたのです。

邪魔者の存在が宝探しをさらに面白く

次から次へと難解なヒントをクリアし、前進するトレジャー・ハンターですが、これだけではつまらい。

というわけで、他にもお宝を狙うグループを登場させ、お互いを競い合わせる形で話が進行します。

この相手とは当初、共にお宝探しを進めていた仲間。考えの相違で決別してしまい、ニコラス・ケイジ率いるトレジャーハンターが次から次へとクリアするヒントを後を追うかのごとくついて回ります。

最後の最後には横取りという形で、人質を立てて強硬手段に出ます。

ニコラス・ケイジも観念したのか、彼らの言われるがままにお宝探しを進めます。

一旦諦めかけたけど。扉の向こうは

で、お宝が眠る教会の地下まで行き着いたものの、その場所はもぬけの殻。すでに誰かがお宝を持ち去っていたのでした。

が、他の場所にお宝があると信じて疑わない邪魔者たち。適当な嘘をついて、いきり立った彼らをなだめます。

が、お宝をゲットするまで、おまえらをここに残すということでさっさと地中深くに彼らを置いてその場をあとにします。

失意のどん底の中、とりあえず出口が他にもあるに違いないということで色々と探し回っていると以前発見したパイプと同じ形をした穴を発見。

そこにパイプをはめ込み、壁のボタンを回すと、そこには東京ドーム分とでもいいましょうか、広大なお宝貯蔵部屋が広がっていたのです。

宝探しもある程度の教養が必要

こうして見事、フリーメーソンが残した莫大なお宝をゲットすることができたのです。

それにしても次から次へとヒントをクリアする中で、ハイレベルの教養がないと難しいことを痛感。

力技だけではトレジャーハンターは務まらないと思った次第です。

それにしてもダイアン・クルーガーは美しい。それがあったからこそ最後まで見れたかも・・・。

カテゴリー
ハリウッド

これコントでしょ。ゴーストライダー

きっかけは某ラジオ番組。

ニコラス・ケイジ好きのラジオパーソナリティが番組で、本作品を笑いを交えつつ絶賛していました。

その笑いの真意を図りたいということあって、本作品を観賞しました。

マーベル作品に胸ときめく

冒頭に、おなじみのMARVELのロゴ。アベンジャーズ、スパイダーマン、X-MENと期待を裏切らない作品ばかりを世に送り出しているものだから、本作品に対する期待も自ずと高まりました。

見えズラは黄金バット。

ヒーロー役を演じるのは、あのニコラス・ケイジ。これまで観てきた作品はどれも社会派的な硬いイメージのものばかり。

そんな彼が、ヒーローものの作品に出演するというのは正直驚かれました。

しかも、その見え面は、ヒーローとは程遠い、どちらかという悪者風。

顔は火だるまになったドクロ。どちらが正義の味方と問われれば、ゴーストライダーの敵役に指を指すこと間違いないでしょう。

というわけで、どこか諧謔的な所を狙ったヒーローなのかなと穿った見方をしてしまう。

それを本気モードで演じるニコラス・ケイジが、さらに笑いを誘うというのは僕だけではない気がしました・・・。

悪魔に魂を売るという設定は面白いけど・・・

話の内容としては、悪魔に魂と引き換えに願うを叶えてもらうというもの。その契約成立後は、悪魔のパシリとして言いように扱われてしまう訳です。

で、その契約を破棄すべく悪魔と戦うのかと思いきや、まさかの契約続行。

んで、世にはびこる悪を成敗し、最終的には悪魔の子とガチンコ対決でおしまいとなります。

落とし所はそこか・・・という感じがして、小さくまとまったなというのが正直な感想。

アベンジャーズやX-MENばりの派手さを期待していただけに消化不良な感は否めませんでした。

笑いの意味がわかった気がする

というわけで、ちょっぴりですが、冒頭で紹介したラジオパーソナリティの笑いの意味がちょっとわかるような気がしました。

ニコラス・ケイジのキャリアの俳優キャリアの中では、異質な作品であり、見方によってはコメディ作品であることを・・・。

シリーズ2も作られたということで、この点を多くの方々の共感を得たんでしょうね。

そう考えるとアメリカ人は本当に心の広い国民だなと思いました。

僕的にはシリーズ2作目は結構ですといった所です。

この作品、ニコラス・ケイジの若き日を演じた若手俳優に演じさせていたら、また違った見え方をしたと思います。

それと恋人役の彼女も、若かりし頃の方が断然かわいい。

この2人を主演とした作品でもありかなと思った次第です。

カテゴリー
ハリウッド

熱意が人を動かすとはこのこと。「オレの獲物はビンラディン」

すべてのはじまりは神の啓示

本作品の主人公ゲイリーは、いい歳して職につかずプラプラと適当に人生を送っていましたが、ある事がきっかけで、アメリカ国民のために大きなる野望に目覚ます。

その野望とはビン・ラディンの捕獲。特に軍隊経験があるわけでもなく、仲間とツルむわけでもなく、とにかく神の啓示、つまり神様が多くのアメリカ国民の中から自分を選んでくれたのだから、そのミッションをこなさなければ、ある意味使命感にも似たものを抱き、周りを巻き込みつつパキスタンの地を踏むまでの成果を上げます。

オレの獲物はビン・ラディン

無計画でも何とかなるもの

ビン・ラディン捕獲という目標が定まるやいなや、行動に移すのがとにかく早い。

彼の当初のプランはアメリカからヨットを使ってパキスタンに渡るというもの。友人知人には常識的に考えて無理だと忠告しても、聞く耳を持ったないゲイリー

しまいには、彼の熱意に負けて頑張れよと逆にエールを送る始末。

とは言うことで、実際にヨットで航海に出たものの、なぜかメキシコに流れつき計画は失敗。

オレの獲物はビン・ラディン

ここで折れないのがゲイリーの素晴らしい所。

海が駄目なら空から。ということで、今度はイスラエルからパラグライダーでパキスタンへの潜入も試みますが、これまた失敗。

この2度失敗を経て学習したのか、最終的には飛行機でパキスタンへ。

色々と遠回りはしましたが、とにかくビン・ラディン捕獲に一歩近づくことができました。

オレの獲物はビン・ラディン

CIAもいい迷惑

パキスタンの地を踏み、ビン・ラディン捕獲を実行に移しますが、とにかく計画性がなく街をブラブラしてるだけで無駄に時を過ごすだけに。

この理由のわからないアメリカ人がビン・ラディンを探しているとの情報がCIAに入り、彼を警戒の目が及びます。

事情聴取しても、神の啓示の一点張りで話が噛み合わなない。あえて、そのようなフリをしているのかと疑っていましたが、ゲイリーの熱のこもった説明にこれは本物だと理解を示すようになったのです。

オレの獲物はビン・ラディン

熱意は人の壁を超える

といった具合に、周りは、最初こそ何を馬鹿な事を言っているんだといった感じでしたが、彼の話を聞くと、コロッと彼側につき応援する立場に。

無理とはわかっていながらも、それを認めて応援する。なんて心の広い国なんだなと思いました。

それと彼の行動力は元気がもらえること間違いなしです。駄目な理由ばかりが思い浮かんでしまいなかなか新しいことを始められない。夢を諦めることはママあります。

が、彼のビン・ラディン捕獲に比べると自分のやりたいことがいかに小さいかが気付かされ、やめてしまうのが恥ずかしい気分になりました。

オレの獲物はビン・ラディン
カテゴリー
ハリウッド

ニコラス・ケイジが若い「赤ちゃん泥棒」

犯罪者と警官がまさかの結婚

コンビニなどで強盗に入り、刑務所暮らしを何度も繰り返していた男が、運命の出会いをきっかけに更生。そのお相手とは何と警察官。何度も表彰されるほどの優秀なこの女性が、何と犯罪常習者と結婚。

この男の優しい言葉にほだされたという訳ですが、結婚を機にまとまな職業のつくのですから、お互いにとって良き結婚だったのでしょう。

生涯の伴侶を得たことで、次なる望みは二人の間にできる子供。毎日ように子作りに励んでいたものの、一向にその気配なし。2年、3年と時が過ぎ、不妊治療を繰り返すも全く状況が変わらない日々が続きました。

赤ちゃん泥棒

まさかの赤ちゃん誘拐

嫁は、子供ができなことで、生きている意味を失い、職をやめ家にひきこもり。家事もサボリ気味で二人の間も、どんどん冷え切っていきました。このままで離婚かという時にテレビで流れた5つ子ちゃんニュース。

5人もいるのだから一人位いいだろと、二人の意見が一致。何と赤ちゃんの誘拐を企てます。

5つ子ちゃんが生まれたお家に忍び込み、両親に見つかることなく難なくゲット。

二人は幸せの絶頂期。家に帰るなり、写真をとりまくり。この時が有頂天のピークでした。

が、この幸せの絶頂も珍客の来訪で思わぬ方向へ話は展開していきました。

赤ちゃん泥棒

赤ちゃん争奪戦

夜中も2時だというのに、家に訪問してきたのが刑務所時代の悪友2名。何と脱獄に成功して、この夫婦の元を訪ねに来ました。

で、家に上がると何と小さな赤ちゃんがいることにビックリ。

この二人、犯罪者の嗅覚のするどさと言いましょうか、すぐに誘拐した赤ちゃんということに気づき、赤ちゃんをさらって逃亡してしまいます。

誘拐したのに、誘拐されちゃった。一日して加害者から被害者へとまさかの転落事故を起こします。

急ぎ捜索活動に出かけるのですが、何と他にも赤ちゃんを捜索する輩が表れ、熾烈な赤ちゃん争奪戦が始まりました。

赤ちゃん泥棒

ニコラス・ケイジが若いよ

その男とはハーレーに乗り、猟銃2本を背中に背負って、旨には手榴弾。自称、赤ちゃん救出のプロだとか。

無事、依頼主に所に赤ちゃんを届ければ法外な懸賞金が手に入るということで、早速創作活動が開始されます。

ニコラス・ケイジ夫妻が逃亡犯と遭遇し、無事赤ちゃんを取り戻したその瞬間に、このハーレー野郎が出現。命を取られる位にボコボコにされるニコラス・ケイジ。万事休すという所で起死回生の大打撃を与え、この難から逃れることができました。

最後は見てのお楽しみということで、若き日のニコラス・ケイジは今の落ち着いた雰囲気からかけ離れたようなチャラ男。歴史を感じずにはいられませんでした

カテゴリー
ハリウッド

久々に後味の悪い映画でしたよ。コンデンター

最初に前置き・・・

開始30分で面白いかつまらないかを判断してしまう。もしかしたら後半にかけて面白くなる・・・。確かに昔は我慢して最後までつきあいましたが、大概はつまらないままで終わるのが大半です。

本作品もどちらかと言うとつまらない側。けど、ながら観賞していたらあっと言う間にエンディングを迎えます。

掻い摘んでの観賞なので内容に誤りがあるかもしません。

あらかじめご容赦ください。

事の発端は原油漏れ

海洋油田事故で海が原油が流れ、付近の漁業関係者は大打撃。原油を管理するBPや自治体からは生活保障という形は金銭面の援助はあったけど、それっきり。

日を重ねるうちに原油による汚染は深刻度を増し、漁業関係者の生活も苦しくなるばかりでした。

そこで地元を愛するニコラス・ケイジ演じる議員さんが、市民の声の代弁者として大演説をテレビで展開しました。

コンデンター

一夜にしてヒーロー陥落

この議員さん、BPに対し、その後の生活補償もしてくださいよとテレビなどで演説。

一夜にして弱者の代弁者としてマスコミから取り上げられ一夜にしてヒーローとなりました。

が、この議員さんの人気集中を妬む輩から、超弩級のスキャンダル映像が流されます。

平たく言えば不倫のチョメチョメ動画です。これが一斉にマスコミで取り上げられるや、一夜にしてヒーローから、悪者扱いにされしばらくは身を隠すまでになりました。

黒幕はお前か?

世間的には石油に代わる代替エネルギーが求められ、原油に対してのイメージも悪い。そこに来ての原油流出事故。議員が先頭に立って声高に掘削工事はやめろと原油採取を真っ向から否定。

この活動が漁業関係者の多くの味方をつけていった訳ですが、この活動を面白くないと感じたのが企業群。

彼を黙らせるほはスキャンダルしかないと奥の手を使ってきました。

コンデンター

復活の矢先だったのに・・・

このスキャンダル以降、大きく信用を失い議員辞職まで追い込まれますが、原油流出で生活が苦しくなった人達の救済は地道に続けていきました。

しかも現奥様とは不倫事件をきっかけに冷めていたものの、新恋人もできて順風満帆。

地道な活動がBPからの賠償請求を引き出すことにも成功し、議員活動としてもプライベートにおいても風向きがかわりつつありました。

コンデンター

最後は自暴自棄にしか見えない

敵は巨大だけれど信念を貫いて地元民の生活を守る筋の通った議員さんかと思いましたが、最後はまさかの大どんでん返し。

どちらかと言うと原油採掘こそ地元の暮らしを豊かにするばりの演説で、アレレといった後味の悪い結末でした。

熟年の失礼でも、人に与えるダメージが大きいことを学びました。

カテゴリー
ハリウッド

アンジョリーナ・ジョリーしか残らなかった60セカンズ

公開は2000年。

タイトルとレビューのサムネイル画像だけで録画したこの作品。のっけからこれ失敗したかもと冒頭から後ろ向き。

俳優人も知らない人ばかり。主人公が誰かに似ているなとずっと気になっていたら、何とニコラス・ケイジではありませんか。公開した年が今から15年ということもあり、今の渋みがゼロ。全く気づきませんでした。

いや、それよりもビックラこいたのがヒロイン役の女性。口元がこれまた有名な女優に似ているなと思って、ネットで調べたらこちらもビックリのアンジョリーナ・ジョリー。

60セカンズ

髪は金髪で、ガサツなガテン系女性を演じ、役にピッタリ。現在の妖艶な感じゼロ。若かりし頃のアンジョリーナ・ジョリーは、正直抜きん出たオーラーがありませんでした。

主なあらすじ

クルマ窃盗団で知らぬ人はいないニコラス・ケイジ。けど、それも遠い昔の話。今ではまともな職につき余生を送っていたのに、事もあろうか弟の尻拭いのため6年ぶりにクルマ窃盗をする羽目になり、見事な手際の良さで次々とクルマを盗んでいくわけですが、まぁ手際のいいこといいこと。

6003

与えられたミッションは50台。それも1日で成し遂げてしまうのですから、さすが伝説のクルマ窃盗団です。

こうやってクルマって盗まれるの

作品の中で、窃盗の手口が色々披露されます。キー差込口を引っこ抜いたり、ECUみたいなのを取り替えたり、ハンドルの取り付けられた棒をハンドルごと取ったり。

で、窃盗団の手を焼いたのがメルセデス

当時はまだ珍しかったんでしょうね。イモビライザーって。

今では一般的になっていますが。窃盗団もこの近代装置は手を焼いている感じでした。あくまでも作中ですが・・・

高級車と言えばアメ車でしょ

アメリカの作品なので、そこは名車と言えばフェラリーでもポルシェでも、メルセデスSLでもない。フォードムスタング。50台目ラストのクルマとして、最後は空を飛んでもいましたね。この作品がきっかけでしょうかね、ムスタングのリバイバル版も出ました。

60セカンズ

個人的なリヤビューのルーフから流れる流麗な感じから、ボクシーなテールランプのラインがたまりませんでした。

色々とあったけど・・・

派手なカーチェイス、手際の良い窃盗手口、激しいアクションシーンと色々ありましたが、結局残ったのは若かりし頃のアンジョリーナ・ジョリー。ガサツな役もありだなとどんどん引き込まれていきました。

カテゴリー
ハリウッド

なかなか終わらないエンディング「コン・エアー」

ニコラス・ケイジじゃない方が感がずっーと

どっかで観た顔だなーと思いつつ、中々名前が思い出せず悶々と最後まで観賞。アクション映画ならもっとシュッとした人にすればいいのに・・・とずっと、僕の中では違和感信号が鳴り止みませんでした。

con_01

どっかでケンシロー重ねて見てしまう

は、ちょっとアクション向きじゃない感がありましたが、体つきは見事。大きく張り出した大胸筋に、ラリアートされたら即死だろうな感の丸太のような上腕二頭筋。相手が腕に自信のある凶悪犯なのに、格闘シーンになると圧倒的な強さなんですようね。これってケンシローじゃんって位に。

con2

なかなか終わらないエンディング

ひらたく言うと極悪犯の逃走劇。最後は逮捕されて終わりなんだろうなと予想がつきましたが、これがなかなか捕まらない。捕まりそうになると、スリルとすり抜け、もうこれの繰り返し。一回ピークを迎えたテンションをまた戻すといのは結構な労力。僕的には、ん、もうしつこい。スッと終わりにしてよって感じでした。

何かしでかすだろう、コイツ。

極悪犯の中にも、一人毛色の違う、いかにも犯罪しそうにもない役柄の人が登場します。けど、なんか意味有りげに描かれていて、実は極悪犯人の脱走計画を影でお膳立てしているのでは彼ではないかと・・・。

いつ正体を現すんだと、今か今かと待っていましたが、予想に反して、そっち系なのねって。見事に裏切られました。

con3

アクション映画好きなら、たまらなくエキサイトできる作品です。僕的にはちょっと疲れを感じる映画でしたが・・・。