電動バイク普及に郵便局が一役?

えっホンダ製だったの?

郵便局で使われているバイクですが、ホンダがほぼ独占していたとは初めて知りました。

その流れを受けてか電動バイクもホンダが受注しているようで、両者の関係は長く続いているようです。

電気自動車は頓挫したけどバイクなら

電気自動車では業者選定を誤ったのか、普及がイマイチ進んでいない印象。ので、電動バイクにかける想いはクルマの時よりもかなり高いのではないでしょうか。

今回は日本を代表するメーカーだけに心配はないでしょうけど・・・。

まず19年度までにまず200台導入。20年度には2000台導入。まずは東京都内や政令指定都市を中心に利用が進む模様。

全国ネットのメリットを活かして

電動バイク自身は、約74万円。現在使用中バイクの約3倍だとか。で、気になる航続距離が87km。まぁ限られたエリアを行ったり、きたりするのだから十分かと思います。

電池込みでの運用がマスト

ちなみに専用電池は満タンに約4時間かかるとのこと。ので、午前中と午後の配達で電池を変えないとちょっときついかもです。

場合によっては2往復する可能性もあるわけですね。

世のために郵政公社のイメージアップに

これからという感じの電動バイク。ホンダとしては良き実験パートナーと手を組めたことでしょう。

他にも全国への充電ステーションの建設という面で日本郵便局は頼もしい存在だと思います。

完歩保険の不正で信用失墜の日本郵政ですが、環境に配慮した企業としてアピールすることで、少しは印象が改善されるかもです

No tags for this post.