カテゴリー
自動車業界

関税撤廃の影響は牛丼一杯当たり数円。TPPの恩恵は?

ようやく大筋合意のTPP

TPPがやっと大筋合意を迎え、これで世界のGDPの4割を占める巨大経済圏が誕生します。参加を見送った韓国でも参加に前向きな姿勢を示していることから、この経済圏、さらに膨張する感じがします。

クルマ業界ではマチマチ

素人の自分が考えるTPPとは関税が撤廃される位しか認識していません。で、身近な所で言えばインドネシアで、あのフィットが200万円で販売されているのを知り、これも関税の影響かと驚いたことを記憶しています。

今回のTPPにおけるクルマですが、関税優遇には原産地規制は55%というのがあります。これはTPP域内で部品を調達する割合を示しており、55%以上を域内で調達すれば輸出関税はゼロになるというもの。

トヨタは国内の部品調達率が高いので、この恩恵を受けやすい。富士重工業もしかり。北米生産車の多くは、日本から輸出された部品で生産されています。ので、関税撤廃の恩恵受けやすい。

が、現地生産比率が高いとなると話は別。ホンダの場合は、このTPPの影響を受けにくいといわれています。

グローバルで部品の供給を見直すと言っていましたが、この先、TPPが展開されることで、また供給先の見直しが迫られるdしょう。

小売・外食業界はどーよ

食料品に関しては、834品のうち、約半数が関税ゼロになるとのこと。スーパーや外食チェーンもさぞ恩恵を受けるかと思いきや、実情はちょっと違うみたい

牛丼チェーンの最大手、すき屋では、関税引き下げ効果は牛丼一杯当たり数円。人件費の上昇幅がその先を行くので、関税ゼロになったからと言って、そうカンタンに値下げができないとのこと。

業界によって様々

恩恵を受ける業界もあれば、そうでもない業界もありとマダラ模様のTPP。この先、どうなることやら。行く末を見守って生きたいと思います。

カテゴリー
流通業界

ブラック企業イメージ払拭に向けて。すき家

マイナスイメージは業績に影響

長い年月をかけて積み上げた信用もひとつの事件をきっかけに一気に吹っ飛んでしまうマイナスイメージ。リコール問題、偽装問題、混入事件に、ブラック企業。

すき家

で、今回はブラック企業のお話。世間からブラック企業と指をさされながらも、粛々とイメージ回復の道を歩み始めたすき家

なべの乱で被害甚大

2014年、とんでもなく手間のかかる牛すき鍋を導入したすき家。ただでさえパッツン、パッツンの現場なのにより時間のかかるメニューを投入したものだから現場はパニック。

やぎ

これに堪忍袋の緒が切れたバイト、パートが決起し、次々とすき家を去り店舗休止にまで追い込まれました。

過去記事はすき家、鍋の乱

世間から見るイメージ後退もさることながら、人材獲得という面でも深い痛手を追いました。

職場環境改善運動始まる

早速、職場環境の改善に取り組み、ワンオペをやめたり、採用業務を各エリアに委譲するなど様々な改革を断行。月間100時間以上のバイト、パートは2014年3月に約600人近くいたのが2015年には0人。

離職率も飲食業界の平均を下回るなど目に見える成果を上げています。

新卒もビビるだろうに

ブラック企業のレッテルを貼られた企業に入社を希望するのは勇気がいるもの。ゼンショー側も、万全の新卒対策を図りました。内定者の保護者に向けた手書きの手紙やら、社長自らが新卒説明を行うなど。

効果はてきめんでなんと内定辞退はゼロ。セミナーを受けた学生もイメージが大きく変わったとの声もあり、ブラックイメージは徐々に氷解しつつあります。

復活への道のりは険しいよ。

不祥事を引き起こして社会的信用が失墜。回復に向けた企業の取り組みについて、すき屋を取り上げました。

線路

遠い昔に三菱がリコール隠しで、世間からボコボコに叩かれました。あれから10年以上経ちますが、リコール事件前の三菱の勢いは影を潜めている感じがします。復活に向けた道のりは長く、そして険しいんだなと実感する次第です・・・

カテゴリー
流通業界

量は増やしたでは響かない、牛丼値上げ

円安影響で各社値上げ

デフレの象徴とも言える牛丼価格。吉野家、松屋、すき家の牛丼各社がこぞって牛丼価格を値上げしました。それまでの200円代から300円代へ。

牛丼

小遣い制のサラリーマンにとってはかなり痛い値上がりに映る。

円安で各社工夫

仕入れ価格が値上がりしたから、商品価格にすぐに反映しづらいのはよく聞く話。分量を減らしたり、パッケージ素材を変えコストを抑えたり、涙ぐましい努力を重ねて値段据え置きで頑張っている。

そんな中、松屋の取り組みが、示唆に富んでいて面白い

質を高めて値上がりを認めてもらう

松屋は、牛丼の質を高めて値上がりを納得してもらうという戦略。商品名に「プレミアム」とつけてしまうところに、相当な自信が伺える。が、ここまではの売上結果を見るにけして成功とは言えない状況。

牛丼

すき屋の増量はいかに

松屋とうって変わってボリューム増で値上がりを認めてもらう戦略のすき屋。2015年4月に発表とまだ日が経っていないこともあり、成功か否かはこの先の結果を待つとして、個人的には微妙。

すき家

牛丼はデフレの味方イメージの定着

そもそも牛丼は、その価格の安さに魅力を感じるもので、ボリュームを増やしたからと言って、さして魅力は感じない。ボリュームを望むのなら大盛、特盛というのがあるんだし。

デフレの味方イメージが、ここに来て仇となったことは否めない。並盛りは据え置きにして、集客装置として機能させて、来店したら、あれやこれやのサイドメニューで単価を上げた方がまだまし。と牛丼ユーザーは思うわけです。

カテゴリー
外食産業

正社員化で進む、売り手市場なるか?

すき家の「なべの乱」

初めて目にしたのが、2chの記事。あちらこちらですき家が休業状態で大変なことになっていると大騒ぎしてました。

しばらくすると連日、新聞でも報道され、原因はバイト君の反乱。ワンオペでヒィヒィ何とかお店を回しているのに、仕込みに時間のかかるなべ商品を投入したものだから、バイト君の怒りが爆発。お店をやめる人が続出し、休業せざるを得ない状況に陥ってしまったのです。

すき家

進む正社員化

てな訳で、バイト君に頼るビジネスモデルは限界ということもあり、バイト・契約社員の正社員化があちらこちらで進んでいます。

特に労働集約型モデルに、その傾向が顕著。

すかいらーく、和民、イケア、ユニクロなどは正社員化を進めていますね。他にも日本郵政や全日本空輸などなど。

ユニクロ

人件費は上がるけど、少しでも長く働いてもらった方が一人ひとりの生産性も上がり、却って人を増やさずに済む。それに加えて、人が集まらない状況なので募集費用の削減も期待できる。 そんな企業側の窮状が垣間見られます。

このまま続くか、売り手市場

一昔前では、雇い側が強く雇われる側は従わざるを得ない状況でしたが、今は景気が良いのか、雇われ側の方が、立場的には強い感じ。

この先、労働人口も減るし、その傾向は強くなると思います。

猫

シニア、外国人労働者、主婦

てな訳で、不足した労働力を、シニア、主婦、そして外国人で補おうという動きが活発。コンビニのレジでは中国人らしき人をよく見かけますし、主婦層も銀行に行けば、らしき人が接客をしている。残るはシニア層。

以前の記事でも触れましたが、この先、シニアも貴重な戦力としてカウントされる日が来るはず。人材派遣にシニア枠なるものが出現すると、この国も働きやすい国になるのかなと思った次第です

[amazonjs asin=”4166608878″ locale=”JP” title=”ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)”]