カテゴリー
スタートアップ

期待のユニコーン企業続々。けど、赤字の額が半端ないよ

2019年はユニコーン豊作の年?

まだ上場していないのに時価総額が10億ドルになるだろうと期待される企業のみに与えられるユニコーン企業

その名を与えられるというのは、かなり名誉なことであり、過去を振り返ればアリババフェイスブックなど今も世界的に名の知られている企業ばかり。

で、2019年はユニコーン企業の当たり年なのか、例年に比べ新規上場する企業が多いとのこと。

上場済み、上場予定企業は、既に名の知れた企業ばかり。逆にまだ上場していなかったことに驚きました。

過去との違いは大赤字企業が多いこと

市場から注目が集まる花の2019年上場組ですが、これまでのユニコーン企業と毛色が違うのも特長の一つ

それが半端ない赤字。赤字を抱えつつも上場するユニコーン企業はこれまでおり、さして驚かないけど、その金額が億超えというパンチ力も。こちらもユニコーン級と呼べるでしょう。

例えばライドシェアのリフトは18年に10億ドル近い赤字を出し、ライバルのウーバーにいたっては30億ドルというトホホな数字。

株式で調達した資金を借金返済に即回わしてしまうのでは?という不安さえ感じちゃいます。

投資

Amazonの成功を重ねて見ちゃう向きも

そもそも30億ドルもの借金を抱えても事業を継続できるというのだから、アメリカの金融機関は懐が深いと言いますか、スタートアップ企業の育成に真剣に取り組んでいるだなという印象。

けど、もうそろそろ金融機関も我慢の限界と来たため、ユニコーン企業は上場せざるを得ない状況に追い込まれたとも言えますね。

そんな借金まみれの企業の株式を購入しても大丈夫?と素人ながら思っちゃいますね。

投資家の方々はAmazonの成功を、これから上場するユニコーン企業に重ねて見ているんでしょうね。

Amazonも上場時はとんでもない赤字を背負い込んでいましたから・・・

投資

投資家の期待の声に応えることができるか

上場したことで、より経営の責任が重くなるスタートアップ企業。市場から厳しい目を向けられることでしょう。

上場時についた株価を基準に上がった、下がったと連日新聞で騒がれていたフェイスブックのように注目されるのでしょう。

既に上場を果たしたリフトが既に上場時の株価を下回る状況に陥り、前途多難といった感じがします。

同業のウーバーも、ライバル会社のこの煽りを食う形で当初の想定よりも株価はつかないのでは?市場からの期待もややトーンダウンといった感じが否ません。

これから新規上場を予定しているスタートアップ企業に勇気を与えるためにもぜひとも頑張って欲しいところです。

投資
カテゴリー
スタートアップ

こうして起業に失敗したけど、しっかり復活

失敗したけど、今では元気にやっています。

日本は欧米諸国に比べると起業者が圧倒的に少ないと言われています。

失敗したらどうしようという不安がつきまといますが、その前に何を商売にして会社を起こそうというのが、なかなか思い浮かばない。

ここで紹介する人たちは、まず商売の嗅覚がするどいという事。

そして、これは商売になると行動に移す勇気が誰よりも優れている。

残念ながら、起業は失敗しちゃったけど、再起をかけて再び起業したり、起業への道を開くべく一歩、一歩前進している。

溢ればかりのバイタリティにとにかく圧倒されぱなしでした。

ここで紹介するのは起業の失敗例ですが、雇われの身としても大いに参考になるものばかり。いち平民でも知っておいて損のないものばかりでした。

ビジネス

事例1:融資ストップ。返済前倒し

不動産会社を起業したAさん。当時では珍しかったデザイナーズマンションの絞り込んだ物件を多く扱い、事業も順調に推移しいていました。

が、リーマンショックにより、物件の売れ行きが鈍化。

これに敏感に反応したのが融資先の銀行達。融資を渋りだしたり、返済の前倒しをするなど事態は急変。

結局これにより事業が回らなくなり会社を畳むこととなりました。

世界経済の失速が大いに関係する事例です。

マンション

事例2:事業拡大が仇となる

社長インタビュー動画制作で大当たりしたBさん。事業拡大でビジネスをFC化。それまで九州だけでのビジネスでしたが、これにより全国展開が可能となりました。

fc加盟会社は言わば営業。動画の欲しい社長を集め、映像の撮影、編集は本部が賄う。

最初こそ順調だったものの、撮影の出張費などでコストがかさみ思いの他利益が出ない。加えて仕事も徐々に少なくなり、知り合いの会社に融資を打診。快く受けてはくれたものの、会社の経営は融資先に映り、Bさんは雇われ社長というカタチに。

それでも会社のために尽くしていたものの、解任となり、会社を去ることに。

FC化構想までは良かったのですが、エリアごとに協力会社を開拓して、そこに撮影を委託すれば何とか行けたのではと素人ながらに思いましたが、実際はそうも簡単には言っていられないのでしょう。

撮影

事例3:現場に任せて大やけど

飲食店を開業したCさん。店舗数も増えた所で、お店を部下に任せ自身は海外業務に力を入れ、さらなる事業拡大を目指しました。

が、しばらくすると売上がガタ落ち。社員の売上横領にはじまり、かきいれ時のお休みなどのやりたい放題。

これにより閉鎖をよぎなくされました。

この手の話はよく聞きますね。プロ野球選手の元木選手がラーメン屋で失敗したのもこれに似ています。

やっぱりこまめな巡回、チェックで管理していかないと現場はたるむんですね。

料理
カテゴリー
スタートアップ

将来有望なベンチャー企業続々

未上場ながら評価額1000億円オーバー

世界に目を広げるととんでもないベンチャー企業が多いことに気づかれれます。

今、世界的に未上場ながら評価額が1000億円以上のベンチャー企業が200社前後いるとか。

その希少性から、それらの企業をユニコーン企業と呼んでいます。

ユニコーン

ウーバーって未上場?

中でも注目なのが、ライドシェアで広く世界的に知れ渡っているウーバー

推定企業価値は約7兆円と他のユニコーン企業を圧倒するほど。日本の上場企業で時価総額8位の日本たばこ産業に匹敵するというですから。

まるでインディーズシーンでメジャーのヒットチャート上位に喰い込むほどの力を感じさせます。

ベンチャー

国別ではアメリカだけど・・・

このユニコーン企業。国別で見るとアメリカが約半数の100社となり次いで中国。その差は2倍以上とアメリカ強しという状況ですが、ここ最近では中国の成長も著しく、ここ1年半の増加数ではアメリカのそれに比べて中国の方が多いとか。

例えば環境問題のネタで触れた自転車レンタル。この運用を行っているのがOfoというユニコーン企業。他にもEVベンチャーのNIOなどが挙げられます。その他にもユニコーン企業予備軍として宅配事業会社の豊巣科技、動画アプリの快手も控えており、この現象は一過性のものではないこと伺えます。

ベンチャー

で、日本のベンチャーはどうよ

アメリカ、中国の存在感だけがやたらと目立つユニコーン企業

気になる日本勢はと言えば、個人間の売買をメインとしたメルカリ1社のみ。

政府による起業家促進の施策は打っているものの、現状はアメリカ、中国の足元にも及ぼないというの正直な所でしょう。

今後メルカリに続くユニコーン企業の登場を待ちたいところです。

もはやここまで来るとユニコーンじゃないよ

評価額1000億円オーバーのベンチャー企業が200社もあるなんて、ひと昔前では、考えられませんでした。なので、希少性の高さからユニコーンと名づけられたのですが、ここまで増えると希少性もなく、ユニコーンというよりか、普通の白馬と言ってもいいでしょう。

ここまで増殖した訳は?

ひとつには世界的な金融緩和で金回りが生じ、利回りの高いベンチャー投資にお金が向かっている。

中国に関しては政府からの海外資金流出の規制で、投資先が絞り込まれ、そのひとつにベンチャーへの投資があり、そこにお金が投資されています。

両者とも外部要因が大きく影響しています。日本も同じように融資にお金を回すよう施策が打たれているのにベンチャー投資が活性化されないのは残念でなりません。

金融
カテゴリー
スタートアップ

仮想企業プログラムを受けてみたい

異業種の話はタメになる

友人同士で仕事の話はするとハッと気付かさることがあります。

飲食店勤めの彼は、日々の売上管理やら仕入れの調整、果てはバイトのシフト調整などなど。

メーカーに勤務する友人の話では、オートメーションが普及する中で、未だ人の手によるモノづくりが主流で、年配になればなるほど、その腕は神の領域だとか。

といった具合に、今の自分の仕事に直接的には関係ないけれど、間接的に今の仕事に応用できるものもあり、色々な発見な満ちています。

今回紹介する話は、起業がメインですが、異業種のスタッフと組んで会社を立ち上げるもので、このプログラムに参加できれば、モノの見方、仕事に対する姿勢も変わるのでは?と思いました。

起業

2年間限定の起業プログラム

異業種交流会で名刺を配り、人脈を広げるといったそんな薄っぺらの交流ではなく、異業種のスタッフと組んで会社を立ち上げるというもの。

なので、濃密な交流が生まれるわけです。

仕組みはこんな感じ。まず異業種スタッフが集まり、起業するネタを話し合い、収支報告書なり、市場調査などを経て、会社を設立。

運営会社からは出資金として500万円が渡され、2年間事業を推進していきます。

で、期限が来たら会社を売るという終わりまでしっかりとした仕組みづくりがなされています。

出向元の企業が買うもよし、市場に委ねるもよし。

起業

大企業で参加者続々

このよくできた仕組みを考案したのが、人材コンサルティング会社のワークスハピネス

2015年から既にこの異業種連合起業チャンレンジプログラムをはじめており、参加者はパナソニックやホンダ、ローソンなど大企業が名を連ねています。

参加費は1000万円と安くはありませんが、起業家精神を養う絶好の機会とばかりに幹部候補生が参加しているのでしょう。

起業

疑似起業を経験する良い機会

起業と言っても、資金面、場所、人材など色々と考えるとどうしても足を踏み出せないのも確か

若くして会社をやめ、起業したものの1年を待たずして会社を閉めましたなんて話を聞くとなおさら今の会社で頑張ろうと思うはず。

ただしこのプログラムであれば、退路を断つといったボトルネックはなく、起業できるのですから、ぜひとも参加してみたい。

事業立案の過程で、その企業の仕事のススメ方やら、考え方も学べますし、何と言って事業の成功という明確な目標をもとに仕事を進めていくわけですから。

ただ、この起業に力が入りすぎて、出向元に戻ってから燃え尽き症候群にならないか心配ではありますが・・・

起業
カテゴリー
新商品・サービス

スタートアップ環境に変化。銀行も前向きの時代

銀行からお金を借りるのは大変だよ

事業を立ち上げ、いざお金を借りるとなるとなかなか首を縦には振ってくれない銀行。

やれ事業計画書を出せだの、与信チェックやらと。足元を見られて利率を決められ、最終的には希望の融資額に届かない。

てな訳で、もっと手軽にお金を借りられる手段はないかということで、今までは街金に手を出す。で、大火傷をして夢半ばにして断念。

が、僕の起業にまつわるイメージです。

けど、最近はかなり便利になってきて、ネットでお金を集めて起業するクラウドファンディングが盛ん。

事前に審査はもちろんありますが、利用者が多いことを考えると、銀行よりもハードルが低い気がします。

人生

クラウドファンディングと銀行が手を結ぶ

銀行とクラウドファンティング、お互い相容れない関係かと思いましたが、この度、みずほ銀行Makuakeが提携するとのこと。

これがお互いがWin-Winの関係になるよくできた仕組みになっています。

起業

Makuakeのメリット

資金調達して、ようやく販売にこぎつけた新興企業のその後を面倒見てくれるというもの。

起業しても、販売して終わりではありませんから、第二弾、第三弾も開発していかなければならない。またまた資金が必要となってくる。

再びMakuakeも使えることもできますが、みずほ銀行が融資もしてくれます。

会社運営に関してのアドバイスも当然してくれるでしょう。

となれば、あまたあるくラウンドファンディングの中で、Makuakeならその後も安心かもと起業家には映ると思います。

融資

みずほ銀行のメリット

大企業ともなれば、日の目を見なかった商品企画は死屍累々のはず。

開発費と天秤にかけられ、泣く泣く断念した企画も、Makuakeを使って資金を集めれば、会社の目も多少緩むはず。

てなわけで、みずほ銀行としては融資は難しいような案件はMakuakeを紹介といった感じではないでしょうか。

そこで予想以上の資金を集められればそれだけ期待値も高いはず。

イニシャルコストはそんなにかけずに試験的に商品を販売する場としては有益。

軌道に乗れば、みずほ銀行がその後を面倒を見ればいいわけですから。

人生

まとめ

クラウドファンディングと金融機関が手を結ぶのも世の流れ。ほっとけない存在までクラウドファンディングが成長したとも言えるでしょう。

ということは、それだけ起業を目指す方々も着々と、日本の中で育っている証拠。

アメリカに追いつけ追い越せと息巻いていましたが、結果が伴わず、ちょいと下火感がありましたが、日本版スタートアップも今後盛り上がりを見せるのではないでしょうか。

カテゴリー
ライフスタイル

イマドキの18歳は大人だよ。

自分の18歳を振り返る

最近、朝日新聞で18歳をあるくという特集が組まれています。イマドキの18歳を様々な切り口で紹介しています。SNS重視、身の丈消費、んで今回紹介する起業家精神。

この記事を読んで、自分の18歳を振り返ると大学受験に追われ、人生設計なんて全く考えておらず、とにかく大学入って遊び倒してやるということしか頭になかった。

それに引き換えイマドキの18歳ときたら・・・

パソコン教室を開設

まず一人目のスーパー18歳のお話。彼は何と自らのパソコンスキルを活かして高校生ながらも、プログラム教室を運営しているとのこと。受講料は7500円とまずまずの価格設定。

最初は、「高校生?」と驚かれるけど、そのお兄さん的な教えのスタイルが好評だとか。彼いわく「1年間で拠点を4箇所増やしたい」という野望も持っており、その現状に満足しない姿勢に刺激を受けました。

露店商売で起業にチャレンジ

続いて紹介する彼は、インバウンド需要をうまく商売に結びつけています。訪日外国人の多い観光地に繰り出し、路上で「あなたの名前を漢字で書きますという商売をしたり、1時間200円でWIFIを使用できる商売をしたり、とにかくこの彼、これは商売になるかもと思ったら即行動に移すフットワークの良さがウリ。

年を取ると経験が邪魔をして、ネガティブなことばかり考えて、なかなか一歩を踏み出せない。そんな自分を後押しするような事例でした。

生き残るには自分に磨き

高校生にしてIT関連の会社を設立した高校生いわく「今の時代、大企業就職しても安泰じゃない。会社の名前ではなく自分が力をつけないとダメだと」

確かに18歳の自分に、大手企業が倒産の危機なんて話をしたら、ビックらこくでしょう。そう考えると、このスーパー高校生の言っていることは胸に響きました。

今回の18歳のあるくを読んで、色々と気づかされることも多いと同時に、世代を越えても価値観に近いんだなと。

先の見えない時代ということが、このような価値観を醸成しているんかなと思った次第です。

年もあらたまったことですし、自分の立ち振る舞い、考え方も変えていくよいきっかけになったと思います。

カテゴリー
スタートアップ

スタットアップ企業の存在感高まるCES

日本で言えばシーテック

2015年1月6日-9日の4日間、米ラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。家電展示会として世界的に知られる展示会ですが、2015年は家電メーカーはもちろん、ひと昔前では畑違いと目されていた自動車メーカーも過去最多の10社も出展。

ces

家電とは切っても切れない存在になりつつあることが浮き彫りになりました。

2015年CESのハイライト

2014年との違いは、スタットアップ企業の出展数の増加。対前年比6割アップと出展者にとっては良き出資先を、同業他社にとっては良き協業相手探しという場として、CESが定着している様子が伺えます。

ces

スタートアップと言えばソフト系だけど・・・

スタットアップ企業と聞くと、シリコンバレーに代表されるソフトウェア系の会社を真っ先に想起するけど、ハード系にもスタットアップ企業が進出していみる。

2015年で言えば、超小型のワイヤレスイヤホンやあらゆる穀物からビールが造れる家電なども、聞くだけでも興味津々なものばかり

ces

大手メーカーにも変化あり

このようなスタットアップ企業の隆盛に対し、大手メーカーの姿勢も競争から協業へとシフト。今までは自前を貫いていたけど、時代の変化が激しい今では、その開発手法ではどーも時代にフィットしない。

ので、開発スピードを上げるため、スタートアップ企業の知見やノウハウが必要だという理屈。

協業か独立か

大資本の傘下で、開発を行えば潤沢な資金が手にすることでき、新商品の開発に弾みはつくけれど、自社ブランドとしての存在感は薄れてしまう。

かと言って、何処とも提携せずに独立を決め込むと、事業拡大がままならず最悪、店じまいしちゃうことも・・・

今回出展したスタットアップ企業も、そんな岐路に立たされる企業が多くのいるのではないでしょうか・・・。

日経ビジネス NO.1775
カテゴリー
スタートアップ

アメリカはやっぱすごい!!企業による起業家支援活動

日本は起業家精神が足りんって言うけれど。

日本は起業する人が海外に比べて少ないと、とかく言われがちだけど、お金を出してくれる人が少ないというのも問題があるんじゃねぇ?と思うわけです。

起業家支援

海外はお金も出して事業をサポートしてくれる人もいる。それと比べるとあまりにも周回遅れの気がしてならない。

Google、マイクロソフトも支援

そもそも起業家支援となると、ベンチャーキャピタルが間に入ってお金をかき集めるイメージでしたが、企業がその仕組みを丸ごとまかなっているのがGoogleやマイクロソフトの仕組み。

起業家支援

企業内起業とはちょいと違い、外部のベンチャー企業を対象にしている。

マイクロソフトも本腰。

マイクロソフトの起業家支援プログラム「マイクロソフトベンチャーズ」。支援企業は200社に達するようで、日本の起業家も早速資金援助やら事業支援を受けている様子。将来的な経営関与を前提としない揺るやかなかかわりが特徴とのこと。

商売のタネ探しか?

企業みずから、起業家を支援するのは将来的に自社サービスとの連携、あるいは新しい商売のネタ探しだと思う。でなければ、そこまで手厚い支援制度をひくはずもない。

起業家支援

社内の知恵では足りず、外部のを知恵をも貪欲かき集める姿勢に、起業家文化を醸成させていくのは、育てる側の熱量も大事だなと感じた次第です。

[amazonjs asin=”4062186535″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた”]
カテゴリー
スタートアップ

日本のベンチャーもそれなりに育っているじゃんの話

海外に比べ育たないベンチャー企業?

起業と言えば、真っ先に想起するのがシリコンバレー。なぜ、米国は続々とベンチャー企業が誕生するのかと言えば、以前の記事でも触れましたが、資金提供してくれる仕組みがしっかり整っているからです。Google、Facebookの成功もそうなんですよね~。

ve_2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s

日本でベンチャーが育たない理由

ベンチャーが育たないのは、育てる仕組みがまだ確立されていないのが大きいと思うんです。出資者だって、成長するかどうか微妙な事業に投資するのはちょっと腰が引けちゃう。けど、どーしよう、どーしようと躊躇しているウチに、海外勢に持っていかれちゃう。リスクは承知済み。けど、その成長に賭けてみる。腹が据わっています。

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

海外から高い評価、日本のベンチャー企業

次世代技術として注目の集まる自動運転技術で注目の集まるZMPや、人型ロボット技術で買収されたシャフトなどは、海外企業から援助を受けています。ZMPはインテル、シャフトはグーグル。いずれも世界を代表する企業。まぁ、潤沢な資金と将来を見据えた動きだと思いますが、その貪欲な姿勢は日本も学ぶべき点が多いのでは?

ベンチャー企業としてもメリットあり。

ベンチャー企業としても、世界に打って出るには最短な近道いなる訳です。加えて技術力も高く、自分達の技術と融合することで、さらなる技術革新も進む。加えて潤沢な資金。成長する上で、またとないチャンスを得られるのだから、言うことなし。

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s

国もそろそろ

「次のアップルやグーグルを日本から輩出する」といった有識者会議を開催。ベンチャー企業の育成に、国が主導して進めようというものですが、果たして、この海外流出の流れを止めることができるのかが疑問。プロ野球選手がメジャーを目指すように、世界最高峰で勝負していくという想いは、仕事もスポーツも思った次第です。

日経ビジネスNO.1741より [amazonjs asin=”4062186535″ locale=”JP” title=”スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた”]
カテゴリー
スタートアップ

巨大なYahoo知恵袋に化けるかもクラウドソーシング

お世話になってますYahoo知恵袋

「Excelの使い方で迷った時」、「ネットに繋がらなくなった時」、こんな些細なことでも検索すれば、必ずと言っていいほど上位に表示されるYahoo 知恵袋。同じ悩みにぶち当たっている人が結構いるんだと驚きます。回答も会話調でメーカーサイトのQ&Aより断然わかりやすい

パソコン

クラウドソーシング(群集知の利用)

Yahoo 知恵袋もある意味、クラウドソーシング。で、この考えを医療に持ち込んだスタートアップが、注目を浴びているようで、世界中から医者、患者、科学者からネットで対象法を募集して、独自のソフトウェアで数値化して、最適解を導き出すというもの。

ビジネス

原因不明の腹痛にもネットを叩けば・・・

つい最近、真夜中に強烈な腹痛に見舞われ、激しい下痢と吐き気。思い当たるの賞味期限切れのカニを食べたこと。医者に診てもらったら、ウィルス性の胃腸炎。 もし、このサービスを利用できてれば、全部出し切れば直ると思いこみ2日間も激痛に悩まされることもなかったかと思った次第です・・・。

日経ビジネスNO.1725より