家計簿入力のわずらわしさから解放

家計簿が3日で終わってしまう人へ

家計簿が長続きしない原因は、記録するわずらわしさ。これがもしかしたら、クリアされるかもしれません。それが電子レシートサービス。現在、仙台市で実証実験が行われています。

家計簿

電子レシートの仕組み

店舗で会員登録を済ませ、専用アプリをダウンロード。ここまでなら、どのお店でもやっている話なので、ハードルは低い。で、会員証をレジでかざすと、レシートがアプリに飛ぶというもの。といった感じで、利用はいたって簡単。

もっとスマートな仕組みにしてみる

会員登録から電子レシートを、一つのアプリでこなせれば非常に楽。要するにスマホが会員証と電子レシートの役割を担うということ。加えて、食品、飲料などカテゴリーされて集計されると手のかからない家計簿が出来上がり。

ビジネス

囲い込みツールに最適。

家計簿アプリとなれば、他の店で購入するような浮気率も減ってくると思う。それとキャンペーンの展開。履歴情報を見ながら、購買金額の高いカテゴリーに合わせて、お得情報のお知らせを配信するとか、使い方次第で最強の囲い込みツールの可能性を秘めている。

日経ビジネスNO.1733より