Amazon Echoって何者?家電の覇者になるか

Amazon Echoってそもそも

日本では未発表の音声認識家電といった所でしょうか。

円筒形の筐体に話しかけると、すぐさま答えを返してくれる言わばAppleのSiri(シリ)みたいなもの。

米国では2014年頃に発売され、発売して既に2年近く経っています。んで、この好調さを受けてなのか、この2016年には、米国ドイツでも発売されるとか。

なんなら、日本でも早くお見目してもらいたいものです。

ちなみに海外のAmazonでは販売されています。

AmazonEchoはこちらAmazonEcho AmazonEcho

使用シチュエーションを勝手にイメージ

Amazon.comn上の商品サイトではご丁寧に利用シーンの動画も公開されています。

主婦らしき人が冷蔵庫をあけながら、AmazonEchoに話しかける。

英語なので言っていることはイマイチ理解できませんが、恐らく賞味期限切れの食材は何?とか、今晩のオススメの献立は?とか聞いているのではないでしょうか。

冷蔵庫

僕ならAmazonEchoをこう使い倒す

例えば、自分の日々の行動を全てAmazonEchoに話しかけて登録します。

朝食に何を食べ、昼飯は、夕食はといった食生活を始め、昨日は何時に寝たとか、大事なプレゼンの日はいつ、ペットの検診に○月○日に行ったなど。

言わばライフログです。とにかく僕という存在をに深く知ってもらう。

インプットしたら、「最近の食生活の傾向は?」とか、「オススメのメニューは?」と聞けば、AmazonEchoは即座にこう答えるでしょう。「最近、肉料理に偏りすぎているので、野菜を中心にした食事に。ついては、季節野菜を取り入れた南国風パスタとか。

就寝の記録であれば、「ここ2週間の睡眠時間から、○時間分の睡眠を身体が欲しています。ので、本日は○時間寝ることをおすすめします」とか。

睡眠

こうしてAmazonEchoを育てて行けば、良き暮らしのアドバイザーになると思います。

据え置き型でお家の家電をコントロール

その他にも期待されるのがお家の中で、家電の司令塔になること。

このポジションを抑えることができたらAmazonもさぞウハウハでしょう。

テレビをつけて「パイレーツオブカリビアが見たい」「電気を消して」とか。

照明

全ての家電がAmazonEchoに接続することで、この夢のような生活を送れるかもしれません。

Googleもこの据え置き型人工知能機に参入していますからね、今後も市場の発展が期待できます。

どこがお茶の間の覇権を握ることができるか、今から楽しみでなりません。