生みの親より育ての親「そして、父になる」

かなりシリアスなお話

ホームコメディののりかと思いきや、話の内容はかなり重い。演出もちょっとドキュメンタリータッチなところもあり、話にリアリティ感が出て、いつしか主役の夫婦に感情移入しちゃっている自分に気づく。

ダウンロード

あまりにも残酷すぎる展開。

愛情をたっぷり注ぎ育てた息子が実は、血のつながりもない全くの他人の子だったら・・・。そんな考えられないことが身にふりかかる。親と子、夫婦間がどんどんおかしなことになっていく。見るに耐えなかった

images

実の息子に「おじさん」と言われる残酷さ

6年ぶりに実の子と家族を再スタートさせるけど、子供、親共に無理しているなというのがアリアリ。特に子供が息子として振舞おう、振舞おうとし、「おうちに帰りたい」とポロリ。その後に口をついてでてきた「ごめんなさい」は痛々しすぎて、親はどうゆう感情でこの言葉を受け入れているのかかわいそうでならなかった

titininaru

結局は生みの親より育ての親

先日、芸能界でも実の親じゃなかったって話題になっていた。あれを見ていると明らかに血が繋がっていないと、長年付き合っていても、気持ちはあっさり離れるものかなと引っかかるものが多少あった。

そう簡単にはわりきれない、血が繋がっていなくても、長年が暮らしていれば情が沸いてくるもの。そうだよね、やっぱりそうなるよね。良かったというラストシーンにドッと涙が・・・。

子供を持つ親の気持ち、子供は小さくても親を見ている、双方の視点で描かれているのが実に素晴らしい。久々にいい作品にめぐり会えました。

出演:福山雅治,尾野真千子,真木よう子,リリー・フランキー