グランドチャンピオン決定戦。「ハンガー・ゲーム2」

1作目を覚えていないとつらい

シリーズもの作品の場合、全く新しい話の展開ということであればついていけるけど、ハンガー・ゲームの場合は、そうはいかない。ガッツリ前作の続きなので、前回のストーリーを覚えてないと前半は全く無意味。

洋風バトルロワイヤル、「ハンガー・ゲーム

今回はグランドチャンピオン決定戦

ハンガー・ゲームの優勝者は一生自由を与えられるって約束だったナなのに政府はあっさりと撤回。何と過去の優勝者を集めて、真のハンガー・ゲーム勝者を決めることに。

ハンガー・ゲーム2

ただこの優勝者がバラエティに飛んでいて、腕っ節の強さだけではなく頭脳で勝ち上がった人など様々。誰が最後まで生き残るか興味がそそられる

生き残るには同盟という手段

この大会の見どころはお互い敵同士だけど、生存者が絞られるまでは同盟を組もうというところ。一人だけで生き残るのは厳しい。どんな生物が待ち構えているアマゾンに放り出されて自決もありえる。

ハンガー・ゲーム2

けど、昨日まで一緒に釜の飯を食っていた仲間に矛を向けるのは心情的にはつらい。愛情いっぱいに育て和牛を精肉として殺すようなもの。

やってくれたぜ、またも。

最終的にどう着地させるのかで最後まで目が離せない。と思ったら思わぬ展開が待っている。一瞬何事?と思える位の急展開。相変わらず次が楽しみな展開。これならさすがに次回も見てしまう。してやられた感が半端ない。