両者の言い分には納得。楽天

配送料無料金額を引き下げるってよ

出店者側と楽天側で今激しく争われている配送料問題。

争点は配送料無料の適用を従来の11,000円から3,980円に引き下げるというもの。これに異議を申し立てて、出店者達が団結して楽天側をこの措置の引き下げを求めています。

出店者側としては、とにかく競争も激しいこともあり、これまで何とか薄利でしのいでいたのに、今回の措置となれば、小額の注文が増えて、配送料は自分持ち、加えて配送作業も増えて負担が増えるとのことで、至極真っ当な理由を挙げています。

一方、相対する楽天としては、事前に試験運用していく中で、売上が上がったという事例もあり、必ずしも出店者側にとっては不利にならないと主張。

といった訳で、両者の意見が対立する中で、外野も入ってニュースなどでも大きく取り上げられているというのが現状です。

宅配

いよいよ楽天もAmazon化?

楽天がこの点にこだわるのもライバル、Amazonを見据えたもの。Amazonの場合は、ほとんどの商品をAmazonの物流システムで管理しているものだから、配送料のバラツキがなく、これが透明性ある価格ということで利用者に支持されています。

ので、楽天もこの手法にのっかるべく将来的には自社で物流システムを持つことを表明。2000億円もの大金をつぎ込むのですから、その本気度が伺えます。

この仕組がなれば、配送に関する業務は全て楽天側が担当することとなり、出店者側の負担も軽減されます。

当然、システム利用料なるものを徴収するわけですが、それだけでは投資分を十分に回収できないことから、今回の配送料無料の適応金額を下げるに至ったのでしょう。

Amazon

アリババもAmazon化?

Amazonの自前、楽天の出店任せの手法は、これまでずっと比較されており、どちらが正解かがよく取り沙汰されていました。

中国で圧倒的なシェアを持つアリババが出店者任せということもあり、やっぱり出店者任せがいいのでは?と思いましたが、ここに来てアリババもAmazon化しつつあるということで、自前がやっぱり有利という感じがします。

Amazonの対抗馬と目されるカナダのショピファイも自前により、規模拡大を達成してきましたが、業績としてはずっと赤字続きとのこと。

それを考えると益々、どっちがいいのかわからなくなってしまいます・・・

アリババ

利用者としては大歓迎

楽天を利用する僕としては、楽天のAmazon化は大歓迎。商品価格だけ見て飛びついたものの、配送料をプラスするとAmazonの方が安いじゃんということが多々あります。

また商品によって注文してから納品される日にかなりのバラツキがあり、注文した商品が予定していた日に届かず、残念な思いをしたこともしばしば。

その昔の出店有料化で大モメしたことがありました。それを今回の騒動で思い出しましたが、このような難局を乗り越えることで企業は成長していくんだろうなと思った次第です。