新たな採用の仕組み。キーワードは共感

就職活動と言えば・・・

新卒の就職活動と言えば、各企業がブースを構え、学生を迎え入れる形が一般的。中途採用と言えば、リクナビNEXTに登録し、マッチした企業をひたすら待つ。これが僕の就職活動でした。

就職活動

立ち話で採用担当者と接する

就職マッチングサービスを手がけるウォンテッドリーの仕掛ける就職イベントは、各企業ともブースを構えず、立ち話で、就職希望者と接するというものすごくフランクな形式。

採用,ウォンテッドリー

となると、思わずいつもの調子がポロリすることもある。それは採用担当者も一緒。形式に縛られず、丸腰の自分をさらけ出すようなもの。

肝はSNSで拡散

ウォンテッドリーのホームページでは、参加企業の採用情報が掲載されており、Facebookのように「イイね」ボタンが設置されている。

採用,いいね

これをクリックすると、SNSで拡散されるというもの。僕がヤフーの採用情報をクリックすれば、僕の友人に「あいつヤフーに転職する気か?」とばれちゃう。というのはさておき、その企業の方針やら仕事内容が公開されるので、企業広報という面にも有効かと。

既に導入企業もポツポツ

この仕組みを早速導入しているところもあり。ヤフーやDeNAなどが中途採用に、スープストックトーキョーでは新卒採用にもこの仕組みを導入。

入社してからのワンマッチによる早期退職を低減するには、アリではないでしょうか。