win10。コンパネの場所と起動ディスクの作り方

どこに行ったコンパネ

OSをアップデートする度に困るのが、各種設定の機能が引っ越ししてしまうこと。

特にWin10にしてからと言うもの、その酷さは目を覆うばかり

特にコンパネに簡単にアクセスできなくなったのが痛い。

なので、備忘録も兼ねてコンパネの位置を書き留めておくことにしました。

Win10のコンパネの場所

Windows システムツール内にいます。

win10

起動ディスクの作り方

コンパネの位置がわかったので、万が一に備えて起動ディスクも作ってみました。

システム・セキュリティバックアップと復元を選択

開いたページの左脇にある項目のシステム修復ディスクの作成を選択します。

win10

メディアを挿入

メディア挿入画面が表示されるので、メディアを入れてディスクの作成を選択します。

win10

何気にあっさりと仕上がるじゃん。

焼き上がるのに30分位かかると覚悟していましたが、約2分で焼き上げ完了。

これならこまめに焼いても負担になりません。

win10

続いて復元ポイントのお話

起動ディスクは、何かしらのトラブルに見舞われた時に、このメディアから立ち上げて、復元ポイントの状態に復活させてくれるというありがたい機能。

ただ残念なことにこちらは自動ではなく、手動で復元ポイントを作らないといけません。

復元ポイントの作り方

コンパネシステムとセキュリティシステムの順でウィンドウを開き、システムの保護を選択

win10

復元ポイントの設定を有効に

使用しているハードディスクの一覧が表示されます。

僕の場合、無効になっていたDドライブに復元ポイントを作ることにしました。

構成のボタンをクリック

win10

容量を設定して復元ポイントを作成

バックアップ容量は自由に決められます。

僕の場合、HDDの容量があまりないので4GBとしました。

win10

復元ポイント作成、約1分

起動ディスクの作成同様、こちらもあっさりと終わりました。

約1分ほどで復元ポイントの作成は完了しました。

win10

念のため確認

復元ポイントがた正しく設定されたかの確認をしましょう。

システム保護を選択して、システムの復元を選択。

win10

次へを選択。ここでは即開始にはなりませんのでそのまま続けてください。

win10
win10

このように復元ポイントが正しく設定されていました。

以上です。データが飛んでしまってからでは遅いのでこまめにバックアップは取ろうと思った次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました