参りました!! 「時間」を売買する世界を描いた「TIME」

映画 TIME ハリウッド

納期に間に合うか、マジ不安

納期が1週間後ってのに、納品物はまだ海上。無事つかないと鬼の形相で怒られちゃうよ

そんな時に時間をお金で買えるならっていつも思う。で、そのありえない話を映画化したのが、TIME

寿命が長い=お金持ち

身を削るという言葉がピッタリはまるのがこの映画。自分の寿命を売って、食べ物を買う、洋服を買う、電気代を払う。

ってことはお金持ちイコール、長寿ということになる。しかも容姿は若いママ。なんて素晴らしい世の中のことやら

time01時間が自由に売買できたら、なんて素晴らしいことだろ。

長生きも考えもの

と言っても、人間にも適正時間というものがある。300年も容姿変わらぬまま生きるって、結構しんどそう。

江戸時代から現代まで生きるとなると、生活様式の違いやら価値観の違いやらで相当息苦しい中、暮らすことになりそう

TIME

色々と考えされる

有限だからこそ、その価値を実感する訳で、だっらーとした生活を改めないと思ってみたり。明日から、まともな生活を送ろうと反省させられっぱなし

コメント

タイトルとURLをコピーしました