平成のヤクザ映画、「土竜の唄」

仁義なき戦いとはちょいと違うけど・・・

仁義なき戦いにどっぷりはまった自分から見ると、ん~な感じがどうしても否めない。

けど、コメディ映画として割り切れば見れないくもないです。

土竜の唄

個性豊かなキャラクター

仁義なき戦いが、組織間の抗争を描いた作品に対し、土竜の唄はいわば個人戦。

単なる喧嘩話なら興ざめするけど岡村隆史演じる猫沢一誠みたいなキャラや山田孝之演じるニヒルな月原旬などバラエティに富むキャラクターが登場。

まるで学生時代にドハマリしたビーバップハイスクールを見ているようでした。

見所は仲里依紗

見所と言えば主人公生田斗真の恋人役、仲里依紗。童貞主人公に挑発写真を送ったり、キャバ嬢役で登場したり、極めつけは主人公の童貞を奪ったりなどなど・・・。

土竜の唄

まとめ

行け行けドンドン的なノリは大いに結構。「バッチ、来い」の名ゼリフも胸にささりました。

ゴリゴリのヤクザ映画を期待する人には、どうも物足りなさを感じてしまいますが・・・・。