過去の栄光にすがるが痛々しい「偽りの忠誠 ナチスが愛した女」

皇帝の末路が悲しすぎる

時は第二次世界大戦真っ最中。ドイツがポーランドを電撃的進軍を成功させたちょっと後位でしょう。

で、舞台はオランダの元皇帝のお屋敷でのお話。家主は最後の皇帝、ヴィルヘルム二世。写真でぐぐってみたら作品に出ていた役者さんとフリ二つ。見事に寄せきっています。素晴らしい。

なぜ、ドイツ皇帝がオランダにいるかって言うと、第一次世界大戦の戦争責任を負う形で本国ドイツではなく、オランダに移住させられたという訳です。

現政権はヒトラーが総統と君臨。前皇帝などとと揶揄され、いつかは復権していやるという望みを捨ていない所が、痛々しくて痛々しくて。

大きな屋敷でたくさんのメイドに囲まれ優雅な暮らしができるの、 これ全てナチスのおかげ。なのにヴィルヘルム皇帝と来たら、現政権、ナチスの批判をするばかりで、奥様は冷や汗たらたら。そんな事言ったら、生活費のストップはもちろん、命まで奪われるわよと夫を説得する有様。

実験を失うも、未だ輝かしい昔の頃を引きずっているのがどうも痛々しくて、痛々しくて・・・

偽りの忠誠 ナチスが愛した女

ナチス常駐で大騒ぎ

ナチスにとって、君主制を望む輩は現政権にとっては敵。不穏な動きがあれば一掃してやると。そんな脅しとも取れるナチス出向。お屋敷内になぜかナチスが常駐。建前としては皇帝の命の保全ですが、実際の所は反対勢力の監視。そこに赴任してきたのが、若き大尉。

屋敷内は、ナチスの監視下に置かれたと大騒ぎ。監視が厳しくなるのでは?と。が、彼の役目はスパイのあぶり出し。イギリスの無線のキャッチし、何と屋敷から近い村からその電波が発せられていることを掴んだのです。

偽りの忠誠 ナチスが愛した女

きれいなメイドさんに一目惚れ

新たに赴任した大尉は、着任して間もないのに、メイドさんに恋仲へ。軍人、メイドさんにとっても本来は禁止されている恋愛でしたが、お互い火がついたら収まりが効かないのでしょう。どんどんと愛を深めていきます。

そしてある時、2人の関係が、ヴィルヘルム皇帝にもバレることになり、2人の人生は終わったかなと思ったら、お咎めなし。

むしろ私も若い頃はやんちゃしたとばかりに逆に擁護。できた爺さんだなと思いました。

偽りの忠誠 ナチスが愛した女

さらに驚きの展開

村中にいるスパイが見つかり、何と屋敷内に内通者がいることを突き止めました。

しかも、内通者は大尉の恋人のメイドさん。何と彼女、イギリスのスパイだったんです。チャーチル首相の命で、皇帝の身の回りを監視しろと。何かあれば亡命を支援しろと。

で、彼女がスパイであることを早くから知っていた大尉。さすが監視役に選ばれるだけあって嗅覚が鋭い。

で、この先2人がどうなるのか、大いな盛り上がりも見せます。