ダイヤの流通経路って怖っ「ブラッド・ダイヤモンド」

テロ組織の資金源ってこうゆうこと

中東のテロ組織が政府軍と互角にあたりあえるのも、充実した最新兵器のおかげ

で、これらの兵器は盗難するべもなく、しっかりと武器商人が購入しているわけですね。

で、その費用ってのが原油。精製所を抑えることで豊富な資金を手に入れることができます。

本作品では、その原油がダイヤモンドに変わっっただけ。

ブラッド・ダイヤモンド

不正規ルートモノでも足がつかないように巧妙

採掘も一般市民を拉致して強制労働させるというもの。

ダイヤと引き換えに最新兵器を購入しては政府軍とのドンパチするわけです。

このテロ組織活動を停止させるためには彼らから提供されるダイヤを購入しなければいい訳です。とは言え、彼らもそんなバカじゃない。色々なルートを介して出本をわからなくして提供しています。

ので、不正規ルートからのダイヤ提供は全体供給量の数%。正規ルートの生産量も増えていないのに何故か全体の供給量は増え続けているおかしな現象が起きているのです。

ブラッド・ダイヤモンド

テロ活動を間接的に援助

このからくり大手ダイヤ供給会社がテロ組織と間接的につながり、彼らからダイヤを購入していたからなんですね。

この会社としてもテロ組織が勝手にダイヤを売りさばくようなことになると需給バランスが崩れて値崩れしてしまう。

ので、ウチで買うから他のルートに流さないでと契約するわけです。

テロ組織としては売り先が確定し、収入も安定している相手がいるのは商売するのも助かる。

こうしてお互いがwinウインの関係になるわけですね。

今でこそ規制が厳しくなり不正規ルートからのダイヤ提供は現象したとはいうものの怖い話です。

ブラッド・ダイヤモンド

少年兵が痛々しい

作品ではまだ小学生と思しき子どもたちがライフル銃を両手に抱え、善良な一般市民を襲う姿にはちょっと怖い感じがしました。

善悪の分別がつかない頃に洗脳教育をして自分たちがしていることを正当化して兵士へと育ててあげていく。

薬を与えて、完全に組織が抜け出すことができないようにする。

作品でもテロ組織に息子を拉致されて、戦闘員となった息子に再会するシーンは胸にくるものがありました。

ブラッド・ダイヤモンド

ジャーナリストも命がけ

この内戦により、ほぼ一国に相当する数の方が難民キャンプ内で暮らしているというのですから政府軍もしっかりしてよとなります。

この残念な状況を全世界に配信しようと奮闘しているのがジャーナリストの方々。

内戦をめぐる現状を取材しているわけですが、命の保証はなし。

政府軍付きで安全は担保されているかと思いきや、襲撃に会って命を落とすジャーナリストも描かれていましたね。

これも自己責任になるのでしょうけど・・・

とにかく色々と発見に満ちた作品でもありました。

ブラッド・ダイヤモンド