カテゴリー
飲料食品メーカー

行き過ぎた賞味期限に鉄槌。サッポロビール

賞味期限切れでも行ける

賞味期限近い食材は何かと家計を助けてくれてありがたい。20%引きだの、30%引きだのとこれまで手の届かなかった牛肉さえ買えてしまう。

で、自宅の冷蔵庫に数日保管し、賞味期限を明らかに過ぎているのに特に味の劣化もなくお腹を壊すこともない。

廃棄処分だった牛肉を救ってあげたことも多少は誇らしく思ったりもしちゃいます。

肉

食品ロス51kgって

とは言え、僕のようなセコい人間に買われることなく、廃棄処分という悲しい目に合ってしまう食材がかなり多い。

この食品ロス、社会問題もなっており、かの恵方巻大量廃棄で一気に注目が集まりました。

あるコンビニでは受注生産に切り替えるなど、そのインパクトはかなり大きかったことが伺えます。

食品ロスは年間で643万トン。これを一人あたりで計算すると51kg。細身の男子一人分の廃棄が出る計算になるのですから穏やかではない。

てなわけで、国も食品ロス削減推進法を立ち上げました。

ガイドラインにはメーカーに対する行き過ぎた賞味期限は控えてねといったお願い事項もあり、この文言に食品メーカーも敏感に反応しました。

生ゴミ

動き出したメーカー各社

例えば、キューピーでは、いつの商品の賞味期限を延長したり、味の素では、賞味期限の年月日表示を年月に切替えたりしています。

で、ビール業界でもこの動きに参道したのがサッポロ

賞味期限の延長と年月表示への切り替えを発表したのです。

マヨネーズ

サッポロビールの英断

とは言え、ビール業界は鮮度が命アサヒビールが特にこの点には力を入れてきました。今では製造から出荷まで3日という驚異的なスピードを達成

知人が言うには、鮮度が高い方がうまいとのこと。買う時はわざわざ奥の方の陳列間もない商品を買うというこだわりっぷり。

このような鮮度に敏感な消費者をあえて切り捨てたサッポロの英断はビール業界の鮮度命に一石を投じる取り組みだと思います。

ビール

他にもメリット色々

食品ロスの低減の他にも、生産面、売り場での効率アップも見込まれるとか。

これまで月を3分割して生産計画を立てていたのが、月の1単位で済む。

店頭では店頭に並んでいる時間が長くなり、お兄さんを前に、弟は後ろにといったケースの入替え作業も少なくなる。

といった具合に賞味期限の延長と表示の変更をするだけ、色々とメリットが出てくるわけです。

後はこの取組が消費者に受け入れられるかという点。

売上が落ちてしまったらもともこうもありませんし・・・

個人的にはこの取組が成功をすることを願うばかりです。

舌が馬鹿な僕にとってはそちらの方がいいので

カテゴリー
新商品・サービス

流行りのオープンイノベーションとは結局・・・

オープンイノベーションとは

最近、よく耳にするオープンイノベーションという言葉。

平たく言えば、外部と協業して何かを生み出すというもの。自前主義では限界。ならば外部の知恵を借りてイノベーションを起こそうと。

自前主義と言われたあのトヨタでさえ自動運転分野などで外部連携を図るなど、ほぼ定着化した感じさえします。

これも変化のスピードが早まったから来ているのでしょう。ある意味、オープンイノベーションは時間を買って短期で成果を出すものという風にも僕には映りますが・・・

オープンイノベーション

場所貸しビジネスも活況

このオープンイノベーション活況という事象は目に見えて明らかであり、外部と交流する場を提供しているのがあちらこちらに。

一例をあげると、三井住友、ホンダ、味の素、JAグループ、KDDIなど、幅広い業種でこの手の場を提供しています。

おしゃれな内装で、いわゆる商談スペースとは異なる空間づくりも特長のひとつ

ちなみに、この手の交流の場を貸し出すサービスも好評と言うのですから、世はまさにオープンイノベーション花盛りと言ってもいいでしょう。

オープンイノベーション

外部主導でイノベーション

オープンイノベーションには大きく分けて3つのパターンがあり、一つは外部主導、2つ目が自社技術開放、3つ目が連携型

例えば外部主導型のオープンイノベーションで成果を挙げているのがサッポロ

新ビール開発に公募を行い、商品化までをお手伝いするというもの。

開発にあたって基本的には外部主導。サッポロ側は一切口を挟まないという徹底ぶり。

これまでの経験に即したアドバイスはしたいけど、それをするとオープンイノベーションにならないということでグッと我慢をして、とにかく新発想のビールづくりのお手伝いに徹しているところがすごいですね。

オープンイノベーション

自社の技術を開示してイノベーションを起こす

続いては、自社技術を開放したイノベーションで成功しているのが富士フィルム

全てを開示とは行かないまでも、協業依頼の企業を精査して、ならばこの技術を開示して新しいものを作っていきましょうという仕組みです。

花王のヘアカラー商品で早速商品化にこぎつけたのですから凄いです。

オープンイノベーション

連携してイノベーション

最後に連携型です。外部主導型と一緒ですが、平たく言えばオープン側も口を出して、一緒になっていいものを作っていきましょうねというもの。

例えば監視カメラというハードを提供するので、利用シーンに応じたアプリ開発を応募しますよというもの。

これってファミコン本体とカセットとの関係に近いものもあり、オープンイノベーションのカタチで行くとこれが一番双方にとって良いかなと感じました。

カテゴリー
飲料食品メーカー

次なるフロンティア。ベトナムビール市場

国内はもう諦めムード

一昔前までは、大ビールが美味しく感じるは大人の仲間入りかと思っていました。

初めて美味しいと感じたバイト先でのビール。仕事終わりに店長が進めるビールが、いつしか美味しく感じ、僕も大人の仲間入りと実感したものです。

が、発泡酒やら第三のビールの台頭もあり、この大人への仲間入り儀式がちょいと安く仕上がっているのでは?というのが僕の感想です。

ビールを体験せず、発泡酒、第三のビールに満足し、ビールの美味しさを知らない世代が増えてきていると思うとゾッとしちゃますね。

ビール市場が伸び悩んでいるのも、ビールがそこまで持て囃されていないということも一因だと思うんです。

散々ビール各社はビール復活に力をいれてきましたが鳴かず飛ばず。戦略を改めて海外市場の開拓に舵を切りました。

ビール

ベトナムが次なる主戦場

成長著しいベトナムが、今ビール業界で熱いのをご存知でしょうか。

中間層の台頭でビール需要は中国、日本に次いで3番目。

ベトナムのビール市場は国営ビールがシェアの6割を握り、一昔前のキリン状態。

ならば、新興勢力の出る幕はないかと思いきや、この国営ビール会社が株を売却することで、各ビール会社が色めきだっています。

ベトナム

サッポロが切り開くよ

黒ラベルでおなじみのサッポロビル。

確か発泡酒やら第三のビールを市場に初めて投入したのがこの会社だったと思います。

なので、チャレンジ精神旺盛な会社だと僕的にはかななり好意的に見ています。

で、ベトナム市場におけるサッポロはと言えば、既に高価格帯ビールサッポロプレミアムでベトナム市場参入を果たし、次いで価格帯を下げた商品も投入と他の国内ビール会社よりも一歩先を行っています。

ベトナム

他社の同行はどうよ

既にミャンマーのビール最大手を買収済みのキリンや海外事業に力を入れているアサヒも買収に関心を示し、競争が激化する感じ。

後は2000億円という買収金額を調達できるかにかかっています。

が、とてつもなくこの金額が高い。サッポロの過去の買収案件を見ると、カナダのビール会社買収、ポッカ買収時が300億円ですから、約7倍のも買収金額を用意できるというのが難しいところでしょう。

ベトナム

合従連衡なるか

で、浮上しているのが国内ビールメーカーが互いに手を結んで買収するという案。言わば日本連合ですね。

買収金額を皆で折半すれば負担も大きく減りますし、この案はいいと思いますね。

大人への入り口となるビール。その文化がベトナムでも育てばきっと成功するとは思うんですけどね。

丸くなるな、星になれ。最近やたらと胸に響きます。

カテゴリー
飲料食品メーカー

この先どこに向かう、第三のビール

第三のビールでもアリ

まだ第三のビールが世にない頃、キリンラガービールの愛飲者でした。350mm缶6本入りで確か600円前後だったような気が・・・。

今にしてみれば、収入もさほどないのになんて贅沢なこと・・・。しかも、発泡酒はお口に合わないと生意気なことをのたまう始末。

が、収入がさらに落ち込み、やっと気づきました。アパート暮らしのくせにベンツに乗っちゃっている的な背伸びしている自分を。

で、第三のビールを始めて口にしたら、コレが結構、アリな味に自分でもビックリ。それからというもの国産の第三のビールを色々試し、辿りついたのが、韓国産の第三のビールでした。

家計に優しいお値打ち感

この韓国産の第三のビール。なんと350mm缶6本入りで500円前後とかなり格安。しかも味も自分好み。ここ3年ほどはブランドスイッチもなくこの韓国産ビールにお世話になりっぱなし

たまーに飲み会の席で、ビールを飲んでも、特別おいしいという気も起きない。

自分の舌が相当バカになったのか、はたまた第三のビールのクオリティが高いのか判断はつきかねますけど・・・。

のっぴきならない価格改定

そもそも第三のビールが安いのは税率が低いから。ビールの税率が最も高いのは知っているけど、発泡酒に対しては1.6倍、第三のビールに対しては約3倍だそうです。

仮にビールの税率を30円とすると、第三のビールは約10円。ビールの値段にとって、20円の差は物凄い大きい。24本換算では480円。第三のビールの約4本分に値します。

が、2016年以降、お国の方では、この酒税を1本化しようという話がなされています。ビールの税率を下げて、発泡酒、第三のビールの税率を引き上げようというもの。

となると、第三のビールの魅力でもある「安さ」というものが殺がれてしまい、家計に重く負担がかかることは必至。

メーカーも着々と準備を進めてます

安さの代わりとなる価値をつけないと第三のビールの存続が危うい。ということでビール各社は考えました。新しい価値って何と。

健康に優しいビールという価値。

この健康志向系のビール。痛風の原因となるプリン体やカロリーを減らし、健康嗜好のニーズに応える形で数年前から発売されています。

最初に口にした時は、よくもまぁーこんな商品を発売することができたなと顔をしかめる味ですが、近年では相当味もまともになってきている様子で、年5%で市場が拡大しています。

極ゼロで注目度高まる

サッポロが2013年に発売した第三のビール。極ゼロ。世界初のプリン体、糖質ゼロで大きな話題を呼びましたが、お国から横ヤリが入り、これは発泡酒だと言われ、世間を騒がせました。

結局、サッポロはお国の指摘にしたがい、発泡酒として再出発したわけですが、ニュースで話題になったこともあり、バカ売れと何とも素直に喜べない結果となったわけです。

戦う、サッポロ

が、しかし社内調査をしてみると、やっぱりこいつは第三のビールだよということが判明。お国相手だけに泣き寝入りかと思いきや、酒税返還を要求。敢然と立ち向かう姿勢はあっぱれとした言いようがありません。

ここまでサッポロが必至になるのも、その後の商品開発に影響するからとも言われています。健康嗜好ビールはこの先に期待のかかる市場。将来のことを考えると、ここで白黒つけておかないと、この先発売される新商品にも影響するからでしょう。

どうなる第三のビール

価格という武器を失う可能性が高い第三のビール。健康嗜好やらフルーティやらアルコール度数高めやら、変化球中心の商品ラインナップとなっていくのでしょうか。

個人的にはノーマルな味が好きなだけに、税率アップを吸収するほどのコスト削減し、お値段そのままというの切に願います。