エンディングびっくり「スパイミッション シリアの陰謀」

シリア、イスラエル間のスパイ合戦

中東諸国とイスラエルとの緊張関係を取り扱った作品。激しいスパイ合戦がなされおり、その主役を張るのが互いの諜報機関。今回の主人公はあのアメリカのCIA、イギリスのMI6と並び称されるイスラエルのモサド工作員。

表の顔は絨毯を買い付ける実業家。

モサド内でも優秀な若手として将来を嘱望される存在で、そんな彼に与えられたのがシリア国内から同胞を助け出すという危険きわまりないミッションでした。

スパイミッション

スパイ活動に女性にうつつを抜かすとは

シリアに実業家という体で入国。まずは上司からの指示に基づきある実業家と接触。目的は彼の自宅で働くイスラエル人のメイド

スパイミッション

この彼女と接触して、モサドスタッフを家族事ごと救出することとなったわけです。

そんな大事なミッションなのに、あろうこうとかシリアの街中で、ある女性に恋心を抱いちゃいます。

アメリカの新聞社の記者のようで、彼女を危険な目から救った所までは良かったものの、これがなかなかのキレ者。

彼が絨毯の買付を言い張っても、「いやいや目的は違うでしょう。本当は何しにシリアに来たの?と鋭い突っ込み

これはまずい女に出くわしたと即座に別れをつげてその場を立ち去ります。

が、夜のお店でまたまた偶然の出会い。もしかしてつけられれているのか警戒するも、理性が機能不全となり、一夜を共にしちゃうのです。

スパイミッション

万事休す。ここまで逃げおおせたのに

モサドスタッフの救出は怖いほどにスムーズに進み、これで彼のミッションは無事終了かと思いました。

が、彼の行動は全てシリア側に筒抜けだったんですね。

その情報を流していたのが新聞記者の彼女。

そうです、彼女はシリア側の諜報機関の手下だったのです。

シリアの目的は、モサドスタッフをとにかく泳がせて、エンジェルというモサドのスタッフをとっ捕まえるため。

このエンジェルという諜報員は、かなりの凄腕でシリア側もかなり困っていました。

スパイミッション

エンジェルってあなただったの

彼も、新聞記者がシリア側の人間であることを突き止め、彼女の人質に徹底抗戦しようと試みましたが、シリアは軍隊をも動かし、たった一人のモサド諜報員を全力で捕まえに行きます。

堪忍したモサド諜報員は、シリアの囚われの身となり、取調室へ。そこにはシリア軍の大将がおり、彼の話を聞いて、おやっと思ったわけです。

もしかして、あなたが大物エージェントエンジェルなのでは?と。

とんでもないポジショにスパイを送り込んだ所にモサドがいかに優秀な諜報機関であるかをあらためて感じました。